新生活 いるもの・いらないもの 

February 09 [Wed], 2005, 13:05
 そろそろ一人暮らし開始なシーズンですな。
 引越し好きの私はどんどん荷物がすくなくなってきました
 というわけで勝手に書いてみる いるもの・いらないもの

 キッチン編

 いる→片手鍋・フライパン
 いらない→やかん・パスタ鍋等大きい鍋


 お茶のお湯は鍋でわかせばいいんだよね、やかんはいらない。
 パスタやうどんもフライパンで茹でれます。しかも吹きこぼれの心配ナシ!

 あと無駄に食器は増やさないほうがいいかも。
 少しなら、食べたら洗わなければつぎに使えないけどたくさんあると
 どんどん新しいの使ってついついシンクにためちゃうもんだ。

 調味料はたくさんあると料理のやる気がでてくるよ!
 ナンプラー・カレー粉・豆板醤・・・ほんのすこしの量で味がガラリと
 かわってくるから料理が楽しくなること間違いなしだ!


 お掃除編

 いる→クイックルワイパー・ゴム手袋
 いらない→掃除機・バケツ


 さいきんのワンルームはほとんどフローリングだよね
 ならば掃除機はいらない。
 クイックルワイパーはすんごく手軽でコンパクト。
 毎日かけるのも苦になんない。

 ゴム手袋があると手が汚れないので掃除が楽しくなる。簡単なことだけど。
 あと裏技としては絨毯をゴム手袋でなでるとゴミがおもしろいくらい
 とれるのだ!固いフタもするりとあけられるしね。
 おすすめはマリーゴールドのゴム手。 
 日本の製品にありがちなパステルカラーのピンクやグリーンの手袋じゃなく
 ぱきっとした赤なのでキッチンに生活感があふれません。

 次も続く・・・

風邪と地震と祝杯 

February 06 [Sun], 2005, 23:40
かなり本気系の風邪をひいて寝てました。
う〜こりゃいかん、風呂入ってはよ寝よう
とドンキで入浴剤を選んでいたら視界がぐらんぐらんに揺れたから
「ついにきた大地震!」
と身構えてたら他のヒトは騒ぎもせずお買い物。
自分が揺れてただけだった。

ところで大変だ!
今月はライブ月だが
(マーズヴォルタ・東京事変etc)週末ふえた。
恵比寿のリキッドでスカパラの冷牟田さんがやるイベントに
俺の心の友のバンドがでるらすぃ〜〜。

マジですか。

すごいかっこいい奴がやってるすごいかっこいいバンドで
大好きなのでほんとに心からうれしいのだった!
祝杯!!

行け!稲中卓球部占い 

February 01 [Tue], 2005, 13:37
http://u-maker.com/12919.html

私は木之下だったよ やったね!
井沢とかサンチェじゃなくてよかったよ
なんだかここ 簡単に占いがつくれるみたいだね
私もこんどつくってみよう

吉祥寺ブラリ2 

February 01 [Tue], 2005, 12:48
 
 ツボっクス(勝手に命名)。 吉祥寺駅前にてゲト。80円
またオフィスでみせびらかして履いて「つぼさん」と呼ばれようとしたがポチポチは内側についてた 残念!
ダイエットにきくそうです。わーお!
ぜったいきかないと思う


はらない。って言い張られてもなぁ・・・


 

 「The MAN who has no Friend」 
帰り道、ドナルドと談笑してるあぶない男を物かげから激写!
すんごい楽しそう
あの男友達いなさそうだな・・・
ってオレの彼氏だ!









・・・
電飾コードにはおみくじが結んでありました
カラオケがきこえてました
ムーミン でもなく 「ねぇ、ムーミン」。そして手書き。

ハァきょうもいい一日だった・・と思いたい。



END

吉祥寺ブラリ 

February 01 [Tue], 2005, 12:03
といっても年寄りなので「ブラ」ぐらいでギブして家路。
道中写真をアップしてみる


  バスの後部  


   
星なのにワキゲ。
ワキゲなのに星。
ヒゲもはえてるね。 



END










神妙な面持ちでドナルドの相談にのってみる。
ドナ:「お前さ、「スーパーサイズミー」ってみた・・?」
オレ:「・・いや、まだみてないぜ。。」

なんかこのヒト井沢(稲中)みたいな顔してます。


                                                        まだ続く。

バッチさん 

January 30 [Sun], 2005, 1:32
さいきんの私は職場でバッチさんと呼ばれています。

それは10日ほど前のことよ、私はいつももへーとしたかっこで出勤してるんですがその日は女友達と会うので(割と)はりきった格好してました。
いつもはあんまり着ない黒いコートを着ていたのですが
その襟元に缶バッジがみっつついていたのですね。
というわけでバッチさん。
バッが正式名称(というほどでもないが)だと思うのですがなにぶん
年寄りのいうことなのでバッさん。


よくいっていたバーにいたわんころ(フジくん)のバッジと
去年のレディオヘッドのバッジと
コレットのパーティでもらったショッキングピンクのバッジ。

お洒落ぶったつもりではなかったんです!
はじめにバーでわんころのバッジをもらったので一応つけてみました。
(ちなみにそのわんころフジくんはあまりのかわいさにファンクラブまであり
雑誌の表紙になったことすらあるのだ!)
するとこういうちいさいものをすぐ紛失する私はひらめきました

いい収納場所である!

その黒いコートは立ち襟にもなるのだね。
だから普通に着てたらエリが折れててうまい具合にバッジは隠れるのだ。
そしてたまにぺらっとめくってかーわいいなーと見る。
しめしめ、というかんじでバッジはもらうたびにそこに収納されていきました。

茶髪のカツラとはこれいかに? 

January 28 [Fri], 2005, 18:15

かねがね私は人間観察しすぎらしいのですがかえるちゃんといても発揮。
メキシコ料理の店でも
「あの男は同伴まちだろうか」「あっちは愛人だな」
とか勝手に観察しすぎ。
(同伴待ちはビンゴ

帰りに電車にのったら前に座ったふたりをモーレツに観察してしまった。
かえるちゃんと話をしつつも目はふたりを凝視。

ひとりはipodシャッフルをヒモに通して誇らしげに首からかけてた。
そして持ってるケータイもなにやらさいきんでたおしゃれケータイだ。
ついつい意地悪eyeでみてしまうオレ。
「みてほしいんだろうなぁ〜ウンウン」とひとりでニヤニヤ。
しかしうちの弟も家電好きなので温かく見守る。

その隣の人は一心不乱にスポーツ新聞を読んでいたんだけど
金髪寸前のみごとな茶髪で髪型は一昔前に流行ったような
センターワケのさらさらヘアー。
で、頭頂の髪が非常に薄く、地肌が相当にみえていた。
根元も黒くなってなくちゃんと茶髪だったので
「薄くなってもちゃんと染めてんのか?染めすぎで薄くなったのか?
そして何故ハゲ気味なのに拍車をかけるような脱色をしてるのか?
もしかしてもとからこういう髪色なガイジン??」
と考えをめぐらせていたわけだが(見過ぎ)
!!!
どーん。

象と電波子 

January 28 [Fri], 2005, 17:47

それはオレです。

友達のかえるちゃんとメキシコ料理食いつつ談笑してましたら
もんすごい電波子あつかいされてしまいましたよ

えーえー電波ですとも。。

先週かな、わりに大きい地震きたよね東京に。
あれを「きょう来るよ」って当てた、ってのと
さいきん東京で直下型地震が起きた場合の死者の想定数
12000人って試算でたけど 発表でるまえに オレもだしてたんだよね
それもぴったり12000。

って話をしたらかえるちゃんに
「あのね、私にはその話してもいいけど他の人には言っちゃダメ!」
と厳しく言われました 笑。
でも本当なんです 本当に当てたんだー 本当に・・・

友達の忠告は大人しく守るか。
 

酒と泪と女と女 

January 27 [Thu], 2005, 15:23
をしようと思ったが失敗也。
バー・オリエントエクスプレスにてはO氏乱入。
それに私たちにはマルガリータとかギムレットとか
あんま似合わない。

場所をうつして新宿大ガード横の横丁
陽気な提灯のいくつもぶらさがる明るい料理屋で
木耳と卵の炒めたの キムチを肴に瓶ビール
やっぱこれだすよ。
大声でしゃべれるしカタコトな店員さんはおもしろいしさ!
が、またもやTの参加により女同士の赤裸々ナイトは終了〜

オリエントエクスプレスもよかった。たまにはああいうとこで
山崎 響 マッカランをゆっくり傾けたい と思った

くうねる 

January 25 [Tue], 2005, 13:28
クウネル03号
創刊号からおいかけてるが コーナーわけがきっちりされて読みやすくなったなぁ。と思う。
スロウ とか シンプル とかお手軽になんでも「言葉」や「雑誌」になりがちで、自分の経験・生活に根ざしていないのに
そういう言葉の枠に縛られてる様子をみたりすると笑ってしまいたくなる。
だけど現代の東京に住み、「スロウ」になりきることは決してできないからこそ
照れながらもこういう雑誌に惹かれる。

私にとって「雑誌」というのはひとつの思想を実現するある種の聖地だと思う。
雑多な自分の生活とは交わらなくても平行に並んで存在する理想の地。
ガンダーラ・・・
部屋のどこかにこういう雑誌が埋もれてるのも良い。

ふつうの人のふつうのお弁当をいくつか紹介するコーナーで
「お弁当にしてから2年で3kg体重が減りました!」と言ってる人がいたけど
背が伸びる長身法の紹介で
「3年で5cmも!」とか言ってるのを読んで
「それってただの成長期なのでは??」
と思うのと同じような戸惑いを感じてみる。

雪の結晶の研究をした教授はもっこもこなエスキモー姿で
雪焼けをして二カッと笑ってる写真はとても素敵だった 男らしい!
目指す道をみつけてすすんでいる人は美しい
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:key_and_button
読者になる
Yapme!一覧
読者になる