辰巳雄大単独主演

September 16 [Sat], 2017, 10:16
相変わらずの放置ブログですけども。
さすがに今日は書くわ。



辰巳雄大
単独主演





字面やばい。




ぼくの友達
@DDD青山クロスシアター





来たよ。
ついに来たよ。
このタイミングとは思ってなかったよ。

雄大くんが、単独で、主演。

やったね。

おめでとうだね。

目標、また一つ達成だね。


日刊スポーツの写真、
すごく凛々しくて、かっこいい。
大人な雄大。

トニーだって。
マフィアだって。

しくじるの?笑

大丈夫大丈夫。
いろいろ考えちゃう雄大くんだけど
きっと緊張するだろうけど
大丈夫大丈夫。

見てくれてる人がいたんだね。
雄大くんにお芝居のオファーしてくれる人が。
ありがたい。ほんとに。

お芝居大好きな雄大くん。
また成長しちゃうね。
吸収しちゃうね。

ほんっと、
自分のことのように嬉しい。

GACHIの「A・RI・GA・TIMES」で、そういう歌詞を
雄大くんが歌ってたけど
ほんと心からそう思う。

やったね。やったねって。









GACHIのこと一切書いてないけど
結局6回行きました。笑
完全に沼だった。初見の時は正直、なんとも言えない感じだったけど。

軸足も、ふぉゆです。
もちろんKinKi大好きだけど。
SHOCKも観て、やっぱり雄大くんは特別だなって
思っちゃった。
申し訳ないくらい、座長に目が向かない自分がいるんだもん。
ときめくんだもん、雄大くんに。
この心の跳ね上がる感じは、雄大くんだけなんだよなぁ。

来年まで生きる意味が見えたので
絶対に生きる。
ミサイルとかほんと勘弁してね。
雄大くんの主演舞台が待ってるんだから。

なんだかんだで

July 31 [Mon], 2017, 0:07
すっかりキンキモードで過ごしてきている毎日で

そろそろふぉ〜ゆ〜思い出そうかなと思い←

去年優馬と出たMステ見たんだけど


雄大くん大好き。。


やーーーっぱね
好きでした。
彼のダンスが。
なんだろねぇ。
このときめく感じ。

やっぱ違いはこれなんだなぁ。

あと10日ちょいで初日です。
今回も初日を客席で迎えます。

素直

July 24 [Mon], 2017, 0:03
軸足どうこう考えたんだけど

結局その瞬間瞬間で
好きなものを追いかければいいんじゃん?
どっちかなんて、決めておくものじゃない。
そもそも掛け持ちなんだから。

ということで
軸足は臨機応変に変わります。


怒涛のキンキAnniversary週間が終わりました。

見れてなかったWe are KinKi Kidsも、CDについてたMV等も
ようやく見ました。

ふぉゆに降りたとき
KinKiにはない魅力がすごく強烈に映って
心惹かれたんだけど。

その逆なんだよね、いま。
2人の姿が、まぶしくてまぶしくて。

なんだろな、あの雰囲気。
がむしゃら感はない。
笑顔もない。

でも、圧倒的な存在感。
2人が目を合わさなくても
重なり合う歌声。

揃わないダンスも
それがいいって感じてしまう。
1人と1人、その個性を殺し合って揃えるんじゃなく
それぞれが好きなスタイルでそこにいて
でもバラバラじゃない。
1つの作品になる。

これはファンの贔屓目じゃないと思うんだよね。

少プレで光ちゃんが言った「これじゃねぇ」って言葉、
わかってたけど、嬉しかった。

違和感、私たちと一緒なんだね。

正直、
浜スタに駆けつけてくれた方たち、すごくありがたかったし
KinKi愛も感じたんだけど
歌を、剛のパートを目の前で歌われるのはね、
けっこうしんどかった。

その光景を見てる剛がいるから、余計に。

特に「硝子の少年」は・・・歌ってほしくなかった。
光ちゃんに悪気はなかったと思うけど、
歌っていいよって、言ってほしくなかった。

改めて思った。
私にとって2人は特別すぎるんだなぁって。

光ちゃんの隣は剛だし、
剛の隣は光ちゃんなんだよ。


この場に及んでも
これだけ光ちゃんのはっきりした言葉があっても
それがまったく届かないアンリーがいることも
また思い知らされてる。

彼女たちには
光ちゃんの気持ちなんて一生理解できないだろうね。
かわいそうだね。
好きな人の気持ちを理解できないまま応援するなんて。

と、思っています。

彼らの言葉を信じて応援できる自分は幸せ。ほんとに。
キンキファンでよかった。

ありがとう20年

July 17 [Mon], 2017, 1:06
完全放置しているこのブログ。
更新しに来ました。5ヵ月ぶりです。

行ってきました2days
横浜スタジアム。

10周年の39イベントも当たったし
今回も何の根拠もないけど自名義が当たるだろうとなんとなく思ってて
蓋を開けたら

外れたよね。

甘かったです。
予感はずれました。

純粋にキンキだけを応援してる人がものすごい数チケット探してるのを目の当たりにして
私は探すことすら諦めました。
ここ数年でキンキに対する執着心をなくすことができて
すごくいい距離感で応援できてる。
だから気持ちよく諦めました。

その理由の1つがMTV
まさかのまさかず、当たって観に行ってきました。
素晴らしかった。
これについては今日オンエアもあるし、気力があったら別記事に書きます。

あ、
「それいゆ」「23階の笑い」もちゃんと観劇してます。
4〜5月はがっつりふぉゆを応援してました。
そんな時期を経て
6月からキンキの露出が増え始めて。
年末くらいからふぉゆ熱が落ち着いたのも伴って
キンキ熱が徐々に戻ってきた、そんな日々でした。

そして7月
15年の付き合いになる友達が
Partyのチケットを2days分譲ってくれました。
ディレイビューイングは自力でとれてたから、もったいない申し出だったんだけど
気持ちに甘えて、2days行ってきました。

私、キンキファンでよかった。
2人を応援してきたこと、間違いなかった。

ものすごい空間でした。

心に、正直になると、

私は軸足を戻すかもしれない。

かもしれない、なのか
戻ってるのか
現時点でははっきり言えない。

ふぉゆが剛の元に駆けつけてくれたとき
ものすごくテンション上がった。
嬉しかった。

でも、、
それを超えるキンキ2人の愛というか、存在が、
心に響いて響いて
受け止められないくらいで。

もし、
2人が揃うステージが
年末のステージが
ふぉゆのステージと被ったら
私は、キンキを選ぶ。

はぁ。
軸足とかそんなの決める必要ないんだけど
優先順位は必然的に生まれる。

しばらく
心を見つめます。

私はどっちを優先するの?

おしゃれイズム出演記念

February 19 [Sun], 2017, 23:29
すっかりご無沙汰すぎて。

ちゃんと今もふぉ〜ゆ〜ファンやってます。笑
キンキファンもやってます。

ブログ書かない間に
雄大くんは30歳になり、
私はNYに行って
23階の笑いも観て
SHOCKも観ました。

で、今日は書かないと寝れないなと思って書きにきました。

ふぉ〜ゆ〜が
「おしゃれイズム」に出たよ!!!!


生田氏には感謝しきれません。
ふぉゆクリエで「なんでこいつら売れないんだろね!?」って
本気で言ってくれた斗真。
ずっと、ふぉゆのこと気にかけてくれて。
自分の映画の番宣なのに、ふぉ〜ゆ〜を呼んでくれました。

そんな、ふぉ〜ゆ〜。

決して長い時間じゃなかったけど
彼らの魅力が溢れた時間だった。
最高だった。

喋れておもしろい。
踊れてかっこいい。

これこそ、ふぉ〜ゆ〜。

ただの愛されキャラじゃない。
実力が伴ってるからこそ、
キンキをはじめとして、先輩たちに本当にかわいがられてる4人。

最高の4人。

大好きな4人。

私もふぉ〜ゆ〜に落ちて、ようやく丸3年になりました。
キンキに戻りそうになったりもするけど
やっぱりこの感情、興奮は
ふぉゆからしか得られない。

階段を登ってる途中の彼らを
応援する楽しさ。
歩みを進める様を見届けることができる楽しさ。

それは彼らが、
仕事に真摯に向き合ってることを知ってるから。
諦めてないことを知ってるから。

うちの母親がね
「ふぉ〜ゆ〜おもしろいね」
「デビューできないの不思議だね」
ってメールくれました。

全国ネットってすごい。
地方でそう感じてくれる人がいるんだから。

ふぉ〜ゆ〜がもっともっと
多くの人に目に留まって
彼らの目標が一つでも多く叶う様に
私も後押しがんばろ。

2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:key-of-love
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
キンキを応援して20年。
そして、ふぉゆ沼に落ちてもうすぐ2年の雄大くんLOVEなアラサー女子です。
script*KT*