動脈硬化の原因になる血中中性脂肪を下げる方法!

January 05 [Mon], 2015, 17:09
「健康診断で血液中の中性脂肪が高いと言われたけど、
 中性脂肪を下げるにはどうしたらいいんだろう?」

と、悩んでいませんか?



血液中に中性脂肪が増えると、
悪玉コレステロールが増えます。

そして、中性脂肪と悪玉コレステロールは
血管にへばりついてしまうのです。

そうすると、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

動脈硬化になると、高血圧、脳卒中、心筋梗塞、狭心症など
血管の病気を引き起こしやすくなります。


血中中性脂肪は命にもかかわる病気を
引き起こしやすくなりますので、
早めに下げるようにすべきです。


血中中性脂肪が高くなる主な原因は、
脂質や糖質(炭水化物など)の食べ過ぎです。

脂質や糖質は体を動かすためのエネルギー源に
なります。

それで、消費するエネルギー以上に脂質や糖質を摂ってしまうと、
それらが中性脂肪に変わって血液中に増えてしまうのです。


ですから、血中中性脂肪を減らすには、
脂質や糖質の摂る量を減らす
ことが大切です。

そして、運動をしてエネルギー消費量を増やすことで
脂質や糖質の消費量を増やす
ことも大切ですね。


また、血中中性脂肪を下げるのに効果的な
栄養素を積極的に摂る
ことも大切です。

血中中性脂肪を下げるのに効果的な栄養素として、
青魚などに含まれるDHAやEPAが知られていますよね。

ですから、血中中性脂肪が気になる方は、
青魚を積極的に食べることをおススメします。


もし、青魚を積極的に食べるのが難しかったり、
あるいは青魚が嫌いで食べたくないというのであれば、
DHA・EPA配合の健康飲料がおすすめです。


「イマークS」は、
EPAとDHAが豊富に含まれているトクホの飲料です。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓  ↓  ↓