【 更新情報 】

アレルギー性結膜炎の症状は

アレルギー性結膜炎の症状は、原因が花粉やハウスダストでも同じです。
結膜に花粉やハウスダストが付着して炎症を起こすことにかわりはありません。

花粉の場合、春先のスギ花粉や秋に多いブタクサが有名ですね。
花粉自体が毒性を持っているわけではありません。

花粉が体内に入って好酸球という細胞が過剰に反応し、ヒスタミンなどがたくさん作られることが花粉アレルギーの原因です。

症状は目やまぶたのかゆみなり、そのうちにこすったりかいたりしていると次第に痛みが加わります。
そのままにしておくと充血して、まぶたが腫れ、目やにが出てくるようになります。

花粉が原因のアレルギー性結膜炎は、毎年決まった時期に症状が見られます。
逆にハウスダストが原因の場合、お部屋の中に一年を通してあるので症状は慢性的にみられます。

また、10歳くらいまでの男児に多く見られる春季カタルは、アレルギー性結膜炎の慢性重症型です。
激しい目のかゆみと白い糸状の目やにがたくさんでます。

従来は10歳を過ぎると症状は軽くなり、自然治癒することが多かったのですが、最近ではアトピー性皮膚炎を併発することがあり20歳代でも症状が見られる人がいます。

アレルギー性結膜炎とハウスダスト

アレルギー性結膜炎の原因になっているハウスダスト。

最近ではこのハウスダストによるアレルギー患者が増えているようですね。
花粉は季節的なものですが、お部屋の中に1年を通して存在します。ほこりに混じっているダニやカビ、人や動物の毛やフケなどが、お部屋の空気中にまっています。

それらが結膜にくっついてアレルギー性結膜炎を引き起こします。
ハウスダストは一年中室内にあるので、いつ症状が出ても不思議はありません。

アレルギーとは、外から入ってくる異物に対して体が過剰に反応することで起きます。
結膜はまぶたの裏側と白目の表面を覆っている膜です。

この結膜に異物が付着すると炎症を起こし、充血やかゆみ、流涙などの症状がでてきます。
花粉が原因のアレルギー性結膜炎は季節的なものですが、花粉症として知られていると思います。

スギ花粉やヒノキ花粉、ブタクサなどがあります。地域のよって多少花粉の飛ぶ時期が違いますが春先や秋口が結構多いのではないでしょうか。

ハウスダストや花粉が原因で起こるアレルギー性結膜炎では、抗アレルギー点眼薬を使って治療します。

副作用はほとんどありませんが、花粉の量が多い時や目の具合によっては症状が治まらないこともあるので、医師によく相談の上、指示に従うようにしてください。

アレルギー性結膜炎の治療について

アレルギー性結膜炎は、アレルギー物質に反応して起こる目の疾患の一つです。

アレルギーの症状というのは、皮膚や呼吸器など色々な場所に発現しますが、目に現れるのも非常に不快感を伴いますよね。

しかし、不快感から目をこすることを続けていると、余計に悪化させてしまうので、目に現れた症状がアレルギー性結膜炎の症状かどうかを、眼科医に診断してもらう必要があります。

アレルギー性結膜炎と診断されたら、抗アレルギーの働きがある目薬による治療が行われます。

アレルギー性結膜炎の症状が、非常に強い場合はステロイドの成分を配合した目薬を処方されることがあるのですが、効果が高い分、眼圧が上がるという副作用もあり、症状の緩和状態を通院で観察しながら使用する必要があるそうです。

また、点眼のみでアレルギー性結膜炎の症状が改善しない場合、アレルギー症状を抑える内服薬を飲むという治療を併用されることもありす。

花粉症の症状としてアレルギー性結膜炎を起こしてしまうということが判明している場合、該当する季節に花粉に接触しないようにする工夫をすることで、ある程度の予防が可能です。



アレルギー性結膜炎の症状について

アレルギー性結膜炎とは、何らかのアレルギー反応が引き金となって起きる結膜炎です。

アレルギー性結膜炎症状は、初めはまぶたとか目にかゆみが出てきます。
そのため、目を強くこすったりまぶたの周りを掻いてしまい、結果痛みを伴うようになったり目がゴロゴロするような違和感を覚えるようになってしまいます。

その状態が続くと、結膜が充血してきて、まぶたがむくんだように腫れてしまい、さらに症状が進むと角膜の周りにまで影響が及び、ゼリーのような目やにが出てきます。

アレルギー性結膜炎症状は、細菌性結膜炎の症状と似ている部分がありますが、最大の特徴は、かゆみを伴うことと白っぽい目やにが出ることです。

特に結膜腫という症状は、アレルギー性結膜炎の特異的な症状で、血漿の成分が血管から染み出すことにより、白眼の部分がゼリーのようにぶよぶよした感じになってしまいます。

細菌性結膜炎の場合は、黄色や緑色の目やにが出ることが多く、治療薬も違ってくるようですので、アレルギー性結膜炎かどうかの判断は、眼科医を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。


アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー性結膜炎とは、細菌に感染するなどの理由ではなく、いろいろな物質に過剰に感応した結果、結膜に様々な症状を起こすものです。

細菌などに感染して起こる細菌性結膜炎などの場合、例えば手指やタオルといった目の周りに触れる可能性のあるものを清潔に保っていれば、予防することは難しくないですが、アレルギー性結膜炎は、原因物質の特定から原因物質の除去が困難な場合が多いので、日頃からの体調や環境の管理が必要となります。

アレルギー性結膜炎の原因は、他のアレルギー疾患の原因になり得るものと変わらず、ほこりやダニといったハウスダストや、花粉、草などの植物、動物の体毛やフケや唾液、食物、カビ、微生物、化学物質などなど、特定に困難を極めるほど多くの物質に対しアレルギー反応を起こす可能性があると言われています。

中でも、ある特定の季節にだけ起こるアレルギー性結膜炎は、花粉が原因になっている場合が多く、時期が過ぎると良くなるのが特徴です。

また、時期によらず起こってしまうアレルギー性結膜炎は、ハウスダストやカビ、ペットの毛が原因になっていると考えられます。