正しいケツ毛の剃り方は?それとも抜く?脱毛する?

April 03 [Mon], 2017, 17:03
え?お尻の穴の周りにも毛って生えるの?最初にケツ毛が生えていることに気付いたときには、驚きというかショックでした。

ネットで調べてみたら、意外とケツ毛を抱えている人が多くて、ちょっとした安堵感はあったものの、こんな状態で彼氏の前で裸になることはできません。




ケツ毛なんてどんな風に処理して良いのかさっぱりわからなくて、脱毛サロンに行ったほうが良いんじゃないの?と思っていたものの、、けっこう簡単にムダ毛処理ができました。

おかげさまで今はOラインのムダ毛はすっかり落ち着いたし、VラインもIラインも毛もきれいに整えることができたんですが、私がどんな風にケアをしたのか?その方法をこのブログで紹介しています。



鏡でお尻の穴を見ながら毛を一本一本抜くみたいなことをしたわけじゃありません。アフターケアがすごく楽だし、肌の調子も良くなるので、おすすめですよ。



■剃るのはてっとり早いけれど。。。


無駄毛処理といえばてっとり早いのはやっぱりカミソリで剃ることですよね。最近だと女性用の電気シェーバーもあって、早く楽になりました。

私も脇のムダ毛は電気シェーバーで使っているんですが、気になるのは肌への負担です。肌に歯を直接あてるわけではないものの、負担はゼロではありません。



実際に見えないところの毛を剃るとなると、上手く剃れるかすごく心配でした。一度だけ、無理やり体を曲げてそろうと思ったんですが、、、、まさしくムダでした。


ケツ毛を剃って処理するは、自力でやるのは無理だと思ったほうが良いです。



■家庭用脱毛器も使えるけれど


カミソリや電気シェーバーじゃなくて、家庭用脱毛器を使うこともできます。これならエステ並みの脱毛ができるんですが、難点は痛いこと。

エステよりも痛みが強いらしく、痛みを和らげるために脱毛する部分を徹底的に冷やさないといけません。下準備にものすごく時間がかかってしまうんです。



肛門に脱毛器が直接当たってしまったら、想像したくもない痛みが伴いそうなので、ちょっと使う気にはなれませんでした。




■ケツ毛は抑毛しよう



痛むのがとことん怖かった私がたどりついたのは抑毛ローションでした。ムダ毛が生える力を抑えて、毛を細くしたり抜けやすくしてくれるローションです。

私が選んだものならば、豆乳とパイナップルに含まれる天然の抑毛成分によってムダ毛を抑えてくれるので、肌へ負担をかける心配がありません。



だいたい1ヶ月くらい使った時点で、Oライン(お尻の穴の周り)のムダ毛がすっかり落ち着きました。ゴワゴワしていた感じが全くなくなったんです。

おまけに、鏡でお尻を見てみると、ローションを塗ったあたりの肌がすごくつるつるしていたんです。黒ずんでいたのがウソみたいに、きれいなお尻になっていたんです。



おかげさまで彼氏にも「モデルみたいにきれいなお尻だね!」と言ってもらうことができました。ローションは全身どこにでも使えるし肌の調子も良いので、今では欠かせないアイテムになっています。

私のお尻から忌々しいケツ毛をなくしてくれた抑毛ローションがこれです。今なら返金保証付きで試すことができるので、効果を確かめてみるなら今のうちですよ。
↓↓↓










除毛と抑毛の違い ケツ毛を処理するなら?

June 02 [Thu], 2016, 16:58
脱毛用のローションには除毛ローションと抑毛ローションの2つがあります。何が違うのかというと、除毛ローションは毛を抜けやすくして一気に抜いていきます。
それに対して抑毛ローションの場合には毛そのものにはたらきかけて、気を薄くしてくれるものなんです。

どちらが良いのか、好みは別れるところですが、除毛ローションの場合には、肌への負担がかなり大きいので、何度も使っているうちに肌が腫れたりかぶれる危険が高いです。
抑毛ローションその点、抑毛効果がはっきり現れるまでに1ヶ月くらいは時間がかかるものの、肌へ負担をかける心配がないし、ケアをサボってもすぐに毛が濃くなるわけじゃないので、私の様にずぼらな人には特のおすすめです。

パイナップル豆乳ローションなら、全身に使えるし、1分で塗り終えることができるほど手軽に使えるので、ケアはすごく楽ですよ。