断糖食療法
2014.04.21 [Mon] 14:47

現在、高血圧専門病院で 行われている 高血圧の 克服法は、くすりを使った方法がメインです。

しかし、 高血圧専門医に処方された 薬 をいくら飲んでも 高血圧は、根本的には治りません。

医療現場 で実施されている高血圧の克服法に

注意を呈している のが、高血圧治療の第一人者 の荒木裕さん です。

降圧作用のクスリで高血圧をコントロールする、 その時だけ の対処療法 では、

その内、降圧剤 による副作用により別の危険性が発生します。

そもそも高血圧専門医にできる血圧の治療とは?二次性高血圧 だけです。

しかし、高血圧を発症した人 のほとんど は、複数の原因が重なっている 高血圧です。

つまり血圧が高くなったら、 自分が原因となる食事生活を 改善しなければなりません。

さて、血圧を正常に戻すには、 どんな食事をしたらいいのでしょうか?

僕が紹介する効果のある 食事メニューは、

崇高クリニック の荒木裕院長が作った荒木式高血圧食事法 です。

この食事法は、高血圧患者がほとんど居ない民族 の食事法 が、ベースになっています。

血圧が高くならない 部族とは、アラスカのエスキモー などです。

高血圧にならない部族 の共通点は、糖分を一切とらない 食事法 です。

そもそもアラスカには、 糖質を摂る食べ物がほとんどありません。

その結果、 血圧が高くならない健康な体質を維持できる という研究のもとに

高血圧を克服 する専門の 画期的な 食事法 が開発されました。

最短で 血圧を正常値に戻したい方は、 ぜひ、荒木式断糖食 に挑戦してみてください。

牡蠣エキスサプリなら、海乳EXがお勧め!
 

高血圧の料理
2013.05.07 [Tue] 21:03

★血圧降圧作用の食べ物じゃ血圧は下がらない!


血圧を下げる成分を含んだ特定保健用食品や食べ物が評判ですが、

150mmhg前後の高血圧を除けば、全くと言っていいほど効果を感じられないのが正直な話です。

確かに血圧降下作用や血流を良くする効果のある成分が見つかっています。

次々と企業が、特定保健用食品の認定を受けサプリメントを発売します。

そもそも、血圧が高いという病気は、複数の原因が重なり発症していると考えられます。

ですから、トクホの飲み物を取っただけで

高血圧が正常になるとは、到底おもえません。

ちょっとした気休め程度と考えるのが常識です。


★専門内科のドクターが治療しても高血圧は完治しない?


大学病院の高血圧治療は、降圧剤により、無理やり血圧を下げる方法が主流です。

高血圧状態が続くと脳卒中、狭心症、慢性腎臓病などの高血圧の合併症になるリスクが高まるからです。

しかし、くすりで血圧をコントロールしても高血圧が完全治らないのは、高血圧患者が解っている事実です。

血圧降下剤により血圧の上昇をコントロールしている間に原因となる食生活や太り過ぎを解消する必要があります。

ところが、長い年月をかけて上がった高血圧は、簡単には下がりません。

現実の問題としてクリニックから、教えられる食事の仕方で、血圧の改善が上手くいった話を聞いたことがありません。


★食事療法だけで高血圧を治療する名医!


厚生労働省が、こんなにも高血圧病の拡大防止に注力しているのに・・・

高血圧患者は、年々増加しています。

その要因は、病院での治療法にあると言えるかもしれません。

原因が特定できれば、的確な治療もできますが、

生活習慣の改善などは・・・

人手不足のクリニックでは、期待してはいけない治療法なのです。

ですから、高血圧患者に求められるのは・・・

独りでも迷うことなく、プログラム通りにやれば、抜群に効果のある食事療法が求められています。

食事だけで、高血圧を完治するプロフェッショナルと言えば、総合免疫治療研究所所長の藤城博さんです。


★成功体験談

運動不足による肥満が、高血圧の原因ど指導され、一生懸命に改善したのに高血圧は改善されませんでした。しかし、藤城さんの食事法の丸秘テクニックともいえる絶食療法をすると。たった3日で血圧が、25mmhg も下がってしまいました。最速の結果に驚くばかりです。
 

食塩感受性と藤城博の食事療法
2013.04.30 [Tue] 16:54


今現在、内科で行われている高血圧の克服法は、薬を使った方法が主流です。

でも、医者に処方していただいたクスリを飲んでも高血圧は、根本的には治りません。

内科で実施されている高血圧の改善法に

警告を呈しているのが、日本食用の会の藤城博さんです。



薬で血圧を下げる、その時だけの治療法では、

やがて、クスリによる副作用で別の危険性が発生します。

そもそも、高血圧の医者は、食事法で高血圧を治療する専門家じゃありません。

まさに専門医から指示された食事療法で、血圧が下がった患者さんをほとんど見ません。

高血圧改善のための食事の取り方には、その道の専門家が、いるものです。

長い時間をかけて、少しずつ血圧が上昇してしまう体になったのですから、一般的な食事療法では、短期間の結果は期待できません。

実感できる効果を出すには、高血圧専用に研究された食事メニューが必要です。

高血圧治療の食事の取り方には、その道の専門家が、いるものです。

その分野で第一人者は、日本食用の会会長の藤城博さんです。

藤城博さんが開発した高血圧専用の食事法は、最短3日で高血圧が下がり始めます。

これから、食事による治療を開始する方も、すでに、取組まれている方も

短期間で高血圧の薬を減らしたいなら、藤城博さんの高血圧改善食事法がおすすめです。
 

藤城博先生の血圧をコントロールする食事の食べ方
2013.04.19 [Fri] 13:32

現在、高血圧専門内科で行われている血圧を下げる方法は、降圧剤を使用したものがメインです。

でも、血圧の名医に処方していただいた降圧剤をいくら飲んでも高血圧は、治りません。

高血圧専門内科で行われている高血圧の克服法に

警告を発しているのが、日本食用の会の藤城博さんです。

くすりで血圧を下げる、その場限りの治療方法では、

その内、クスリによる副作用で別の危険性が発生します。

つまり現代医学では、生活習慣の改善は、不得手な治療なのです。

現に内科医から指導された食事で、高血圧が下がった人をほとんど知りません。

長い時間の中で、少しずつ血圧が上がってしまう体に変化したので、一般的な食事法では、改善には相当の時間がかかります。

目に見える効果を出すには、高血圧用に研究された食事プログラムが必要です。

高血圧改善の食事法には、その道の専門家が、存在します。

生活習慣病の分野で代表的な人物は、総合免疫治療研究所所長の藤城博さんです。

藤城博さんが作った高血圧専用の食事法は、最短3日で血圧が下がる効果を実感できます。

今から、食事による治療を始める人も、すでに、取組中の方も

最短で高血圧のクスリを止めたいなら、藤城博さんの藤城式食事法がお奨めです。






 

減塩食で血圧を下げる!
2013.02.06 [Wed] 15:35




日本は世界一の長寿国と言われていて、男79歳、女86歳の平均年齢だそうですが、寝たきりや認知症も多いようです。

日本の高血圧症の人数は推定で4000人とも5500人ともいわれていますが、このうちきちんと治療しているのはたったの2割程度の人のなのです。

高血圧は血圧が高いほど脳卒中や心筋梗塞になる確率が高く、寝たきりや認知症の原因になります。高血圧を下げる食事として真っ先に浮かぶのが減塩食ですね。

高血圧の治療においては食塩制度が重要で、日本高血圧学会は1日に6g未満を推奨しています。食塩と高血圧の関係はよく知られていますが、食塩摂取量が非常に少ない地域では高血圧の人は殆どみられず、加齢に伴う血圧上昇も殆どないことが明らかにされています。

食塩制度は正常血圧の人にとっても高血圧の予防のために意義が大きいと考えられていて、日本では塩分の摂取がまだまだ多く、一般の人の食塩摂取量については、男性は1日9g未満、女性は7.5g未満とされていますが、
欧米のいくつかの国では、一般の人にも6g未満を推奨しています。

日本高血圧学会では食塩摂取量1日6g未満の目標を掲げていますが、この値はたくさんの高血圧患者さんで減塩の試験をして確実に血圧が下がった値を参考にして決めたものですが、実は中間目標なのです。

本来はもっともっと少ない値にすべきだというのが専門家の意見で欧米では1日3.8gくらいの値を最終目標として示しているくらいなのです。

殆どの日本人は必要量をはるかに超える食塩を摂取しています。
減塩に対する正しい認識を広め、自治体、食品業界などが協力して減塩を進め、日本人の生活習慣を改善していかなければならないと思います。

塩分は血圧と密接な関係があり、塩分を摂りすぎると血液中のナトリウムの濃度が高くなります。ナトリウム濃度が高くなると、それが中枢神経に働いてのどが渇き、人は水分を摂ろうとします。水分を摂ると血管に流れる血液量が増え、血圧が高くなります。

つまり、塩分を摂りすぎると体内の塩分と水分の量を調整するために血液量が増え、高血圧になるというわけです。

高血圧状態が続くと血管はいつも張りつめた状態におかれ、次第にぶ厚く、そして硬くなってしまいます。これが、高血圧による動脈硬化というわけです。動脈硬化は脳梗塞、心筋梗塞などの原因にもなります。

また、高血圧状態を続けることは、心臓に無理な負担をかけることになり、心臓肥大が起こり、心不全になることもあります。

やはり血圧が高くなるほど、循環器病を発症する割合が高くなっていますが、高血圧ではない正常値とされる血圧の中でも、正常高値と呼ぶ血圧が高めの人たちが低い人たちよりも発症率が高いという結果が出ています。

循環器病の大きな危険因子である高血圧を予防するためには、高血圧の原因となる塩分の摂りすぎを控えることが重要なのです。

また、同じ血圧でも塩を多く摂っている人の方が脳卒中になりやすいというデータもあり、塩分摂取量を減らすことは、血圧を下げるだけではないプラスアルファの効果も期待できます。

また、高血圧の原因になる肥満の解消をするためにも、低カロリーの食事が高血圧を下げる食事において必要です。食物繊維が豊富な野菜や海藻を積極的に摂ること、脂質をおさえた食事をするように心がけましょう。

忘れてはいけないのが、栄養バランスです。炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素は、それぞれが助け合いながら役割を果たしているので、どれが欠けても、うまく働きません。必要な栄養素をバランス良く摂るようにしましょう。