【 更新情報 】

スポンサードリンク

香典袋の書き方について

香典袋は普通薄墨で書きますがどうしてかというと亡くなられた方を惜しんで涙が文字を濡らして薄くなるというのを表現しているのだそうです。水引の上半分には普通「御霊前」「御香典」「御香料」という書き方が多いのではないでしょうか。これは「仏式」です。、「御仏前」と書くのは浄土真宗です。どうしてかというと人は死ぬと霊となる教えと仏になるという仏式と浄土真宗の教えのちがいなんです。神道では「御玉串料」「御榊料」「御霊前」「御神前料」という書き方があります。キリスト教の場合は「御花料」「御ミサ料」「献花料」という風になります。また香典を連名で書くときは水引の下に代表者や一番の年長者の名前が一番右にくるようにしてあと左に書きます。人数が多いときは一人だけ書いて他一同と書き中に一人づつ名前と住所を書いておきます。そうすればあとで香典返しをするときに先方様が助かりますね。また中の袋も薄墨で書きます。ボールペンや万年筆はやめて毛筆がよろしいです。無い時には筆ペンを使えばいいですよ。中袋にも名前を書いておけば後で喪家が整理することも簡単です。そしてお札を入れる時の注意することはお札の表側が中の袋の裏側を向くようにすることにご注意ください。また新札は不幸を用意していたと思われるからとタブーされてましたが汚いお札では失礼ですからなるべくきれいなお札で新札しかなならば折り目

香典返しのマナーと相場は?

お葬式やお通夜のときにお世話になった方からいただいた香典返しはどうしましょうかというときには普通喪明けする49日に一般的には挨拶状も添えて品物を送ることが多いようです。各宗派によりさまざまですがキリスト教だと一ヵ月後の命日にまた神道では五十日祭にお返しをするようです。香典返しはよく「半返し」「三分返し」とか「全返し」といろいろな方法が地域によりバラバラですのでその地域の習慣にあわせてお返しをするのが望ましいことかと思います。品物はよく使われるのがお茶やタオルなどが多いです。必ず挨拶状を添えろのがよろしいかと思います。葬儀社でも作ってくれるでしょうし、デパートでも取り扱われているかと思います。弔辞の際は白い無地で、封筒は一重でないといけないという風習なので気をつけてください。そしてお清めの塩も宗派により必要あかどうかがあるようですからよく聞いてみるといいでしょう。また故人が遺言で香典は福祉やどこかの団体に寄付するということならばその説明書などを喪明けの際の挨拶状に添えることにして香典返しはする必要はありません。

香典の金額について

香典は故人を惜しむ心や悲しい思いがある人がせめてもの弔いの印として故人のご家族に渡すものであります。お金の事はおおっぴらに表示できるものではないのですがやはり世間相場というものがありますのである程度は参考にしておくことも大事なのではないでしょうか。社会でのお付き合いならば自分の上司で部長以上ならばまあ1万円以上ですし部下や同僚の場合は1万円以内でもよいでしょう。お付き合いの深さにもよりますがあまりよく知らない方なら5000円でもいいですね。特にお世話になった先輩や上司の場合は2万円以上という風に後細かいことはご自分の判断で決めてもよろしいのではないでしょうか。

親戚なかでもおじいさんおばあさんの場合は出せる方も出せない方もいるでしょうが3万円くらいですね。亡くなられた方が両親になると香典は5万円は準備するべきでしょう。自分の親の場合には10万円以上でもかまいませんね。お世話になられたお父さんお母さんに金額はいくら出してもこれでいいというものはありません

あとは町内の近所の方の場合には町内会長さんなんかと相談してみてはいかがでしょうか。あと友人の場合には普通は1万円くらいでいいと思うのですがこれもお付き合いの深さで3万円以上であっても構いません。
P R