甘いものが嫌いなのに血糖値が高い理由とは?

July 21 [Thu], 2016, 20:07
甘いものが嫌いで全く食べないのに血糖値が高い。
健康診断に引っかかっても
何を気を付けていいのかわからない。


そんな悩みを持っている方は意外に多いようです。


確かに、甘いものを食べ過ぎているというなら
まだ改善の余地があると思います。


でも、考えられる原因がわからないのは、
対策のしようがないですよね。


実は、甘いもの以外にも
血糖値が上がる原因があるんです。


◎ご飯、パン、パスタなどの食べ過ぎ

ご飯、パン、パスタなどは
炭水化物が主成分です。


炭水化物はからだの中で分解されて、
糖質に変わります。


なので、甘いものでなくても
炭水化物の摂りすぎは
血糖値が上がりやすくなります。

◎揚げ物の食べ過ぎ

油自体には血糖値を上げる原因はありません。


しかし、問題は揚げ物に使われている
小麦粉やパン粉です。


これらは、炭水化物が含まれているので、
血糖値が上がる原因になります。


衣がたっぷり付いたカツやコロッケ、天ぷらなどは
血糖値を上げる原因になります。


血糖値が気になるのであれば、
揚げ物も控えた方がいいでしょう。


◎アルコールの飲み過ぎ

アルコール自体には血糖値を
上げる力はないといわれています。


しかし、アルコールを飲むと、
肝臓の中のグリコーゲンを分解して
ブドウ糖を作る働きがあります。


なので、アルコールを飲むと
一時的に血糖値が上昇します。


また、ビールや日本酒、果実酒などには、
アルコール以外にも糖質が含まれています。


なので、アルコールを飲みすぎると
血糖値が上がる原因になります。


◎食べ物以外にもさまざまな問題が

血糖値が高い原因は、
食べ物以外にもたくさんあります。


例えば、強いストレスを受けると、
血糖値を抑えるためのインスリンの働きが
弱くなるといわれています。


他にも、運動不足、タバコ、遺伝など、
甘いものを食べなくても血糖値が上がる原因は
たくさんあります。


◎糖尿病は自覚症状なない病気

糖尿病は自覚症状がない病気といわれ、
そのままにしておくと知らないうちに
神経や血管に障害が出てきます。


今後糖尿病にならないためには、
血糖値の高い時期に
何らかの対策をうつ必要があります。


早期発見して治療をすることで、
合併症を起こすことなく
健全な生活を送ることができます。


そこで、血糖値が高くて将来糖尿病が心配な方には、
東京、大阪で無料で糖尿病健診が受けられる
インクロムボランティアセンターで健診することがおすすめです。


インクロムボランティアセンターでは
人間ドックレベルの検査が無料で受けられるので
とても評判になっています。


なぜ、無料なのかというと、
新薬の治験の協力をしてくれる人を探すために
医療機関が検査費用を補助しているからです。


なので、もし新薬に興味があったら、
検査が終了した後で
新薬を試してみることもできるんです。


また、新薬に興味がない人でも
今後の糖尿病対策に関するアドバイスが受けられるので
メリットが大きいと思います。


無料糖尿病健診の流れなど、
さらに詳しいことが知りたい方は、
こちらの画像をクリックして公式サイトをご覧ください。
  ↓    ↓    ↓