夕方からが穴場? 

2005年06月18日(土) 9時35分
夕食を済ませ
息子の「『日立館』まだ人が沢山並んでいるかな〜?」
を確認すべく『日立館』の前に来たが相変わらずの
人の列(約3時間待ち)

やはり諦めた

帰る時間にはまだ早いな〜と思いつつ
『JR東海』のリニアモーターの内部を見学
(これには待ち時間0分)外に出てみると
「3Dシアター間もなく開始」
係りの人に聞いてみると「すぐ見れますよ」との事
チョーラッキーと人の列に並び館の中に
『超電導リニアが時速500Kmで走る映像を3Dで体感』

確かに昼時の人込みに比べたら人はまばら

「もしや『名古屋市パビリオン・大地の塔』もみる事が
できるかも?」息子と2人駆け足、駆け足

案の定、並び始めて30分ほどで
↓万華鏡を体験



↑夜に綺麗な『EXPOほたる花』
(昼の太陽光を蓄積して夜に発光させているらしい)
先日持ち去られたニュースが流され残念

マンモスを見たドー!! 

2005年06月16日(木) 21時43分
マンモスを見るまでに
まだ2時間ほど時間があるから
まだ見ていない外国館を見学しながら
夕飯を何処で食べるかも兼ねているから
目が真剣に成って来る

夕飯の基準は
『辛くないもの』と『熱くないもの』の
2点である。

グローバル・コモン2と
(北・中・南アメリカ)
グローバル・コモン1を
(アジア)
ぐるりと一周して夕飯に目星をつけたのが
バングラデシュ館の『ナン』と『カレー』である。
(辛そーだけれどもナンが食べたかったらしい)

ぐるぐる見学しているうちに
あっと云う間に2時間が経過。

いよいよマンモスとご対面

ガラス越しとは云え
こんなにもはっきりとしたした形で
発見されるなんてビックリ!!
牙の迫力
頭の形に目のくぼみまでくっきり
その横に展示されている足にもまたまたビックリ!!

見て損はなかったと感動



マンモスラボ予約券GET 

2005年06月14日(火) 19時59分
グローバル・コモン6を後にして
やはりどうしてもマンモスを諦めきれないから
グローバル・ハウスの方へフラリフラリ
(まだお昼を過ぎたばかりだがあまりの暑さにフラフラ)

グローバル・ハウス整理券配布場に着いたけれども
悲しいかな既に終了の看板が・・・
『次回配布時間15時』と書いてあったが
もうすでに諦めムードイッパイの私たち親子には
救いの言葉にはならなかった。

再び外国館を目指して数M歩いていると

俄然張り切ってしまう看板が目に

飛び込んできた!!


『マンモス・ラボ単独観覧整理券配布中』

最後まで読む間もなく息子の手を
引いて配布場所へ

人は並んでいるが

『16時20分』観覧予約券を
見事にGETできた

(通常マンモスを観覧する場合
グローバル・ハウスの観覧予約が必要で
オレンジ/ブルーホールを通らなければ
ならないが単独観覧の場合、文字通り
マンモスのみの観覧となり別ルートで観覧が
可能なのである)
(かなり数に余裕があるみたいですが
あまり遅い時間ですと券がなくなる可能性が大)

これで3つ目の目標クリアー

マンモスを目指して 

2005年06月13日(月) 19時53分
ココまで二つの目標をクリヤーして
意気揚揚の私たち親子

しかし『三菱未来館』を出たのが
11時30分であった為と
この人込みで残りの2つを諦め
早めの昼食を取る事にした。

ご飯の最中
「この後、何処を見ようか?」と作戦を立てながら
昼食を頬張る。

企業パビリオンをみる事を半ば諦めて
外国館グローバル・コモンを廻る事にした

グローバル・コモン6
『オセアニア・東南アジア』
ここでのお目当ては『ニュージーランド館』
に展示されている「世界で一番大きいヒスイ」である。

上から水が流れ落ちて神秘的

パビリオンのデザインを担当したのは、
あの感動大作でアカデミー賞にも輝いた
「ロード・オブ・ザ・リング」を手がけた会社だそうですヨ。

三菱未来館 

2005年06月12日(日) 15時55分

トヨタ館を後にして

次に向かったのが『三菱未来館』

〜もしも月がなかったら〜


ニール・F・カミンズ著 もしも月がなかったら
を基にIFXシアターで再現。
不思議な事が大好きな私にとって
このパビリオンは絶対に外せないし見逃せない。

三菱館の前で観覧予約をしようと思ったが
時既に遅し無情にも受付終了の立て札が・・・

渋々行列の後に(水分を取らないとかなりしんどい)
待つ事50分(これでも短い方)
↑三段階構成の最初にこのロボットが登場

中に入って映像が流れだし
映像の迫力の凄さにビックリ

月はどの様に誕生したか
本当に月がなかったらこんな世界なのかとか
自然がどれだけ大切なものなのか
改めて考えさせられる内容でした。

トヨタグループ館を目指して 

2005年06月11日(土) 10時19分

会場時間まで約3時間

携帯ゲーム機を持ってきていたけれども
時間がモタナイ
おまけに日が段々昇るにつれて
気温も上昇
会場入りする前に暑さで倒れそう

会場30分前
警備員が各持ち場についていよいよ
入場の気配が・・・

この時息子に
「荷物は水筒だけ持ってでトヨタを
目指せ」と耳打

定刻よりも15分ほど早めにゲートが開いた。

手荷物検査を終え(リュックの中までしっかりと)
金属探知機を通り(ベルトのバックルまで反応するとか?)
入場チケットを改札で通し
いざトヨタ館を急いで目指す!!






眠たいけれども 

2005年06月10日(金) 19時14分
早朝4時

目覚ましが鳴る前に
目覚まし時計を止めた。

まるで遠足前の小学生気分である

嫁が弁当を作っている横で
朝食を無理やり押し込む。

息子を起こして
4時50分
車でいざ出発!!

前日、インターネットで駐車場を探した結果
地下鉄藤ヶ丘駅周辺で探し
「藤ヶ丘中央商店街」で検索
ここから駐車場の位置を把握し目星をつける。

息子がどうしてもリニモに乗りたいと
主張した為です。


リニモの始発が5時50分
これより10分ほど前に駐車場に到着

リニモ広場から地下に下りいよいよ
リニモにご対面。

今までの電車の類なら
駅に入り込んでくる音で電車が
来る事が分かったが

しかし、このリニモ音がほとんどしない
聞こえない(防壁ドアが有るからかも知れないが)

いよいよリニモの中に

走り出してリニモの凄さがはっきりと分かった
<大>振動がほとんど無い
それと加速が良い事


息子に感想を聞くと
「何かいまいち・・・」「

詳しく聞くとテレビや本などで紹介している
車体のカラーがあまりにも違う為テンションが

6時チョイ過ぎ万博会場に到着。


早朝でも気分は 

2005年06月08日(水) 19時53分
結局、車で藤ヶ丘まで行き
そこからリニモに乗って会場入りを計画
リニモは一番列車を狙う。

今回の目標は
1 トヨタグループ館
2 三菱未来館@earth『もしも月がなかったら』
3 大地の塔
4 マンモスラボ
以上 4館を攻めたいと思っているが
インターネットで予約が取れなかった以上
かなり厳しいかも・・・

とりあえず運を天に任すか・・・

交通手段 

2005年06月04日(土) 16時55分
ケッタで行くのを諦めて
結局、JRで行くことになりそう

朝の8時までには会場に
着いていたいのだが
「エキスポシャトル(万博八草駅直通)」が
一番列車でも8時着だから少し間に合わない

やはり地下鉄を利用すべきか・・・

企業パピリオンを予約できなかった為に
悩むし悔やむ・・・

突然ですが 

2005年06月02日(木) 21時08分
今度の月曜日に
愛知万博『愛・地球博』に行くことになった。

急な事なので企業パビリオンを
インターネットで予約を取ろうとしても
全然ダメで当日予約を頑張って取るしかない。

交通機関を利用して会場まで行くのだが
地下鉄藤ヶ丘からレンタサイクルを借りようかと
計画してみたが会場内を朝から晩まで
歩き続けりることを考えると
ちっと厳しいかも・・・

JRで行ってリニモにでも乗りますか。
■プロフィール■
■管理人 ちげ■
■40才を目の前にケッタに目覚めました■
人気blogランキング
人気blogランキング
クリックお願い
ランキングネット
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像無頼庵明
» 夕方からが穴場? (2006年07月24日)
アイコン画像ちげ
» 思った以上に (2005年05月21日)
アイコン画像ひみよし
» 思った以上に (2005年05月19日)
アイコン画像ちげ
» 今回は3人で行ってみヨー (2005年05月04日)
アイコン画像ひみよし
» 今回は3人で行ってみヨー (2005年05月04日)
アイコン画像ちげ
» 息子と2人で出掛けてみヨ (2005年04月28日)
アイコン画像ひみよし
» 息子と2人で出掛けてみヨ (2005年04月27日)
アイコン画像ちげ
» 衝動に駆られて-後編- (2005年04月17日)
アイコン画像MTBlook44
» 衝動に駆られて-後編- (2005年04月16日)
アイコン画像ちげ
» 嬉しい記事です。 (2005年04月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ketta-de-go
読者になる
Yapme!一覧
読者になる