その他 血圧関連商品はコチラ

高血圧の治療

June 09 [Wed], 2010, 0:43
血圧の正常値を上回ってしまった状態を高血圧というのですが、原因はわかりにくい部分が多いのですが、治療法はわかりやすいので紹介します。

高血圧そのものが病気というよりも、高血圧がたくさんの病気を引き起こすということになります。脳卒中や心臓の疾患、そして心臓が悪くなると血管の病気も発症してしまうことになります。

血圧正常値に高血圧から下げる治療のことを降圧治療と言います。降圧治療を施すということは、高血圧が原因となって発症する病気も抑えることができます。

自覚症状がなかなか無いことが特徴なので、高血圧だと診断されても自覚症状が無いので治療をするのを怠りがちですが、自覚症状が出るときというのは、腎臓病や脳梗塞などを患ってからになってしまうので、早期治療を始めましょう。

主な治療は、運動療法と食事療法です。肥満などの成人病、塩分の取り過ぎなどが高血圧の原因となっていますので、それらを意識した運動を行なったり、食事を摂るようにすることが治療となります。

これらを行なっても効果があらわれなければ、薬での治療になります。もちろん医師が処方してくださいますから、その時は医師の指示に従ってください。

血圧の正常値に戻すことは、一朝一夕でできることではないのでなかなか根気のいることなのですが、他の病気を発症しないためにも頑張りましょう。

高血圧の原因を知る

June 10 [Wed], 2009, 14:57
血圧の正常値を大きく上回った状態を「高血圧」と言います。年齢別に血圧の正常値というものがありますが、それは別ページを見ていただくとして、高血圧の原因についてここで説明します。

血圧正常値を保つことができずに高血圧になってしまう人は現代でも非常に多いです。その原因は、実は約8割もの方々は正確な原因が不明なのです。分かっていることと言えば、遺伝的な要素と、生活習慣がからんでいるということです。

血圧の正常値を上回った状態である高血圧の原因は、一次性高血圧、二次性高血圧に分類されます。

まず「一次性」です。原因が漠然としていますが、あえて挙げるとしたら、遺伝・過労・ストレス・血管の劣化(老化)・運動不足・塩分の過剰摂取などです。塩分過剰摂取が原因となる理由は、血液中の塩分濃度が上がってしまいますと、細胞活動が低下します。水分がたくさんいるので腎臓が血液中に水分をたくさん送ります。その結果、血液量が増えてしまうので、血圧の正常値を超えて高血圧になるのです。

そして「二次性」は、原因となる病気があるものを指します。それらの病気(腎臓病など)を治療することができれば、血圧も正常値へと向かっていくことでしょう。

血圧の正常値を知っておく

April 23 [Thu], 2009, 11:59
血圧が高い人のことを高血圧、血圧が低い人のことを低血圧と呼びますが、これらが原因で大変な事態になることが非常に多いです。

血圧の正常値を知っておくと、健康状態の把握はしやすいと思いますし、血圧に関していい意味で注意深くなり、健康管理をしやすいと思います。

さて、血圧の正常値は、常に一定というわけではなく、その時によって値が変化するものなのです。実は、約4年くらいで改訂されるのです。冒頭で述べたように、血圧が原因で体を壊したりする人が多くなってきたこともあり、基準値は厳しくなっていく傾向があります。

血圧の正常値は、現在設定されているのは「下が80〜85、上が120〜130」となっています。

低血圧と呼ばれるのは、正常値を下回る血圧の数値のことを言い、高血圧と呼ばれるのは、その正常値を上回る数値のことを言います。そのままですよね。

それぞれリスクはありますし、年齢によって血圧の正常値は多少なりとも変わるようです。人によっても変わってくるようです。

血圧は病院に行けばすぐに測ってくれます。自分がどういう数値か知らない人がいれば、ぜひ一度測っておいてください。自分が低血圧なのか高血圧なのかを知っておく必要はあると思いますよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ketsuatsu
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる