久しぶり! 

October 16 [Fri], 2009, 20:19
おひさしぶりです。
いつからかなー、大阪に行く前からか・・・。遥か昔のことのように思いますが・・・。

大阪での5週間は結構辛かった。
慣れない土地、慣れない場所で、自分の役割とは何か、認定看護師とは何か、どんどんわからなくなった。
でも患者さんの支えられたと思うし、学ぶことがいっぱいあって、毎日新鮮でした。
そして、一緒に実習に行ったメンバーとの生活はほんとに楽しかった〜。
みんながいてくれたから、なんとかやっていけたと思います。
5週間、寮生活だったので不便なことはあったけれど、夜中に集まってはしゃべりまくって気がついたら朝、ということもありました。
まるで、修学旅行・・・

大阪では、実習記録やカンファレンスの準備のため、なかなか観光できませんでした。
大阪入りした翌日に大阪の研修生の方になんばを案内してもらいました。
ストッキングを買いたいという私に、「底値で買わないかん!」と豪語し、なんばから本町までひたすら歩いて大阪でのおそらく底値でストッキングを購入しました。(1足60円くらい!)
このときはこれから始まる地獄の5週間を知らずに、一番幸せなころでした・・・。

はじめの1週間はなかなか寮生活に慣れませんでした。トイレ、お風呂がかなりのネックになった・・・。
シャワーは欠かせないし。
トイレは極力行かないようにしていたら便秘になった・・・。
なんとか膀胱炎は免れましたが。

2週目にはおなかを壊しました。
ストレスかなーなんて考えていたのですが・・・原因はお茶。
2Lのペットボトルのお茶を購入したのですが、ズボラな私は離れたところにおいてある共用の冷蔵庫に入れるのが面倒で常温で部屋に置きっぱなし。

さらに、コップを使わずラッパ飲み。(唾液がペットボトル内に入る)

これに加えてトイレに行きたくない一心で水分を控えていたら、2L消費するのに2週間近くかかり・・・

=細菌繁殖!!

よっておなかを壊しました・・・。
残ったお茶のなかに何かが浮いていました・・・。やばい、飲んでまった!!

実習生からは、即、2Lペットボトル禁止令が出ました。

プライベートでも辛いことが続きました。
実習中に、前の職場で長く受け持っていた患者さんが天国にいかれました。
入院したと連絡を頂き、翌日に名古屋に帰り、お見舞いに行ったので、最後に会うことができました。
一緒に闘った4年間。私が支えるのではなくて、いつも支えてもらっていた気がします。とても、とても大切な人でした。「また会えるよ」って、もう言ってくれないんだと思ったら、涙が止まりませんでした。

次の週末には、叔父さんが倒れた、との連絡。脳出血でした。
いそいで名古屋に帰りました。
挿管されて、四肢を抑制されて、苦しそうな叔父さんを見たときには本当に辛かった。
名古屋に住んでいるけど、あまり親しくはしていなかった叔父さん。それでも、大事な親族です。
今まで仕事として患者さんを抑制しなければいけないことはあったけれど、実際に自分の親族が抑制されているのを見ると、こんなにも辛いんだ、と思いました。自分の心がいかに麻痺していたかがわかりました。
今でも叔父さんは入院中ですが、少しずつ元気になってきています。
医療従事者として、脳卒中を看るものとして、叔父さんからは学ぶことがいっぱいありました。
家族の気持ち・・・状態が改善しないことへのあせりや、今後への不安・・・。
でも・・・悩んでもしょうがない!
今は、叔父さんにとってどんなことをしてあげるのがよいのか、日々考えています。
ただ、言葉を発することができず、訴えることができないので、なんでもとりあえずやってみることにしています。散歩、音楽、絵、DVD・・・言葉が理解できなくても心に響くもの、脳に刺激を与えれるもの・・・。
コミュニケーション障害があっても、伝えようとする姿勢や気持ちが大切なんだということを、先の患者さんが教えてくれたことを思い出しました。

看護師さんに対しては、ケアの仕方云々よりもまずは、感謝の気持ちのほうが強いなあー。
同業者ですが、受け手としてみると、また違うもんです。
声をかけてくれるだけでもなんだかうれしい気持ちになります。叔父さんも話せないけど、きっとそう思っているはず。
自分もちゃんと看護できているんだろうか。考えさせられます・・・。

話はそれましたが、無事になんとか事例検討会、修了試験も終わり、卒業することができました。
半年間、早かったー!
ほんの数日前に入学式だった気がします。
この半年で得た知識はどれだけ使えるのかわかりませんが、得たものは大きかったと思います。
(そして、増えた体重も大きかったと思います・・・いや、実際大きかった

これからが、大変です。
でも日本各地の施設で同じように頑張っているみんながいるから、頑張れると思う。






大阪 

July 03 [Fri], 2009, 23:07
最近、外食が増えた気がするなー。
テストや研究なんかで、お弁当を持っていく必要が無かったり、帰りが遅くなったりなどなど、理由はいろいろだけど。
来週から、実習で大阪に行くことになりました。
大阪・・・実は、苦手な土地だったりする。
イメージとしては、ちゃかちゃか、ごみごみ、そして元気いっぱいな感じ。
私はのんびりしているので、あのペースについていけるのかしら〜

最近は秘密のケンミンショーをみたり、周りの大阪人を観察し、大阪人に対応する策を練っているけろんぱです。「なんでやねーん!」は結構早くなった気がする。後は、タイミングだ!

楽しみなことは、大好きな「吉本新喜劇」を生で見れること!
あとは、万博記念公園、太陽の塔、まきふん公園・・・。
たまったレポートをしつつ、時々ガイドブックをみて現実逃避しています。

歌うこと 

June 29 [Mon], 2009, 23:22
先日、フラメンコの歌(カンテ)の発表会がありました。
お越しいただいた方、ありがとうございます。

カンテをはじめて1年。フラメンコを歌ってみたい、という気持ちだけで始めたカンテ。
まさか、この私が300人以上のお客さんの前で一人で歌うことになるなんてー!

レッスンで歌うことすら、鏡で自分の姿をあまり直視できない私にとっては大変なこと。
正直、毎回、ほんとうに、精神的につらかった・・・。コンプレックスとの戦いです。
でも、少しずつ声が出るようになって、ごくごくまれに先生にほめられると、とてもうれしくて、それで続けられた気がします。

リハまで、一度たりとも完璧に歌えなかった私。ソロパートは歌詞はばっちり覚えているんだけど、きちんとコンパスに乗せることができない・・・。歌い始めると、ギターやパルマ(手拍子)が耳に入らない・・・。でも、ずれていることは自分でも分かっていて。

周りの皆さんに、いっぱいいっぱいご迷惑をかけて、それでもいっぱい励ましてくださって。
ありがたかったです。

毎晩のように、本番で声が出なくなる夢を見たりしました。

本番当日。
朝は、まだ少し気持ちに余裕があり、付け毛をおでこにつけて「不良少年」になったり、ひげにしてみたり、胸毛にしてみたり、みんなで遊んでいたけれど、リハが終わった後くらいから、緊張してきました。

ウロウロしてみたり、歌ってみたり、いてもたってもいられない・・・!

はじめ、みんなで歌うところで幕が上がったときは、あまりの人にびびりました。
みんなで歌うのに、声が震えているのが分かります。

そして、ファンダンゴ。
ここでソロパートが・・・。自分の順番が回ってくるのが早い早い・・・。
頭の中が熱くなっていく。

フラメンコは、じぶんらしく、じぶんらしく、ひとからどんなふうにみられてるかよりも、じぶんらしくうたおう。
でもきょうは、きてくださったみんなのためにうたうんだー、それってとてもしあわせなことなんだよ、
先生がずっと私に教え続けてくれたことが頭の中をめぐりました。

人間、やけくそになれば何でもできるのかもしれないな。
なんとか、歌いきりました。あっというま。頭がまだ熱い。きっと血圧上がってるなー。

途中、ファンダンゴチームや、ギターさん、開場の方たちみんながハレオ(掛け声)をかけてくれたのがかすかに聞こえて、とても勇気付けられました。
フラメンコっていいな、と思いました。

最後のルンバは、正直口パクが8割、口パクしている自分にイタタマレなくなって、踊っちゃいました・・・。

みんなで作り上げた発表会。最後まで励ましてくれた先生をはじめ、皆さんに感謝感謝です。
生徒さんひとりひとりを抱きしめて、手を握ってくれた先生の温かさ、忘れません。

見に来てくださった方たちも、ほんとに楽しかった、と言って下さったし!
私のいつもと違うオッサンみたいな声にびっくりしてましたが。

また歌いたいな、と思えた。

これができたんだから、たいていのことはできるのではないかしら〜、と。

少し調子に乗ってみたり。

そして少し自信がついたかな。

A 

June 18 [Thu], 2009, 23:41
臓器移植法案、A案が衆議院で可決しました。
臓器提供にかかわらず、「脳死=人の死」とすること。
なんだか、怖いなーと思います。
日本には、臓器の提供を待っている人達がいっぱいいて。海外での移植についても、日本に対する批判(自国での臓器の供給を、ということ)も分かっているけど・・・。

でも実際に、脳死と判定されても生き続けている人がいて。
その人たちが死んでいるだなんて、誰が言えるんだろう?

2つの立場があるから、すごく難しい問題だなー。
移植を待つ子供達の命も大切なのは当然のこと。

政治家が法案を決めるけど、実際にかかわるのは患者であり、家族であり、医療者であって。
でも、議員さんたちもすごく悩んでの決断なんだろうけど、それでも、そんな簡単に決めれる問題ではないと思う。人が、人の死を決めるなんて、難しいよー。

Blue Note 

June 11 [Thu], 2009, 11:49
久しぶりに、Blue Noteに行ってきました。
サックス奏者の小林香織さんのライブです。
実は、ちょっとした出会いから、細く長くお付き合いをしているお友達が、今回誘ってくれました。

今回、このライブに行くために、3月に出たというベストアルバムを購入しました。・・・が、あまり聴く時間も無く、充分に予習ができませんでしたが。

実際は、ドラム、ベース、キーボードなどCDとはまた違った演出もあり、すっかり引き込まれ、あっという間に終わっちゃいました。頼んだアイスクリームも気がついたらすっかり溶けてました

CDでも良いけど、やっぱり、生の演奏はさらに面白い!音が直接頭と心に響いてきます。

久しぶりに、なんだかすっきりした気持ちになりました〜。なんだか、何か開放されたような気持ちです。

生存する知 

June 08 [Mon], 2009, 23:23
最近、看護や脳に関する本ばかり読んでます。
推理ものや、恋愛ものも読みたいなーという願望を抑えつつ、、、
(本屋さんでもなるべくそのコーナーには行かないようにしてます)

最近読んだ本は、研修でも薦められた「壊れた脳 生存する知」です。
これは、脳卒中で高次脳機能障害になった整形外科医が、高次脳機能障害の世界を綴った本です。
これまで、患者さんの闘病記などはありましたが、高次脳機能障害の方が、しかも医師がその脳の中で起こっていることを文章にしたのははじめて読みました。

高次脳機能障害の患者さんはいっぱい看てきたけれど、実際に内側からの声を聴いたことはなかったので、この本はとても勉強になりました。その脳の中で起こっていることを、垣間見れたような気がします。
その世界は本人しかわからないところもあって・・・きっとそんなときはとても孤独な気持ちになるのではないかと思う。
少しでも、その世界を理解して、もっと寄り添える看護ができればよいと思う。

そして、人間の強さ、探究心、にも感動しました。
子供への愛情。家族って大切だな。お母さんって子供のためにこんなに強くなれるんだなー。

2年たってからも回復を続けていること、患者さんたちにも教えてあげたいな。でも、きっと私の言葉よりも、実際に体験した人の言葉って、もっと説得力があって、希望につながるんだろうなー。
ほんとに、すごい人だなあ〜。

今までも、これからも、臨床の場ですごい人たちに出会える、この仕事に就けて幸せだと思います。

ここにきて、いろんな人との出会いもあったけど、いろんな本や、知識との出会いもありました。今まで考えていた将来設計とまた違った道も考え始めています。
そうやって、自分の進む道を考えるのが、結構楽しかったりもする

その中に、「結婚」という道が見えてこないのが悲しいけれど・・・
ま、それはタイミングだな。

まつげ 

June 08 [Mon], 2009, 23:10
先日、久しぶりにまつげのエクステをしました〜
最近エクステを習ったという知り合いの練習台でしたが、プロの人と変わらないくらい、きれいにしてもらいました。
以前にエクステをしたときは、基のまつげが伸びてくるとともに、付け毛がいろんな方向を向いてしまい、それが気になって抜いていたら、地毛が無くなって大変なことになりました・・・。
今回は、なるべくいじらないように気をつけます。

ビューラーやマスカラを使わなくていいのは、助かります。これで5分くらいはのんびりできる!
自然な感じにしてもらったので、大満足です。
髪をショートにしてから、なるべくちゃんとアイメイクをするように心がけています。
女子はいろいろ大変なのだ・・・。

ほたる 

June 06 [Sat], 2009, 11:22
先日、ウチの近所の大きな公園にほたるを見に行ってきました。
平日の夜でしたが、家族連れやカップル、おじーさん、おばーさんまで結構人が集まってました。

せせらぎのあたりを覗き込んでみると、小さな光がいっぱい、光ったり消えたりしてます
こんなにたくさんのほたるを見るのははじめて!ここ名古屋なのに〜
その光ったり消えたりが、なんだかとてもひっそりしてて、人工のものではない幻想的な光りで、なんだかとても癒されました。

ほたるが生息するためにはきれいな川じゃないといけないんですよね。
近所にこんなステキな場所があるなんて、うれしいな。

勉強 

May 28 [Thu], 2009, 1:55
試験前のため。ずっとパソコンに向かっています・・・。
なんだかマニアックな勉強してます。もう限界〜と思いつつも、脳の面白さにはまっていく自分もいたり・・・。

最近ダイエットして気がついたこと。

コメダに行かなくてもちゃんと勉強できるやーん!
意外と、そんなにストレスにもならずにダイエット生活残り2日です。

けろんぱダイエット日記 その4 

May 24 [Sun], 2009, 19:30
ダイエットも後半戦です。
でも、結局ー2kgのまま変わってない・・・。
まあ、それほどきつい食事メニューではないので、仕方が無いか。

痩せたら、レオタードで、颯爽と登場する、という私を楽しみに待っていてくれている友人のためにもがんばらなきゃ。キャッツアイ路線で行くか、南ちゃん路線で行くか、悩み中ですが。

ちゃんと窓開けといてね。
2009年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Comment
アイコン画像のりぽわ
» けろんぱダイエット日記 その4 (2009年05月26日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» 腰痛 (2008年06月18日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» ECO (2008年06月11日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» 久しぶり (2008年05月21日)
アイコン画像けろんぱ→のりぽわちゃん
» 今年の抱負 (2008年04月22日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» 今年の抱負 (2008年04月22日)
アイコン画像のりぽわ
» 今年の抱負 (2008年04月22日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» 沖縄旅行紀〜離島編 5日目 (2008年04月11日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» 沖縄旅行紀〜本島編 3日目 (2008年01月14日)
アイコン画像BlogPetのぱんこ
» 沖縄旅行紀〜本島編 2日目 (2008年01月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keronpa29
読者になる
Yapme!一覧
読者になる