自覚

September 15 [Sat], 2012, 16:24
自分が人とは違うのかもしれないと思ったのは。
「お前って変わってるよな」という友人ともいえない知人の一言だった。
そうなの?…と私ははじめてその時思ったのだ。
私は、人とは何か違うのか…と。
それは18の時だった。
そうか、私は人と違うんだ…と思ってはみたけど。
まだよくわかってはいなかった。

その時からそのことはどこか引っかかっていて。
そうか、学校時代、人とうまく交われなかったのはそのせいか…と思いあたり。
どうもなじめない…と漠然と思っていたのはそういうことなのか…と思いあたり。
友人との距離感がつかめないのはそれだからなのか…と思いあたり。
妙に納得できた。
というか、疑問が少しずつはまっていったというか。

わが道を行く…人だったのかもしれない。
自覚もなく。
”おトイレは一緒に行きましょう”的な女子のつながりが理解できなくて。
べったりとした付き合いが本当にうっとうしくて。
友達がいなかったわけではないのだけど、一人になってしまって戸惑う時があって。
孤立しているわけではないのだけど、孤独を感じることはあって。
学生時代は居心地の悪いことが良くあった。
そうか、それは、私が人とは何かが違っていたからなのか。

18のその時まで、誰もお前は人とは何か違うと教えてくれる人はいなかった。
ごくごく平凡な田舎の子供だと思っていた。
どうしていいのかはいまだにわからないけれど。
ありのままの自分でいるしかないということはいまさらながらに。
このままで、どうしようもなくて。
受け入れてくれる人は、ひょっとして、限られていて。
生き難い人なのかもしれない。

離婚を経験して。
”普通の人”には理解してもらえそうもないのかもと思い。
一人でいた方がいいのかもと思い。
いろんなことに私らしくなく臆病でいて。
一人でいることが楽で。
誰かを巻き込むことが不安で。
どうなんだろう。
流れに任せるままに。

けろ

March 04 [Sun], 2012, 19:37
ま、雛祭りだったということで。
…カエルに見えないわね(笑)

バレンタイン

February 11 [Sat], 2012, 16:51
自分で食べます(笑)