ありがとう、さようなら 

2016年09月30日(金) 23時59分
9月30日をもって、2004年9月から勤めた会社を退職します。

色んな人に助けられ、色んな(いや特定の)人に叱られて、色んな楽しい思い出や
自分の居場所を作ってくれた会社。

後半は辛い事が多かったから、最初に病んだ2011年で退職した方が
良かったのかも知れないと・・・辞めようと思った時に考えてしまいました。

後半も病みながらも、良かった時は良かったし、悪かった時は悪かった。(体調がね)

今回の休職で何より自分(勿論、家族も含め)が大切である事を痛感しました。

会社はアレルギー出てたけど、仕事や同僚は最高でした。
本当にお世話になりました。ありがとうございます。

ひとまずは、身体(心)のケアに集中して、それから社会復帰したいと思います。

もう次は転職は最後にしたいなw

ご無沙汰しています 

2016年08月25日(木) 9時21分
ご無沙汰していました。
最近、小さく1歩を踏み出し少しだけ心が軽い状態になったので
更新をしようとPCを立ち上げました。

昨日、実家に電話をしたら今週の月曜日に祖母(自宅介護中)が
救急車で運ばれて、現在入院中と言う話を受けました。
(そんな大事な事があったのなら、連絡くれよ・・と思いましたが)

そんな状態ですが、残念な事に1人で飛んで行く事すらできません。
ご存知の方も多いと思いますが現在、休職中(3月から)で6月からは
傷病手当が出ると思っていました。

しかし審議の結果。「不支給」
6月に臨時で幾らか収入がありましたが、6・7・8月も終わろうとしている
現在、自分の収入はゼロです。(妻が短期の仕事&貯金で食いつないでいる)

この傷病手当については地獄の10日間(と名づけた)期間があり、
その時はボロボロでした。
完全に、人間不信でしたね。家族にすら八つ当たりしてしまい、
自分を責めるの繰り返し。

今思えば、うちの家族・・・よく耐えてくれました。

さて、話は戻って実家に電話した際、叔父が大阪から実家に来ていて
色々と叱咤されたワケですが、今の少し軽い状態では凹みません。

ただ私の病気を、御存知の方は知っていると思いますが、
疑問に思う点が2つ、1つは自分なりの回答が出ましたが・・・
ありました。

1、真面目な人ほど、なりやすい。
 これ色んな本に書いてありました。真面目じゃない人なんて
 居るんですかね。
 みんな自分や家族や生活の為に頑張らねばならないから
 真面目に仕事を遂行しますよね。
 
 しかし色々と文献や人と話をしてみて思いました。
 「真面目な人がなる」のではなく、「いい加減(良い加減)の人がならない」
 のではないでしょうか。
 加減知らずで考えて考えて、頑張って頑張って、自分を責めて責めて
 結果的に、病気へと陥ってしまう。
 そんな解答が自分の中に生まれました。
 まだまだ、解答がある気がしているので現在も違いを調査中です。

2、企業で多くの人がなる病気
 かなりの数で現代病とされている病気ですが、これに対して
 特に何かされているのでしょうか?
  ・企業カウンセラーを常設
  ・外部に相談窓口がある
  ・産業医が居る
 まぁ話と体験で、このぐらいは知ってます。
 でも、この病気にならないように、またはなってしまっても、回復する為の
 プログラムは企業に存在するのでしょうか。

私は人に恵まれていましたので、仕事を軽減業務や定時退社等
色々対応をして頂きました。
それでも再発をしてしまうのです。それは何故なのか・・・。

また病気になる原因が消えない限り、それこそ再発は避けて
通れません。

数年前まで、自分がなるとは思ってなかった今の病気。
知人達は言います「俺は大丈夫」。

そうかも知れません・・・ただ確立が低いだけで絶対ではないと
言う事を忘れないでください。

病気になってから少しだけ図書館に行くようになり、自殺に関する本を
読んだ事がありました。
日本では若者(未成年)と40代以上が増えてきているとの事。

幸い私は家族によって救われ、そこまで考えていませんが、
どうやったら綺麗に死ねるか、どうやったら後の賠償金と発生せず
死ねるか(電車等は家族に賠償金が請求される)等を
考えた時期もありました。

人間不信の時は、本当に誰とも会いたくなくて、家族とすら会話しない
時期がありました。

小さな1歩で、心が軽くなり今は眠剤を飲まなくても、眠れるように
なりつつあります。(途中で1度は起きますが、2度寝ができるようになった)

この病気は血圧が高い人と同じ。血圧が高いからって仕事を休む人が居ますか?
と書いてあった本がありました。
ここだけ読むと全然違う!と激怒しましたが、その後
「100%になって復帰ではなく70%・80%で復帰できれば良い」
と言う事に関しては納得でした。

現時点では社会復帰と言う意味では、50%前後と言った感じですが、
もう再発は、こりごりです。

これから、どうやって70・80%まで持って行くのか手探りですが、
色々と試してみようと思います。

読んでくださっている方も、暑い夏で身体に負担がかかるので
無理をなさらぬよう。

また何かあれば、更新します。

                    KENZO-CUBIC

ITって・・・ 

2016年05月23日(月) 9時52分
世の中には無くてはならない存在になりましたよね。
私の仕事もIT関係と言われれば、そうかも知れません。

ただ一言でITと言っても広いですよね。

身近な所で言えば、インターネット。
それに仕事で言えば、前の部署にはインフラと言われる
ネットワークやPC保守、基幹システムの開発、保守。

家庭も共通で言えば、EXCELなどのアプリケーションがあります。

「ITをやってたんだから・・・」「ITやってたのに?知らないの?」
過去に色んな人に言われました。(親や友人も含め)

私がやってたのは、機械語を組み合わせていたプログラマーと言う職種、
そこから延長した仕事をメインに10年以上やってたワケです。

PCの修理やインターネットの設定、壊れた原因の特定やEXCELの関数等は
やってきてません。

でも高校時代から、PCを触ってきて、ずっとではありませんが、その時々に
求められた自分の役割をこなしてきたつもりです。
(これが、KENZOプライド)

講習会の講師をする時も、システム(基幹システム担当だったので)って何?と
言う新人さん達が、つまらなくて寝ている人が居たりすると、その後どうすれば
寝ないか、理解しやすいか・・・工夫したりしてました。

そう、「トライ&エラー」の繰り返しだったのです。
まぁこれが出来たのは、理解できている事に関する事でもあり、健全な状態だったからです。
この時は、凄くやりがいがありましたね。
楽しかった・・・考えている時間や工夫した物を形にする事。

あ・・・何が言いたいのか分からなくなって愚痴っぽいので、ここで止めときます。

「時代は、まさに”大IT時代”なのである!」

休んで気づく事 

2016年05月22日(日) 23時21分
前回(2013年)に休職した時は、分からなかった。(考えもしなかった)事を
今回の休職で行っている図書館トレーニング(・・・と言っても毎日行けないんですが)で
分かるようになってきました。

私が勤めている会社は、離職率が高い方だと思います。
今は少しマシになったとは思いますが。

自分の部署は、ほとんど休職や退職をする人も居なくて、
退職していく人が出てきたのは、部署が大きくなってきてからでしょうか。

それだけ会社から求められる事が多くなったので、組織も最初は小さかったのが、
大所帯になったのだと思います。

健康だった頃の私は
「こんな恵まれた環境なのに、何で身体を壊すのだろう?その人が無理してるんじゃないか」
と思ってました。

10年以上居ると、前期と後期に分かれて考えると・・・

前期・・・自分で無理をして追い込んで身体・心が壊れる。
     上司に相談しない。
後期・・・会社の進化により求められる業務量が増える。そのまま身体・心が壊れる等。

私の場合は、後期寄りではありますが忙しいから(業務量が増えたから)ではないな。と
思います。

幸せな事に上司や仲間に恵まれていて、定時で帰る事や無理して出社しなくても良い。と言われ
身体を治療する事を優先するように、力を貸してくれました。
本当に幸せな事です。

ただ、そんな仲間や収入に文句が無い会社で1度ならず2度までも、心が折れたのは、
やはり変化対応力の低下、疎外感でしょうか。

変化対応力は、まぁ年を取れば出てくる事もあると思いますが(KINGは対応しまくってますがw)
どんどん世界が変わっていくんです。
そのスピードが速いんです。
昔「流れが速い」と仕事を例えた事がありました。

その時は単純に仕事が忙しくて(量が多くて)「流れが速い」と言う表現をしてました。
・・・が、今は量ではなく質も伴う変化の流れが速くなった感じです。

次に疎外感。
これは世帯が大きくなったので仕方がないのかも知れません。
私が入った時代は誰に何を相談すれば良いか分かり、気心が知れた
上司、社員、協力会社の人・・・みんなが「仲間」って感じでした。

しかし今は、誰に聞けば良いか分からない。あの人は誰?知らない。
あっちで○○と言ってるが、こっちでは□□と言ってる等・・・
コミュニケーションが薄くなったと感じました。
(昔から居る方々とは仲良く仕事をさせて頂けるのですが)

そんな変化・進化は当たり前。

そう・・・大きくなる為には当たり前なんです。
でも、それが身体・心を壊す事があるのも事実なんです。

卒業していった方々は、皆それぞれの事情があったと思います。(詳しくは分かりませんが)
ただ、休職状態になる前に話をした時は、やはり何かしらの理由を言ってました。
そして、壊れて休職に入ってしまうワケです。

「休職して会社を休んでいるのに転職?」


この言葉も何度も聞きましたし、自分でも思いました。
身体と心を治療して、終わったら復職すれば良いじゃないか。
そう思ってました。

でも戻って、また普通に働けるのか、休んでいる病気の原因が会社の中にあるとしたら・・・
そう思うと不安になるんです。
そして、自分でも何が何だか分からなくなります。
考えているうちに、収入や貯蓄も減り始めますから、生活もできなくなります。

収入を得る為に働いているのに、身体・心を壊して生活ができなくなったら、本末転倒です。

今、私は最悪の状態を4月末に向かえ、それを越えた事で自分の人生と
向き合いたいと考えてます。
(とは言っても頭が働かないので、今は予定でしかありませんが・・・)

復職するのか、転職するのか。
復職してもやれるのか。直近の部署で良いのか。

会社で無理なく仕事をして、最後(定年?)まで働きたいんです。
これって贅沢な悩みですか?

そうすれば良いじゃない・・・言われそうですがw
1度、壊れると簡単な事じゃないんです。
(前述した通り、自分がなって初めて分かる事ですが)

「考えすぎ」、言われる方もいました。
でも、考えないと駄目なんですよ、好き勝手に動ける歳でも、環境でもないので慎重に。
自分の人生ですから。何より家族も居ますから。

過去の忙しくても楽しかった時間を思い出しても戻ってきません。
未来を見なければいけない、そう未来を・・・。

体調の良い時は考えたいと思っています。
とにかく、100点は無理でも80点で社会人として復活できるように
治療と自答自問をして行きたいと思います。

ご無沙汰してます 

2016年05月19日(木) 8時04分
休職中のKENZOです。
ご無沙汰してます。前回の2月の記事から酷くなって、2月は2日だけ出勤。
3月1日から3ヶ月の休職に入りました。

3年前の休職を思い出して、今回は主治医に「休職期間中の過ごし方」を聞いた所、
毎日少しずつ図書館に行く、それができるようになったら電車に乗って会社近くまで行く、
など・・・助言を頂きました。

当初は午前中のみ図書館に行ってましたが・・
色んな事がありながら、進んで行った時間。

結果3ヶ月目にして最悪の状態になりました。

友に話を聞いてもらって、大泣きもしました。
(おかげで少しスッキリしましたが・・・)

外に出る気力もなくなり、家で横になっていると・・
「中度のぎっくり腰」に。
少しだけ動けるので歩いて数秒で鍼を打ってもらいました。
数日通って、何とかマシになりました。

医者に行って先生と話をするとSNRIと言う種類の薬で
Nの部分(?)が蓄積されて、感情が爆発したんだろう。との事でした。
その日を普通に過ごすのが目標でしたが、今は全然駄目。
(良い日や良い時間とか、不定期でやってくる)

夜中も眠剤を飲んでも26時や27時に起床。
いつの間にか落ちて朝を迎えるという状態なので、朝は気持ちが重い時もあります。

結局、5月末で休職を明ける予定でしたが、4ヶ月延長となりました。

色んな文献を読みましたが、どうやら今の病気の完治は無理らしいです。
(血圧が高いのと同じと考えた方が良い)
「がんばれ」と言う言葉もタブーじゃないそうですが・・・
一概に何でも鵜呑みしちゃ駄目である事は他の文献からも伺えます。
当初行けていた、午前中図書館トレーニングが少しは役に立ちました。

M社卒業生や他業種の人に話を聞いて「人生論」「仕事論」を聞いてみたりも
当初(3月)はやってました。
自分は世の中に必要とされているのか?
これから5年後、10年後みなさんは、どうしようとしているのか?
等々・・・。
まぁ真面目な話ばかりじゃなくて、気分転換にもなってたんですがね・・・。
最悪になってきたのは4月の中旬から・・・。

今は「無」の状態なので、少しニュートラルになろうと思います。
(実は、ニュートラルにするのもキツイ時もありますけど・・・汗)

土俵際 

2016年02月05日(金) 10時05分
火曜日の朝。喉が痛くて起床。
明日は静岡に出張だから、今日は無理せずに休んで
しっかり治そうと市販の薬を飲み、完全シャットダウン方法で寝る作戦を取りました。
夜は熱があがってきましたが、過去に経験したインフルじゃないと核心を持ちました。
明日は大丈夫。と思って消灯。

水曜日、朝起きてみると・・・酷くなってる。
とにかく医者に、近くの医者までフラフラしながら診察を受けてみると結果・・・
扁桃炎
しかも、かなり重症で外出はNG。ステロイド剤や抗生物質を処方され、安静に。
とのお達しが。

会社に連絡をし、出張キャンセルの指示をW親方に貰いました・・
・・・が、ここから本当にギリギリの状態でした。
もう持病と扁桃炎のダブル攻撃。
薬も通常の2倍。

昨年の12月は調子が良かったんです。
週1ぐらいしか体調崩さなかったし。

年があけてから、再びおかしくなってきました。
最初の1週目に来期の行動を決めるプランを発表する・・・と言われた辺りから。
まぁ変化に慣れない状態だから、仕方が無いと半分考えてました。
(そうしないと、週2日の体調不良でも済まなくなるので)

しかし、更に日が進むと身体に拒絶反応が。
朝の冷えた気温なのに、体温は高温。電車に乗っても1人汗びっしょり。
(周りの人はコートやダウン着てるのに)
座ってても汗が止まる事がなく、電車を降りて会社まで寒い外を歩く。
・・・これじゃぁ風邪(扁桃炎)にもなる。と今更納得。

来期のプランで新体制で行こうと言う事が頭にあるけど、必死に忘れようとするも
蟻地獄状態。
受け入れようと頭では理解できているのに、心では受け止められない。

結果、週3日休みはじめました。
なんとか軌道修正しなきゃ。と思っていた所に親方より、
「もっと(そんなに考えないで)、どんと構えて」、「図太く行こうよ」
「やってダメで、また挑戦しての繰り返しで行こうよ」
・・・それができれば、病気じゃないんですよ(心の声)

「みんなサポートするから」
・・・ありがたい事です。しかし、そんな余裕があるのだろうか?

”今は扱いが人材扱い”(
この1文。月曜日に初めてしった現状。
そして、それが今まで強制(仕方なく自制)卒業して行った人達と
同じである事を知る事となりました。

正直そうなってる事は(多分)どうでも良かった。
でも、そのなってる状態なのに、現状の期待は重いと感じました。

確か、今の部署は顔見知りが多く、状態も理解してくれ、
1年間の仕事がルーチン化されている・・・やっとペースを掴んだ2015年だったのに。
もう何が何だか分からなくなってきました。


水曜日の出張キャンセルした際も、親方から新幹線のチケットをキャンセルして。と言われたので
同行予定の先輩に電話やメールをして、手配会社の連絡先を聞こうとしたが、
連絡が着かず。(結果、折り返しの連絡が無かった・・)
会社に居ると思っていた2名の先輩にもメールするも連絡着かず。
(後日、携帯やPCを忘れていたり、休みだった事を知り、こちらは安心しましたが)

そんなワケないのに、こんな事まで考える始末でした。

結局、後輩で別部署に居る”太史慈”に連絡をして教えて貰いました。
(ありがとうね。あの時は13:08の新幹線をキャンセルするのに本当に困ってた)

新幹線チケットはJRの窓口に持っていってキャンセルするしかなく、
体調崩してフラフラの私は動けなかったので、結局かよ吉に駅まで行って
手続きをして貰いました。(どうなの・・・これ?)

夜になると体調が悪化するも、薬で抑え込み、休んでばっかりは居られない!
明日こそ、明日こそ・・・と思いながら、結局翌日になると
また体調が悪い(考えてしまう為、あまり寝てない)

逃げてる。逃げてる。そう思う自分を責める。
休みの連絡を入れた後は気が楽になってる自分が居る。

そして自分の本当の気持ちを話せる人が居ないと錯覚。
もう完全でオーバーな状態です。

自律神経おかしいんですね。2度目の休職も考えました。
・・・でも休職すると生活が厳しい事も知ってるので、無いよりは給料貰える
今の”THE歩合制サラリーマン”が助かるんです。
だから、行かなきゃ・行かなきゃと考えてしまう。
行ったからには「元気なんだろ?」と(自分でも思い)思われ、しっかり(働きたい)働く。
周りも忙しいのだから。
(でも心の声)


しっかり治さないとダメなのに、全然治らない。
多分、根本的な所なんでしょうね。


木曜は持病の医者の予定でした。医者を楽しみにする自分が嫌です。
(結果的に何が変わるわけでも無いのに)
しかし体調(扁桃炎の方)で行けず、来週に変更しました。

とりあえず、これを書いている今日(金曜日)は少しはマシになっているのですが、
心に落ちた闇は、簡単に消えないような気がしてます。

もしかして、このまま自分も過去の卒業生のようにフェードアウト?!も
考えてしまったからです。
でも、できればフェードアウトはしたくない。

御世話になった人や知ってる残ってる人と仕事以外の話をして楽しい時間を
共有してから、きちんと去りたいとも。

答えは出ているようで、まだ出てないんです。

ドンと構えて 

2016年02月01日(月) 21時29分
そう言われました。

はい、そう思ってます。できる事なら、そうしたいんです。

仕事をしている自分や倦怠感に襲われて倒れている自分・・
大嫌いです。

最悪の事を考える時もありますが、いつも考えているワケじゃないし、
実行に移そうとは微塵も思わないので、助かってますね。

なんなんですかね。
潮時なんですかね。

ただ「逃げた先に楽園が待っているとは限らない」。
何かで読んだのですが、その通りですね。

仕事も全力で、遊びも全力で、向い合いたいだけなのに。

そういえば、あまりに体温調節ができないので
ネットで調べたら「自立神経」がイカれているようで・・
セルフ・チェックなるものをしたら、「鬱病かも・・すぐに病院へ」と
診断されました。

安心してください。もう行ってますよ。
あ〜、今週の木曜日は医者ですが、先日の休んでしまった事を伝えたら
注意されたり、なんか薬変わったりするんだろうなぁ。

なんだか色々面倒になってきました。

気が付いたら・・・ 

2016年01月22日(金) 18時01分
前回のメールを見てみたら、年末でしたね(汗)

今更ですが「明けまして、おめでとうございます」

さて1月に入って、すでに下旬に差し掛かろうとしておりますが、
体調の方は、少し悪くなってたりします。

昨年、良い感じに復活して来たのですが・・・また変化がやって
来るのが分かった頃からでした。

週1、週2・・・そして今週は週4で休んでしまいました。
今週の月曜日に雪が襲ってきた都内。
「天気が悪い=体調が悪い」ワケではない事を証明すべく、会社に
向かいましたが、会社に着いてみると、酷い有様。

「来るんじゃなかった・・・」と思った時には、遅かったですが、
雪が雨に変わり、風も強かったので、会社に残ったワケです。
夕方になって、やっと調子が戻りましたが、それまでは
かなりキツかった・・・。
ホント、誰とも喋りたくないオーラだしちゃってました。

それからの火曜〜今日まで、体調がドンドン悪くなっています。
基本は眠れない事象ですが、眠剤を飲んで無理に寝ると悪夢(仕事の内容)で
うなされ、寝言も酷いようです。

そして頭痛にも襲われていた4日間でした。

魘される仕事の理由は明白。
キーワードは、担当分割・IT単独・1年未満・1人立ちしていない状態・・・等など。
次の5月で1年になって、やっと少し知識を付けて・・・と思った矢先。
変わる事はダメじゃない。でも今の私にはダメなんです。
前も治りかけの時に変化が来て、再発したのだから・・・。

常に胃が痛い日々。
今週はスキーも行かないので、少しノンビリ考えてみよう。

今年もお世話になりました 

2015年12月31日(木) 22時59分
2015年も終わりですね。

今年は、かよ吉の祖母死去、脳挫傷での入院、
今まで経験の無かったチームへの配属、色んな事で号泣w
・・・と、色々あった年でした。

間違っても「安」と言う漢字にはなりませんね。
(意味は合っていても、この漢字にはならない)

体調は良くなったり、悪くなったりを繰り返して12月に
やっと安定した感じになりましたが・・・
ずっと続くのかは、甚だ疑問です。
大きな期待をせず、そこそこ元気であるように気をつけたいと
思います。

また11月以降は、とにかく異が痛かった・・。
これを書いている12月だって継続中。
来年は胃の痛みが引くと良いな。

このBLOGも一時期、休止した状態でしたが、今年も
こうやって締めくくりの記事を書く事ができました。
また来年も一家共々、このBLOGを宜しくお願いします。

来年よい年でありますように。

新しい部署の忘年会 

2015年12月21日(月) 23時59分
今日は新しいチームに入って初めての忘年会でした。

場所はTさんの歓迎会をやった時と同じ店で
日本酒が美味しい店です。

幹事のWさんが歓迎会に参加できなかったので、
まぁ良いか・・・と思っていたら、忌引きで休み。
前と、まったく一緒じゃん!と思ったら、TD先輩が
今回は参加だったので、メンバーが1人増えた会となりました。

会は終始、仕事の話が多かったですね。
まぁ会社援助の下に忘年会が開かれる訳なので、
仕方ないんですけど・・・個人的には仕事の話以外がしたいです。
だって仕事中に趣味とか仕事以外の話ってしづらいから・・・。

それに酒の席では時として楽しい酒が凶器になる場合があります。

まだ結婚前だった。と思います。
忘年会の幹事をやった時、務めていた会社の課長に
ケチョンケチョンに貶されて、胸ぐらを掴んで
突っ込んだ時がありました。あの頃は若かったな〜(笑)

課長も悪気はないんでしょうが、自分なりに必死に頑張ってる時、
・・・酒の席で嫌味を言われると威力は倍増しました。

勤務中なら真摯に受け止めつつ、嫌な事もある程度、我慢できます。
しかし酒の席では、言う方(上長)の言い方も少し乱暴になる事もあるし、
言われる側も乱暴に聞こえる、また我慢しきれなくなる場合があります。

忘年会とか会社の飲み会では最初だけ(酒の入りが少ない時点)仕事の話をして
後は別の話題で笑って飲み会を終えたいものですね。
皆さん、気をつけましょうね。

久しぶりに午前様で帰ってきたので、かなり調子が悪い。
まぁ飲みすぎ・・・もあるかも知れませんが(笑)
明日、大丈夫かな?






2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KENZO
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:2月19日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-SKIBOARD
    ・バイク-FORZA-2006
読者になる
妻:かよ吉
長男:シュン
長女:ヒナ
最新コメント
アイコン画像KENZO
» 退院 (2015年04月15日)
アイコン画像kody
» 退院 (2015年04月06日)
アイコン画像KENZO
» あけおめ、ことよろ (2015年03月23日)
アイコン画像kody
» あけおめ、ことよろ (2015年01月19日)
アイコン画像健蔵
» 2度目の成人式 (2013年02月25日)
アイコン画像kody
» 2度目の成人式 (2013年02月20日)
アイコン画像健蔵
» ディズニーシー11周年 (2012年09月24日)
アイコン画像kody
» ディズニーシー11周年 (2012年09月10日)
アイコン画像KENZO
» 召集 (2012年09月07日)
アイコン画像kody
» 召集 (2012年09月06日)