待ち時間のストレス
2011.08.07 [Sun] 20:21

「30分お待ちいただきましたので、6枚のチケットを
 進呈させていただきます。本日使えますので、
 お帰りの際、レジでご提示ください」

待ち時間は、順番待ちの紙に書いた時間からテーブルに案内した時間。
5分1枚50円(仮)割引チケット。

チケットはその場で手渡しで渡します。

人には貸し借りの心理があり、待たせた挙句に少しでも不手際があると、
普段以上の苦情になる恐れがあります。

待たせないことが大前提ですが、もし待たせてしまったら、
待ち時間のストレスを一度リセットするサービスを提供して、
気持ちよく食事をしてもらうのも一つの方法です。


 

ホームセンターの駐車場を利用して朝市
2011.07.19 [Tue] 18:49

近所のホームセンターなので行きやすいですね。販売している人(農業会員)も
地域の人が多くなり、顔見知りの人もいると思うので安心して買えます。

野菜を買いに朝市に来た人も、販売している人がホームセンターの商品を使って
野菜づくりをしていると聞くと、自分もやってみようかな、と思うかもしれません。

そうなると、ホームセンターにとってはより嬉しい傾向です。

野菜はホームセンターにとっても商品がかぶらないので多いに販売して、
集客に貢献してほしいですね。

最近のホームセンターは専業の方が買いに来るほど品揃えも充実して、
情報提供も豊富になりました。

最後は、作ったものを売るサービスです。自店の集客や売上にも貢献しつつ、
顧客の満足を高める仕組みができると、不況も心配なくなります。



一言PR
転勤で北海道に住む際のポイント
 

オペレーションシステム
2011.06.25 [Sat] 10:00

連絡先を聞く
あまりに長く待たせたお客さんには、連絡先を聞いて、再度お電話をする
『…。再度こちらからお電話させていただきますので、お名前と連絡先、
ご都合のよい時間帯を“ピッ”の後にお話ください。“ピッ”…』

オペレーションシステムについては、詳しくはわかりませんが、
利用者の立場として、このようなサービスをあると嬉しいです。

人は“出会った”時の第一印象に、とても影響されます。
たとえ機械の対応でも、それは同じです。



一言PR
単身引越しの費用を安くする方法
 

収穫イベントを開催します
2011.05.27 [Fri] 20:34

A「それにやっぱりお店で出す料理には、野菜作りのプロが作った野菜の方が
  美味しいからね」
店「はい(笑)」
A「でも、こうして頻繁に通っている客にとっては、育っていく過程が見えるから、
  だんだん楽しみが膨らんでいくんだよね〜」
私「お店の方が世話しているんですか?」
店「はい、そうです」
私「じゃ、しっかり世話しないといけないね(笑)。
  ちょっとプレッシャーですね」

中庭でなくても、店頭のプランターや屋上なども栽培できます。

栽培している過程を来店するお客さんに見せながら、
「収穫イベントを開催します」と告知していったら、
お客さんはワクワクして楽しみになるでしょうね。

野菜の種類を変えれば年に数回のイベントができます。

今は自分で野菜を育てている方も多いので興味を持つ方も多いだろうし、
逆に教えてくれる方もいらっしゃるかもしれません。

ちょっとした共通の話題ができると、よりお店とお客さんとの距離も
縮まります。



一言PR
間違いのない自動車保険の等級の引継ぎ、教えて!
 

絵や花を飾る生活
2011.05.07 [Sat] 20:56

動機はどうであれ、キッカケが大切。

絵や花を飾る生活って、とってもステキですね

もともと私は種苗業界にいたので、花屋さんの前を通ると
とても気になります。また趣味が写真なので、絵や写真を
飾ることにも好きです。

でも実際、ステキだとわかっていてもなかなかする人って、
少ないですね。

そこで、ちょっとこんなキッカケを作ったら、
「絵や花を飾る生活」を楽しむ人が増えるのではないでしょうか。

それは、国民的関心事である「運勢」と絡めるのです。
星占いでも、風水でも、動物占いでも、その月の運勢が
わかる占いなら、なんでもOKです。

例えば星占いとしましょう。

まず占い情報を提供してくれるWEBサイトに、自分の情報を
入力します。そして自分が受けたいサービスを選択します。

サービス内容&料金一覧
○毎月運勢が良くなる花が欲しい…2000/月(仮)
○毎月運勢が良くなる絵が欲しい…1000/月(仮)
○両方とも欲しい…2500/月(仮)
※花は買取ですが、絵は基本的にリースです。

あとは年間料金(半年料金も可)を支払えば、
『貴方にとってその月の運勢が
        よくなる花もしくは絵が送られてきます』
 

イベント前後券
2011.05.07 [Sat] 20:56

気持ちの盛り上がりをつかめ。

例えば、ボーリング大会を計画するとします。
負けず嫌いの私は必ず、参加者には内緒で練習に行きます。

例えば、社員で行くバス旅行があったとします。
最初は嫌々だったけど、行ってみると結構楽しい。
その土地ももう一度行きたくなったりします。

大勢が参加するイベントって、そんな効果があります。
だから、イベントの前後って、新規顧客を獲得するには、
絶好のチャンスなのです。

『イベント前後券』

例えば、ボーリング大会。

大会を開催する2週間前から使える「練習チケット」を
大会幹事に渡します。チケットは、参加者全員に一枚行き渡る枚数。

幹事「優勝を狙いたい人は、ボーリング場から『練習チケット』を
    頂きましたのでご利用くだい♪」

※「練習チケット」は、ゲーム代の半額券(仮)。

負けず嫌いの人をはじめ、あまりに下手で恥をかきたくない人も
おそらく利用するでしょう。

そして、大会終了後。久しぶりにボーリングをして“火”が入って
しまう人もいます。嫌々参加した人に限って、盛り上がるものです。

こういう人のために、「余韻券」もいいと思います。
まぁ、“駄目押し券”と名づけましょうか(笑)

イベント後、2週間以内なら、半額(仮)で楽しめます。

 

パンクした時の代車サービス
2011.05.07 [Sat] 20:55

パンク修理は、素人でもできないことはないけど、
忙しい時はとても時間がありません。

また、自転車屋さんは絶対数が少ないので、探すのに苦労するし、
早朝や夜中まで営業していません。

そのため、私たちの生活インフラとして根付いているガソリンスタンドが
とても便利です。コンビニでもできそうですが、代車を置くスペースに
問題があります。

もちろん、パンク修理はガソリンスタンドのスタッフがしてもOKです。
利益の少ないガソリンやオイル交換より価格競争もなく利益率は高いです。

レンタサイクルをしているところでも「代車&修理サービス」はできますね。

早く自転車が快適・安心して乗れる環境づくりが進むといいなぁ。


 

試食依頼
2011.05.07 [Sat] 20:55

私「無料じゃないんだ…」
A「私も最初は“え”って思ったのすが、無料だったら、
   真剣に試食しないでしょ。通常の買い物時に試食アドバイザーは
   優遇してくれるので、試食の料金はたいしたことありません。
   だって、そのお店が好きですから」

なるほど! 有料だからこそ、お店に愛着があり、真剣なアドバイザーが
集まるんですね。お店にとっては、お客さんの参加意識も大切です。

私「で、きょうの商品はいかがですか♪」
A「美味しいですが、私の世代が食べるには、1パックの量が多いですね。
   それと、もっと美容を意識した方が…」

まるで、プロの料理評論家みたいですね(笑)
しかし、昼のランチに試食して、そのコメントを夕方の売り出しで使うとは、
なかなか“美味しい”演出ですね。


 

子どもクッキング・ダイアリー♪
2011.05.07 [Sat] 20:55

料理は親子のコミュニケーションにピッタリ!

うちの母がよく言っていました。「夏休みになると、ご飯が面倒…」
そう、子ども達が家にいるため、手抜き料理はできない。。。
(特に私たち兄弟は、文句が多かったらしい…)

夏休みも8月に入ると、ダラダラとテレビやゲームばかり。
せっかく家に一緒にいるのに、会話がないのはもったいないです!

『子どもクッキング・ダイアリー♪』
目標はパパのお弁当を作る?

クッキングコースは、3コースあります。
 ◇親子でランチエンジョイコース
 ◇パパ早く帰ってきて!夕食コース
 ◇私が作ったの!パパ弁当コース

3コースは日替わりで、開講いたします。参加は手ぶらでOK。
先生が子どもの作りやすいメニューを教えてくれます。

『子どもクッキング・ダイアリー♪』の仕組みはこうです。
スポンサーは地域のスーパーなので、安く食材が仕入れることができ、
ママの納得の参加費が実現。

教室で作ったレシピは、その日の夕方には、写真付きで、
スーパーの店頭に並びます。もちろん食材も一緒に陳列。

メニューに悩む奥様方には、強い見方です。昼食メニューから
夕食メニュー、パパのお弁当まで、紹介しているのですから。

「子どもが作れるなら…」と簡単そうなレシピに、
奥様に注目されるかも!?