美しい人 

January 23 [Tue], 2007, 1:51
美しいね君は
男に生まれて本当に良かったと思うよ
君を眺めて
君の声を聞いてられる
真っ直ぐな瞳は強い意志を持っている
個性的な髪型は君の内面そのもの

触れ合って感じたいんだ
抱きしめていたいんだ
目が合うとちょっと照れくさいけど
あまりうまくは表現できないけど
君を真っ直ぐに愛したい
真っ直ぐに愛したいんだ

だから僕は頑張れる
だから僕は

失う 

January 22 [Mon], 2007, 4:25
失くしたもの
10代のときは
根拠のない自信があった
自分を好きでしょうがなかった
自分を信じていた
今は無理だけど
だからなんなんだ
吹き飛べお前は

謙虚さのない
自信なんて
今になっちゃお笑いだけど
腹の底から本当に笑えるよ
ガキだったんだよ
死ぬほど笑えばいい
傑作だ
ははは・・

ホントは一番かけがえのなかったもの

計算ばかりして
安心を得ようとして
つまらない大人になっていく
虚しさが残るばかり

どこにいったんだ
あのパワーは
なにも知らなかったけど
夢に溢れてた
馬鹿だけど幸せだった

不完全すぎる
あまりに未熟だけど
必死だった自分

時は残酷だ
今は今で
納得しようとしてる
変な大人だね
馬鹿みたいだよ
なんなんだ俺は

取り返したい気もするけど
今の自分を半分は気に入ってるけど
あの充実感はない
この空虚さは何?
誰か答えてくれるの?
答えてよ ねぇ
教えてくれよ知りたいんだよ
無視すんなよ


走れお前は
もがけ死ぬ程
叫べよお前は
死ぬほど叫べ
全身全霊をかけて
かけろお前は
信じるんだ
自分を

裏切られろ望んで
本望だよ
くたばればいい
お前なんか

うるせえ
お前自信は何も変わっちゃいない
失くしたわけじゃないんだ
忘れてるだけなんだ
吠えろよ
ずっと
壊れるまで
壊れたほうが快感だよ
壊れたほうが快感だよ
死ねばいい
壊れてろよ

追い込め 

January 21 [Sun], 2007, 3:14
走る走る
もう一歩踏み出すために
泳ぐ泳ぐ
変わりたいから
息が途切れ途切れになってきた
苦しいけど我慢して
もう一歩だけ
もうひと掻き

信じる
信じたい
全てがひっくり返るんだ
きっと
たぶん

 

January 15 [Mon], 2007, 1:37
いつ君は歌うんだ
現状に満足しているのかい
昔感じたように
走ったように


今はなにも感じない
空回りばかりだ
うそだ
なにも感じないわけがない
今だって泣いたり
笑ったりしてるだろう

でも何かがこぼれ落ちた気がするんだ
失くしたわけじゃないんだろうけど
忘れてしまったのかもしれない
感じないんだ

それでも歩いてはいくつもりだ
一歩一歩
出来るだけ速く

探し物があるから
とても大事なもの
だから歩くのはやめない
歩くのだけはやめられないんだ

家に帰ってコンピュータの前 

January 13 [Sat], 2007, 22:06
昼頃起きだして
買い物に出かけた
家から車で15分程にある
郊外のショッピングモール
スポーツ店で温水プール用の水着を探してみるが
季節外れのせいで
欲しいものは見付からなかった
しょうがなくぷらぷらと徘徊
ラジオのDJが流行りの音楽をかけている
中央ステージではこのあとライブが始まるらしい
しばらくして目線を奪われた
ボーと上のテラスから眺めていた
昔別れた女の横顔の面影
へんな事を思い出した
それから駐車場に戻り
何事もなく家路につく
なにもなかった一日
なにもなかった一日
家に帰ってコンピュータの前

今ちょっとむなしい気分 

January 06 [Sat], 2007, 21:07
今ちょっとむなしい気分
コンピュータいじってて
孤独を感じた
情報はいっぱい詰まってるけど
ホントに欲しいものは
見当たらない
ただ通り過ぎていくだけ
家にいたってつまらないよ
どっか出掛けようか
人の多いとこに今は無性にいきたい

あしたは成人式 

January 06 [Sat], 2007, 18:04
あしたは成人式
母は着付けの仕事で
今晩は徹夜らしい
何年前だっけか
おれは行かなかった
行けなかった
同級生から電話掛かってきてたっけ
忙しかった
皆どんな格好してたのかな
誰が来てたんだろ
楽しかったろうね
もったいないね一度きりなのに
もう一度電話掛かってくるはずないよな

過去 

January 02 [Tue], 2007, 21:55
私はどこから来たのか
誰のために生きるのか
その人はどんな生きかたをしたのか
何を見て何を托したのか
誰を愛したのですかあなたは
答えてほしい
この尊き思い
答えてください
答えてください
叫びたいんだ私は今
私が存在する
その事に感謝する
それこそが全て
ありがとう
ありがとう
語りつくせることなどない
必要もない
時間は進み
すべてを過去にしていく
決して止められない
だからこそ私の思いをわかってほしい
輝いていてほしい
感じて下さい
あなたは私にとってかけがえのない愛しい人なのです
あなたを全て愛しているのです

創造力の欠如 

January 02 [Tue], 2007, 1:54
誰もが感じ
誰もが一度は書くようなこと
それは当たり前のこと
わかりきったこと
今更という感じである
それでも私が感じ
私が書いたという事実は
私にとって価値がある

おむすび 

December 31 [Sun], 2006, 17:34
朝からずっと大掃除
休む暇もない
ずいぶんと腹が減った
それでも今日中に片付けなければ
ようやく一息つく
母がにぎってくれたおむすび
口にいれてみると
おいしい
上等な肉を食ったときとは違うおいしさ
素朴な味
ずっとこちらの方がおいしく感じられた
簡単に作ったものなのに
また今年もひとつ年をとったな
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kentaro2525
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる