知らなかった・・・・ 

June 14 [Sun], 2009, 13:26
マッサージ治療が、医療保険適用で受けられるなんて初めてしりました。

いつもは、保険適用外の整体マッサージを受けていたんだけど、どうしても金額的に

長続きできなくて、お酒などお付き合いにばかりお金を使っていた。

PCのデスクに長時間座っているので、結構、肩こり、腰痛の症状になやんでいました。

同じように整体に通っていた友人から思いもかけない情報が飛び込んできた。

何だと!「医療保険適用のマッサージ!」そんなのあるの?

医療保険適用だから、3割負担だ。

お年寄りの高齢者なら1割負担程度らしい。

これなら、継続しても財布に易しいね!

FX ファンダメンタル、テクニカル 

March 14 [Fri], 2008, 20:20
FXなど、投資関係の分析をするときはファンダメンタル分析というものと、テクニカル
分析というものがあります。
ファンダメンタル分析というのは、為替の相場を動かすような、世の中の動きを
分析するということです。
新聞やテレビ、その他の媒体を通じて入ってきた世界の経済情報が、為替にどのような
影響を与えるのかを読み取ることは、なかなか難しいことだと思います。
でも、このファンダメンタル分析が出来るようになって、FX取引のタイミングや
世界の要人の発言や経済情勢が、どう影響するのかとわかるようになると、FXで大きな
利益を得ることになると思います。
またテクニカル分析というのは、チャートを利用して分析することです。
FX取引をする時は、誰でもチャートを参考にはしていますが、そこから、どこまで
先の流れまで予想できるのかが、FXで常にプラスになるか、どうかを決めることにも
なるのでしょう。
FXを本格的にやりたいと思ったら、ぜひこれらの分析法をマスターするべきでしょう。
どちらかと言えば、チャートを見たりするのは、女性が苦手な人が多いので、女性を
対象にしたテクニカル分析のセミナーというものもあるので、そういうものに受講して
みるのもいいでしょう。

『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

FX 会社比較 

March 14 [Fri], 2008, 20:13
いまやFXを扱う会社は、本当に多くなりました。
どの会社を選べば良いのか、迷いますね。
FXを扱う会社の比較の方法には、いろいろありますが、そのうちのいくつかをあげてみましょう。
まずは手数料で選ぶ選び方。今はオンライン取引なら手数料は無料という会社も増えて
きました。
それに通貨ペア数で選ぶ選び方。
注目の南アフリカランドの他に香港ドル、韓国ウォンや人民元などのアジア通貨を取引
出来るところも増えてきたので、注目したいです。
またバーチャルFX取引を行っている会社から選ぶ方法もあります。
いきなり口座を開いて入金するよりも、仮想資金で一度、取引のしかたなどを経験して
おくと安心ですね。
またくりっく365で取引が出来るのか、スワップ金利だけを引き出すことができるのか、
など、いろいろな面で自分で、または比較サイトなどで比較してみると良いと思います。
ちなみに、人気のあるFX業者はどんなところか、比較サイトによって、出てくる名前が
番いますが、よく出てくる名前は「外為ドットコム」、「FX online」、「ひまわり証券」、
「FXCMジャパン」などですが、自分が一番使いやすい、また欲しいサービスのある、かつ
安心して取引ができる会社を見つけることが大切です。

『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

『FX 南アフリカランド』 

February 23 [Sat], 2008, 13:44
最近、FXに参入してきた通貨に南アフリカランドがあります。
FX取り扱い会社でも、扱われるところが多くなってきました。
ランドは南アフリカ共和国の通貨で、ZARと略されるために、ランド円はザル円と呼ばれる
ようです。
南アフリカランドは高金利のために、FXで人気が上昇してきたのですね。
南アフリカ共和国は地下資源が豊富で、金、ダイヤモンド、プラチナは世界有数の
埋蔵量を誇っています。
またBMW、ベンツなどの生産地でもあり、日本向けの右ハンドル車を生産しています。
2010年にはFIFAワールドカップの主催国になることも決まっていて、経済的にも
安定してきつつあり、ランドは対米ドルで上昇傾向にあります。
そんな南アフリカの通貨であるランドは、FXで注目されるのは、金利の高さとともに、
その圧倒的な価格の安さにもあるようです。
10万通貨も約160万円で購入でき、しかもスワップは約350円もつくことになるので、
英ポンドよりも高金利となり、FXスワップ狙いの人にも人気です。
値動きが激しく、ハイリスク、ハイリターンではあるけれど、チャンスも多いので、
FXのデイトレ派から、スワップ派からも注目されている通貨だと言えます。


『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

『FX ローソク足』 

February 23 [Sat], 2008, 13:42
FXでも株と同じように、値動きをローソク足で表すことができ、それを見れば
一日の値動きが、とてもはっきりとわかります。
株価のチャートとFXのチャートはほとんど同じなので、株をやってことのある人は
わかりやすいと思います。
FXチャートのローソク足は、ローソクと呼ばれる黒と白の実体部分と、ローソクから
伸びるヒゲと呼ばれる実線からなっています。
一日の始値と終値を実体部分で表し、ヒゲの部分で、その日の安値と高値を
表しています。
その日の始値より終値が高ければ、白いローソクとなり、陽線と呼ばれます。
また、その日の始値より終値が低ければ、黒いローソクとなり、陰線と呼ばれます。
FXでは、このローソク足で、今後の動きを予測することが可能です。
日足で2、3日順調に陽線を描き続けてきて、次の日も長い上ヒゲがついてきている
場合、そのヒゲの辺りに上値の壁があると推測されて、その次の日は下降する可能性が
高くなるということです。
反対に、黒いローソクの時も、長い下ヒゲがついてきている時は、次の日は上昇する可能性が
高くなります。
FXで、チャートを読み取れるかどうかは、利益を大きく出来るかどうかの鍵になりますので、
FX初心者の人も、一度、しっかりと学習してみるのもいいと思います。

『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

『FX 確定申告』 

February 23 [Sat], 2008, 13:39
FXで利益が出た場合は、必ず確定申告が必要になるのでしょうか?
これはその人の立場や、その収入額によって違ってきます。
まずFXで確定申告をするということは、FXであがった利益の税金を自分で計算し、
税務署に届け出ることです。
これをしないと、後で追徴課税されて税金を支払わなくてはいけなくなります。
でも、FXで利益があった全ての人が確定申告をしなければいけないわけではありません。
年間給与所得が2000万円以下で、給与以外の所得が20万円以下の人は確定申告は
必要ないので、2000万円の給与所得がある人というのは、そんなにいないと思うので、
FXでの利益が20万円以上あった給与所得者は、確定申告が必要と考えられるでしょう。
必要経費は差し引くことができますので、申請して認められれば、その分の税金は
支払う必要はありません。
経費はどんなものがあるかというと、売買手数料、パソコン購入代金の一部、筆記用具、
振込手数料、セミナー受講料、通信費などです。
主婦の人でFXの利益が一定額を超えてしまうと、扶養控除の対象にはならなくなって、
夫の給与から扶養控除分の税金が引かれてしまうので、注意が必要です。
注意することが多いですが、年に一度のシーズン、上手に乗り切りたいですね。

『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

『FX 税金』 

February 09 [Sat], 2008, 10:41
FX取引をして利益が出た場合の税金は雑所得として処理されます。
雑所得は年間給与所得が2000万円以下で、かつ給与所得と退職所得以外の所得の
合計額が20万円以下の場合を除き、確定申告が必要。
他の所得と合算して税を計算。
必要経費を差し引くことができる。
他の雑所得と損益通算計算ができる。
雑所得全体でマイナスになっても、他の所得と通算することは出来ない。
という扱いになります。
他の所得と合算して税を計算するということは、FXであまりにも利益がありすぎると、
給料にかかる税率も高くなってしまうおそれがあります。
例えば、課税所得金額が450万円の人は、税率が20パーセントで90万円の税金になります
が、FXで300万円の利益があったとしたら、合計750万円で、税率が30%となってしまい、
135万円の税金になってしまいます。
FXでせっかく利益をあげても、税金でこれだけ取られると、トータルしてあまりプラスに
ならないようになりますので、注意ですね。
「くりっく365」でFX取引を行えば、申告分離課税をとるので、税率は一律20%になります。
FXでたくさん利益をあげたいときは、税金のことも考えておかないといけないですね。
『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

『FX 金融商品取引法』 

February 09 [Sat], 2008, 10:40
FX取引をする時には、FX取り扱い業者と関わっていることになりますが、その際に
当然ですが、投資する人を守るための法律というものがあります。
しかし、従来はFXを取り扱う業者には、ほとんど法規制がなかったようです。
そのため、悲しいことに悪徳業者が横行して、保証金を巻き上げられてしまう人が続出して
しまったようです。
そこで金融庁は「金融商品取引法」を改正し、「金融先物取引法」としてFX取り扱い業者に
法規制をかけることにしました。
定められたことは、金融先物取引業者としての国への登録が必要、広告ではリスクについても
明らかにしなければいけない、呼ばれてないのに、勧誘電話や訪問することの禁止、勧誘時に
「必ず儲かります」「損失は補填します」などと言ってはいけない、適切な自己資本比率の
保持ということです。
わかりやすく考えると、国への登録番号を明示してない業者、広告に「必ず儲かる」と書いて
ある業者、勧誘電話がかかってくる業者、勧誘時に「必ず儲かります」、「損失は補填します」
と言ってくるFX業者は選んではいけないということになります。
FX取り扱い業者を選ぶときには、こういうところにも注意しなければいけません。
『FX投資で失敗しないための
7つの法則』無料CDを手に入れてください。

『FX 豪ドル』 

February 09 [Sat], 2008, 10:39
FXや外貨預金をしている人に、オーストラリアドルは、とても人気のある通貨です。
なぜ人気があるのかというと、金利が高く、FXをしている人にとっては、ポジション
保有によってスワップポイントを受け取れるからです。
FXでは英ポンドの次にNZドルとともに、金利の高いオセアニア通貨として人気が
高いようです。
オーストラリアは資源国なので、インフレや原油高には強いという特徴があります。
オーストラリアドルの相場は、地理的にもニュージーランドと近いので、ニュージーランド
ドルと連動して動くことが多いです。
FX取引の際に、オセアニア通貨が、価格の割りに金利が高いから、ということだけで
ポジションを持ってしまうと、オーストラリアドル、ニュージーランドドルとともに、
連動して下落してしまうと、大損失につながってしまうおそれもあります。
情報が入って来難い国ではありますが、FXをするときは、決して安易な考えで
通貨を選ばないようにしたいものです。
ここ最近の豪ドルの動きを見てみても、動きが比較的、激しい通貨だとも言えると
思います。
下落するときには、短期間で一気に下がるという印象です。
FX取引の前に、オーストラリア産の農産物、原油の情報などを見ておくと役に立つかも
しれません。FXで劇的に稼ぐ手法を見る>>

『FX 外貨建てMMFとの違い』 

February 09 [Sat], 2008, 10:38
FXや外貨預金と同じく、外貨を使った資産運用の方法に、外貨建てMMFという言葉が
よく聞かれます。
MMFというのはMoney Management Fundの略で、国債、地方債、格付けの高い会社の社債、
コマーシャルペーパーなどの格付けの高い高い債券などを用いて、証券会社が運用している
投資信託の一種です。
元本はほぼ確実に戻ってきて預金よりは高い金利が受け取れます。
外貨建てMMFはその外貨版ともいえる物で、外貨の国債や地方債などの格付けの高い商品が
運用先になっています。
FXと比較してみますと、為替スプレッドは外貨MMFが50銭程度、FXが5銭程度で、FXのほうが
安くなっています。
外貨MMFは証拠金の取引ではないので、ローリスク、ローリターンとなりますが、FXは
レバレッジのかけ方で、ハイリスク、ハイリターンとなります。
外貨MMFは外貨が高くなると予想できるときしか買えませんが、FXは高くなりそうでも、
安くなりそうでも、利益のチャンスがあります。
しかしFXは日本の金利が上がれば、スワップポイントは低くなる可能性がありますが、
外貨建てMMFは外国の金利が下がらない限り、安定した金利が受け取ることができます。
FXで劇的に稼ぐ手法を見る>>