元気な赤ん坊を! 

March 19 [Wed], 2008, 13:31
飛ぶ鳥を落とす勢いで盛り上がっている『メキシコ・お別れシリーズ』。

今日もお別れした方がいました。

そして、とっても不思議なことが起きたんです。


幻のCD 

March 19 [Wed], 2008, 13:03
会社の同僚であり親友でもあるアレックスが今日すたすたと僕の机のところにやってきて、

「これを君に贈るよ」

って、一枚のCDをくれました。

早いもんで。 

March 19 [Wed], 2008, 12:40
半年間の研修期間ももう終わり。

来たときはスペイン語も喋れず、車の運転も必死で、もうどうなっちゃうんだろうって本当に怖かったけど、同僚やたくさんの友達の支えで、無事日本に帰国することができそうです。

10月1日に成田発の飛行機が離陸したとき、

「次に日本に戻ってくるときはサクラの季節か・・・」

友達たくさんできたらいいな、って思ってました。


先日の友人宅での送別会にて。




グアダルーペの聖母 

December 13 [Thu], 2007, 4:40
最初題名が「聖母」じゃなくて「歳暮」になってて慌てて訂正
いくらなんでもバチが当たるよな。

ローマカトリック教会からも認可されている「カトリック3大奇跡」のひとつです。
今日はなんと「グアダルーペの聖母の日」で祝日なんです。

1531年の12月、メキシコシティ郊外のテヤペックの丘をインディオ(原住民)の
ファン・ディエゴという青年が通りかかったとき、とある声に導かれ丘を登った彼は
褐色の肌で黒髪のマリア様に出会いました。
褐色ってのがミソですね。まさにメキシコ。
マリア様は司祭にこの地に聖堂を立てるよう伝えるよう彼に申しつけ、
彼はさっそく司祭にことの顛末を報告するのですが司祭はまったく聞き入れず
もしその話が本当なら証拠の品を持ってくるようにと命令されます。
がっくりとうなだれたファンディエゴは家に帰ります。
家には病気の叔父がいていよいよ叔父がヤバそうだとなったときに
司教様を呼びに行こうとした道すがら、彼はまた褐色の肌の聖母に出会います。

「あなたの叔父様なら大丈夫です。
丘を登って、そこに咲いてある花を摘んで司教のところへ向かいないさい。」


だああーーーーーーっっ

…あ。泣き所と違いましたか。

ごほん。ともかく丘に登ったファンディエゴはそこに咲く色とりどりの花を見つけます。
自分のマントにそれらを包んで司教に見せました。12月にバラの花は咲かないので
司教たちはさぞかし驚いたことでしょう(腰抜かしたと思います)。
そして花を包んでいたマントにはファンディエゴが見た聖母の姿が描かれていました。



…ってな話。
ロマンチックですねぇ(←どこが)。ってなワケで叔父さんも瀕死の重傷から
全快してしまい、聖母マリアが新大陸にも出現したとのことでメキシコは大騒ぎ。
そのマント(実物)も現在のグアダルーペ寺院に飾られて信仰の対象になってます。
マントに聖母が現れた日、それが今日12月12日ということで、
グアダルーペ寺院では世界中から信者が集まっています。



この聖母が描かれたマント。
謎でいっぱいなんだそうです。

1.染料
現代の技術をもってしても、何の染料で描かれているか確定できないそうです。

2.生地
サボテンの茎の繊維で織ったマントなので数十年でボロボロになってしまうところ
繊維がまったく悪化せず、400年以上たった今もほぼ完全な状態で保存されています。

3.聖母の瞳
なんと聖母の瞳の部分、反転した人物の姿が映し出されているそうです。
コンピュータによる画像解析の結果、複数の人物の顔がはっきりと認められたそうで、
それらはマントを司教の前で広げたときに列席していたファンディエゴと
スペインの高官たちそのものではないかと言われています。

4.12月12日
マントに聖母が現れた12月12日はちょうどその年の冬至にあたるそうです。
聖母の絵の左半分には北の空に輝く星、右半分は南の空に輝く星が
それぞれ星座になって描かれているそうです。
この星座は後に書き込まれたものだそうですが、なんとも神秘的です。


ってことでカトリックの恩恵にあずかりまして、私も家でごろーん。
今日グアダルーペに行こうと思ったのですが、この前近くまでちょっといこうとしたら
何か妙にガラが悪いところ(戦後の闇市ってこんなんだったんだろかって思った)
だったので今日は外出する勇気がなくて引きこもり。

ガエル・ガルシア・ベルナル 

December 11 [Tue], 2007, 11:32


ガエル・ガルシア・ベルナル(Gael Garcia Bernal)さん。
メキシコで一番人気のある俳優さんです。
29歳。国際映画祭のもはや常連さん。
会社の同僚に聞いたところ、10人中10人が「好き」「かっこいい」「旬」と答えました。

彼、話題になった映画『バベル』にも出演しています。
日本では菊池凛子さんのアカデミー賞ノミネートで盛り上がりましたね。
監督がメキシコ人なのでもちろんこちらメキシコでも有名なんですが、
なんとこっちに来て知り合った友人がエキストラで出ていたことが判明!
えっ、どこよ!?!?
確認せねば。

ちなみに間違って誤解されることがないように言っておきますが、
メキシコシティを歩いていてもこんな彫刻のような美男子には絶対に出会えません。
(ヒゲかハゲか腹が出てるかどっかしらゲッソリする点があります)

彼はグアダラハラ出身なんですが、グアダラハラはフランス系の住民が多いとのことで
やはり男女ともに美形が多いそうです。土地が変われば何とやら。

美男美女の一本釣りはぜひともまっすぐグアダラハラへ!!

いずれ美女特集もせねば。

the OC 

December 10 [Mon], 2007, 11:32


アメリカティーン向けのドラマ、『the OC』。
ストーリーもキャラクターも音楽も舞台もすごく好きで、今年の頭くらいからめちゃくちゃハマってました。スーパードラマTVでシーズン2を放送しているので毎週欠かさず見ていたんですが(土曜の夜は何にも予定を入れなかった!)メキシコに来ることになってしまい途中リタイア・・・(もう本国ではとっくに放送終了しているというのに。)

ってしばらく存在を忘れていたのですが、こっちのタワーレコードでDVDのコレクターズボックスを発見したので即買い。日本だと高いのよねー。こちらでは1シーズンがひとつのパッケージになっていて580ペソ(約6000円)でした。もうけ

まーもちろん中身は英語とスペイン語なんですけどねー。何しゃべってんのかサッパリわからん。おまけに使いもしないポルトガル語まで付いてきてる。なぜ?!耳の勉強にはなるが相変わらずのどろどろっぷりに酔っ払ってくる。おもしろいのはスペイン語の吹き替えになった瞬間、中南米のいわゆる『テレノベラ』的雰囲気に一瞬にしてなっちゃうこと!情熱〜って感じです。

にしても主演のミーシャ・バートンかわいいわー。やっぱりシーズン1は何度見ても面白い。言葉わかんないけど。名作です

ハリーポッターの件 

December 06 [Thu], 2007, 13:22
メキシコはケーブルTVが結構充実していて、特に映画はいろいろ見られるんですよ。ま、全部スペイン語の吹き替えだけど。涙

この週末はハイスクールミュージカルの1,2を連続放送していて、2を見ていなかった私は大満足でした。ちなみに主演のザック・エフロン(Zac Efron)はメキシコでも大人気でティーンの雑誌には必ずといっていいほど彼のためにページが割かれています。確かにイケメン。『ヘアスプレー』観たいなぁ。

んで、この前は『ハリーポッターと秘密の部屋』を放送してたんですよ。やっぱりスペイン語なんだけど何回も見たことがある映画だし原作もきっちり読んだだけに展開はわかるので楽しめました。ただスペイン語読みなので名前に違和感が。

ダンブルドア校長 → 「プロフェソル・ドンブルドル」
ハーマイオニー → 「エルマジョニー」

終いにはハリーなんか

ハリーポッター → 「アリー・ポテル」

誰やねん?って。でもスペイン語のいい勉強になるから今度なんかDVDを買おうかと思ってます。OCがこの前売ってたなあ(しかも日本ではまだ放送してないシーズン3!!)。日本に帰ったらリージョンフリーのDVDプレーヤーを買わないと。

サッカー南米クラブ選手権 

December 06 [Thu], 2007, 13:05
柄にもなく南米クラブ1を決めるコパ・スダメリカーナの決勝戦を見てきました!

国立にも日産スタジアムにもいったことがなく、高3のときに高校サッカー県予選の決勝戦を応援しに行ったとき以来のサッカー観戦でしたが、何せワールドカップの決勝戦を2回も開催したアステカスタジアム(114000席!!世界第二位の規模らしい)で、南米ナンバーワンを決める大会とありゃ行くっきゃないでしょ!!仕事さっさと相対して日本人出向者のみなさんとぞろぞろ行ってきました。

メキシコ人のパーティ 

December 03 [Mon], 2007, 14:33
会社の同僚に誘われて飲みに行ったり、誰かのおうちで開催するパーティに参加させてもらう機会が多いんです。こちらではfiesta(フィエスタ)と呼ばれるのですが、本当に頻繁で、頑張って探せば毎日あります。

んで、いつもfiestaに参加して思うのは二つ。

1.夜が遅くなること
2.ダンスがみんなめちゃくちゃうまいこと

まず1。メキシコ人は大抵時間にルーズなので大抵開始時間に行っても準備が整っていない&誰も来ていない。たとえば夜10時開始のパーティの場合、夜中の12時過ぎていってもまだ盛り上がり始めくらい。んでみんな朝まで酒を浴びるように飲み、酔っ払い、踊り続けます。普通外の庭を会場にしているので、夜は冷えて立ちっぱだし、腰が痛くなって、だいたい早めにダウンします。メキシコ人、おそるベシ・・・

そして2。誰も学校で教えてもらうってわけでもないのに、老若男女、100%のメキシコ人がダンスが超うまい。普段会社でぜんぜん目立たないおじちゃんも、ずんぐりぶくぶく太って動きの鈍いおばちゃんも、音楽が鳴り出した瞬間に豹変します。もうね。いきなり芸能界社交ダンス部がやってきた!みたいな。踊りの下手クソな日本人、こんなん見たらマジで一瞬にして硬直。ほんと、タップダンスかチャチャチャのひとつでもならっときゃよかった・・・って後悔する瞬間です。でも適当に踊っておけばそのうち慣れてきて楽しくなってくるから不思議。恥は捨てるもんだと実感します。

・・・ところがどっこい。カラオケも大好きなメキシコ人(スペイン語でもKaraoke)。びっくりなことに歌はてんでダメです(少なくとも私の回りの友人を知る限りでは!)マイクを持って棒立ちで超音痴。「あんだけダンスがうまいのに、この落差は何?!」と愕然とします。大学時代歌を少しだけかじってた私は(そんなうまい方ではないが)このときばかりは勝てます。

ま、とにかく、ダンスや歌のうまいヘタはこの国ではあまり話題にはなりません。いかに楽しむか、みんなで素敵な時間を共有するか、そこがミソです。

JUANES 

December 03 [Mon], 2007, 14:27


JUANES(ファネス)。
どうやらコロンビアの人らしいんだけど今メキシコでとっても旬なアーティスト。ラジオでもよく聴きます。ちょっと砂漠っぽい(意味不明)雰囲気のわかりやすメロディラインにのせて、皮肉っぽい歌詞がまた独特の世界観のある曲に仕上げています。私はクルマの中で最新アルバム「La vida(人生)」を聴いて毎日会社に通っています。

ほかにもAlejandro Fernandez, Mana, 新人のCamilaなんかもよく聴きます。スペイン人ですが、Miguel Boseもこちらでは大人気です(ライブに行ったと同僚に行ったら殺されそうになりました)。メキシコのポップミュージックはロマンチックでとてもすばらしい曲ばかりです。いつか確実に日本でも流行ると思います。Juanesは日本語のサイトもあったから、もうかなり流行り始めているのかしら。
P R
けいすん。
Chip'n dale at the happiest place on earth !!
コニチハー
神奈川県在住の24歳
破竹の勢いだけどちょっち疲れ気味の社会人3年目
のんびりのんきに日々を満喫
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» 元気な赤ん坊を! (2009年06月16日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月19日)
アイコン画像褌一丁
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月11日)
アイコン画像じゃぶ
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月05日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 元気な赤ん坊を! (2008年10月01日)
アイコン画像RAOSU
» 元気な赤ん坊を! (2008年09月30日)
アイコン画像汁大臣
» 元気な赤ん坊を! (2008年09月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenny
読者になる
Yapme!一覧
読者になる