サルコイドーシス

September 14 [Sun], 2008, 16:08
サルコイドーシスとは、全身の色々な臓器に対し結核のような感染症によく似た病巣を作る病気です。

一般には病巣を作る病気を、類上皮細胞肉芽腫と呼んでいて、現在までその原因は明らかにされていないようです。

よく現れる症状として、目のかすみや、視力低下など、また、咳や、呼吸困難や、色々な皮膚の発疹など、その他不整脈などで、肉芽腫が出来た臓器の障害として現れるようです。

また、ある程度の病状の変化が現れるまではほとんど無症状で、患者さんの約40%は気付づいていないそうです。

住民検診や職場検診などで発見される場合も多いので、しっかりと受けておきたいものですね。

★サルコイドーシスについてのお勧め書籍最新情報を見る★




ジャケット最新情報

グレゴリーショルダーリュック通販激安情報

ドラゴンべアード通販人気ランキング情報


ベビードール情報局







  • URL:http://yaplog.jp/kennkoutobiyou/archive/11