プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenmxm
読者になる
2008年03月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
おもいつき / 2008年03月01日(土)
那覇で米海兵隊が女子中学生に暴行

海上自衛隊のイージス艦が漁船に乗り上げ事故

海上保安庁の調査前に海上自衛隊が勇み足の取り調べ、または口裏合わせ

何をしに来たのか、アメリカからライスが来日

サイパンで今さらロス疑惑三浦が逮捕されるというセンセーショナルなニュースが報じられる

グダグダな間に、那覇の事件はすっかり忘れられる

女子中学生、告訴を取り下げ、海兵隊容疑者は釈放。


ぁゃιぃ

 
   
Posted at 00:11/ この記事のURL
コメント(0)
六本木ヒルズ イタリアン / 2007年03月24日(土)
六本木ヒルズがイタリアンな感じになってます
 
   
Posted at 19:34/ この記事のURL
コメント(0)
ヤプログ モバイルテスト / 2007年02月13日(火)
テスト

夜景で地平線が見える
 
   
Posted at 23:14/ この記事のURL
コメント(0)
今日の六本木ヒルズ / 2006年08月31日(木)
・けやき坂で倖田來未がプロモ撮影

・アリーナでサディスティック・ミカ・バンドがミニライブ

にぎやかすぎ。
 
   
Posted at 00:07/ この記事のURL
コメント(0)
2006夏・甲子園 最後の感動 / 2006年08月22日(火)
昨日の戦いから24時間も経っていない。甲子園の神様は最後の最後までどちらに微笑むか、まだ結論を出せずにいた。

早稲田実業の投手・エース斉藤君と駒大苫小牧の打者・エース田中君との9回表の場面は、しびれる対決であった。

直前に中沢君による2ランで3-4の1点差に詰め寄った場面、続く苫小牧不動の4番・主将の本間君が、昨日もやられたスライダーで三振に倒れる。続く5番も倒れ、2アウト走者無し。打席には田中君が向かう。147キロのストレートで押す斉藤君、ファールで粘る田中君。

ずっと観ていたい、今年の甲子園だが、昨日の決勝戦から24回で、甲子園の神様はようやく微笑みを与えるチームを決めた―残酷にも最後のサイレンが鳴る時が来る。
斉藤君による今夏最後の球は、スライダーではなく、140キロ超のストレート。田中君のバットは空を切り、白球は捕手のミットにおさまった。
マウンドに駆け寄る捕手の脇を一瞬うなだれながらも、笑顔を覗かせた田中君の表情に感動を覚えた。ストレートを待ち、その気持ちに応えた斉藤君に対する感謝の気持ち、全てを出し切った満足感、長い長い間、共に戦った、既に敵味方無い仲間と別れる寂しさが混ざった、少し複雑な笑顔だった。

早稲田実業の校歌が終わり、泣きじゃくる4番・主将の本間君を背中を叩いて励ます田中君―アルプス応援席に向かう途中そしてクールダウンピッチをしながら、これまで頑に感情を表に出さなかった斉藤君が、堪えきれず感極まって目から涙をこぼす―。
全てを出し尽くしてなお、感動を与える彼らの姿に熱いものが込み上げてきた。

歴史に残る、最高の熱い夏をありがとう。
 
   
Posted at 23:21/ この記事のURL
コメント(0)
2006夏・甲子園 最後の最後 / 2006年08月21日(月)
昨日の戦いから24時間も経っていない。甲子園の神様は最後の最後までどちらに微笑むか、まだ結論を出せずにいた。

早稲田実業の投手・エース斉藤君と駒大苫小牧の打者・エース田中君との9回表の場面は、しびれる対決であった。

直前に中沢君による2ランで3-4の1点差に詰め寄った場面、続く苫小牧不動の4番・主将の本間君が、昨日もやられたスライダーで三振に倒れる。そして2アウト走者無し。打席には田中君が向かう。147キロのストレートで押す斉藤君、ファールで粘る田中君。

昨日の決勝戦から24回で、残酷にも最後のサイレンが鳴る時が来る。
斉藤君による最後の球は、スライダーではなく、140キロ超のストレート。田中君のバットは空を切り、白球は捕手のミットにおさまった。
マウンドに駆け寄る捕手の脇を一瞬うなだれながらも、満足ある笑顔を覗かせた田中君の表情に感動を覚えた。全てを出し切った満足感、長い長い間、共に戦った敵味方無い仲間と別れる寂しさが混ざった、少し複雑な表情が忘れることが出来ない。

早稲田実業の校歌が終わり、泣きじゃくる4番・主将の本間君を背中を叩いて励ます田中君、クールダウンピッチをしながら、感極まって目から涙をこぼす斉藤君。
全てを出し尽くしてなお、感動を与える彼らの姿に熱いものが込み上げてきた。

歴史に残る、最高の熱い夏をありがとう。
 
   
Posted at 19:10/ この記事のURL
コメント(0)
感動 甲子園 / 2006年08月20日(日)
延長15回でも決着つかず、試合後の整列後にも握手はない。
まだ戦いは続いているんだなあ、と感じた一瞬だった。

15回表の早実P・斉藤 対 駒苫4番・本間との勝負は、球場全体が敵味方無く応援していた。
斉藤君はMAX147キロを記録し、結果、本間君は三振に倒れる。
その瞬間、球場全体に惜しみ無い拍手が降り注いだ。

2006年の夏はまだ終わらない。
 
   
Posted at 23:10/ この記事のURL
コメント(0)
2006夏 甲子園 / 2006年08月18日(金)
2006夏 準決勝組合せ
(左側が決勝戦進出予想)

駒大苫小牧-智弁和歌山
早稲田実業-鹿児島工
 
   
Posted at 23:23/ この記事のURL
コメント(0)
2006夏 甲子園 / 2006年08月16日(水)
2006夏 準々決勝組合せ
(左側がBest4予想)

駒大苫小牧-東洋大姫路
智弁和歌山-帝京
早稲田実業-日大山形
福知山成美-鹿児島工
 
   
Posted at 23:09/ この記事のURL
コメント(0)
2006夏 甲子園 / 2006年08月16日(水)
2006夏 Best8決定

駒大苫小牧
帝京
早稲田実業
智弁和歌山
東洋大姫路
日大山形
福知山成美
鹿児島工
 
   
Posted at 22:55/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!