発毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

December 05 [Wed], 2012, 11:01
一般的なシャンプーと、発毛シャンプーにはどのような差があるものなのでしょう。発毛シャンプーの目的は髪や頭皮のダメージを改善して、髪の毛を健康な状態にして抜け毛をへらし発毛を促すことです。他のシャンプーは、洗浄力の強さを第一に考え、汚れを取り除くことを重視しています。

そのため、合成成分を多用しているシャンプーも珍しくありません。バリア機能を持っていた、肌が本来必要としている皮脂を洗い流してしまったり、皮膚を弱らせてしまう場合もあるといいます。薄毛の原因の半分は、シャンプーの強すぎる洗浄力であるという人もいます。発毛シャンプーに使われている成分は弱酸性アミノ酸系で、頭皮や髪への負担を抑えて汚れ落としが可能なものになっています。

頭皮への刺激を抑えつつ、毛穴汚れなどを除去しながら、地肌の健康状態を高める効果が期待できるでしょう。大切なことは、皮脂を取り過ぎないと言うことです。皮脂が一定量地肌に存在しているからこそ、肌の潤いが保たれたり、外界からの刺激から肌をまもれるのです。

ちょうどいい量の油脂を皮膚に残しておかなければ、皮膚の免疫機能が低下して毛が抜けやすくなります。発毛シャンプーを使ったからといって、即座に新しい毛が生えたりはしません。発毛シャンプーで髪と地肌のケアを続けていくことで、薄毛対策に効果的な頭皮のコンディションを整えていくようにします。

生え際からの薄毛と育毛

July 25 [Wed], 2012, 11:19
薄毛の方が気になるのが生え際ですね。
たいていの場合、生え際からだんだんと後退が始まるものです。

ストレスが多い社会の中で、髪の毛の薄さや育毛に悩む方は年々増えていますね。
鏡を見た時に、生え際が薄くなり始めたら、男性型脱毛症の始まりであり、
後退を食い止めるためにも、様々な育毛剤の使用やケアを行いますが、なかなか効果は得られません。

生え際の育毛は男性ホルモンにも影響されやすく、気を付けて行わなければいけないでしょう。
まずは頭皮を清潔にシャンプーなどで洗浄し、汚れを改善する事や、フェナステロイドなど、
育毛剤を使用することで改善できる場合もあります。

また頭皮を清潔にと意識する余り、シャンプーの多用も生え際の薄毛を促進する場合もあるでしょう。
過剰なシャンプーなどには注意してください。

他には生え際からの薄毛には、遺伝なども考えられます。
育毛や発毛に関して、色々な薬も開発されていますが、全ての方に効果があるとは言えません。

また、生活習慣を正すことも大切です。
過剰なストレスや食生活などにも、十分に気を付けて過ごしてください。

産後の薄毛、抜け毛が回復しない理由と対策

May 13 [Sun], 2012, 22:58
産後の薄毛や抜け毛が、数年たっても回復しないという人が稀にいます。出産をすると大半の人が起こる脱毛現象ですが、女性ホルモンの分泌の増減によって起きるものなので、次第に回復するものなのですが、違う理由が重なることで、回復しなくなってしまう場合があるのです。