残業代ゼロ法案 

June 10 [Tue], 2014, 6:32
今さらながらでお恥ずかしいが、残業代ゼロ法案の議論が未だに続いていることを知った。

厚生労働省が、この適用範囲を為替ディーラーやファンドマネージャーなどの高度な専門性を持つ人材に限定すべきと考えているのに対して、財界は「一定の専門性や経験を有する者」や「将来の幹部候補」などへも対象をさらに広げるよう対案を提出したという。

いずれにしても、「高度な専門性を持つ人材」「一定の専門性や経験を有する者」など、ずいぶん曖昧でいい加減な括り方だ。

要は、解釈次第ということだ。

僕に言わせてもらえば、高層ビルの窓拭き作業などは相当な専門性を持っていると思うし、会社で10年も働けばそれだけでも、一定の経験を有することになると思うのだが・・・

まあ、細かい法案内容を見たわけではないので、実は上記の人たちは「高度な専門性を持つ人材」「一定の専門性や経験を有する者」に該当しているかもしれない。

それにしても、元々この法案の狙いは「残業代目当てにダラダラ働くことを止めて、労働時間の短縮を図る」ことだと思うのだが、その手段として残業代をカットするというのは飛躍しすぎだと思う。

残業代をカットされたって、仕事が残っていれば残業せざるを得ないし(それがプロってものでしょう!)、残業代目当でダラダラ働いている社員に対しては、上司が注意をすればいいだけの話だと思うのだが、如何なものだろう?

http://www.shensui.net/
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KUJIRA
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ヤプミー!一覧
読者になる