健康維持でダイエット

March 16 [Sat], 2013, 1:08
食事の量は朝→昼→夜とボリュームを減らしていく
朝しっかり、夜は軽めにがお勧めです
おそくても、寝る3時間前に食事は済ませましょう

水分はたっぷり、ミネラルウォーターがお勧めです
油分、炭水化物、糖分は控えめに、摂取するのは朝、昼にしましょう

ほぼ毎日、ってのが続ける秘訣じゃないでしょうか? たまに忘れたりする日があってもオーケーですよ。

睡眠時間はたっぷりとります
快食、快眠、快便がダイエットの基本です

運動は毎日継続できるものを無理なく楽しんで行って下さい
部屋ではストレッチなどがお勧めです

食事を完全にコントロールすれば太る事はありませんが、

実際には誘惑も多く、完璧な食事は大変難しいです。

よって運動によってカロリー消費するなど調整が必要です。

またくびれなどの体型を作るには食事を抜くなどよりも、運動によって体を適した状態に持っていく方が重要です。


1ヶ月に3キロ以上のダイエットは身体に負担がかかりますので
のんびりゆっくり痩せましょう
毎日決まった時間に体重を計り、記録しておくのもダイエットの目安になりますのでお勧めです。

とりわけ運動に関しては、ダイエットのために何かをするか、
しなければならない!と身構えるより、

好きな運動、自分に合う運動を見つけて、

テレビを見たり本を読むのと同じように生活の一部にすると非常に楽です。

まず全くの初心者でも、それほど消耗せず、怪我のリスクも少なく行えるものは、ウォーキング、ストレッチ、ヨガの3つです。

これはダイエットが主眼というより、基礎力を高めるものでもあります。


ウォーキングをすると、

足の筋肉はできるだけ体内に豊富に貯蔵されている脂肪をエネルギー源にします。

ですから、ゆっくり歩くと、筋肉が消費するカロリーの大部分が脂肪です。



ところが、早足になればなるほど、

人間のウォーキングの限界スピードに近づけば近づくほど、

筋肉内に貯蔵したグリコーゲンを燃やして爆発的なパワーを使用します。

つまり、スピードを上げればあげるほど脂肪の燃焼量が少なくなります。


ほかにも、運動の選択肢としては、

集団やチームワークが好きなら球技系を試したり、

一人でマイペースに楽しみたいならマラソンなど走る系、

成果を点数などではなくはっきりと肉体や目盛りで確認したいなら筋トレ系。

いざという時に備えたいなら格闘技系、

音楽と調和して体を動かしたいならダンス系、
と趣味や嗜好に合わせて無数にあります。

そしてこれらは単独ではなくそれぞれが関連します。例えば格闘技の威力を高めるために筋トレをするなど。



生理が始まると体重が落ちやすいので、その時期にしっかりコントロールをしましょう
生理が近くなると体重は落ちにくく、かえって増えやすいので
ここでは無理をせずストレスを溜めないように精神的なケアを心がけることが必要です。


体調がすぐれない時は無理をせず、元気になってから又はじめましょう
私はこんなことに気をつけながら、過ごしていました。
頑張って下さいね
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:健康やせ
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる