恋愛教材|純粋に幸せになりたいのです。

February 23 [Sat], 2013, 22:48
恋愛とカメラもまた非常に似ています。いつの頃でしょうか。私がカメラにハマっていた頃の話だったと思います。最初のころは物撮りにはまっていて、とてもたくさんの時間とお金をかけたものです。動かない物を奇麗に撮る為に、それ専用のレンズを購入したような記憶もあります。知らない人から見たら、どれも同じようなもののレンズを買っていました。「これはこういう所で差があるから、出来上がる写真に対してとてもいい影響を与えてくれるんだと、当時の私は疑いもしませんでした。実際の所は大した経験になったようなならなかったような感じです。ただ言えるのは、女性を撮影する事にはまりまして、一時期バカみたいにポートレート写真を撮っていた事がありましたが、その時には確かに物撮りの経験は約に立ちました。駅前などで待ち伏せして、写真映えしそうな女性へ声をかけてポートレートのモデルになってもらう為に声をかけるのです。基本的にはナンパだとしか思ってもらえないので、貴重なモデルを集める事はとても大変でした。正直な所、モデルを見つけてから本番だというのに非常に大変な思いをしました。ただのナンパだとおもわれるならまだマシなのですが、時間帯によってはそれこそ胡散臭い人だと思われてしまう事もありました。私としては純粋に美しい写真を撮りたいだけなのに、その思いはなかなか伝わりません。やはりナンパだと思っている人にはどんな話をしてもその誤解を簡単に説く事はできないようなのでした。効率よく被写体を集める為には、とあるコツがある事が後になってわかったのですが必死にまるでナンパのような事をしていた私がその事に気づくのはずいぶんと後だったように思えます。
パーティーやクラブなどで声をかけてもらえる事がよくあります。男の僕としては非常にありがたい事だと思っています。人によっては、自分から声をかけても何の反応すらしてもらえない人がいるのに、何もせずただ待ってもらえるだけで声をかけてもらえるというのは非常にありがたいものですね。残ねながら自分が興味のない人から声をかけられた場合は、正直失礼な態度を取る事にしていますs。「それって失礼なんじゃないの?」と言う人の方が多いと思いますが、実際に僕の立場になってもらえれえば必ずわかると思います。悪いなと思いながら、中途半端に優しく接する事は最終的に相手に対して失礼な事をする事になってしまうのです。たとえ自分が意図していなくても、相手にもしかしたらと思わせてしまったら相手に変な意思決定をさせてしまう事になるのです。そのたった一つの意思決定が人の人生を大きく変える事があるのです。僕は誘われる事も多いのでパーティーなどへはよく行くのですが、もしもその女性が生れて初めてのパーティーだったとしたらどうでしょうか。もしもほんの少ししかない勇気を出して話しかけたとしたらどうでしょうか。きっと断る時ははっきりと断った方がいいでしょう。中途半端に期待をさせるような反応をしては、最後にがっかりさせてしまうのです。そうする事が相手をもう二度とこんな思いはしたくないと思わせてしまったら、大変失礼な事をした事になりますよね。だからこそ、僕は挨拶だけはちゃんとして、それ以降はあまり向き合わないようにしているのです。だって期待すればするほど、最終的な結果が自分で意図したものと大きく違った時、すごく寂しい気持ちになりませんか?少なくとも僕はそう思うのです。
最終的にわかった事はとにかく声をかけ続ける事。声かけをしたくない人にでもひたすら声をかける事でした。そうすれば普段は人から声をかけられる事のない人にも声をかける事になります。もちろんこんな事を言うのはよくありませんが、普段から声をかけられ慣れていない人というのは、非常に良い反応をしてくれるものです。残念ながらモデルにしたいと思わないような人から、どんなに良い反応を頂いても結果的に自分のモデルにする事はありません。だったらそんな人に声をかける必要なんてないんじゃないか?とこれを読んでいる人は思うかもしれませんが、実はその体験が非常に大切だという事が言えます。そうやって色んな人に声をかける事で、強く意識をしていなくても色んな人とそれっぽく話せるような能力が身に付くのです。そしてたとえ自分がモデルにしたいとは思わない人からモデルになってもいいという返事をもらえるという事で、いわゆる「成功体験」というやつを自分の中で噛み締める事ができるのです。自分が変にこだわってモデルになってほしい人ばかりに声をかけている時には、そもそもそんな経験をするなんてできなかったのです。写真映えする人がいいので、道行く人のスタイルや顔だちをチェックします。美しい人ではなくて、写真映えする人を見つけたいので、ただ奇麗な人には声をかけすらしていませんでした。つまりはモデル探しの為に街中に立ってはいるものの、積極的に声かけをする事なんてなかったのです。だからこそ、ひたすら声をかけ続ける作業というのは大切だったのです。自分と相性の良い人なら良いのですが、そうではない人の場合いざ自分から声をかけた時に向こうが違和感を持ってしまうのです。そうなっては、モデルになってもらう事なんてできるはずがなかったのです。
やはり恋愛というのはとても難しいですね。色んなサイトや恋愛教材で言われていますが、距離感やタイミングというのは非常にシビアのような気がしています。特に強く意識していなくても、そういう場面はひっきりなしにやってくるので心の中で何かしらの意識をしておく事は大切な事なのかもしれません。それ次第では、知らず知らずに相手へ不快な思いをさせてしまう可能性だってあるからです。
恋愛とゴルフは非常に似ているものであると私は考えています。色々な趣味を通じて、色んな事にはまってきました。時にはお金を使いすぎるような趣味へ手を付けてしまい、一体何の為の趣味なのかわからないような生活を送った事があるほどです。色んな体験をした中で私が感じた事としては、ゴルフと恋愛は非常に似ているなと思います。繊細と呼べるほどに気を付けて立ち回りをしないと、本来腕はある人だったはずなのにコース上では大した事が無いなんて事は正直珍しい事ではないのであります。なぜそうなのか、最初の頃はわかりませんでした。自分なりに必死に考えてみたものの、今思えば簡単な事のはずなのに、ずいぶんと理解するまでに時間がかかったものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ikatuisummer17
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kenkoukteinali/index1_0.rdf