前島式肩甲骨ダイエットの口コミと子どもの「肥満度」、福島県がトップ

December 26 [Wed], 2012, 2:42
こんにちは(^^)


前島式肩甲骨ダイエットレビュー特集中です(^^)
↓↓

前島式肩甲骨ダイエット特典付きサイトはこちら


前島式肩甲骨ダイエットの口コミは本当でした。
佐藤 浩哉さんがリリースした情報教材前島式肩甲骨ダイエットを
超お得な特典付きで人数限定にて
お届けしています。


※あなたの生活を劇的に変えるサイトに出会えます。
3段階先のリンク先サイトを必ずチェックして下さいね(^^)


購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

前島式肩甲骨ダイエット特典付きサイトはこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


今朝の朝飯はご飯と、鯵の開きとわかめのお味噌汁

朝の定番メニューです。



10分で食べ終わり、9時24分に自宅マンションを「でっぱつ」です



最近出来たサークルKに道草して、ソルマックをサクッと買いました。



朝はこれが欠かせません。。



会社に行くと、昨日と同じくパソコンでニュースチェック

多分あなたもこれ、気になるでしょ?

↓↓

 【北京=川越一】木寺昌人新中国大使が25日、北京の日本大使館で行った着任会見の全文は以下の通り。

 こんにちは。きょう着任いたしました木寺です。どうぞよろしくお願いします。最初に私から、少しお話をさせていただいて、それから質問というこでよろしいでしょうか。

 今日ちょっと飛行機が遅れましたが北京に着きまして、快晴ではないですけれども大変寒い中、少し日が差して、うかがっているよりよい気候だったので心が和みました。ただ私の任務はこういう状況のもと、北京に参ったわけですから、なかなか容易ではないということで身の引き締まる思いです。

 私はここ中国に参りまして、私の第一の任務は日中間の友好関係を深めることというふうに考え、ぜひいろいろな交流をなさっている方々、そういったところを後押ししたり、大使自ら中国の要路を回って日中関係をよくしようと、これが今大変求められているということを説明して参りたいと思っています。

 東京を出る前に各方面から大変な励ましを頂戴しました。これは任地に赴く大使としては大変、恵まれたことだと大変ありがたく思っております。いろいろな方面からたくさんの言質を頂戴して、これをどうやって北京で外交に結びつけていくか、ぜひ、いい結果を出していきたいと思っております。

 後は先ほど申し上げましたが、日本と中国の関係がよくなるためには、日本人が中国に対して持っているイメージがよくなり、中国の皆さんが日本に対して持っているイメージがよくなることが求められており、そのためにはいろいろなレベルでの交流を深めていく、広げていくと交流を通じて友情も生まれます。それから相互理解も深まるということでそういう交流の後押しをしていきたい。後、特に将来の日中関係を担う若い人たちの交流、それを後押ししていきたいなと思っております。

 以上ですが、もしご質問があれば、よろしくお願いいたします。

 −−(日中の)政治面の対立の影響が経済や民間の交流、国民感情の悪化につながっている。日中関係改善に今、何が必要か?具体的にやりたいことは?

 「今ご質問で指摘がありましたように政治関係が冷えると経済関係が冷えてしまう。そしてさまざまな交流が停滞してしまうと。これは日中の両国民にとって、まったく利益にならない。経済関係が冷えてしまっては、日本と中国のそれぞれの経済にとっても有利ではないということになると思います」

 「私ができることは限られていますけれども、できる限りですね、中国の要路を回って、日本と中国の間で、政治的にいろいろなことがあっても経済関係をさらに太く、広くしていくことが、日中の経済、日中の両国民にとっても、いいことなんだということを説明して参りたいと思います。それから先ほども申し上げましたけれども、さまざまな交流を後押ししていくと。これが私がやるべきことだと考えております」

 −−尖閣問題に関して、前任の丹羽宇一郎大使が外交上の争いがあることは認めた方がいいという趣旨の発言をしたが、どのように受け止めているのか? 偶発的な衝突が軍事的対立に発展することを防ぐ手立ては?

 「東京を出る前に先週20日に日中友好7団体による新旧中国大使の歓送迎会というのを盛大に催していただきました。その場で、丹羽前大使がそういう発言をされたというのは、私もその場におりましたので覚えておりますが、尖閣をめぐる状況につきましては、日本の外務省と中国の外交部の間で局長や次官のレベルで話し合いは継続しています。その話し合いを離れて、私が軽々に日本の政府の立場を離れてコメントすることは差し控えたいと思います」

 「それで、不測の事態については、どうしても避けるべき、というふうな配慮が、日本と中国双方に必要だと私は思います。日本の外務省と中国の外交部の間で話し合いが継続されていますが、そういう中でも不測の事態を避けるためにどうするか、ということは話し合われていくべきだと考えます。日本としては、この状況を処理していくうえで平和的に、冷静に対応するというのは、随時表明している通りであり、そういった考え方がとても重要だと私は思います」

 −−領海侵犯が頻繁に起り、領空侵犯も先日あった。中国の新しい体制の対日姿勢が、より強硬になっているとの見方があるが?

 「そうですね。先月、共産党大会があって新しい人事が決まりました。そしてこれからの中国の指導層にとっての重要な課題というのが決まりました。これから春にかけて実際のポストの交代が行われる。それから重要な課題についての方針が定められていく。そういう中で外交についても新しい政策が出てくるのではないかと。中国は近隣諸国との関係改善というのも、方針としてすでに出しておられますので、そういうものを受けて、日本についても新しい政策が出てくるのかなと、注目して参りたいと思っております」

 −−(日本の)新政権について、中国では安倍総裁が掲げた公約について右傾化との反発がある。一方で経済を中心に関係改善への期待感も垣間見える。安倍氏、新政権に対する中国側の受け止め方をどう見ているか? 特使の派遣など軟化の兆しを見せていることはどう評価するか?

 「小泉内閣の後を受けて、安倍内閣が日中関係に尽力されたとの記憶は中国のみなさんにもまだ新しいと私は思っています。そういう意味で安倍政権、明日首相指名と伺っておりますけれども、そういう新しい政権が生まれて内閣がどのような形で中国に対応していくのか、ここは中国側も過去の期待感も合わせてみていくのかなと考えております」

 「特使(の派遣)について何か決まったのかという報道はありましたけれども、具体的にどういうことを決めたのかというのは、まだ承知しておりません。明日、安倍内閣が発足して、そのさまざまな新内閣の施策の中で検討されることだと私は思っています」

 −−いま大使に最も期待されていることは何だと考えているか?いま一番重視していること、最大の持ち味は?

 「最初にも申し上げたのですが、私の第一の任務は日中間の友好関係を深める、広げていくことだと考えています。二国間がこういう状況ですから、必要性は高いと私は考えます。外交にはマジックとかミラクルというのはなかなかない。私は地味な性格なので地道に中国の要路を回って、この私の考えを説明して回るといったやり方でで成果を出していきたいと考えています」

 −−数日前に安倍総裁と自民党本部で会われた際に、安倍氏からはどのような言葉が?

 「安倍総裁からはこういう局面で大使の赴任は大変だけれども、頑張ってくださいという励ましの言葉を頂戴いたしました」
(この記事は産経新聞から引用させて頂きました)



へえ〜。。。

本当かな〜



ではでは。本業の話。

今のところはステップメールアフィリエイトに13時間と、オークションに3時間。



ベテランが居るからかんたんに済むでしょう(^^ゞ



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



稼ぐと言えばこれ?

↓↓





・・・失礼全く関係無い?

これは失礼しました。



それはそうと今日の晩御飯は何しよ?

カレーかお茶漬けが食べたいよ〜!(^^)!



これも良いか?

↓↓





恐らく今度のブログ更新は明後日になるかも・・・

お待ちしております。