今食料がこんなに豊かになって

May 07 [Tue], 2013, 0:53
今食料がこんなに豊かになって
飽食の時代と言われながら

栄養の落とし穴にはまって健康を害したり
体力がなかったり健康への不安を
感じたりしている方が多いと言われています。

その落とし穴とは、微量栄養素の過不足です。

鉄、マグネシウム、亜鉛、ヨードなどの
金属類、カルシウム、カリウム、ナトリウム
クロール、リンなどです。

中でも鉄は以前から注目されていいた
微量栄養素です。

成人の体内で鉄は3〜4g存在し、その約
3分の2は赤血球の中に含まれます。

残りの3分の1は貯蔵鉄として体内の
組織に蓄えられています。

女性の体内の総鉄量は男子よりも30%程度
少ないため、月経によって1周期で15mg
程度の鉄が失われているといいます。

女性に多い貧血というのも
こんなことが関係しているのでしょう。
ですから鉄分の補給も大切な事です。



**************


肝炎の症状と肝臓の解毒力を上げる食べ物、サプリメントガイド


胆石とはどういったものなのか

May 06 [Mon], 2013, 1:23
肝臓のすぐ下にある袋状の臓器が
消化液である胆汁の貯蔵庫と言われる
「胆のう」です。

ここに石ができてたまるのが
胆石といいます。

年代的には中年を過ぎるとできやすく
人間ドックなどの腹部超音波検査で
見つかることも多いそうです。

食生活が欧米風になった事もあってか
近年、胆石をもつ人は増加傾向に
あり、胆石があっても、

多くの場合
胆石が胆のうの中に収まっていて
動かずに症状が出ない人もいます。

しかし、何らかの拍子で石が動くと
胆のうの粘膜を刺激したり、胆のうの
出口にひっかかったりして、炎症を
おこし、疝痛発作という腹部の激しい
痛みが現れ、時には発熱もでてきます。

早い段階で見つかるほど早期治療が
できますが、放っておくとすい臓まで
炎症がおよんで、大掛かりな治療が必要になります。


血液は肝臓にとって栄養の素

May 05 [Sun], 2013, 0:42
人間の全血液量は、体重の約8パーセント
例えば体重60kgの人なら
約5kgという事で、実にペットボトル
2本分。

これだけの血液が全身を循環して肝臓へと
たどり着き、生命を支えているわけです。

見た目には赤い液体ですが
血液のなかにはいろいろな成分が
溶け込んでいます。

採取した血液を試験管に入れてしばらく
放置しておくと、血液中の赤い細胞成分が
沈んで下にたまります。

上澄みの部分は液体成分で少し黄色く見えます。
細胞成分は「血球」といい、残りの液体部分は
「血漿」といいます。

みなさんも何度か耳にしたことがある名前かも
しれませんね。

血球には赤血球、白血球、血小板の3つがあり
血漿には肝臓にも必要なタンパク質やミネラルが
多く溶け込んでいるのです。



**************


肝炎の症状と肝臓の解毒力を上げる食べ物、サプリメントガイド


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆきやん
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kenkoukanzou/index1_0.rdf