大脳新皮質 

December 28 [Mon], 2009, 15:10
思考など高度な機能を担う脳の「大脳新皮質」で、成体でも神経細胞が新たに作られることを、藤田保健衛生大、京都大、東京農工大などの研究チームがラットで見つけた。成熟した個体では脳の神経細胞が増えることはないと長い間信じられ、論争が続いていた。米科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」(電子版)に27日、掲載された。(毎日新聞)

25%削減 

October 06 [Tue], 2009, 13:05
【ベルリン支局】日本が鳩山政権の公約通り、「2020年の温室効果ガス排出を1990年比で25%削減」を達成するには、京都議定書以後の13年〜20年の8年間に海外から10億トンもの排出量購入が必要となることがドイツ銀行がこのほどまとめた報告で明らかになった。(読売新聞)

ノーベル 

October 05 [Mon], 2009, 13:06
スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2009年のノーベル医学・生理学賞を米カリフォルニア大のエリザベス・ブラックバーン氏、ジョンズ・ホプキンズ大のキャロル・グレイダー氏、ハーバード大のジャック・ゾスタックの3氏に授与すると発表した。(産経新聞)

早産 

October 04 [Sun], 2009, 13:07
早産が原因で、世界で1年間に生まれる新生児の約1%に当たる約100万人が死亡していることが、妊婦と乳児の健康増進に取り組む民間の非営利団体「マーチ・オブ・ダイムス」(本部ニューヨーク)の分析で分かった。三つ子など多胎出産の一因である生殖補助医療の普及や出産年齢の高齢化が背景としている。早産による死亡率を国際規模でまとめたのは初めてといい、インドで開催中の国際学会で発表する。(毎日新聞)

植物の外来化 

October 03 [Sat], 2009, 13:08
琵琶湖沿岸の水生植物群落で、外来植物の繁茂が進行していることが5日、京都大学の田中周平准教授(環境生態工学)らのグループの調査で分かった。琵琶湖の外来種問題では、ブラックバスなど魚類にばかり注目が集まっているが、「植物の外来化」で、魚や鳥などの成育に与える影響や、水質悪化などが懸念されている。(産経新聞)

サンゴ礁 

October 02 [Fri], 2009, 13:09
世界有数のサンゴ礁を誇る慶良間(けらま)諸島(沖縄県渡嘉敷村、座間味村)周辺海域で、来年4月以降、ダイバーの立ち入り制限が実施される見通しになった。(読売新聞)

化石 

October 01 [Thu], 2009, 13:10
石川県白山市教育委員会は5日、同市の桑島化石壁(白亜紀前期、約1億3000万年前)から1998年に発見された化石が、新種の恐竜と判明したと発表した。恐竜は「アルバロフォサウルス・ヤマグチオロウム」と名付けられた。新種恐竜の化石発見は国内では4例目で、4種中最古級の化石とみられる。(時事通信)

ミツバチ 

September 30 [Wed], 2009, 13:11
女王だけが子孫を残し、他のメスは働きバチとして集団を営むとされるミツバチの中で、働きバチの一部が自ら卵を産みオスバチを孵(かえ)して育てていることを、ブラジル・サンパウロ大のグループが明らかにした。(読売新聞)

惑星X 

September 29 [Tue], 2009, 13:11
神戸大の研究チームが存在を予測した太陽系の果てを回る「惑星X」の探査計画が、今秋から国内外2か所の天文台で本格的に動き出した。(読売新聞)

環境ホルモン 

September 28 [Mon], 2009, 13:14
三重県尾鷲市の尾鷲漁協は4日、組合員1人が環境ホルモン(内分泌かく乱物質)の有機スズ化合物「トリブチルスズ」(TBT)を、ハマチ養殖の漁網への海藻付着防止剤として使ったことを明らかにした。水産庁は90年、TBT使用自粛を要請、事実上の使用禁止としている。同漁協は9月30日から養殖魚の出荷を取りやめ、養殖魚への影響などを調査している。人体への健康被害の報告は今のところないという。(毎日新聞)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenkou-column
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる