健康と足

December 04 [Wed], 2013, 17:44
健康管理には足のケアがお勧めとよく言います。フットケアといえばドイツ式のものがありますが、やはり本場はなかなか効果が高いそうです。日本人はO脚で悩んでいる人がかなり多く、またO脚は肉体的な疲れにも大きく影響します。足が歪んでいるわけですから、歩く場合もバランスは悪く、その分腰にも来ます。

フットケアでは靴の健康ケアもしてくれます。靴底が減っている、偏って減っている場合もできるだけ早めに対処すべきですね。ドイツでは床屋さん気分でフットケアのサロンに通っているそうです。もちろん日本にもたくさんサロンがありますが、信頼できるところがいいですね、資格もありますし、資格保持者は糖尿病患者のケア等病院でも活躍しているそうです。

血圧計選び

December 02 [Mon], 2013, 17:40
最近血圧が高いから血圧計を買ったという人がいて、携帯用に便利なコンパクトサイズにしたそうです、でも測りづらいというか、指先で計測するタイプは信じがたい、などと言ってました。血圧計って腕を通すのが病院では主流ですよね、指先でも手首でも、微妙どころかかなり測る場合によって違ってくるらしいです。そもそも測り方って心臓の高さと関係がありますから、しっかり同じ環境で測るのが基本なのに、寝ながら測ったり電車の中で測ってる人までいるそうです。

白衣高血圧などという言葉もありますから、やはり家庭用血圧計は大事にしたいものです。心臓や脳など、大事な部分に影響しますし、重篤な病気になる前に、一家に一台必需品ですね。

ペットボトルと健康

November 28 [Thu], 2013, 17:37
夏場の健康を考えるとペットボトル症候群を思い出します。スポーツドリンクや清涼飲料水等をかなり大量に飲んでしまって急性的な糖尿病になってしまう症状ですが、スポーツドリンクをとってみても100ml中に6g程度の糖分が含まれています。2リットルサイズを2本程度日にあけてしまったらやはり怖いですね。

特に20代の若い人に多いそうですが、最近は猛暑が続いていますので40代の人も危険だそうです。もちろん男女を問わず、女性にとっても危険です。冷え性になってしまったり、夏場の薄着と同時に飲み過ぎはかなり応えます。

ペットボトルもそうですが缶ジュースもそうですね、同じようなものですが、やはり量的にはペットボトルが上です。

夏の炎症

November 26 [Tue], 2013, 17:04
夏真っ盛りですが、女性にとって健康を考えると何が大事でしょう。まず暑さということで、膣やその周辺が痒くなってしまう、カンジダ膣炎に感染する方が多いそうです。カンジダ菌と呼ばれるカビの一種が原因です。

高温多湿の環境は日本はかなりやっかいですから、家中でもカビが出やすくなり、このカビが原因となる膣炎も夏場はご用心です。ただこの菌は人間の膣内には常在菌として住み着いているものです。つまり免疫力が落ちてくると急に増えだすわけです。

かゆみ、炎症など、夏場はかなりやっかいです。婦人科で診てもらって適切な診断、治療を受ければ済みます、重症だ、などということもありません。再発も多い症状ですのでやはり早期発見と治療が大切です。

健康ネタ

November 22 [Fri], 2013, 17:56
最近会社では健康ネタがブームになっています。朝礼でも健康ネタで締めくくったり、食堂でも健康ネタばかり、、どういうことかというとメンタルヘルスとかの外注業者さんを頼んだり、会社にも看護師さんが常駐する予定があるらしいんです。メンタルヘルスといえばうつ病も怖い病気ですが、会社全体でうつの休職者も増えてます。

やはりこうなると自分にもいつふりかかるか、などとイメージしてしまいますが、これから夏場が本格化してくるともっと怖いような気がします。しっかり栄養つけることは基本ですし、運動もしっかり取り入れたいです。

IT系の社員さんが一番多いようです、デスクワーク、キーボード、といえば運動器も怖いですが、やはり精神的にも、、。

高齢化?

November 20 [Wed], 2013, 17:37
健康ブーム、とはいえ高齢化社会、このアンバランスさはやはりどうにも理解しがたいものがあります。高齢化社会ってどういうこと?誰もが負担に感じているわけではありませんが、今後もっとこの社会の特性が進めば、若い人は高齢者を助けることにかなりの時間をかけなければならないともいわれています。

でも?どんどん高齢者が多くなっていくのかというと、街中でも杖をついたりして一生懸命に歩いている人、よく見かけます。なんとなく、高齢化社会ってメデイアで言い放つの、うざったい、という感じもします。このようなシーンは当然なのかどうか、やっかいに思われるのはいやだ、というのはわかりますし、長い間日本で生きてきて、生きがいって何だった?という心持もかなりあるかと思います。

内臓を休ませる

November 18 [Mon], 2013, 17:42
健康ダイエットの基本といえば栄養をしっかり摂ること?とはいえ、ダイエット中も食べていると内臓はますます疲れてしまいます。つまり、ダイエットには消化活動をなるべく減らすような工夫も大切です。代謝をよくするために酵素を使用しているからといって、酵素が活動できなくなってしまう恐れも十分にあります。

内臓、とく胃はダイエットのファステイングで休ませるのがメリットが高いと思います。つまり栄養分をしっかり吸収して休ませるためには酵素ドリンクがお勧めです。もちろん色々な種類がありますが、日本人には日本で育った栄養分が一番ですから、日本製のものを選ぶことも大切です。ダイエット中もしっかり仕事して、元気なままでいられますよね。

内転筋で健康ダイエット

November 15 [Fri], 2013, 17:59
普段どうしても使わない筋肉、あるいは使うことができないとも言えますが、足の内転筋ってどうしてプヨプヨしてるんでしょうね?ダイエットしようと思ってもこの筋について考えたり、不思議なものですが、やはり色々情報をチェックしてみるとこの筋肉が衰えていると脂肪がつきやすくなるわけです。

またよく言われるのがO脚との絡みですが、O脚になる原因としても挙げられます。O脚はどうしても膝から下に意識が行ってしまいがちですが、足の筋肉バランスが悪化して起こるそうです。

O脚を治せば足が長くなるとも言われますが、O脚って日本人独特らしいです。韓国にもほとんどいないとか、前にO脚のKアイドルが話題になってましたけど、日本人の足の短さもダイエット意識萎えさせますよね。

布団と健康

November 08 [Fri], 2013, 18:08
どうも寝起きが辛い、と思ったら、布団が変わっていた、などということ、頻度は低い変わりにわかりずらいものです。例えばせんべい布団からベッドに変えたために腰痛が激化した、などという話も多いです。せんべい布団はまず基本として柔らかすぎることはありません、この点、やはり腰痛には○ですね。しかしベッドのスプリングがふにゃふにゃなものであれば要注意です。

腰痛から膝に、そして肩こりにも進行しやすく、あげくの果てはヘルニアになってしまいます。ヘルニアになる人はベッドに加えて腰が冷えやすいような状態、マットの下の空洞が寒々してたり?そんなパターンも多いようです。坐骨神経痛、来たらほんとうにいやですよね、布団は旅先でも要注意です。

サプリの流行

November 06 [Wed], 2013, 18:27
健康といえばサプリ、最近はビタミンやカルシウムなどの基本的パターンだけではなく色々なものがあります。例えば青汁系のサプリとかもあるみたいですね、青汁といえば粉砕してジュースにして飲むものですが、上手にミックスしてあるものは青汁同様に効果が高いそうです。青汁っておいしいものが増えているとはいえ、やはりイメージがあって飲めないという人も多いらしいです。やはりよくわかります。

他にもインドでしか自生してない草だとか、アーユルベーダという歴史の古い医療にも用いられていた大変貴重な葉です、などと、まだそんなものがあるの?という気もしますけど、日本でも栽培ができるようになったそうです。一応サプリもチェックしてみようかなと思ってます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:でん
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kenkojin/index1_0.rdf