正解が無い 

July 06 [Fri], 2012, 6:41
手に入れてしまったら 満足してしまうのか

繰り返し繰り返す 不安
何を考えても 正しいと思えない

君がわたしの 天使である

悪魔の心は ゆらゆら動く

追いかけても 天使に手が届かない

さぼっていたから 

April 21 [Sat], 2012, 5:25
あなたが好きです
でも ずうっと 好きをさぼっていたので
どうしたらいいか分かりません

あなたの言葉や 視線が怖いのです

ひとつひとつ 確かめて
納得して また疑って
好きは難しい作業です

あなたが今どこで 誰と 何をしているのか
気になって仕方が無いのです

空はひとつなので
その下にあなたは居るでしょうに

それでも どこか遠い世界に
あなたが居るようで
不安で不安でたまらないのです

どうしてわたしを好きなのですか
いえ 理由はどうでもよいのです
あなたがわたしを好きだという事を
ただ 確かめたいだけなのです

何度確かめても 不安は続くばかりです

あなたの通った道を
わたしは 既に通って来たからです

わたしは色々 知りすぎました
けれど まだまだ知らない事が沢山あると
あなたに出会って知りました

今 とても あなたに会いたいです

あなたが好きです
それはもう分かりました
けれど もしかしたら
わたしはあなたを 愛しているのかも知れません

2月某実 

February 22 [Wed], 2012, 4:54
幸福と不安のバランスが絶妙
それが果たして 良い事なのか 良くない事なのか
判然とせず

恋に振り回される人生なんて 御免被る
しかし 何時もわたしの人生は まさにそれである

悲しき現実
認めたくない 否、認めよう
認めた上で 落ち込む

無意味過ぎる

断続的コワイ 

January 03 [Tue], 2012, 5:18
先日より引続き 色々コワイと思い生きているのです
君の心の奥の奥
わたしの思うところのところ

何故 結果を求めたがるのか
それは得てして 不安がそこにあるからだろう
そんな事 何度も何度も乗り越えてきた筈なのに
何故悩む

わたしは学習という言葉の本質を
理解出来ない人間なのでしょう

残念です。

空白の記憶 

December 24 [Sat], 2011, 2:44
わたしには 君の考えが
全く わからない。
君が何を感じ 何を思うのか
全く 見えない。

「難しい人間」というのは 実は全然難しくない

いつも笑顔で 怒らないような人程
ふと気付くと 鬼に見える時がある

その時 全てが 真っ白になる

朝の君も 昼の君も 夜の君も
どれも思い出すと 怖い。

自分がとても 空っぽに見えるんだ

君には何か 沢山のものが
詰まっているように感じるからだ。

「ねえ、わたしの事どう思ってるの?」
そんな事を聞きたいんじゃない。

「君は、何を考え、何を思ってるの?」
それも違う。

正解は、

「君は、何?」

なんて悲しい 

January 31 [Mon], 2011, 4:52
好きな人に 抱かれる夢を見た
そのあとに 「無かった事にして」と言われる夢をみた
なんて悲しいが なんてリアルな夢だった

というか わたしの恋には よくある話だ
人には言えない 恋ばかり
現実では辛くないのに
夢だとなんて 辛いのでしょう
なんて悲しい 事なのでしょう

実に、つまらぬ 

October 14 [Thu], 2010, 3:50
実に つまらぬ日々である
つまらぬ つまらぬ

おまえなぞ 何の為に息をしているのか

あいつとあいつとあいつに 言いたい
それは 己に向けての言葉に等しく

ああ また 真綿で首を絞める日々

欲しい物など 何も無いからなのか
幸福の意味は 長生きには存在せず

六文銭を持たず  河岸に佇む
後ろ姿は 誰かに似ている。

 

September 08 [Wed], 2010, 15:08
予想通りの 最悪の朝だ
目眩がする くらくらとする

ああ どうして 悪魔のように優しい人
やわらかい肉に 深緑の刺青が枕
頭痛も吹っ飛ぶ 冷たい肉と
ほんとうは とてもあたたかい 君だ
そう 僕だ。

わたしも 悪魔なのかも知れない
心が弱すぎるから

あのさ
僕たちは 優しすぎるのかも知れないね

生きていたくない理由 

June 06 [Sun], 2010, 2:46
わたしは 死にたいと言う人が嫌いだ

わたしが 生きていたくない理由は
「なんで生きているかわからない」からだった
でも今は「生きている理由が無い」からだ

”おなかに赤ちゃんがいます”というバッヂを着けている人を見ると
階段から突き落としたくなる

ご自分の遺伝子を 残そうと思う人が羨ましい
よっぽどご立派な人生を歩まれてきたのでしょうね
平凡な幸福なんて 地獄だ

地球なんて 早く無くなればいいんだ

記憶にございません 

February 09 [Tue], 2010, 3:03
いつの話? て話
忘れた記憶は 無かった事と同じなんです
でも
忘れた記憶が 無かった事と同じならば
やはりわたしの人生は
無いも同然なのです
脳なんて なんて適当で
それならば 今とかこことか 本当は
無いのかも 知れない
恐ろしい。
P R
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenkodojo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる