神経性頻尿はトイレにいく回数が多いのに尿の量が少ないことが多い。

August 11 [Mon], 2014, 9:50

ストレスや不安が頻尿を招く!?

頻尿といわれる状態は、目安として昼間に8回くらいの尿意があったり、夜間も2回以上尿意があるときなどに頻尿と疑われますが、頻尿はそれだけでなく、神経性頻尿という状態もあります。

頻尿の場合、過活動膀胱など膀胱に異常があるケースが多いのですが、神経性頻尿は膀胱に異常はないのに、何回もトイレに行きたくなる症状のことをあらわします。

身近にイメージできるのは、緊張したときにトイレに行きたくなる場合があること。

これがたまに起きるようならそれほど心配はないのですが、毎日のように起きてしまう場合は神経性の頻尿が疑われるのです。

例えば神経性の場合、電車に乗っていて駅の区間中に長時間停車してしまったときに尿意を感じ、仮に漏らしてしまったなどの経験をしてしまうと、それが脳の中に不快な経験として記憶され、次に電車に乗った時にトイレに行かないと不安になったり、電車に乗る前にはトイレに行きたくなるなどの衝動に駆られることがあるのです。

ほかにも尿に関して不快な経験をしたことがあったり、仕事のストレスや人付き合いのストレスや、将来への不安など精神的に不安定な時に起きやすと言われていてます。

★神経性頻尿の特徴
神経性頻尿の時、主な症状として、尿意を感じトイレに行く回数は多いのに、尿自体の量はあまり多くありません。精神的な面での頻尿なので、膀胱に尿がたまっていなくても尿意を感じてしまうのです。神経性頻尿は、データによると若い女性や子供に多くみられるそうで、子供はストレスのはけ口がなかったり、女性の場合は排尿に関しての不安が男性より大きくなりやすいからなのではといわれてます。

★改善方法
軽い神経性頻尿の場合なら、原因となるストレスをなくせば症状は改善してくることがあります。しかし慢性的な状態になると、無意識に感じてる精神面での問題など、脳に強く刻まれてる記憶を改善してく必要が出てくることがあります。その場合は病院で、泌尿器科や心療内科などを受診して、専門の医師のアドバイスをもらいましょう。


>> 小林製薬のノコギリヤシEX

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
P R
http://yaplog.jp/kenju-kenkou/index1_0.rdf