うつ病の家族への対応マニュアルについて

March 19 [Sat], 2011, 2:03
うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への対応マニュアル
うつ病の家族への対応マニュアル20年間、多くのうつ病・心の問題を抱えた患者と向き合ってきた心理カウンセラー・増田 泰司が、簡単に自宅で実践できるたった2つだけの対処法で、うつ病を抱える大切な方と向き合いながら、一緒にうつ病を改善していける秘訣をお教えします。
そして、あなたは、平和で幸せな家庭を取り戻すことができます。
うつ病の患者さんへの対応法を今すぐ知りたい方はこちらをクリックこのサイトをご覧になっているということは、あなたの大切な人がうつ病で苦しんでおられるのですね。
そして、どのように接していいか分からず、あなたご自身が、大変な苦しみを味わっておられる……。
でも、もう大丈夫です!これから、このサイトで、うつ病の患者さんにどのように接したらいいか、そのヒントをお話しします。
たった2つの対応法ですから、すぐに身につけて実践していただけます。
それを実践なされば、必ず患者さんは、今よりもずっとずっと楽になりますし、あなた自身も楽しく生活できるようになります。
そして、うつ病にかかる前よりも家族の絆が深まり、いつか「うつ病になって良かった」と言える日がやってきます。
そのための第一歩として、このサイトをぜひ最後までお読みください。
FMラジオ「サンデーブランチ」 FMラジオ「PIN UP」 情報誌「ミスター・パートナー」 「女性セブン」 「週刊ポスト」 「スポーツニッポン」(スポニチ)主人がうつ病です。
自分の接し方は正しいのだろうか?もっと良い接し方があるのではないか?と、いつも考えていました。
私なりに一生懸命やっているつもりだけれど、「ありがとう」の言葉ひとつすら掛けてもらえませんので、やりがいのようなものを得ることができず、”自分の気持ちの保ち方”が分かりませんでした。
どう接していいか分からなかった私に、一筋の光を与えて下さったのが、この対処法でした。
それによって、私の精神状態も落ち着いたように思います。
また、主人の調子も上向き、「もう薬飲んでないんでしょ?」と言われることもあるそうです…そんな時「まだ飲んでるよ!」と答えると、驚かれるそうです。





*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。

うつ病を完全に解消する会

うつ病を完全に解消する会

プライバシーポリシー特商法上の表記HOME ※運営責任者は相川になります。
末政は共同研究者となっております。
山ほどある「うつ病」関連のサイトや著書と決定的に違う点は、相川様ご自身が体験されたことをベースに運営されているということ、そして本当にうつについて一生を賭けて取り組んでいるということです。
いわゆる「かゆいところに手が届く」、読者が持っている不安を的確に把握して、同じ目線で運営されています。
この会は、うつ病に悩む読者にとってはほんとうに力強い味方になり、勇気百倍です。
私も自分自身の体験と重ね合わせ「やっぱり、そうなのだ」「もっと早く末政様のサイトに出会いたかった」というのが正直な気持ちです。
5分だけ、お時間を下さい。
今からの5分間で、あなたが悩んでいるうつ病、解決の糸口をお教えします。
    平凡でも幸せに生きていた私への突然の転機 私は、人並みの家庭に育ち、人並みの大学に通い、そして普通のサラリーマンになりました。
周囲から見ても平凡、ちょっと真面目で頑張り屋なイメージだったと思います。
年収も平凡。
見た目も平凡。
典型的な日本のサラリーマン。
平凡ではありましたが、毎日仕事に励み、同僚と飲みに行き、他愛もない話に花を咲かせる、どこにでもいる普通の人でした。
しかし、「ある出来事」をきっかけに、私の人生は大きな転機を迎えます。





*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kenjis008/index1_0.rdf