建築設計を生業とするニワタカシによる
建築・都市・景観に関するコラムと日記。旅行記と読書記も掲載。

赤めがね
丹羽隆志について
■生業:建築設計
■石川県白山市出身
■東京都中野区在住
■すきなもの
シブッと感動できるもの・鳥野菜鍋・田舎・一人旅・読書->本棚はこちら
  ※HPはこちら>
トラバ、コメント大歓迎です。
2005年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像たちかわ
第2回GROUNDSCAPEデザインワークショップ (2005年09月13日)
アイコン画像ニワタカシ
数奇もの (2005年09月12日)
アイコン画像yuko
数奇もの (2005年09月10日)
アイコン画像ニワタカシ
Musical Baton (2005年07月31日)
アイコン画像ノキ
Musical Baton (2005年07月30日)
アイコン画像ニワタカシ
ワオ (2005年07月23日)
アイコン画像オクダ マユミ
ワオ (2005年07月22日)
アイコン画像マッチュウのナカムラ
同姓同名同郷の同学年 (2005年07月22日)
サーチする: ?
Amazon.co.jp のロゴ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenchikuki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
差し入れ / 2005年09月17日(土)
これから、GSデザインワークショップの一期生で二期生への差し入れに行ってきます。結局、昨日も泊まり、明日の発表まで二徹の後輩たち。リポD飲んで、頑張ってもらおう。

というわけで、二期生をダシに一杯飲む訳です。これから。では、行ってきます。
 
   
Posted at 18:13 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
リフォーム / 2005年09月17日(土)
不動産屋の友達に、アパートのリフォームのデザイン提案を頼まれ、今日がオーナーへの提案の日。無事、提案が通ったようです。大幅の予算削減とともに。あぁ、日本国もこれくらいばっさり予算削減してくれたら良いのに。

という訳で、今月はなかなかハードになりそうな予感ですが。
他に2戸空くようなので、一つ目の素材・カラースキームなどが決まれば、後は楽そうです。がんばるぞー。
 
   
Posted at 18:08 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
第2回GROUNDSCAPEデザインワークショップ / 2005年09月12日(月)
昨日よりとうとうはじまりました。
今回はOBとして事務方で35人のバックアップです。
去年の怒濤の日々を思い出すと、今となっては良い思い出ばかり。
しかも、初日に一期生が15人も集まるなんて!
なんだかんだ皆、忙しいのに凄いなと思いました。

結局コラボレーションに必要なのは相互の信頼関係で
今、去年のメンバーでもう一度同じ課題をやれば、
きっともっと良いものができるだろうな。

今日は、篠原・内藤の両氏の講義でしたが、
特に篠原先生の講義は去年と違う切り口で、
コラボレーションについてでした。
その中で、都市計画・土木・建築・インダストリアルデザイン・造園のコラボレーションを本格的に始めたのが平成8年との事。
えっ?まだ10年経ってないの?とびっくりした次第。
まさにこれから!だったのです。
そんな中で自分ができることを考える今日この頃。
 
   
Posted at 20:35 / 日記 / この記事のURL
コメント(1)
数奇もの / 2005年08月14日(日)

ついついこんな本を手にしてしまった。アラマタ珍奇館である

世の中の奇品・珍品を集めたアラマタコレクションのお披露目本だ。
「おかめさん」から「からくり」までの幅広いコレクションとそのウンチク力が絶妙。
なかなかに気が抜けていて読みやすく、あっと言う間に最後まで読了してしまった。

お宝鑑定団もびっくりの奇品・珍品の列挙なんだけれど、そのウンチクを小気味よく語るテンポの良さと説明の旨さはさすが世界のアラマタ。
世の中にはマニアは数多く居れど、一般素人におもしろおかしく説明できるマニアは少ないと思う。
あっと驚く凄いものは、驚かない人にとってはガラクタな訳で、そのウンチクをいともおかしく書き上げて、最後まで読み切らせてしまう荒俣さんに敬服。

「発見」も「発明」も「新しい」という意味では同義であると思うけど、
「発見」に必要なのは「説明力」、「発明」に必要なのは「技術力」なのかな、と思った次第。
それでは、建築やまちにおける「新しさ」というのはいかにあるべきか。
説明力は読み替えれば、デザインによって使う人に呼びかける力だと思う。
椅子が置いてあっても、そこで休みたくならない場所は説明力不足。
この本におけるアラマタ節の役割を設計が肩代わりすること。
人のふるまいを誘発する契機を組み込む、なんて難しく言えるかもしれない。
だから、つくばセンタービルはウンチクの塊ではあるけれど、文章化しないとわからないものに力があるのか?と思ったり。
実際にイタリアのカンピドリオ広場とは全然雰囲気が違うし。

一方で建築において「発明」なんて実はエレベーター以上のものは生まれてないんじゃないかと思う。
それにしても荒俣さんって、誰かに似てるんだよなぁ。
 
   
Posted at 01:19 / 読書記 / この記事のURL
コメント(2)
Musical Baton / 2005年07月30日(土)
最初にお読みください。
【Musical Baton】
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton

ノキさんから廻ってきたので、満を持して取りかかる事にしまっす。
さてさて、えっと
 
 続きを読む…  
Posted at 11:37 / 日記 / この記事のURL
コメント(2)
今日 / 2005年07月24日(日)
吉阪展の藤原さんから電話が会った。
最初誰か分らなかったけど、しゃべり方で不思議少女だとすぐ分った。
今は象はやめて、趙海彦さんのところにいるらしい。
そういえば、駒井君は何やってるのかな?

人との差異は、その人の才な訳で、
藤原さんは、そういう意味ではとっても才にあふれた人だと思う。
ちゃんと生きて行けるか心配ではありますが。
僕も、人から見れば一緒かもしれないけど。
 
   
Posted at 17:34 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
うちは / 2005年07月23日(土)
ものを作る状態にはほど遠いらしい。
やはり、椅子と机のようなものが必要のようです。
家具作るぞ、と思い立ってはや半年。ここらでがつんとやらねばなりません。
 
   
Posted at 15:17 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
ワオ / 2005年07月21日(木)
僕のHPがyahooの検索で引っかかるようになりました。
でも、「ニワタカシ」で調べないと出ないけど。
やっぱ漢字だったかなぁ?
でもニワタカシ、ってカタカナで書くと、ちょっとかっこ良かったり。。。
 
   
Posted at 23:04 / 日記 / この記事のURL
コメント(2)
同姓同名同郷の同学年 / 2005年07月21日(木)
今日、知らない人からカサチュウのニワタカシ君ですか?という問いかけがあった。しかも旅先のパキスタンから。mixiってすごいなぁ。

実は、我が地元には同姓同名の同窓生がおります。小学校も中学校も違ったので会ったのは、小学校6年生の時の合同運動会で一度だけです。しかも、名前を聞かずに仲良くなって、名前を聞いてびっくり!高校入試の試験結果で名前を見るまでは、それでも半信半疑でした。

何か運命みたいなものを感じるので、再び会えれば楽しいだろうなぁと思います。
いやあ、偶然って面白い。
でも、宝くじに当たる方が嬉しいかも。サマージャンボ、チャレンジか?
確率的には3億円と同姓同名同郷の同学年に偶然会うのとどっちが高いのかな?

ちなみに、僕はマッチュウのニワタカシでした。
 
   
Posted at 22:57 / 日記 / この記事のURL
コメント(2)
スペイン語 / 2005年07月17日(日)
近くに話せる人がいないか友達に聞いてみたけど、
さすがに、なかなかいないらしい。
こうなったらNHKラジオ講座からスタートか?
 
   
Posted at 22:56 / 日記 / この記事のURL
コメント(4)
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.