森友学園事件新展開に。国有地超格安払い下げと、建築費ウラ補填と、産廃不正補償の、権限者、財務省幹部(現在は国税庁の長官)と安倍総理に、矛先が向かう、世相的には、ヒラリーと安倍は、どちらが先に収監されるか、見ものだ。

March 18 [Sat], 2017, 23:46

森友学園事件は新展開に入った。この事件ではなんの権限もない、籠池理事長側が、国有地超格安払い下げと、建築費ウラ補填と、産廃不正補償の、権限者である、財務省幹部(現在は国税庁の長官)と安倍総理に、事件の矛先を向けたのだ。


『だから、籠池に、ここで、14億円の国有地と、校舎の建築費7.5億円で、合計21億円を、“タダで、上手に、やってあげる”

スキーム(お膳立て。書類上の仕掛け。汚染土壌だ、とか、産業廃棄物が埋まっている、とかで、8・3億円の値引き、とか、6億円の援助金=補助金 これが校舎の建築費、を出す、とかの、粉飾書類作り)を作ったのだ。

 どうやら安倍晋三たち当事者は、公表15億円となっている、小学校の校舎の建築費と、実際の7.5億円との、差額の 7.5億円を、ワイロ(贈収賄=ぞうしゅうわい=罪を構成する)のカネとして、皆で、ひとり一億円ずつ、分け合ったのだろう。

この証拠が出たら、安倍晋三たちは、「首相を辞任します。議員も辞めます」では済まない。政治家を辞めても逃げ切れない。有罪判決を受けて牢屋(刑務所)に入らなければいけない。

だから菅野が、「事実が表に出たら(安倍晋三の内閣が吹き飛ぶどころか)内閣が2つぐらい吹き飛びますよ」と言った。




(以下、抜粋転載はじめ)

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
2017-03-16現在では、ページの先頭記事に。

■[2109]菅野完(すがのたもつ)が、国税庁長官・迫田英典(さこだひでのり)に王手をかけた。

投稿者:副島隆彦
投稿日:2017-03-16 12:59:02


副島隆彦です。今日は、2017年3月16日(木)です。


私が、ここに貼った1ページの画像の中の人物が何者か、は、あとの方で説明します。あっと驚く事態です。今や、国税庁のトップ が、森友=籠池 事件 =安倍晋三 と深く関わっている。国税庁(霞ヶ関の財務省ビルの5階に入っている)にまで、犯罪捜査 が向かっているのだ。 

 経営者と自営業者たちが、頭を痛める納税申告(のうぜいしんこく)の、この時期に全く、何をか況(いわ)んや、だ。全く、国税庁よ、お前たち自身が、犯罪者の巣窟なのだ! よくも、正しい申告、正しい納税、などど言えるなあ。



 私、副島隆彦から、“徴税テロ”を実行している タックス・テロリスト Tax terrorist どもだと、言われるはずだ。

 それが、先週、発売になった、私の新刊書『 税金 恐怖政治 (タックス・テロリズム)が富裕層を追い詰める』(幻冬舎刊)である。



 森友(もりとも)学園事件は、いよいよ安倍政権(安倍内閣)の、倒壊、崩壊の引き金になりつつある。安倍晋三を本丸(ほんまる)とする、日本会議=勝共連合=統一教会 の日本のネットワークへの、大きな打撃となりつつある。


それでも、まだ大新聞の政治部は、自分たちが安倍晋三とベタベタしすぎて、飼い慣らされて、官房機密費(領収証なし)を貰って(ワイロだ)、汚れまくっているものだから、安倍晋三を支えている。今も正面から記事にしない。NHKもだ。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352502.html

 こいつらは、安倍政権は「一強」の強力な政権であって、ちょっとぐらいの、対艦ミサイルや、魚雷を浴びたぐらいでは、大破、沈没することはない、と高をくくっている。それも、どんどん怪しくなってきた。 メディアと 警察を、首相の睨(にら)みの力で、押さえることが出来ている。だから、こんな高波警報ぐらいは、持ち堪(もちこ)えてみせる、大丈夫だ、という感じだ。 そうはゆくもんか。


(中略)


 事態は、昨日、3月15日、新しい段階に突入した。 ここでは、「ドアホ理事長」(名古屋なら、タワケ理事長か )と呼ばれている、籠池泰典(かごいけやすのり)と、「豪快な大阪のオバハン」(諄子、じゅんこ)夫妻、そしてその家族が団結して、ついに自分たちを守るために、大きな反撃に出た。

このままでは、「小学校の認可は取り消しだ。国有地を返せ。渡した補助金を返せ」が、腐った役所の公務員ども(自分たちも、よごれた当事者。被害者ヅラするなよ、から起きているので、火炙(ひあ)ぶりの刑に等しい。こうなったら、あいつら、と 差し違えてやる、となる。



 これに、ヤフー・ニューズの赤澤竜也(あかざわたつや)氏と、我らが菅野完(すがのたもつ)氏が、独立ジャーナリスト (腐った、組織ジャーナリストではない)の気骨のある立場から、「より大きな悪を追及する」の立場から、籠池一家と信頼関係を築いて、
家の中にまで入り込んで、仲良く鍋をつつきながら、籠池一家の言い分を、よくよく聞いて、真実を知って、それを、メディア向けの 情報記事として公表する、という素晴らしい仕事をし始めた。 

その様子が、前記の FNN(フジテレビ)の昨日のインタヴュー動画だ。クリックして見て下さい。



 どうも、テレビ各局は、大きなシナリオ(筋書き)として、「ケッタイな籠池一家が、起こした、国有地詐取(さしゅ)事件として」そろそろ、幕引きしようとしていた。「お茶の間の関心も薄れたようだから・・・」と、大きな観点からは、安倍政権の延命を助けるために、報道の打ち止め、終了、という動きに出ていた。

 それが、赤澤・菅野の独立ジャーナリストの 「大きな真実を国民に伝える」というジャーナリズム 本来の使命で、突出した。籠池一家としては、このテレビ・新聞どもが、公然たるメディア・スクラム で作り上げ、自分たちをピエロに仕立てて、わざと、おかしな言動を取らせて、でっちあげの「変人一家の事件に仕上げる」という計画を、菅野完のメディア慣れした、ずば抜けた才能に頼る、という態度に出た。 



 このニューズ動画の様子は、昨日(15日)の午後2時半からの、東京の 西麻布の、菅野氏の鉄筋アパート前での、各社詰めかけの、合同取材(囲み、ぶらさがり)だ。ここで菅野(すがの)氏の、籠池の即席のスポークスマンとしての見事(みごと)な受け答えと、戦略が、公然と、メディア(大テレビ局各社)に42分間にわたって、放映された。

 それが冒頭にも載せた、以下の FNN(フジテレビ)の放送のネットでの映像だ。いろいろな真実が分かりますから、これを見て下さい。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352502.html




 この菅野完(すがのたもつ)の、テレビ各社インタビューでは、菅野が、まるで籠池の代理人、代わりとして、話している。このあと、籠池の代理人だった弁護士は辞任した。自分が、財務省の手先となって、籠池をあやつって、いいように騙そうとしたことが明らかになったので。 



 籠池一家が出てきて、報道陣の前で、おかしな行動を取って、奇矯な言動に出て、それを笑いものにすることを、狙っていた報道各社は、これで、その「安倍まもり」の狡猾な作戦を、菅野にみごとに打ち破られた。菅野は、最後は、「籠池さんは、ご自分が、この件で関係した現職の閣僚の名前も公表しますよ」と言った。それで、今日(16日)から新たに大騒ぎなのだ。それでも、大新聞は、この報道を封殺した。警察もまだ動かない。 


 菅野完は、「このふたりを、なんで、あなたたち(メディア、マスコミ)は、取材しないのか。このふたりこそが、小学校の設置認可をして、国有地の払い下げをした(ハンコをついた)、当の責任者で、公人、公務員で、まさしく一番の責任者だ。

籠池さんには、これに関与する何の力もないのですから。このふたりへの独占インタヴューをしてきたテレビ局、新聞社とは、籠池さんは、独占インタヴューに応じる、と、いわはっていますよ」と言った。 


(「このふたり」とは)

 そのひとりは、迫田英典(さこだひでのり)財務省理財(りざい)局長(当時)。それと、松井一郎 大阪府知事である。 


この迫田 は、なんと現在は、国税庁の長官である。日本の税金官僚のトップだ。

2015年9月3日に、安倍首相で官邸に報告しに行っている。

そして、翌日、4日、安倍は、他の国会の答弁の仕事をほったらかして、大阪に行き、読売テレビ(東京では日テレ)の「ミヤネ屋」の番組に出て、

そのあと、「かき(牡蠣)鉄」というお店(公明党の幹部で、国交大臣だった、冬柴鉄三(ふゆしばてつぞう)の長男が経営者。りそな銀行の支店長をしていた。



 ここから、籠池は、その後、21億円の融資を、その払い下げ国有地・建てた学校を担保に受けたようだ)で、

近畿財務局(財務省の出先)の美並(みなみ)・・・局長 と

大阪航空局(国交省の出先。旧伊丹空港の騒音対策の補償と、騒音地の買い上げをした。住宅街だったのだから、産業廃棄物などは、あの用地にはない! )の担当者と、会っている。 


この担当者たち 2人 は、現在、「出張中です」のまま行方不明だ。すでに口封じで、殺されたのではないか。


このふたりが、「8億3千万円の 値引きの計算、と1億3千万円の土壌汚染の除染代を計算」した。



「籠池氏の件をよろしく頼む」と安倍が首相権限で、この役人たちに目の前ではっきり言ったのだ。


そがのこの日の安倍の慌ただしい動きだ。このあと、安倍は急いで夕刻には東京に戻っている。翌日9月5日に、安倍昭恵が、名誉校長として塚本幼稚園で講演をしている(4回目)。



 だから、籠池に、ここで、14億円の国有地と、校舎の建築費7.5億円で、合計21億円を、“タダで、上手に、やってあげる” スキーム(お膳立て。書類上の仕掛け。汚染土壌だ、とか、産業廃棄物が埋まっている、とかで、8・3億円の値引き、とか、6億円の援助金=補助金 、これが校舎の建築費、を出す、とかの、粉飾書類作り)を作ったのだ。



 どうやら安倍晋三たち当事者は、公表15億円となっている、小学校の校舎の建築費と、実際の7.5億円との、差額の 7.5億円を、ワイロ(贈収賄=ぞうしゅうわい=罪を構成する)のカネとして、皆で、ひとり一億円ずつ、分け合ったのだろう。

この証拠が出たら、安倍晋三たちは、「首相を辞任します。議員も辞めます」では済まない。政治家を辞めても逃げ切れない。有罪判決を受けて牢屋(刑務所)に入らなければいけない。


だから菅野が、「事実が表に出たら(安倍晋三の内閣が吹き飛ぶどころか)内閣が2つぐらい吹き飛びますよ」と言った。 




 こういう国有地の払い下げでの、汚職(疑獄。ぎごく)は、数百件どころか、数千件も行われてきたのだ。こういう政治家からの「面倒を見てくれ、よろしく頼む」役人「分かりました」の構造で実際の政治は動いている。

アメリカでは、これを、ポーク・バレル pork barrel 「豚肉の樽詰め」という。今度のこの一件で、土建屋(建設会社)の幹部たちを含めて、国民の「上の方の者たち」は、真実を、じゅうじゅう知っている。それが、ナマの泥臭い、本当の政治だ。自民党政治だ。「政治というものは、こういうものだよ」と、知っている。人生経験がある程度ある者なら、このことを、うっすらと気づいている。

 だから、私、副島隆彦は、学問道場に集まる会員たちには、特に若い人たちには、現実の政治というのは、このように、「だいたい一件、30億円から40億円ぐらいの金を、猫糞(ネコババ)しあうのが、ナマの政治というものだ」と教えておきます。

 このほかに、許認可事業での特別優遇とか、景気対策費の地方への資金の配分とかで、政治家と官僚たちが、自分の子分の、それぞれの経営者・資産家たちに、資金を分け与えるのだ、と知るべきだ。



「私も、出来たら、そういう仲間に入りたい」と一般大衆は、思うだろう。だけど、どうせ、入れてもらえない。だから、ごまめの歯ぎしり とか、貧乏人のひがみ根性 と言われて、お仕舞い、にされる。


 福島の原発事故のあと、福島の親分衆(商工会とか農協の幹部たち)には、一人頭、2億、3億円のお金が、裏から渡されている。

現地に外車ディーラー屋が数軒出来て、「復興事業」に集(たか)っている連中も、外車を買って乗り回している。 除染事業という、無意味極まりない、漫才を通り越す、数千億円の無駄使いを現地で見ていただけで、私は怒りがふつふつと湧いてきた。
 

福島の貧乏人=一般大衆には、何もおりない。ひとり見舞金50万円ぐらいのものだ。仮設住宅と。 それ以外に、500万円とか、5千万円とかが、しつこく苦情を言って、東電の窓口で、ゴネ続けた者たちには、はした金が下りただろう。



 こういう真実を無視して、「放射能、コワイ、コワイ」のバカなことばっかり言っているな! そのオマエの、幼稚な脳 が、問題なのだ。特に、恐怖心ばっかりが先に立つ、生来知能が低い「放射脳、コワイ、コワイ」のバカ女たちが問題なのだ。

それで、権力者の思う通りに動かされて(「北朝鮮のミサイルがコワイ、コワイ」もそうだ)、国民の側がいつも屈服させられ、敗北する。私は、いつも、いつもこういうことに、苦虫を噛みしめる思いでずっと生きてきた。



 安倍晋三たち、日本会議=勝共連合=統一教会 Moonies =幸福の科学 、カルト・オブ・ヤスクニ の狂った宗教勢力の、ばい菌、害毒、恐ろしい毒蛇 たちを、人類は、駆除しなければいけないのだ

そのために、プーチン(ロシア)と、習近平(中国)と、トランプ(アメリカ)の、3巨頭の団結がある。私、副島隆彦の、この理論の飛躍が、スゴすぎて、とても理解できない、ついて行けない、という人たちが、多いようだ。それならそれでいい。どうせ時間が経(た)てば、あまり頭の良くない人間たちでも、生来の真面目ささえあれば、副島隆彦の本の読者なのだから、そのうち分かるようになるだろう。



 安倍首相の名前も もうすぐ表に出て来るだろう。あちこち、マネー・ロンダリングされて(幼稚園経営の籠池は貧乏だから元々カネを持っていない)、自分たちで国のカネを、錬金術(れんきんじゅつ。アルケミストリー)でひねり出した、そのカネを、だいたい一億円ずつ、山分けして、迫田英典がスキームを作ったものを、受け取っている。このことがバレるだろう。 

それでも、それらを、なかったことにして、すっとぼけて、自民党政治は続いて行くのだろう。


 だから、私が、一番、始めに載せた画像写真の男が、まさしく迫田英典だ。

この男は、何と、2015年3月の「籠池(森友)への 20億円の国有地の払い下げ錬金術づくり」をした、その直後(ちょくご)に、理財局長から、国税庁長官に出世した。


 おい、国税庁! 私、副島隆彦が出したばかりの、『税金恐怖政治(タックス・テロリズム)が富裕層を追い詰める』(幻冬舎刊、3月9日刊)の、本の中の一ページにすべく、準備していたのが、このページだ。 この迫田の顔写真は、今では、もうネット上にはない。見つからない。すべての新聞記事から消されている。

だから、この顔写真は、菅野完(すがのまもる)が、公然と掲げて、昨日、上記のFNNその他の、動画ではっきり見せた以外では、公表されていない貴重なものだ。指名手配書(WANTED! )の顔写真のような、この顔を、みんな、よーく見なさい。



税金恐怖政治が資産家層を追い詰める

 こいつが、じりじり、ぐずぐずとであれ、国会に証人喚問(しょうにんかんもん)されなければ済まないのだ。だが、その時は、安倍政権は倒れているだろうから、財務省としては自分たちの同僚幹部を、組織をあげて庇(かば)い続けるだろう。だが、逃げ切れるかな?

 このワイロ男の よごれ官僚が、“徴税テロ”を実行している、日本の税金官僚=タックス・テロリストの頭目なのだから、ホントに笑ってしまう。

私、副島隆彦から嘲笑されるに値することをしている国税庁よ、ホントに元気が出ないだろ。自営業者と経営者たちが、ドキドキしながら頭を痛めて、自分のお金の動きを国家に報告するために、(どうして、国家というのは、国民の カネの動きをこんなに追いかけ回すのだ)、納税申告(しんこく)の、この時期に、本当に、全くもって、お前たち税金取りたちにとっては、深刻(しんこく)な話だな。



前の大隈健一郎(おおすみけんいちろう)国税庁長官の時と、全く同じだ。組織全体が、赤っ恥をかきました、では済まない。


安倍晋三 と 迫田英典 よ、汝(なんじ)の時は数えられたり、だ。


 このほかに、この事件での客観的な事実関係を知りたい人は、以下の「リテラ」誌のサイトで記事を
読んでください。

http://lite-ra.com/2017/03/post-2995.html


副島隆彦 拝


(抜粋転載おわり)


あちらで『原爆を投下するタイミングで来ていたのはエノラ・ゲイではなかった。広島原爆直後のキノコ雲は日本軍が撮影していた。陸軍士官が語った広島原爆の真実』の記事を書きました

March 12 [Sun], 2017, 7:45

●kenchicjunreiのブログ2nd は、こちら↓

http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/

ブログ・テーマ
『kenchicjunreiのブログ2nd』「建国の秘密」を保持する「国体勢力」とは、≪核原発≫と≪核兵器工場≫と≪国民を遠隔支配する人工知能電磁波兵器≫を安置する現代のパノプティコン神殿を稼働する日本式イルミナティ。





●「国体勢力」と長崎広島の原爆の空中起爆は証明されたのか?に関する記事は、こちら

kenchicjunreiのブログ2nd のほうで書いています。

http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

『この国の超法規で非公然な、「建国の秘密」を保持する「国体勢力」は、≪いけにえ≫を供える観念のもと、≪核≫と≪人工知能≫を安置したパノプティコン神殿を稼働させている』





●kenchicjunreiのブログ2ndで、上記の記事の≪つづき≫となる、更新記事を書きました

http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

『原爆を投下するタイミングで来ていたのはエノラ・ゲイではなかった。広島原爆直後のキノコ雲は日本軍が撮影していた。陸軍士官が語った広島原爆の真実』





削除になった「国体勢力」と長崎広島の原爆の空中起爆は証明されたのか?に関する記事は、こちら

March 07 [Tue], 2017, 2:53

http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/204 で削除になった

「国体勢力」と長崎広島の原爆の空中起爆は証明されたのか?に関する記事は、ここではなく、あちらの

kenchicjunreiのブログ2nd のほうで書いています。


以後、記事の更新は、こちらではなく、あちらのkenchicjunreiのブログ2nd で書きます。


http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

『この国の超法規で非公然な、「建国の秘密」を保持する「国体勢力」は、≪いけにえ≫を供える観念のもと、≪核≫と≪人工知能≫を安置したパノプティコン神殿を稼働させている』



上記の記事のなかに、


広島・長崎の原爆は日本製で、日米の軍事談合として「地上起爆」、これに関しては、Dr佐野千遥先生から以下の記事でお叱りを頂戴していること、に対しての返答も、そこに書いています。


http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12251910918.html

“天皇による広島長崎原爆地上起爆説”は親米日本共産党による謀略陰謀論!!!!!!!!Dr佐野千遥
2017-02-28 07:40:20NEW !
テーマ:ブログ
“天皇による広島長崎原爆地上起爆説”は親米日本共産党による謀略陰謀論!Dr佐野千遥


(主要な箇所を引用) 

『 第1章:“広島長崎原爆地上起爆説”は日本共産党の謀略陰謀論

此処に列挙されている全ての“広島長崎原爆地上起爆説”は

1 仁科博士、湯川博士が論文発表し造りゴビ砂漠で実験した核爆弾は終戦時まで全て十分な爆発力を得られなかった

2 核爆弾の強力な起爆はTNT通常爆弾で層にして球体状に包むことにより実現する事が出来る事がマンハッタン計画により解明された。

3 日本が最後に造った大き過ぎて飛行機では持ち運ぶ事が出来なかった原爆は、置き去りにされて有る所を、日本本土に上陸し進駐した米軍が終戦時に発見し持ち去っている。

4 日本に原爆を落とす事を米国議会が承認した。もし広島の原爆も、長崎の原爆も米軍が落した物でないと今仮に仮定した時、では一体全体、米議会は如何なる架空の事案を承認したと言うのであろうか?!

5 マンハッタン計画および大戦中に実際行われた米軍の核実験は全て無かった事にしないと“天皇による広島長崎原爆地上起爆説”は成り立たない。

の理由により全くの虚偽である事が明らかである。

そしてこの“天皇による広島長崎原爆地上起爆説”は、アメリカ帝国主義をその原爆投下の戦争犯罪に付き免罪する悪質なるデマ宣伝であり、日本のみを“侵略戦争をした日本軍国主義”と批判して英米の遣った帝国主義戦争犯罪を一切批判しない親米主義の日本共産党が捏造した陰謀論である事が明らかと成った。 』



これに対する、批判の批判といえる返答も、書いています。





それでは、 kenchicjunreiのブログ2nd 

http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

『この国の超法規で非公然な、「建国の秘密」を保持する「国体勢力」は、≪いけにえ≫を供える観念のもと、≪核≫と≪人工知能≫を安置したパノプティコン神殿を稼働させている』

に行って見てください。


以後、記事の更新は、こっちではなく、あっちのkenchicjunreiのブログ2nd で書きます。




911、WTCビル倒壊は、航空機が突入した階付近で発生した「小型水爆爆発」によって、その階付近から順次下部の階へと崩壊していった。制御解体自作自演テロではない。

February 27 [Mon], 2017, 8:19

多くの人は、911、WTCビル倒壊は、航空機突入とそれによる炎上にばかりを見てしまい、つまり「航空機突入テロ」ばかりに気を取られ、

「911、WTC北タワ―ビル倒壊は、航空機が突入した最上階付近で発生した爆発によって最上階付近から順次下部の階へと崩壊していった」、ことをよくは見ていない。

「911、WTC南タワ―ビル倒壊も、航空機が突入した階付近で発生した爆発によってその階付近から順次下部の階へと崩壊していった」、ことをよくは見ていない。


地下に仕掛けられた、あるいは途中階に仕掛けられた爆発物による、下部階から上に向けて順次、崩壊したものではなかった。

つまり爆破制御解体ではなかった。

しかし制御解体説自作自演陰謀論によって、多くの人は、下部階から上に向けて順次、崩壊したもの、という印象を刷り込まれている。――ーわたしも刷り込まれていた。



追記有:9.11は建物土台に核爆弾を事前敷設爆破した説は嘘! 機内小型水爆自爆により上から崩壊!! スミルノフ学派:ドクター佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12075816170.html
2015-09-22 03:34:07


(上記記事より引用はじめ)


9.11は建物土台に小型核爆弾を事前に敷設して爆破した説は嘘!イスラーム戦士が機内に持ち込んだロシア製小型水爆自爆攻撃により上から順に下まで崩壊!。

               

はじめに

私・佐野千遥にはその場限りの思い付きや直感で書いたブログは一つも有りません。全て厳密な論証を基にした論文としてブログを書いております。ですから、いい加減に読み飛ばしてしまわずに、全く新しい体系として述べてある全体系を何度か精読して御理解なさることを読者の方々御自身の為にも、お勧めします。貴方達読者の方々一人一人が、現在本当に社会正義の側に立っているのか否かが問われています。イリミナティは社会正義なんて物はろくでもない、どうでも良い事だと主張しますが、貴方達一人一人はどうお考えになりますか?

本論

9.11爆発は単なるガソリンを満載した航空機の突入では説明できない。
核爆発が起こっている。1000名余りの遺体は蒸発している。
崩れないような十全な設計が為されていた建物が崩れた。
しかし
“土台に事前に小型核爆弾が設置されていた筈。2日前に停電工事。”なるブッシュ政権批判論説文は、建物の崩れ方を具(つぶさ)に観察してみると、明らかに当を得ていない事が分かる。

世界貿易センタービルはビルディング解体破壊工事のような土台から爆破・崩壊の形をしておらず、明らかに上から爆発しながら順次下へ向かって崩壊が進行しながら、その上からの崩壊が下まで達し全建物の崩壊が起こっている。下記のyoutubeを御覧下さい。



WTCビル崩壊の様子を克明に伝えるビデオ
1:25
The911network

https://youtu.be/TTKazOmSEgY



(※引用者挿入:次は、WTCビル崩壊の様子を克明に伝えるビデオ2 カラー具合で爆発した箇所とその瞬間がよくわかる、ただしビデオの終りに近い部分)

World Trade Center Documentary
1:35:59
ResidentPinto

https://youtu.be/PjQFA7COMsU


● 1:26:00あたりから爆発の瞬間と箇所

(※引用者注 水爆爆発は、航空機が突っ込んだ瞬間でもなく、ビル崩壊が始まるときに起きました。
航空機が突入した、最上階から数階下層階の間て、水爆爆発。火柱はあがっていますが、原爆の火柱よりほんの瞬間であり規模も小さい。)



もう一度申します。世界貿易センタービルはビルディング解体破壊工事のような土台から爆破・崩壊の形をしておらず、明らかに上から爆発しながら順次下へ向かって崩壊が進行しながら、その上からの崩壊が下まで達し全建物の崩壊が起こっている。

且つ現場から放射能が検出されている。



(スミルノフ学派:ドクター佐野千遥の当該記事から付言すれば

2日前からWTCビルに仕掛けられた、「陰謀論でいう」制御解体用の地下からの爆発物を使ったビル崩壊、ではなかった。

また、WTCビル設計者である日系米国人ミノル・ヤマサキ氏が、1970年代に”有る限度以上の爆発振動が起こった場合にはWTCビルが解体崩壊するようにビルの4隅の柱に等間隔に4カ所、全16カ所に通常爆弾(原爆ではない)を事前に仕掛けておいた”のが作動したものでもない。)



よって9.11はイスラーム戦士による小型核自爆攻撃、という事となる。


而もその小型核爆弾は水爆であったと言える。何故なら放射能はビル崩壊直後には検出されたが日数が経過した後は殆ど検出されなくなったからである。


水爆実験の動画


HD ビキニ 原爆 核実験 核実験の映画 慄然 戦争 1946
1:37
atomic tests channel

https://youtu.be/An8j_RZV8Zw


(※引用者注 爆発の0:38あたりで火柱はあがっていますが、原爆の火柱よりほんの瞬間であり規模も小さい。)


[註]:水素爆弾とは核分裂による原爆の爆発と違い爆縮となるために、炸裂の瞬間真っ赤な火柱と火の玉ではなく、白いキノコ雲が立ち上がる。



つまり9.11はイスラーム戦士による小型水爆自爆攻撃であった事となる。



では9.11の自爆攻撃の際の小型水爆は何処から入手したものであろうか?

答は、アルカイダの指導者ビン・ラディン師、アイマン・ザワヒリ師はスンニ派ではあるが、アルカイダはスンニ派とシーア派の対立を戒める姿勢を取っており、スンニ派・シーア派合同で行われた9.11攻撃では、シーア派がイラン経由でロシアから小型水爆を入手した、つまり水爆についてはアメリカのイルミナティであるブッシュが供与したものではない。

(引用おわり)


当初、田中宇サンが言っていたように911は、『ブッシュ政権は911が起きる事をあらかじめ知っていたが、わざとやらせた』が一番まっとうな解釈、だったことにもなる。

911後のさまざまな、米イスラエルの自作自演テロという陰謀論は、航空機突入はCGIによる偽動画も含めて、イルミナティ側の設定だったということになる。

それでも、水爆爆発は、航空機が突っ込んだ瞬間ではなく、ビル崩壊が始まるときに起きた、・・・・南タワービルでは、CGIによる偽動画では航空機は突入してそのままビルのそとに飛び出して墜落したようだったが、実際の突入航空機はビル内に留まっていて、起爆タイムがセットされた水爆のケースを抱いたままだったのか?

ブッシュイスラエルがあらかじめ航空機突入階付近にイスラエル製の小型水爆を仕掛けておいた、という再どんでん返しはもはや、ないのか?

それにしても、犯人をアルカイダのままにしておかず、わざわざ自作自演の陰謀論を用意したのは、どんな理由があったのか?

犯人とされるアルカイダは水爆で蒸発することなく、生きていたり、他の犯人とした容疑者も証拠も無くついには無罪放免したのはなぜなのか?


『負の誘電率・負の透磁率』でできた地球内部の空洞に存在してきたアルザル人と、地表の邪悪で冷血な勢力との、闘いの歴史。

February 17 [Fri], 2017, 3:07

地球の内部は円筒状の空洞になっていて、北極南極はこの空洞の入り口があり、ぽっかり穴が開いている。南極の穴から地球の内部を探検した人=バード少将もいる。


自転する星が生きていれば星の内部は空洞になっているのが正常であり、空洞が潰れ鉄マントルが露出し赤色になった火星は死んだ姿である。

バード少将が報告したように、地球の内部は温暖な気候であった。


地球内空洞世界は、『負の誘電率・負の透磁率』になっていて、

羅針盤の方向に沿って進むと、内側が負の透磁率だとNはNを、SはSを引き、羅針盤磁石の方向の反転が起こらない結果、北極、南極の穴の中へと連続的に入り込んでしまうのは当然である。



地球内空洞世界は、自転する地軸上にあることと、主にピエゾ物質で、『負の誘電率・負の透磁率』の空間を実現し、温暖な気候で緑あふれる空間で、そこでは『時間はゆっくり』と進む。

究極のアンチ・エイジングがなされ、人間の寿命は1000年、長く若さを保ちながら生きる。智慧も地表人よりも格段に次元アップし、高い知見が得られる。。



そう、この地表からすると地底空間には、優れた人間が生活している。
(スノーデンは、『地球には地底人がいる』という極秘事項を開示してみせた。)


『負の誘電率・負の透磁率』の環境は、瞬間移動テレポ―テ―ションや物理的時間の制御と操作の原理と技術に至り易い物理環境である。つまりUFO製作やタイムトラベル、健康と長寿がもたらせられるアンチ・エイジングには、最適な物理環境なのだ。


アルザル人と呼ばれる超優秀な地球人、地球内部の『優秀』な物理環境=ザガリア、に生きて来たひとびとは、元祖日本人のシュメール人がメソポタミアで文明を起こす以前の太古から、すでにUFOを用いていた。

第二次大戦の末期にナチスは南極の穴からザガリアに、UFO設計図とUFO建造資材を持ち込んだ。


アルザル人は地表の人類の歴史の流れには介入しなかったが、地球内部空間の環境が脅かされそうになる場合は、猛烈に反撃し退治した。

第二次大戦の直後、南極の支配権を求めてアメリカは海軍を南極に遠征させたが、海中から現れたUFOが米艦を撃沈し戦闘機を撃墜した。恐れをなした残った海軍は早々に撤退し、アメリカはアルザル人との間に「南極平和利用」の条約を結ばされた。



地球空洞説を論証!火星は空洞が潰れ且つ鉄マントルが露出し赤色!スミルノフ物理学派Dr佐野千遥
2016-06-04 00:41:54
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12167120172.html

=== ここまでは、上記記事を参照 ===



南極の空洞入口


アルザル人と地表の勢力との交渉や戦闘の痕跡を、ここで列挙しておこう。



追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html

=== これより、『』で括られた地の文は、上記記事より引用 ===



●日本人の祖シュメール人とアッシリア系ユダヤ人=アイヌ人が「北極の穴に」


『ムー大陸が沈んだ時、シュメール人とアッシリア系ユダヤ人=アイヌ人とは、他のウラル語族達と一緒に北極を越えようとして、一度「北極の穴に」図らずも入り、地軸の周りの負の誘電率・負の透磁率の地中円筒空間の時間がゆったり進む温暖なる気候の世界を見聞して来て「高度の知識・学習能力を得て」から、穴から出て、

シュメールは日本に引き返して暫く日本列島の原住アイヌと混住してからメソポタミアに向けて船出してメソポタミヤ文明を開闢し、

他方、北極の穴から出たアイヌ人は日本に向かう事無く、アッシリア系ユダヤ人=アイヌ人として北極からカフカーズ山脈を経てカナーンの地に至った。』



●ムー大陸系白人のハンガリア人=その頭目のモーゼが、邪教タルムード・ユダヤ教の創始者である白人ヤペテ族は、ムー大陸が沈んだ時、「北極に穴」の中に迷い込んだ


『古代イスラエル・ユダヤ王国の、もう一つの構成民族であった白人ヤペテ族は、ムー大陸白人のハンガリア人であり、
その頭目のモーゼが、邪教タルムード・ユダヤ教の創始者である。


白人モーゼのユダヤ選民思想は白人至上主義と同根であり、紀元66年〜70年の第1次ユダヤ戦争でローマ帝国にユダ王国が滅ぼされた後、

ヤペテは東欧に逃げてその地に居たハンガリー人を邪教タルムード・ユダヤ教に改宗させ、ハザール帝国を築いた。

又、このムー大陸系白人のハンガリア人は、その昔ムー大陸が沈んだ時、北へ逃げて北極を越えようとした時、誤って北極に穴の中に迷い込んだが、余りに悪党なのでアルザル人に追い出された。』





昔、河が流れ湖が有った緑のサハラは11世紀核戦争で砂漠と化した!!!!スミルノフ学派Dr佐野千遥
2016-11-25 20:45:08
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12222882412.html

=== ここより『』で括られた地の文は、上記記事より引用 ===



●悪魔的地球外知的生命体が作った中南米のアズテク、インカ、マヤ文明の地上勢力 対 アルザル人の闘い


『アメリカ・インディアン インディオはムー大陸がトバ湖大噴火爆発で沈んだ時、アルタイ語族、ウラル語族、ドラビダ語族がそれぞれ西、北、南西へと逃げた際に、ムー大陸から直接東に逃げて、米大陸に上陸した事になる』



『中南米の文明である アズテク文明、インカ文明、マヤ文明、そして秦の始皇帝の秦、古代エジプト文明等、実は全て悪魔崇拝の文明であり、悪魔的地球外知的生命体に介入された文明と見る事が出来る。

これ等の文明は残虐非道の文明であり、そしてその中の多くは人食いの風習が有った。ユダヤのヤペテ(白人)とその首領モーゼ(真のユダヤ教に対する悪魔崇拝タルムード・ユダヤ教を立ち上げたのが白人至上主義者モーゼ)は古代エジプトにユダヤ族が囚われの身であった時期にこの悪魔的古代エジプトから送り込まれた先兵で有った。』




●悪魔的地球外知的生命体の地球規模の基地と拠点体系=核兵器・核戦争


『この悪魔的地球外知的生命体の中南米の3文明を中心にした地球規模の基地と拠点体系の存在は、

・ソドムとゴモラのマインドコントロールと核爆発滅亡、

・それまで湖から豊かな水をたたえた河が幾つも流れ出ていた緑生い茂る平原で有ったサハラが11世紀初頭には砂漠と化した事、

・ヨーロッパは北海からの超巨大な津波で内陸まで一度呑み込まれた跡が有る事、

・インダス文明モヘンジョダロ遺跡に核戦争の跡が残っている事

を説明する物である。』




●アルザル人が、悪魔的地球外知的生命体の核兵器を撃退し、そのUFO滑走路を撃退し破壊した、から今日の地球人の文明が生き残った。


『11世紀初頭のサハラ核戦争は、真のユダヤ教であるイスラム教の真のユダヤ人であるアラブ人を北アフリカのサハラで悪魔的地球外知的生命体が襲い、

スペインに於けるイスラム教に対するキリスト教によるレコンキスタの勝利を決定的にする為のものであった。


“核戦争”とは言っても、双方が核兵器を使ったのではなく、片一方の悪魔的地球外知的生命体のみが一方的に核兵器を使って、

今日の反テロ諸列強帝国主義国家テロ連合がイスラム教徒達を殺戮しているのと同じように当時のイスラム教徒を殺戮した。』



『古代からの世界史的規模で見ると、日本のみが核兵器被爆国ではない事と成る。

但し、悪魔的地球外知的生命体が地表を支配し尽くしてしまわない為に、その時地中のアルザル人がその悪魔的地球外知的生命体の核兵器を撃退したから、

今日の地球人の文明が生き残っているのであり、はやし浩二氏が“拠点文明”と呼ぶアズテク文明、インカ文明、マヤ文明を支えた

悪魔的地球外知的生命体とそのUFO滑走路を
地球の地中人のアルザル人が撃退し破壊したと見る事が出来る。』



●闇の権力・イルミナティ、米軍の疑似UFOと、誤謬物理学“超弦理論”、これらは、一旦アルザル人による攻撃で撃退されたが、生き延びた悪魔的地球外知的生命体が、コントロールし、バックアップしている


『はやし浩二氏が指摘する“拠点”とは中南米のアズテク、インカ、マヤやイースター島と言った人類の大文明からは遠く離れて見えない場所に位置して、地球文明を悪魔的地球外知的生命体がコントロールしようとした、と見る事が出来、

又、古代だけでなく、その後今日まで続くユダヤ闇の権力・イルミナティも、一旦アルザル人による攻撃で撃退された悪魔的地球外知的生命体がバックアップしている、と見る事が出来、

米軍の疑似UFO(直線方向に飛べず、その疑似テレポーテーションは光速度以下)開発とその誤謬物理学“超弦理論”は悪魔的地球外知的生命体がバックアップしたと見る事ができる。


又、今日強い放射能の充満した地表上空のバンアレン帯には、1945年以降の原水爆実験による放射能のみならず古代核戦争の時に舞い上がった放射能もその構成要素として今日まで残っている事と成る。』




■日本の憲法と法律の埒外にいる超法規で闇で透明な「国体」勢力も、以下の超絶冷血な事象においては、闇の権力・イルミナティと冷血な邪悪な勢力に関与されている、と見る事ができる。


●広島 日本のいちばん長い醜い日 根源的階層の選択、原爆投下という国民いけにえ儀式 

・原爆投下は日米の軍事談合による人体核実験として進められた。

・広島の爆心予定地には第二総軍(本土決戦用の関西より西日本の主に陸軍)と学徒たち4万5千人がいけにえとして集められていた。原爆の爆発は8時15分と日米ともになっているが、実際には8時6分だった。つまり核が爆発したときはエノラゲイは爆心地上空のヒロシマには来ていなかったのだ。

・日米の原爆についての公式見解とは裏腹に、日本には、原爆は「日本製」で、エノラゲイが投下したのではなく、日米の軍事談合として「地上起爆」であった、という説が根深く燻ぶりつづけていた。



核兵器密造の裏政策を推し進めてきた日本の奥の院は、超法規武装部隊で国民を武力支配 

・日本各地で原発を拠点にプルトニウムと核兵器、核ミサイルを密造し続け、

・プラズマ兵器、電磁波兵器による巨大地震津波攻撃を、世界の闇権力で談合、起こす

・人体をターゲットにした脳と生体を遠隔攻撃する人工知能電磁波兵器による「生体乗っ取り」と「生体拷問攻撃」

・人工知能電磁波兵器による「一般市民マインドコントロール」による「集団ストーカー仕立てあげ」、

といった冷血超兵器の、24時間一秒の休み無い稼働で、国民を武力支配。



どうして彼らが裏の勢力として存在できるのか?その権威を形作る「力」の源泉がどこにあるか? 問題は、この一点に集約される。


かれらにとって、権力のすさまじい源泉となっているのは、−−−「ねじれ」そのもの、――― 日本の建国の歴史、天皇家の成立の歴史、における、「うそ、偽り、創作、操作、でっちあげ」、に他ならない。

ここに邪悪な、すさまじい冷血な智慧が入り込んでいる。





寿命1000年を若いまま本当に生きる、負の電磁率の建築学


●アルザル人と同じアンチ・エイジングなライフ。北極南極の穴を貫く『負の誘電率・負の透磁率の円筒空間』で生活するには


負の透磁率且つ負の誘電率だと時間が逆を向く。

直流電流を流した大きな半径のコイルの中に、ピエゾ物質の例えば石英製の大きな半径の円柱を刳り抜いて造った円筒を設置し、その円筒空間内で生活するなら、時間の進みが大きく緩和される。



寿命1000年を若いまま本当に生きるには(^_^)!!!!!!!!!!!!!!!!Dr佐野千遥
2017-02-10 05:12:05
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12246327569.html

=== ここより『』で括られた地の文は、上記記事より引用 ===


『第4章:時間を遅らせる物理的手段

スミルノフ物理学はコイルの内部円筒空間は負の透磁率(μが負)であることを論証且つ実証した。

スミルノフ物理学は電場に対し向きを適切に選べばピエゾ物質(圧電体)を負の誘電率(εが負)にする事が出来る事を論証且つ実証した。

負の透磁率且つ負の誘電率だと時間が逆を向く。

<数式を見るとパニックに陥る方々はカルシウムとビタミンCを豊富に摂取する事をお薦めする。>

何故なら
屈折率nは

n = c/v = (√ε* √μ) / (√ε0 * √μ0)

今、誘電率が負だから –ε
透磁率が負だから –μ
を上式に代入してみると

(√–ε* √–μ) / (√ε0 * √μ0)
= (i√ε* i√μ) / (√ε0 * √μ0)
= – (√ε* √μ) / (√ε0 * √μ0)
= c / (– v)

ところで、物質中の光の速度vの符号が負に成ったという事は

v = ∆x / ∆t

– v = ∆x / (–∆t)


よって、負の透磁率且つ負の誘電率だと時間が逆を向く。

つまり、直流電流を流した大きな半径のコイルの中にピエゾ物質の例えば石英製の大きな半径の円柱を刳り抜いて造った円筒を設置し、その円筒空間内で生活するなら、時間の進みが大きく緩和される。



  負の電磁率の建築学



第5章:結論

第4章で述べた建物内で生活し、

プレーンヨーグルトにスキムミルクを入れてかき混ぜてから(消化できない乳糖を消す為)飲み込み

或る時期にはTa-65を

又、別の時期にはレスベラトロールを

摂取すれば、

オーロラが出て来る地球の北極の穴、南極の穴を貫く負の誘電率・負の透磁率の内部円筒空間で生活しているアルザル人達と同じ様に、若いまま、寿命1000年となる。』




== FIN ==




引用元:


地球空洞説を論証!火星は空洞が潰れ且つ鉄マントルが露出し赤色!スミルノフ物理学派Dr佐野千遥
2016-06-04 00:41:54
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12167120172.html



追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html



昔、河が流れ湖が有った緑のサハラは11世紀核戦争で砂漠と化した!!!!スミルノフ学派Dr佐野千遥
2016-11-25 20:45:08
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12222882412.html



寿命1000年を若いまま本当に生きるには(^_^)!!!!!!!!!!!!!!!!Dr佐野千遥
2017-02-10 05:12:05
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12246327569.html


プーチンの聖戦 ≪オリガルヒとの死闘・おそロシア大改造≫の軌跡 とプーチンは死んでいる

February 12 [Sun], 2017, 4:45

プーチンの、おそロシア大改造、オリガルヒとの死闘 を振り返る。


哲学ニュース nwk
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4488943.html


(上記サイトの記事より抜粋転載はじめ)



2013年07月04日08:00

プーチンのガチで恐ろしい話を淡々と語る


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/04(木) 02:00:09.68 ID:gU8oX+lS0
オリガルヒ(ロシア新興財閥)とプーチンの仁義なき政争についてのんびり書いてく
他になんかあったら書いてってください


~~~~~~~~~~~~~~~

54:1:2013/07/04(木) 03:03:13.94 ID:gU8oX+lS0
大統領代行となったプーチンが最初に行ったのは、
大統領経験者とその一族の生活を保障するという大統領令に署名することだった。
これは、エリツィンに不逮捕・不起訴特権を与え、
エリツィン一族による汚職やマネーロンダリングの追及をさせず、
引退後のエリツィンの安全を確保するものでした
そしてこれを見た他国の人間、ロシアの民衆はこう思いました

「プーチン自身もこれで保身になるな」

オリガルヒもまた、そう思いました
そして恐らくそれは正しいのですが、保身に走った人間とは思えない行動を
プーチンがとるとはだれも想像できませんでした
ある意味これは駆け引きの一つだったのでしょう



61:1:2013/07/04(木) 03:09:07.25 ID:gU8oX+lS0
しかしプーチンは既にオリガルヒとの対決を決めており、着々とその布石を敷いていきます
当然、それとわからないように。

プーチンは大統領選挙で過半数の得票を受け、圧倒的な支持率を達成します
プーチンは「強いロシア」の再建を目標とし、
地方政府が中央政府の法体系と矛盾した法律を乱発するなど
いろいろ制御がきかなくなってヒャッハーしていた地方政府の管理を行い、中央集権を強めます
具体的には2000年5月、ロシア全土85の地域を7つに分けた連邦管区を設置し、
各地域の知事を大統領全権代表に監督させました

中央政府によって地方への支配力を強め効率化を図る、というのが目的ですが
この政策は「地方の政治への大統領の影響力の拡大」になっています



66:1:2013/07/04(木) 03:13:13.97 ID:gU8oX+lS0
ここでようやくオリガルヒはちょっと怪しく思い始めます
地方での権力濫用と汚職はオリガルヒの支配下だったからです
この時に各種メディアによって「強引で独断的だ」という意見がでています

しかしプーチンはチェチェンなどの強硬姿勢で民衆にある程度の指示を得ていましたし
1998年のロシア金融危機で打撃を受けた経済が回復し成長を続けたタイミングが重なり
圧倒的な支持率を持っていました


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

70:1:2013/07/04(木) 03:18:47.11 ID:gU8oX+lS0
そしてある程度ロシア経済の安定成長と政府の安定化に成功したプーチンは
ついにオリガルヒとの明確な対決を開始します



77:1:2013/07/04(木) 03:24:00.62 ID:gU8oX+lS0
まず政治家や官僚にKGBや軍出身のプーチンの息のかかった人物を大量に登用し始めます
オリガルヒの政治勢力の減衰と自身の政治基盤の強化を同時に行ったのです
当然オリガルヒは反発し、保有するメディアを使いプーチンを批判します
「彼は独裁を行い、保身のためにコネ採用ばかりしている」といった具合にです

オリガルヒの筆頭であるベレゾフスキーは
「私は知り合いを通じて、公共テレビを民営化する必要があるという考えを広めました。」と言っています
1994年にわずか数億円でロシア公共テレビを手にいれています



80:1:2013/07/04(木) 03:28:12.69 ID:gU8oX+lS0
エリツィンなどのそれまでのロシアの政治家は
この金とメディア戦略によって屈服していました
屈服と言ってもある程度妥協しオリガルヒを優遇してあげれば自身にもオリガルヒから
莫大な報酬が払われるのですから政治家たちはむしろ喜んで彼らと協力したのです

しかしプーチンは違いました
あらかじめ支配していたメディアや民衆の間に浸透させた自身の勢力を使い対抗します
その情報戦は彼が政治家として基盤を固めるため、
かつてオリガルヒの協力の元で堂々と作っていたものでした



83:1:2013/07/04(木) 03:33:17.22 ID:gU8oX+lS0
そして抑制策をすると同時にプーチンはオリガルヒへの懐柔策を獲ります
自身に協力し政治への影響力を減らすのなら
ある程度の権力と財力には手をださない、と言ったようにです
これはそれまでの政治家たちとオリガルヒの癒着とは明確に違いました
パワーバランスが「プーチン個人>>>全オリガルヒ」としようとするものだったのです

まるで個人のようにオリガルヒを扱っていますが、
オリガルヒは新興財閥の総称であり決してまとまった意志を持つ組織ではありません
むしろ自由資本主義の競争の中で生まれた互いに市場で優位に立とうとする
「普通の企業」と言えるかもしれません
まぁ違法的なことをやれるので普通ではないかもしれませんが



84:1:2013/07/04(木) 03:34:47.09 ID:gU8oX+lS0
そしてオリガルヒの連携を阻止しながら、プーチンはついにオリガルヒの抹消に動きます

2000年6月13日、ロシア検察当局は、ウラジーミル・グシンスキーを詐欺などの容疑で逮捕したのです



89:1:2013/07/04(木) 03:39:08.72 ID:gU8oX+lS0
グシンスキーはイスラエルとスペインの国籍を持つ有力なオリガルヒです
若いころは演劇を志し演劇専門学校をでています
後に西側の企業のロシア進出に協力し、銀行を支配する巨大な財閥を作り上げます

当然いろいろ黒いことをしていたので逮捕は妥当なものでしたが、そんなこと他のオリガルヒも
他の多数の政治家も官僚も企業家もみんな似たような違法行為をやっています
そうしなければ共産主義崩壊の中で生き残れなかったのですから。

しかしプーチンと敵対する彼が突然逮捕されました



91:1:2013/07/04(木) 03:42:15.30 ID:gU8oX+lS0
オリガルヒでありユダヤ人でもあったグシンスキー逮捕にロシア財界は震撼します
しかしプーチンは驚きから立ち直る暇すら与えませんでした
7月11日には、ガスプロムに対しては、財務関係資料提出を要求。
ルクオイルに対しては、脱税容疑で捜査を開始。
インターロスに対しては、ノリリスク・ニッケル株取得の際の違法性を指摘します

この一連の事件によりグシンスキーやベレゾフスキーは壊滅的な打撃を受けます
メディアのバッシングは当然強まりますがメディアの影響が出る前に倒してしまったのです



93:1:2013/07/04(木) 03:46:32.94 ID:gU8oX+lS0
オリガルヒが支配していたメディアはそっくりそのままプーチンの勢力に早変わりします
もともとオリガルヒは富の独占や汚職だけでなく
どうどうと多額の脱税を行っており民衆からの批判は強く
また、その批判には正統性があったため
プーチンはメディア戦略で圧倒的優位に立つことになります

もちろんオリガルヒはまだ支配しているメディアで抵抗を続けますが彼は意に介しません
今日の日本でのプーチンの独裁的で強権的で無茶苦茶なことをする、
というイメージはこのときに広まりました

ですが時間がかかりすぎるその戦略は、投票で過半数の支持を得るほどの
プーチンを倒すにはあまりに効果のない策と言えました



96:1:2013/07/04(木) 03:52:13.29 ID:gU8oX+lS0
ここまでの描写ではまるでプーチンが正義の主人公のように思われるかもしれませんが
彼も同じように汚職をしていますし、なによりも戦争や暗殺すらいとわない
彼を正義と言えるのかは微妙です

すでに49人のジャーナリストがロシアで殺され
3ケタ近い政治関係者やジャーナリストが行方不明になっています
有名なのはプーチン批判をしていたら自宅で銃殺されたアンナ・ポリトコフスカヤ
放射能で暗殺された亡命スパイのアレクサンドル・リトビネンコなどがいます
そしてこれらは現在でも続いています


ソ連国家保安委員会(KGB)、ロシア連邦保安庁(FSB) の職員だったロシアの人物。当時の階級は中佐。後にイギリスに亡命しロシアに対する反体制活動家、ライターとなった。2006年、何者かに毒殺された。死の直前にイスラム教に改宗している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンドル・リトビネンコ




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/04(木) 03:56:01.70 ID:ZT0rGGPu0
プーチンが殺されないのは、殺そうと思ったら逆に殺される可能性があるからか



101:1:2013/07/04(木) 03:57:01.55 ID:gU8oX+lS0
ちなみにこのときチェルシーのオーナーで有名な
アブラモビッチさんはプーチン側につくことにしています
プーチンに協力することである程度制限された中でも利益を上げ続け
後にロシア最高の大富豪になります

彼以外にも多くのオリガルヒがプーチン側に傾き始めていましたが
まだまだオリガルヒは強い影響力を保持しており
それを削り取り、なによりもこれまで政治を支配する側だったのに、
従順になるように求めるプーチンに反抗する者が数多くいました

そんな者たちがまとまりプーチンを潰そうとする中、
彼はまるで何も恐れないかのように行動します



108:1:2013/07/04(木) 04:02:58.00 ID:gU8oX+lS0
エリツィン政権下でオリガルヒともプーチンともつながりをもち、
有力な政治家であった、ボリス・ネムツォフの仲介のもと
オリガルヒを集め、プーチンと話し合いの場を持つことになります
反プーチン派のオリガルヒは団結し彼に対し
圧力をかけようという思惑を持ちながらその場に赴きます

そして数多のオリガルヒが集まった円卓会議の席が始まりました
各種の財閥がそれぞれの思惑を暗喩するように話しをする、
まさにドロドロの経済・政治闘争が進められる中
プーチンがオリガルヒ全員に向け宣言します



112:1:2013/07/04(木) 04:04:31.53 ID:gU8oX+lS0
                  , , -‐─ - 、
                  /: : : : : : : : : :::ヽ
                 l::: :      : ::::l
                ,、l::: : :      : ::::l
                lヽ:: : :     : ::::::l;  エリツィン時代のような財閥の政治介入は容認しない
                ヽl、 '‐、;-,, ,,-,-、::/
            _ -‐::´~~l:: `‐´, `ニ´ /ヽ,,___                       一切だ
        , -‐::::::::::::::::::::::::ヽ   ;  ,; : ノ:::::::::::::::::::`::::::ヽ,,
        /;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;lヽ ヽ---; /,,::::::::::::::::::::::::::::::;;;;l
       l;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;l ` - 二, ´l;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;l
      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::l /;;;;;;ヽl::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::l ''''/:ヽ l:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::l /;; : :ll:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::|/::: : : l::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::l : : : : :l::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,_- 、::::::::::l : : : : : l::::::::::::::::::::::::::__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, - ´~ - ´ ;_ ヽ::::l : : : : : :l:::::::::::::::::::::::/ ./ , - ニ ヽ、;;;;;
  l;;;;;;;;;;;;;;;;く;,,,,,,,,,l `l/_ヽ ヽ ヽl : : : : : :l::::::::::::::::::::::l__/-/ _/_ヽ__`;;;;;



115:1:2013/07/04(木) 04:06:17.80 ID:gU8oX+lS0
オリガルヒたちの圧力などまるで意に介さぬように
駆け引きなどまるで無視し
場の空気を自ら作り、支配し
プーチンはオリガルヒたちの運命をはっきりと告げたのです



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/04(木) 04:09:35.47 ID:vBkyZqmq0
自分の理想のためには手段を選ばない訳か
プーチンの印象上がったわ



122:1:2013/07/04(木) 04:12:35.02 ID:gU8oX+lS0
そしてここから急激にオリガルヒたちの反抗は減っていきます
彼らは本来の企業の務めである本業に専念するようになり、
余計な権力獲得に走らなくなっていきました

それでもプーチンにとって邪魔な勢力は容赦なく叩き潰されました
プーチンを批判し野党を支援し、かつてのように政治権力を持とうと
増長した石油会社の社長ミハイル・ホドルコフスキーは
プーチン政権の望まぬ石油合併を強行しようとしたため2003年10月に、
脱税などの罪で逮捕・起訴されます

ちなみに彼はアメリカの企業との提携を強めようとして潰されました
裁判で禁錮9年が言い渡されましたがそれでも批判をやめない彼に対し
プーチンは「数十年でも監獄にぶちこんどくべきだ」と言っています



127:1:2013/07/04(木) 04:17:16.94 ID:gU8oX+lS0
その後オリガルヒはプーチンに従順な者たちばかりになりながらも、
ロシアの経済成長の恩恵を受け
彼の支配の下で莫大な金を得ることができました
しかし首輪に繋がれたその状況にオリガルヒが安住するはずがなく、
根を張り巡らすように影響力をじわじわ強めます

そしてプーチンはこのころにようやくかつてオリガルヒがやってきた
メディア戦略の効果がではじめ
批判が噴出するようになり支持率が下がり始めます
証拠がないにもかかわらずジャーナリスト殺害などの犯人だと決めつける報道がその典型です
これにはロシアの復活を恐れる諸外国の影響もあります



128:1:2013/07/04(木) 04:18:40.00 ID:gU8oX+lS0
プーチンがかつてのような力が無くなり始め、
オリガルヒが力を取り戻し始めた矢先の2007年
世界的大事件が起きます
サブプライムローンに端を発する世界金融危機です



134:1:2013/07/04(木) 04:23:08.44 ID:gU8oX+lS0
ロシア株式市場が暴落し、オリガルヒたちは巨額の損失を抱えます
長者番付にランクインするような十億ドル以上の資産を持つ富豪は激減しました
打撃を受けた彼らは政府、つまりプーチンに助けを求めます

プーチン政権も危機的な状態でしたが、そこでうろたえることなく利用したのです
政府の資金でどの新興財閥を救済するかを選定。
選定された財閥は生き残ることが出来る(但し、政府のコントロール下に置かれる)が、
選定されなければ容赦なく没落していくという状況にし
復活しつつあったオリガルヒの首輪を逆に締め付けます



136:1:2013/07/04(木) 04:24:37.14 ID:gU8oX+lS0
これによりプーチン政権とオリガルヒの政治的な立場は揺るがぬものとなり
ようやくプーチンは彼らとの戦いに区切りをつけることができたのです



140:1:2013/07/04(木) 04:28:06.49 ID:gU8oX+lS0
その後、ロシアの富豪たちは復活し、
世界的な不況にもかかわらず金融危機以前よりその資産を増やしています
2010年末の段階で10億米ドル(約832億円)の資産を持つ人の数は
過去最多の114人となりその後も増えています
しかし彼らはかつての「オリガルヒ」と呼ばれ
政治に介入し恐れられた存在ではもはやなくなり
他の資本主義国家にある財閥と同じ、企業になっています



長らく語ってきましたがひとまずここでこの話は終わりにさせていただきます


(抜粋転載おわり)


==================


北野幸伯 公式ホームページ
http://rpejournal.com/


まぐまぐ殿堂入り!「ロシア政治経済ジャーナル」は、日本最大のメルマガ配信サービス「まぐまぐ」で、「日本一のメルマガ」(=2015年総合大賞1位)


(上記サイトのトップページより抜粋転載はじめ)


●プーチン最後の聖戦


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!
今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利権獲得を目指す。
ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。



プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカに渡さない決意を示した。
しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコンの首領チェイニー米副大統領が・・・。
こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦いが開始された。



08年のロシア−グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。
なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?



プーチンとメドベージェフの対立。そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?
大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを刺す」のか?




●日本自立のためのプーチン最強講義


2009年9月、ロシアのプーチン首相はメドベージェフ大統領により解任される。背後でアメリカの意向が動いた不当な更迭劇だったわけだが、行き場を失ったプーチンは政界引退を宣言し日本に亡命することを決意。

大好きな柔道の国で悠々自適に暮らすことを考えていたのだが、日米・日中関係、そして民主党の亡国的国会運営に危機感を抱いた国会議員、矢部(安倍)の訪問をしきりに受けるようになり、やがて彼に今後日本が取るべき方策についてレクチャーする。

と、ここまでは当然のことながら設定上のフィクションであるが、日本の置かれた立場や外交危機、歴史観などはまったくもってリアルである。


(抜粋転載おわり)


=========================


■ホントで嘘の話 嘘でホントの話。


●プーチンは死んでいる  Zaurus 作製 動画


プーチンは死んでいる part 1:元妻の証言!今のは “替え玉”: 未だ否定材料なし
6:22
Zak Zaurus

https://youtu.be/rn-osSKRG6I


2015/12/16 に公開

ここに紹介している証言が真実でないことを誰の目にも明らかに証明する証拠を提示してくれたら、わたしは喜んでこのビデオを削除する。ぜひそうした証拠を見つけてきてほしい。大歓迎である。
わたしは自分のビデオ作品よりも真実のほうを優先する。

英語版でもわたしは同じ宣言をしているが、誰も成功していない。誰かがこのビデオの真実性を覆す証拠を突きつけるまでは、このビデオは “真実” ということになるだろう。文句があったら、とにかく証拠を示してほしい。



●処刑前のプーチン  Zaurus 作製 動画


プーチンは死んでいる part 2 : 処刑前のプーチン: 未だ否定材料なし
4:26
Zak Zaurus

https://youtu.be/KNDj0bmNbNE


2015/12/16 に公開
ここに紹介しているプーチンを映した動画が本物でないことを誰の目にも明らかに証明する証拠を提示してくれたら、わたしは喜んでこのビデオを削除する。ぜひそうした証拠を見つけてきてほしい。大歓迎である。
わたしは自分のビデオ作品よりも真実のほうを優先する。

英語版でもわたしは同じ宣言をしているが、誰も成功していない。誰かが成功するまでは、この動画は “真実” かもしれないものとしてまかり通ることになるだろう。




=== (参考記事引用) ===


YouTube プーチンは死んでいる処刑前のプーチン、絶体絶命!
http://saryuya.com/rf/archives/59895

time 2015/12/25



影武者が3人はいるだろうといわれているプーチン大統領。
しかし、この動画を見ると確かに本物と思われるような顔ではないかと思われてしまいます。今のプーチン大統領の顔は以前と比べると柔和な感じで、鋭さがあまりない。

こちらの記事も参考に史上最大の公然の秘密プーチンはだいぶ前に死んだ
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/427893821.html


YouTube プーチンは死んでいる part 1:

YouTube プーチンは死んでいる part 2:  処刑前のプーチン、絶体絶命!

プーチン崇拝者のひしめくロシアから憎しみをこめた dislike ボタンのクリックが相次いでいる。しかし、まともな反論は今のところ何一つない。この2つの証拠を前に、反論のしようはない。

プーチンの元妻は替え玉との生活に耐えられず、離婚したうえロシアから亡命。今のプーチンが本物だと信じる一般のロシア人からは非国民扱いされている。

プーチンはすでに死んでいて、今のは替え玉、これが反論の余地なく証明されている

このビデオで紹介する動画は2012年に初めてYouTubeにアップロードされたものである。当時かなり物議をかもしたが、あまりにもショッキングな映像であったために、ニセモノだということにされて、すぐに見向きもされなくなった。
政治的現実というものは、常にひとびとの想像力の範囲を超えているのだ。

2015年のプーチンの元妻の赤裸々な証言のおかげで、この動画が本物であることが裏づけられた。この元妻の証言は“YouTube プーチンは死んでいる part 1” ですべて聞くことができる。まともな人間が冷静に見れば、この動画が本物であることは、初めから疑いようがないものである。


記事は こちら より引用


(参考記事引用おわり)



=======================



2010年前後のプーチン事情を要約


●2010年 日本に亡命していたプーチンは、いつロシアに帰国したか?

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

2010年 プーチンは、日本に亡命していた。

山下泰裕さんコネクションルートで


■プーチン2009年 まだ善人の人相(統一した人格の人相=バランスがとれた男モナリザ)


画像出典:




●プーチンは死んでいる part 1:元妻の証言!今のは “替え玉”: 未だ否定材料なし

●プーチンは死んでいる part 2 : 処刑前のプーチン: 未だ否定材料なし




2012年 プーチン ロシア大統領に


■プーチン2011年 悪人の人相に(統一を失った人格の人相=バランスが破壊されている)


画像出典:


≪画像出典の記事より≫

去る9月24日に来年3月の大統領選に出馬を表明したロシア・プーチン首相。発表の場となった統一ロシア党・党大会では、血色が良く顔はツヤツヤ。精気にあふれた表情を見せた。

だが数カ月前の彼は落ちくぼんだ瞳に、目元にはクッキリとしたクマ。全く覇気のない表情であった。そのあまりの変わりっぷりに、多くのメディアが大統領選を意識し整形したのではないかと報じている。

党大会当日、プーチン首相の顔からはかつてはハッキリとあった目のクマと涙袋が消えていた。そればかりか肌は輝く小麦色。とても若々しく精気にあふれた様子である。また、以前はコケていた頬はもっちりふっくら。なんだか輪郭に違和感があるほどだ。

美容コンサルタントも「彼はいつも疲れた表情だったが、肌がつるつるになり若返ったようだ」としている。




= FIN =




九州大和王朝論は陰謀論でしかない、大和王朝は近畿奈良に起こり近畿奈良にあった、これが絶対ひっくり返らない動かし難い史実となり続けている、カラクリ。

February 01 [Wed], 2017, 3:56

九州大和王朝論を最初に言い出したのは今は死去された古田武彦氏ですが、

古田武彦: ja.wikipedia.org/


その古田武彦氏の許に初期には居た福永 晋三氏が、その九州ヤマト王朝を、現・福岡県嘉穂郡香春町に鎮座する香春三山のふもとにあったと、一段と明確に比定しました。

「邪馬台」倭国=豊国 説 福永 晋三
https://youtu.be/nFL33uoIm54



そして、この「ヤマト王朝=香春町の香春三山のふもと」、『元祖・大和』と言っているのは、次のように、他にいます。


===================================
近畿の大和にたいして、元祖・大和がこっち、ということですが、後で引用転載するページをここで要約しておきます。


●(筑豊に)何故、現在の近畿地方と見まがうような地名がこんなに多く残っているのか。


近畿地方の地名を一式まとめてこの場所に移植したのか。否、そんなことが出来るはずがないしする理由もない。地名を管理するのは国であるから地方で独自に出来るはずがない。よって、元々ついていた地名である。



●(筑豊に)仮にこの場所に倭国の中心があったと仮定した場合、何故伝承やその遺跡が残っていないのか。


考えられることの一つ目は、旧倭国が解体した時に宝物や建物やお墓は新大和朝廷にすべて没収・献納・移築されてしまった(北九州には廃寺が多い)、

ふたつ目は武器貴金属類はすべて鋳潰されて大仏に変えられた、

三つにはせめて残ったものは「言わない・伝えない」という方法で残そうとした、

四つ目には地名はコピーされて移動した、

その結果長い年月の間に倭国がこの地にあったということさえ解らなくなってしまった、ということではないかと推理される。



なにかが仮に発見されてしまった場合に、例えば東京の国立博物館や奈良の正倉院に収蔵されてしまい地元には何も残らないということが千数百年以上も続けば、なにも「言わない・伝えない」という方法が最も賢明な方法となろう。

もしもどうしても伝えたい場合には暗号で残しておくという方法もあるのでそれらの方法も使われていたかも知れない。



●ある地方の地名群が別の地方の地名群とそっくりである現象は安本美典氏の筑後平野の地名に関する有名な例にも報告されている。


著者はこれにさらに詳細な考察を加えて上の例の田川盆地と近畿の奈良盆地の二つの地域は地名だけでなく地勢もそっくりであるということを発見した。

それはどういうことかというと、どちらの地域も大和という盆地と一山越せば難波という港を持つということである。


ある二つの地域が地名だけでなく地勢もそっくりであるという現象を地名と地勢がペアーで移動したという推定から仮に「国名地名移動法則」と名付けた。



======================================


日本武尊U  日本武尊が一つ松を植えた尾津とは
http://www.geocities.jp/ojyaru_24/takeru21.html

上記記事より


(著者は、通説どおり、ヤマトタケルは、景行天皇の子、としていて、ともに香春三山のふもとに実在して、ともに、熊襲退治をした、としています。景行は播磨の国から香春のヤマト国王朝を倒しに来た、ヤマトタケルがそれに立ち向かって防衛した、景行が退治した熊襲とは香春のヤマト国の民であった、としていませんが)


(= 抜粋転載はじめ =)




日本武尊U

●日本武尊が一つ松を植えた尾津とは



プロローグ



前稿の「日本武尊は実在した」で、日本武尊が東国征伐へ出発する時に植えた「一つ松」は、菅原道真が歌に詠んだ、「一木の松」の、福岡県「豊国」の、「金田町神崎」にあった、と推理した。



同じ日本武尊が、松を植えた伝承が、遠賀川のすぐ下流の、「筑紫」の鞍手の「植木町神崎」にも残っており、記紀の中では、「尾津」すなわち「金田町神崎」を出発した後、「尾張」の「鞍手・剣山の麓の植木」にも立ち寄ったことになっているから、「豊国」の尾津と「筑紫」の尾張の2箇所で、「一木の松」を植えたとも考えられる。



また、「金田町神崎」とは柿本人麻呂の歌から「志賀の浦」とも呼ばれ「大津の宮」があったと推理された。本稿ではこの「金田町神崎」についてさらに考察する。



第一話 金田町神崎の尾津

金田町神崎は「尾津」「大津」「神崎」「韓崎」「辛崎」「志賀の浦」などと呼ばれたようである。(前稿「日本武尊は実在した」参照)

この日本武尊が東国征伐へ出発した「尾津」はまた日本書紀に日本武尊の叔母のヤマト姫の伊勢神宮(古事記では伊勢大御神宮)があったと次のように記述されている。



--------------------------------------------

資料1 日本書紀

景行天皇治世40年冬10月2日、日本武尊は出陣した。7日、寄り道をして伊勢神宮を参拝し、倭媛(やまとひめ)命に別れの言葉をかけた。・・中略・・

日本武尊はその時、始めて病気になった。それでも、なんとか起きあがり尾張に帰った。しかし宮簀媛の所には帰らず伊勢に移って尾津に入った。

以前、日本武尊が東国に向かう時に尾津浜で食事をしたとき、一つ剣を外して松の根に置いたまま忘れていった。しかし、その剣はそのままそこにあり、それを見て歌った。

「尾張に 直に向へる 一つ松あはれ 一つ松 人にありせば 衣着せましを 太刀佩けましを」


---------------------------------------------

資料2 古事記

 そこで、命令を受けて赴く時、伊勢大御神宮に参上し、神の神殿を拝んで、その姨〔をば〕の倭比賣〔ヤマトヒメ〕命に、・・・と申し上げ、悲しみ泣いて赴こうとすると、倭比賣命は草那藝剣を授け、・・・。


----------------------------------------------



資料1には「伊勢に移って尾津に入った」とあるから、尾津=金田町神崎の近くに古伊勢神宮があったことになる。資料2では伊勢大御神宮になっている。この時代には今現在の三重県の伊勢神宮は創建されておらず、名前が異なるから別のお社である。

ところで大芝英雄氏の著書「豊前王朝」の中に金田町神崎に神武天皇のカシハラ宮がありその西に古伊勢神宮があったと書かれていることを発見した。

ということは、上の考察結果と一致する事になる。まったく別々の独自の方法で研究した結果が一致するとはなんということであろうか。偶然と言うことはあまり考えられない。



大芝氏は私見からと前置きして畝尾山を金田町神崎と頴田町鹿毛馬の間にある「日王山」に比定し、その東南にあることから「かしはら宮」を金田町神崎に比定している。そしてその西に伊勢大御神宮があったことから神宮を田川西盆地の伊登に比定している。

大芝氏の説は私見であるし根拠が若干薄いと思われるのでにわかには信じがたいが、著者は前稿で根拠を提示した上で尾津とは金田町神崎であるとレポートした。そして上の資料1のように記紀にはその尾津の近くに古伊勢神宮があったと書かれている。



著者はホームページ「古代史の謎を解く旅」で畝尾山を「日王山」連山に比定した。理由はこの畝尾山の由来の「畝」とは地図をよく見ると筑豊平野は「田」と「尾」のつく地名の集積地であり、その真ん中に「田」の中を「田んぼの畝」の山が縦断しているように見えるからである。畝尾の尾とは山系が龍のうねったような形をしておりその尾にあたることに由来すると思われる。ともあれ、結果的に畝尾山が大芝氏の私見の畝尾山と一致した。



第二話 九州の大和

ここで本当に田川盆地の辺りまで海の水が入り込んでいたのかどうか、津や浦や崎と言う地名から確かめてみよう。

津や浦や崎と言う地名が残っていればその辺りまで海の水が入り込んで、船が着いた可能性があるということである。

第1図をごらんにいただきたい。確かに金田町神崎付近は神崎、山崎、長浦という地名があり、鹿毛馬神護石城を挟んで西側には奈良津、新山崎などがある。この近くに全国的にも珍しい鮭神社という神社があり古代この辺りまで鮭が遡上していたと伝えられている。したがってこの辺りまで海水が浸入し港があったと思われる。



またここで注目したいことは尾津と想定した神埼付近に、「稗田」「敷島」「奈良」「春日」「弓削田」「白鳥」「一本松」「勾金」「香春=カシハラ」「大阪」「河内」といったいわゆる関西地名がずらりと並んでいることである。

また「宮川」「川宮」「宮床」といった「宮」のつく地名が点在している。



第1図 (※リンク切れ)



何故、現在の近畿地方と見まがうような地名がこんなに多く残っているのか。

近畿地方の地名を一式まとめてこの場所に移植したのか。否、そんなことが出来るはずがないしする理由もない。地名を管理するのは国であるから地方で独自に出来るはずがない。

よって、元々ついていた地名である。



仮に後世この場所に倭国の中心があったと解った場合、その証拠品が沢山残っていたことになる。大和朝廷は倭国邪馬臺国の痕跡を全て消し去ろうとしていたのではなかったのか。

このように元の地名を変えさせずそのまま残して、邪馬臺国の痕跡を容認したということは大和朝廷には故郷の名前と共に正しい歴史を残しておこうという意思があったようにも見受けられる。



では仮にこの場所に倭国の中心があったと仮定した場合、何故伝承やその遺跡が残っていないのか。考えられることの一つ目は、旧倭国が解体した時に宝物や建物やお墓は新大和朝廷にすべて没収・献納・移築されてしまった(北九州には廃寺が多い)、ふたつ目は武器貴金属類はすべて鋳潰されて大仏に変えられた、三つにはせめて残ったものは「言わない・伝えない」という方法で残そうとした、四つ目には地名はコピーされて移動した、その結果長い年月の間に倭国がこの地にあったということさえ解らなくなってしまった、ということではないかと推理される。



なにかが仮に発見されてしまった場合に、例えば東京の国立博物館や奈良の正倉院に収蔵されてしまい地元には何も残らないということが千数百年以上も続けばなにも「言わない・伝えない」という方法が最も賢明な方法となろう。もしもどうしても伝えたい場合には暗号で残しておくという方法もあるのでそれらの方法も使われていたかも知れない。

よって「なにも言わない・伝えない、しかし暗号で残す」という方法で残されているものを探していけばなにか面白いものが見つかるのではないか。



第三話 国名地名の移動

先ほどの例のように、ある地方の地名群が別の地方の地名群とそっくりである現象は安本美典氏の筑後平野の地名に関する有名な例にも報告されている。

著者はこれにさらに詳細な考察を加えて上の例の田川盆地と近畿の奈良盆地の二つの地域は地名だけでなく地勢もそっくりであるということを発見した。

それはどういうことかというと、どちらの地域も大和という盆地と一山越せば難波という港を持つということである。



ある二つの地域が地名だけでなく地勢もそっくりであるという現象を地名と地勢がペアーで移動したという推定から仮に「国名地名移動法則」と名付けた。

加えてこの「国名地名移動法則」に則っている場所はこの他にも多く存在することを発見した。興味ある方は著者のホームページをごらんにいただきたい。横道に逸れるのでこれらについては別稿で考察する。



第四話 香春は我家とは

それでは、これから日本武尊が東征に出発し、「一つ松」を植えて再び戻り、亡くなったと推定する「尾津の神埼」とはどういう意義のある場所なのかを調べていこう、と思ったがまったく手がかりがない。2〜3日間はぼんやりと日だけが過ぎて行く。そこで「助けてくれー」と言ったらまたそれを聞きつけて迷探偵がやって来た。いつもいつも済みません宜しくお願いします。



どれどーれ、フムフム、わしにまかせなさい。記紀の編者が何をしようとしているのかわしにはお見通しなのじゃ。特に大事なところでなにかをチョット隠すというのが記紀の編者の常套手段なのじゃ。それに騙されてはいかんぞ。それでは始めようかの。



まず、前稿「日本武尊は実在した」では「一つ松」を調べることから日本武尊の東征へ出発した「尾津」が「金田町神崎」であることを発見できたぞ。そして日本書紀では日本武尊が亡くなるときに詠んだ歌はこの「一つ松」の歌一つのみである。

ところが古事記では、日本武尊が亡くなるときに、「一つ松」の歌の他に、有名な「愛〔は〕しけやし 吾家〔わきへ〕の方〔かた〕よ 雲居起〔くもゐた〕ち来〔く〕も」の歌とその他に、数首詠まれておる。古事記で確かめて欲しい。

そこでじゃな、わしは「愛しけやし吾家・・」の歌に注目したのじゃ。その「愛しけやし吾家・・」の歌がホツマツタエでは景行天皇によって詠まれておる。


-------------------------------------------------

資料3 ホツマツタエ

(景行天皇)十七年三月十二日、コユガタ(子湯潟)のニモノ(丹裳小野)に御幸され、東方をはるかに望み、古(いにしえ)に思いを馳せてのたまうは、

御祖天君(ミオヤアマキミ) 高千穂の 峯(みね)に登りて 大日山(ヒノヤマ)の

朝日に辞(いな)み 妻向い・・・中略・・・

 都の空を望み忍んでの御歌に

愛(はし)きやし 我家(わぎえ)の方ゆ 雲居(くもい)立ち

雲は大和の国の秀(まほ) 又棚引(たなび)くは 青垣(あおがき)の

山も籠(こも)れる 山城(やましろ)は 命の真麻(まそ)よ

煙火(けむひ)せば 唯、 皇子(みこ)思え 香久山(くのやま)の

白樫(しらかし)の枝(え)を 髻華(うず)にさせこの子


------------------------------------------------


上の資料3のように「愛しけやし吾家・・」の歌が「ホツマツタエ」では景行天皇が日向に行幸した折に詠まれた歌になっておる。記紀の種本はホツマツタエである、何故か解るかの、それはホツマツタエとそっくりの文章が記紀に記述があるからである。つまりホツマツタエが種になっていて記紀が借用している。そのことは著者の「三書同根説」で考察してハッキリしているではないか。

ホツマツタエで「愛きやし・・」の歌を歌ったのは景行天皇である。そのことから「愛きやし・・」の歌は景行天皇の御製歌と解る。よって古事記で日本武尊が亡くなるときに「愛きやし・・」を歌ったのは景行天皇の御製歌をそのまま歌ったのである。日本書紀では日本武尊の歌ではないから歌われていない。



日本武尊が「愛きやし・・」を歌った場所と景行天皇が歌った場所はほとんど同じ場所であろう。何故か。ホツマツタエでは景行天皇が「都の空を望み忍んでの御歌」とある。それをそのままそっくりいただいて日本武尊が古事記で詠んだのであるから景行天皇と同じ都のことを歌ったのでなければ盗作にあたり失礼になる。景行天皇の御製歌だと世間に知られている歌を自分の歌だと主張はできないであろう。

したがって日本武尊の「そこより進んで能煩野にやって来た時、国を偲んで詠んだ『愛しきやし・・』の歌の「国」とは景行天皇の「都」とイクオールである。



では景行天皇がこの歌を歌った場所はどこか。そこからどちらの方向を眺めて歌ったのか。

それは資料3の中の「御祖天君 高千穂の峯に登りて 大日山の朝日に辞み 妻向い」の中に答えがある。著者のホームページでは次のように考察しているではないか。

御祖天君とは天孫ニニギ尊、高千穂の峯とは鞍手の六ヶ岳、大日山とは(大火山=阿蘇山であり)福智山連峰の「寝釈迦の姿」である。阿蘇山は寝釈迦の姿で有名である。妻とは「ホツマ国」の「ツマ」であり魏志倭人伝の「投馬国」の「ツマ」である。魏志倭人伝を正確に解読すると投馬国は筑豊平野である。また「日向国」とも同一である。著者のホームページで考察しておるではないか。



つまり鞍手の六ヶ岳から東の方を見ると朝日に光背を受けた寝釈迦の姿が見えた。よってこの国をニニギ尊が「日向」と名付けたのである(資料5参照)。日本書紀では同じ国を景行天皇が名付けたようになっているがこれは無断でホツマツタエの「日向」と名付けた由来の記事を拝借したものである。

次に目を転じて南の方大和の国の方(金田町神崎方面)をみると「我家」のほうに雲が立ち上がっている。青垣の山に囲まれた都の中に我家と香久山(香春三山)が見えた、と資料3の中で歌われているのである。



これを確かめる方法として一つの歌がある。


------------------------------------------------------

資料4

抜気大首(ぬきけのおほびと)、筑紫に任ぜらるる時に豊前国の娘子紐児(ひものこ)を娶きて作る歌(巻 9・1767)

豊国の香春は我家(わぎへ) 紐の児(ひものこ)に いつがり居れば 香春は我家


-------------------------------------------------------


ハッキリと「我家」とは「豊国の香春」のことですと歌ってある。「我家」とは日本武尊が亡くなるときに歌ったという有名な「愛きやし 我家の方ゆ」の「我家」であると誰でも解るであろう。

大体宮崎の日向から東の方向を見ても見えるのは海であり、大日山はおろか山が見えないじゃろう。それにいくら目を凝らしてみても近畿の大和の我家が見えるはずはない。

よって景行天皇が歌い日本武尊が歌った日向から見える大和とは香春であるぞ。



朝日と朝霧というシチュエーションから考えると朝、山に登られたのであろう。ちなみに大日山とは「日枝の山」または稗の山とも言い、元祖・比叡山である。見るために登った山は「高屋山」または高粱山である。「日枝の山」はハッキリ寝釈迦の姿をしている。京都の比叡山も寝釈迦の姿をしているように見えるがなだらか過ぎてハッキリしない。比叡山を開山した最澄が唐から帰国した時真っ先に香春の地へ来ている。何故か。御霊を京都へ移し奉ったのである。これらを解説しようとすると別に一稿必要になるぞ。



(= 抜粋転載おわり =)



追記:

九州大和王朝論によれば、「法隆寺」と同様に、奈良「正倉院」は筑紫あるいは豊ノ国から、移築された、としています。

天皇であることを証明する神器に、秘かに加えられていた(それを国体勢力のみが知っていた)「第四の神器」である『香気あるお茶へら』という香木茶器宝物が、元は置かれていた、桃山時代にはすでに、九州ヤマト王朝天皇家の宝物類とともに、移築されていた、あの正倉院。





関連するこのブログの記事:


飛鳥という地名と法隆寺建築技術は九州王朝の文明システムだ。
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/190



法隆寺の西院伽藍だけでなく、夢殿を中心とする東院伽藍、法輪寺、法起寺などは一連のものとして移築されたのではないかと思います。
吉野宮(吉野ヶ里からの移築)、伊勢神宮、薬師寺、長谷寺、東大寺、三十三間堂、さらに時代はぐっと新しいのですが、桂離宮も移築されたと考えています。



天皇家の『「第四の神器」を所有する鎌倉に住む紳士』とは何者なのか?
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/199



天皇家の『「第四の神器」を所有する鎌倉に住む紳士』とは何者なのか?

January 27 [Fri], 2017, 6:10

原田武夫氏が8月7日の英文ブログ記事で述べる『「第四の神器」を所有する鎌倉に住む紳士』とは何者なのか?

2016年08月08日 | 21世紀の日本の進むべき進路

国際情勢の分析と予測
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941   より転載



わずか8年間の修行しかしていない26才の若者が師の宗旦から、利休伝来の四方釜という貴重な財宝を贈られているのだ。

また、学友の訪問時に高齢の師の宗旦がかけつけて世話をしている。千利休の孫で現在の茶道千家の祖先でもある宗旦が何故それほどまでに若い初代宗徧の為に尽くすのか?

かつてネットゲリラで、「京都の尼寺には皇族の娘が入れられることが多く、横田さきえさんも李方子と李垠の間に生まれた娘」との情報があったが、


同様に皇族の男子もこっそりと京都の寺に僧侶として入れられることがあり初代宗徧も皇族だったのではないかと想像する。


なぜそのような突拍子も無いことを私が考えたかというと、明智光秀は実は天王山の戦いで敗れて死んだことにして千利休として秀吉の参謀を務め、秀吉に切腹させられたことにして天海大僧正として徳川家康や秀忠・家光の参謀を務めたという説があるからだ。

安土桃山時代から江戸時代の日本を運営したのは明智光秀=千利休=天海僧正とその子孫である茶道千家なのだと思われる。

とすれば、将来国際金融資本が再び日本を植民地化する危険に備えて真の天皇を茶道家元として隠すことを宗旦は考えて実行したのだと思われるのだ。


我々は今日午後3時に公表される今上天皇の生前退位に関する声明を聞くことになっている。しかし、実は現在東京に住む皇室一族は秋篠宮も含めて影武者に過ぎないのかもしれない。

そして真の天皇は京都にすら住んでおらず、江戸時代以降は唐津や大阪に住んでおり、1970年代に鎌倉に本拠を移したのかもしれない。

. . . 本文を読む




 □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

───────────────────────────────────
●話題沸騰!議論騒然!!
「国家簿外資産」のリアリティを知らなければ未来は分からない!!
ここだけでしか聞けない”真実“。
────あなたはもう「週刊・原田武夫」を聞かれましたか?
(今すぐこちらから⇒  http://urx3.nu/umt2)
───────────────────────────────────
「我が国は公的債務が膨れ上がって、やがてデフォルトする」
今、永田町・霞が関ではそんな不安が膨れ上がっています。

大手メディアは一切書いていませんが、財界もどよめき始めています。
恐れていた国家破産がいよいよ目前かもしれないと震えあがっているのです。

しかし。
それはあくまでも「表の世界」そして「裏の世界」の話です。

本当に物事を動かしている者たちは“そうではないこと”を知っています。
なぜか。国家財政とは異なる「簿外資産」が歴史的に存在するからです。

太陽活動の激変に端を発している現状の動き。
激しさを増す一方のその動きはもはや世界の根底にまで達しています。

そしてついに、動かしてはならぬ「簿外資産」まで達しているのです。
根源的な階層、すなわち王族たちが静かに動き始めています。

そう、もはや選挙で選ばれたリーダーたちが収められる問題ではないのです。
未来を決めるのはこの「簿外資産」のレヴェルでの決断なのです。

「闇の世界」、すなわち本当に世界史を動かすリーダーたちを知るIISIA。
だからこそ、他のどこでも知ることが出来ない真実を特別にご説明します。

音声レポート「週刊・原田武夫」2016年8月5日号。
そこで全てを代表・原田武夫が語りつくしています。

あなたは・・・もう聞かれましたか?

こうした点と点を結んだ線の先に答えがあります。
「闇の世界」へと至る一つの光が見えてきます。

あなたには・・・見えますか?
問われているのは、そのセンスなのです。




●≫ The Ghost of Versailles. | IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 ? haradatakeo.com 2016年08月07日

To understand the matter completely, we’d better kick off with remembering an incident on the border between Italy and the Switzerland in 2012. According to reports of western financial media, two Japanese gentlemen were allegedly arrested for having tried to bring out boxes, which were full of old “faked” USG bonds issues in 1934. The USG bonds were declared as “counterfeited”, because the US authority immediately announced so after the incident became known publicly. And in the course of time, nobody looks back to the event anymore .

Nevertheless, experts of counterfeiting and “genuine” financial intelligence know we shouldn’t simplify the matter in such a way. Particularly, when you’re informed of the existence of “IBOE”, you’re automatically invited to get to know what really matters between “IBOE” and these old “faked” USG bonds with tremendous far price.

For those who are extremely curious but don’t have any direct connections to classified information on the real financial world, let me mention the following briefly: To understand the matter completely, you have to get back to boxes of the Versailles treaty, which were full of USG bonds with tremendous par price. The point is who backed the bonds for the sake of USG. And who bought the bonds, which were issued with unbelievable par price?

If you regard the whole story as “faked” and never think it to be authentic, you don’t really need to go further with me. If you don’t stick to the so-called “common sense” and want to jump out of intellectual frameworks given by mass media, you need at first to work on the question who backed the bonds by what.

The word “IBOE” then gives you a missing link between the bonds and the on-going reality: All the holders of IBOE which is issues and delivered once every four years by US presidency, are legally entitled to claim their ancestors backed the USG bonds. Now, you may wonder who they are. A Japanese gentleman living in Kamakura, who holds the fourth Sacred Treasure, is included.

The ghost of Versailles reveals. Without recognizing its significance and reality, you can’t simply go forward. I’ll work on this issue further with my mentors in financial intelligence. Stay tuned.
http://haradatakeo.com/?p=64150





●≫ The Parallel World of Japan | IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 ? haradatakeo.com 2016年07月16日

A mentor of mine, who’s deepen his experience and thoughts to this direction, told me the ultimate truth recently: There IS the fourth treasure which is indispensable to identify you to be the genuine Japanese Emperor. It’s a tea scoop made by fragrant wood originally possessed in SHOSOUIN(正倉院)in Nara. Without showing you have this fourth treasure added to other three, you can’t prove to be the authenticity of the successor of the Japanese Imperial House.

Now, you may wonder who actually possesses this fourth one. Don’t hesitate call the Imperial Household Agency to ask the question, if your own identification needs to be deleted in official documents of Japanese authority. Anyway, the truth is truth, which nobody can’t deny. Please be always reminded of this simple fact, which is never explained to you in the Japanese public. When you’ll succeed to find out the possessor of the fourth one, you’ll immediately get into the publicly unknown “parallel world” of Japan.
http://haradatakeo.com/?p=63847





山田宗徧

●宗偏流 - Wikipedia

宗偏流(そうへんりゅう)は、山田宗徧に始まる茶道の一派。現在家元は神奈川県鎌倉市にあり、財団法人として茶道宗徧流不審庵がある。

山田宗徧は、本願寺第10世証如に仕えた周善(仁科盛俊)が開いた長徳寺の第5世にあたり、本姓は仁科である。父より長徳寺を受け継ぎ周覚宗円と号したが、茶道を好み長徳寺を辞して母方の姓の山田を名乗った。承保元年(1652年)に千宗旦のもとで皆伝を得て、洛北鳴滝村三宝寺に庵を結んだ。このとき宗旦から贈られた四方釜にちなんで、大徳寺の翠厳から四方庵の額を受けている。

明暦元年(1655年)宗旦の推挙で三河吉田藩の小笠原忠知に仕えた折りに、宗旦は利休以来の不審庵、自らの隠居の今日庵の庵号を用いることを許している。

その後元禄10年(1697年)小笠原長重が武蔵岩槻藩に転封となるまで4代にわたって仕え、職を辞して江戸郊外の本所に茶室を構えて多くの門人を集めた。中でも豪商の鳥居宗逸には今日庵、三河新城藩主の菅沼定実には四方庵の庵号を譲り、自らは不審庵を称した。
以来、山田家代々で小笠原家の茶堂を務めていたが、小笠原家領地だけでなく江戸下屋敷の近くにも茶室を構えていた。とくに4世宗也は宗徧流中興と称せられる。



8世宗有は実業家山田寅次郎として、特にトルコとの交流で知られている。明治23年(1890年)、日本よりの帰途にあった親善使節を乗せたオスマン帝国軍艦エルトゥールル号が紀伊半島沖で難破沈没した。

山田寅次郎は遺族に贈る義捐金を集め、青木周蔵外相の意によりトルコに赴き、皇帝アブデュルハミト2世の求めに応じて滞在を続けた。

一時帰国の後もイスタンブルに中村商店を開いて18年間に渡って日本とトルコの間を行き来している。滞在中は通商や文化交流に貢献し宮廷で茶の湯を披露するなどのほか、日露戦争に際してロシア軍艦のボスポラス海峡通過を日本に打電するという逸事がある。

ただし7世宗寿没後40年間の期間、宗徧流は家元不在となったままであった。大正12年(1923年)にようやく8世を継承すると、三島製紙の経営のかたわら宗徧流の振興に尽力した。

歴代

一 周学宗徧 1627年-1708年4月2日
二 留学宗引 1668年-1724年3月29日 初代宗偏の甥、婿養子
三 江学宗円 1710年-1757年3月20日 初代宗偏の孫
四 漸学宗也 1743年-1804年4月1日 三代宗円の子
五 靖学宗俊 1790年-1835年1月3日 四代宗也の子
六 義明宗学 1811年-1863年4月24日 宗偏流時習軒派吉田家からの養子
七 宗寿 1818年-1883年8月22日 六代宗学の妻
八 外学宗有 1866年-1957年2月13日 沼田藩江戸家老の中村家からの養子
九 幽香宗白 1900年-1971年4月20日 八代宗有の長女
十 成学宗囲 1908年-1987年 八代宗有の長男
十一 宗徧 1966年- 宋有の孫、幽々斎と号す

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E5%81%8F%E6%B5%81




●宗徧流流祖 山田宗徧 | 茶道山田宗徧流不審庵


山田宗徧は、京都二本松の東本願寺派長徳寺願寺(京都府京都市上京区菊屋255)の第五世で、僧職にあり、仁科周覚(にしなしゅうがく)が本名でした。お茶が好きで、六歳の頃から茶道を学んだと言い伝えられており、十八歳で70歳に近い利休の孫宗旦の門に入り、本格的な茶の修行を始めました。

入門して八年後、宗徧は、茶の湯をもって世に立つ決心をしました。生家の長徳寺を去り、母方の姓である「山田」を名乗って、洛西鳴滝の三寶寺に草庵を造営、茶の師匠としての第一歩を踏み出しました。

この独立に際して師の宗旦から、利休伝来の四方釜を贈られ、禅の師である大徳寺の翠巌(すいがん)和尚からは、釜にちなんで「四方庵(しほうあん)」という額が与えられました。この時から宗徧は「四方庵宗徧」と名乗り、宗旦を通して学んだ利休侘び数寄の普及を始めたのです。


画像

初代宗徧道具置合図

現代のグラフィックデザイナーがMacなしでこれをつくったなんて!と言わしめるデザイン性を持つ点前座の位置、道具の位置を図式化したもの。このおかげで、当流では300年前と同じことを再現することができる。



宗徧が独立したことを知ると、学友であった本願寺の琢如上人は、日蓮宗山内であるにもかかわらず、宗徧を訪ねることにしました。宗旦は「大事の火箸」と南蛮の水壺をもって駆けつけ、水屋で宗徧の世話をし、茶会終了後には手に手を取って喜んだという、茶道史に輝く子弟愛の「四方庵の逸話」が生まれました。

その後、宗徧は宗旦の推挙で、三州吉田(愛知県豊橋)の城主であり、江戸幕府の老中であった小笠原忠知に仕えるために新天地に旅立ちます。

忠知は江戸の茶の湯の華美な傾向に飽きたらず、宗旦の侘び茶に心を寄せ、宗旦を城内に迎えることを懇請しました。しかし八十歳近い高齢だった宗旦は、それを固辞し、代わりに愛弟子の宗徧を推薦したのです。このとき宗旦は宗徧に、利休古来の古渓和尚筆による「不審庵」 の額と、玉舟和尚の筆による「不審」の二文字に、偈(げ)を宗旦自らが書いた軸と、自筆の「今日庵」の書を与えました。そして、宗徧に「不審庵」「今日庵」の庵号を両方とも使うことを許したのです。

宗徧は小笠原家の茶頭(さどう)として、小笠原家の四代に渡り、四十三年仕える間に、茶道史上初の、初学者向けテキスト「茶道要録」「茶道便蒙抄」「利休茶道具図絵」を刊行し、誰でも茶の湯を楽しめるようにするという、利休侘び茶のビジョンを実現します。

小笠原家の国替えを機に、宗徧は、娘婿の二世宗引に跡を譲り、70を超えてなお故郷である京の都を目指さず、新興都市江戸に出て、茶道を広げる挑戦をします。

利休四世としての宗徧の「不審庵」を伝えていく山田家の血が絶えないよう、小笠原家は、江戸三十間掘の材木商である岡村宗伯を山田家分家として「時習軒」を立てさせました。今日庵を譲られた鳥居宗逸や岡村など豪商や町民が、おごらず官位も持たず市中に茶を広める宗徧に共鳴し江戸での活動を支えたのでした。

宗徧の名前が世の中に広まるのは、赤穂浪士討ち入りの晩に茶会を催していたことです。同じ宗旦門として、また同じ三河にいた縁で、江戸に出た宗?は、吉良様の邸の近く、本所に住まいを定めました。そして、そこに赤穂浪士の一人、大高源吾が身分を偽って入門し、茶会の日を聞き出し、討ち入りが決行されました。現在でも家元では吉良、浅野両家の菩提を弔う義士茶会が行われています。

宗徧の個性は、都市の洗練、自由の追求、軽やかさ、身体性、鋭さ、挑戦、カジュアル、丁寧、引き算の美、飾らないという点にあります。それが、空間、道具、動き、もてなしの間として伝わり、利休正流とも言われ、三河、江戸、唐津、長岡などで親しまれ、今日に続いています。



二代以降、唐津、大阪と経て、十代で鎌倉を本拠として現代にいたります。 墓は浅草願竜寺願寺(東京都台東区西浅草1-2-16)にあり、宗徧の茶室の遺構「淇篆庵」が 明願寺(愛知県岡崎市伊賀町西郷中114)にあります。


小笠原家の縁で、唐津近松寺の矢野老師が総長である時代に、京都五山別格大本山南禅寺で献茶が始まり、宗有が不識庵、10代宗?が窮心亭を寄進し、毎年4月に流祖忌を行っています。

また、伊勢皇大神宮でも10月に献茶を行い、松下幸之助翁寄進の茶室で席を持っています。その他、鎌倉鶴岡八幡宮、川崎大師平間寺、靖国神社で家元献茶が行われています

http://www.sohenryu.com/about.html



ー転載おわりー

エタ ヒニン 部落差別、朝鮮人差別、の淵源は、古代の、渡来人による王権争奪とタルムード・ユダヤ教の流入にある。

January 25 [Wed], 2017, 7:10

紀元300年代までの日本建国時の弥生人による王権争奪で、日本原住の縄文人は、熊襲、土蜘蛛、はなたれ、耳垂れ、鬼、などと蔑称された。

そこにある古代の差別蔑視は、いったい、「どんな地獄の底まで」、いってしまったのか?


日本原住民縄文人への蔑視と近隣民族蔑視の、淵源


≪“日本人の誇り”が、近隣民族と自国の特殊で原住な部族を差別蔑視することによってしか成り立たないようなものであるのなら、それは惨めな物でしか無く、「日本人の誇り」を云々するのなら、我々は真の歴史科学と真の倫理美学により、真の「日本人の誇り」を創り出さなければならないのである。≫



鰐一族・和珥(わに)氏 のおさらい。


●鰐一族・和珥(わに)氏=黄色人種セム系のダビデの子孫=失われた2氏族は、ユダヤ3種の神器を持って、日本に遣って来た。旧約聖書とタルムードは持たず。

●古代真性ユダヤ鰐一族、日本原住民のYAP遺伝子を持つこの一族が、日本に戻って来たシュメールの神武天皇からヤマトタケル尊まで、の日本原住民のYAP遺伝子を持つ系譜に、合流した。。



そしてこの、シュメールと和珥(わに)氏=真のユダヤの一族は、百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた。


(※神武天皇からヤマトタケル尊まで、の系譜である九州豊国邪馬臺國(やまと国)王朝は、ニギハヤヒ系の神功による豊国征伐によって滅亡した。)




=============================

ここから、地の文は、次の

自虐史観批判論の決定的不備!!!!!!!!!!!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12238195893.html

からの抜粋引用になります。



神奈川県伊勢原市に比々多神社という神社が有るが、この神社のお祭りの時に、シュメール民族+和珥(わに)氏=熊襲の熊谷直実の人形の出し物、が担がれ、而もこの神社はヤマト尊(スメラ)所縁の地である。

ところで熊谷直実とは今日、被差別部落の象徴であり、という事は、

九州のシュメール王朝が百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた後、

呑み込まれなかった熊襲は穢多・非人と言った社会的最底辺の民に落された事を意味する。』



●百済系天皇一族に呑み込まれなかった鰐シュメール熊襲は、「鬼か鬼以下」穢多・非人と言った社会的最底辺の民に落された。

(東テイ国から豊国に侵略した神功の「やまと国征伐」のとき、玄海灘の壱岐に住む島民は神功軍によって全員「鬼」とされ、漁に出ていたものを除いて全島民が殺害されたらしい。日本最初のホロコースト。鬼凧おんだこ伝説として残されている。)





●聖徳太子の時代に、後秦を経由してイスラエル王国系のユダヤ人=白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテが、日本に遣って来た。

●彼等はラビ僧に依る異教徒の子供の生贄・人食の風習を日本に持ち込んだ。



『もう一つ、天皇家にユダヤの血が混ざったのは、聖徳太子の時代に後秦を経由してイスラエル王国系のユダヤ人が日本に遣って来た時である。

これは白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテであった。

彼等はラビ僧に依る異教徒の子供の生贄・人食の風習を日本に持ち込んだ。伊勢神宮系の神社の鳥居が赤いのは人食の生贄にされた人の血の色である。

ところで古神道・出雲大社系の神社や、比々多神社の鳥居は赤く塗られおらず、石の材質のままである。』




●タルムード・ユダヤ人のラビ僧=伊勢神宮系の神官が、ダビデの子の真のユダヤ人達、つまりその時既にエタ・非人とされていた人達を、儀式に於いて生贄として殺し食したとの説。

●殺された自分達の仲間を葬る事から自然に墓堀人・葬儀屋に成った。

●日本人に普く存在するエタ・非人蔑視と朝鮮人蔑視意識は、秦一族のタルムード・ユダヤ教による伊勢神宮ユダヤ教書き換え神道、彼等タルムード教信仰者による、エタ・非人をお供え物とする人食カリバリズムと、朝鮮系の渡来人のエタ・非人化、、に起源があり、現在まで同和エタ部落問題と朝鮮人蔑視意識の伏流水となっている。



『このタルムード・ユダヤ人達の到来により、先に鰐氏として古代ユダ王国から遣って来ていたダビデの子のユダヤ人達、つまりその時既にエタ・非人とされていた人達を特に、タルムード・ユダヤ人のラビ僧=伊勢神宮系の神官が、儀式に於いて生贄として殺し食したとの説が成り立ち得るのである。

エタ・非人が代々墓堀人・葬儀屋であったのは、その様にして生贄にして殺された自分達の仲間を葬る事から自然に墓堀人・葬儀屋に成ったと考えられる。

その中に、鰐氏だけでは生贄にするのに人数的に足りなくなって、支配階級になれなかった朝鮮系の渡来人をもエタ・非人に加えたと考えられ、

日本人に普く存在する朝鮮人蔑視意識は、秦一族のタルムード・ユダヤ教に乗っかった百済系弥生人天皇一族による、朝鮮系の渡来人のエタ・非人化とその彼等の人食の歴史に由来していると考えられる。』




『“日本人は昔から平和な民族であった。”という主張は、このような現実の歴史により棄却されるのである。

平和とは、社会正義が保証される平和とは、意識的に創り出さなければ、実現する事が昔から難しいものなのである。』






引用元:

自虐史観批判論の決定的不備!!!!!!!!!!!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥

http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12238195893.html




関連する前回の記事:

日本原住民はアイヌ人とシュメール人、九州シュメール王朝は神武・ヤマトタケルの系譜。日本原住の古神道は、半島から来た王朝で、ユダヤ一神教の伊勢神宮神道になる。
January 22 [Sun], 2017, 7:21

http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/197



日本原住民はアイヌ人とシュメール人、九州シュメール王朝は神武・ヤマトタケルの系譜。日本原住の古神道は、半島から来た王朝で、ユダヤ一神教の伊勢神宮神道になる。

January 22 [Sun], 2017, 7:21

今回は、

・日本列島に紀元前に住んでいた原住日本人は何人であったか。

・日本列島で王となり天皇となったのは何人であったか。

・日本列島で王となり天皇となった人とその中心勢力となったひとたちに、どのような思想が形成されたのか、どのうな思想が伝来したのか。

がテーマです。このうち、思想が形成、伝来まで行けないかも、ですが。



紀元前数千年前から紀元前千年ころまで日本列島に住んでいたのは、日本原住民と言われるひとたち、アイヌ人とシュメール人=日本原住縄文人。

佐野千遥氏による一連の「言語族による世界の民族の系図ー日本人の系譜」論をおさらいします。



===========================================

以下の記事で、『』で括った地の文は、次の、

追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥

http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html

からの、抜粋引用になります。





日本列島原住民はなに人?



●【日本列島原住、古代縄文アイヌ人とは】根元から高い鼻、目尻が下がった眼、長い手足を持った色白で毛深い アイヌ人はムー大陸系白人


『今日でこそ弥生人と混血してしまっているため、その特徴は不明確に成ってしまって居るが、明治初期にヨーロッパから遣って来た人類学者達は、長頭、秀でた額、狭い鼻幅、尖った鼻、根元から高い鼻、目尻が下がった眼、長い手足を持った色白で毛深いアイヌを見てこれはヨーロッパ系と見做した。アイヌ人はムー大陸系白人である。』



●【日本列島原住、古代縄文シュメール人とは】大きな眼をしていた シュメール人は文字を持ったムー大陸系黄色人種。



●【ムー大陸系黄色人種シュメールは、カナーンの地に至り、後に多民族国家イスラエル・ユダヤ王国のセム族を成した。】

●【ムー大陸系黄色人種シュメールは、残っていたムー大陸の一部である日本列島に居住し、アイヌと平和共存】

●【日本列島原住となったムー大陸系黄色人種シュメールは、あるとき日本列島を後にして、海路、中東のチグリス・ユーフラテス川の河口付近に赴き、人類初の文明であるメソポタミア文明を開闢した。】



『アイヌ人と混血していたアルタイ語族の黄色人種シュメール人は、誤って負の誘電率・負の透磁率の北極の穴の中に入り、高度の知見を得た後、穴から出て来て、日本列島への方と中東への方に、二手に分かれ、

このシュメールのグループは北極を越えた後、ヴォルガ川の源流辺りから南下し黒海の脇を通り越してカナーンの地に至り、後に多民族国家イスラエル・ユダヤ王国のセム族を成した。

もう一方のシュメール人のグループはカラフト・サハリンを南下して、残っていたムー大陸の一部である日本列島に居住し、アイヌと平和共存し混住していたが、


或る時、そのシュメールは日本列島を後にして、海路中東のチグリス・ユーフラテス川の河口付近に赴き、人類初の文明であるメソポタミア文明を開闢した。』



こんにち、YAP遺伝子を持つ人種とは


●【YAP遺伝子を持つ人種は、アイヌ人とシュメールの子孫=日本列島原住民・縄文人と真性ユダヤ=アラビヤ人のみ】


『そしてYAP遺伝子はアイヌ人に起源を持つ遺伝子であり、アイヌ人とムー大陸時代から混住していたシュメール人がアイヌ人のYAP遺伝子を中東へと持ち運んだ結果、今日、YAP遺伝子を持つ人種は、地球上で日本列島原住民アイヌとシュメールの子孫とユダヤアラビヤ人のみとなった。』




古代ユダヤ=日本原住民由来のシュメール人は、タルムード・ユダヤ教ではなく、純正ユダヤ教を信仰。


●【元は日本原住民アイヌのYAP遺伝子を持つシュメール人が成した、ユダヤの黄色人種セム族は、純正ユダヤ教を信奉した。】

●【紀元7世紀初頭に、YAP遺伝子を持つシュメール人が成した、そのセム族の、純正ユダヤ教は、イスラム教へと進展した。】



『古代イスラエル・ユダヤ王国は、黒人ハム、黄色人種セム、ムー大陸白人ヤペテが居住する多民族国家であった。

アルタイ語族シュメール人が成した、ユダヤの黄色人種セム族は、イスラエル・ユダヤ王国を支配したのは白人ヤペテであったので、ヤペテの言語が強制され、習得されたセム語を喋るようになり、又、宗教としては純正ユダヤ教を信奉した。

紀元66年〜70年の第1次ユダヤ戦争でローマ帝国にユダ王国が滅ぼされた後、セム族は周辺地域に退去して統一国家を持たなかった。

紀元7世紀初頭にセム族の純正ユダヤ教は、イスラム教へと進展した。

また古代セム語に今日最も近い言語が、支配者階級白人ヤペテのヘブライ語では無く、アラビヤ語となったのもこのような経緯に依っている。』



日本人とユダヤ人



こんにちのユダヤ人は、日本原住民の系譜にある真性ユダヤと、モーゼのタルムードユダヤ教を信じるハザール帝国由来のアシュケナージュ・ユダヤ、に分けられる。



●【白人ヤペテ族はムー大陸白人のハンガリア人であり、
その頭目のモーゼが、邪教タルムード・ユダヤ教の創始者である。モーゼのユダヤ教=タルムード】

●【ヤペテは東欧に逃げてその地に居たハンガリー人を邪教タルムード・ユダヤ教に改宗させ、ハザール帝国を築いた。ハザール・ユダヤとハザール・ユダヤ教=タルムード】




『古代イスラエル・ユダヤ王国の、もう一つの構成民族であった白人ヤペテ族は、ムー大陸白人のハンガリア人であり、
その頭目のモーゼが、邪教タルムード・ユダヤ教の創始者である。


白人モーゼのユダヤ選民思想は白人至上主義と同根であり、紀元66年〜70年の第1次ユダヤ戦争でローマ帝国にユダ王国が滅ぼされた後、

ヤペテは東欧に逃げてその地に居たハンガリー人を邪教タルムード・ユダヤ教に改宗させ、ハザール帝国を築いた。

又、このムー大陸系白人のハンガリア人は、その昔ムー大陸が沈んだ時、北へ逃げて北極を越えようとした時、誤って北極に穴の中に迷い込んだが、余りに悪党なのでアルザル人に追い出された。』




=================



●【今日の日本語は百済語であり、朝鮮韓国語は新羅語である。】


『何年か前に平成天皇が韓国で「韓国と日本とは昔から縁が深い。桓武天皇の母親は百済から嫁入りした。」と語った。当時宮廷では、百済語を喋っても言語上の問題が生じなかった事から、天皇一族は百済語を当時宮中で喋っていた事が分かる。

日本語は文法が98%韓国朝鮮語と共通である。よって日本の支配民族は朝鮮韓国系の渡来人であることが否定できない。』



日本のシュメール王朝



●【1万年前のシュメール文字で書かれた古文書を基に、元来た日本に海路戻ったシュメール人。】

●【彼等は九州に王朝を開いた。】

●【この九州のシュメール王朝の最後の王子が、ヤマトタケルである。 】



【海の兵シュメールのヤマトタケル日本武尊は、現・宮崎県、美々津河の河口の岩場に、現・大分県、宇佐の神社の石板に、シュメール文字を残した】


『この時代、東国を征伐に行く為に、海の兵シュメールのヤマト尊は宮崎県美々津河の河口から船出した記録が古事記に有るが、その美々津河の河口の岩場にシュメール文字が刻まれており、また東国の征伐に出かける前に大分県の宇佐で饗宴を開いた。その宇佐の神社にシュメール文字が刻まれた石板が残っている。』




九州のシュメール王朝の胎動期




●【朝鮮半島の百済から天皇一族が、九州を来襲した。】


『そうこうしている中に、朝鮮半島の百済から天皇一族が九州を来襲した。

文字を持ったシュメールに対し当時未だ文字を持っていなかった百済族の天皇一族は戦闘に敗れて、アイヌしか居なかった手薄の中国地方の瀬戸内海沿いに逃げて近畿に陣取った。

何故、文字を持っていないと戦争に弱いかというと、シュメールは石片に文字を刻んで司令官達に回し読みすれば闘いの最中に戦術の変更をする事ができるが、文字を持っていなかったアイヌや百済からの天皇一族は、戦術を変更するには、全司令官達を一堂に会して合議して決めなければならなかったからであり、戦闘の最中にはそれは不可能であったからであった。

百済人の天皇族が片仮名、平仮名を発明したのは、このシュメールとの戦争目的で有った。』





=================================

ここからの、地の文は、以下の動画、

倭国北伐考(スメラミコトの豊国征服譚) 福永晋三先生T

https://youtu.be/CP0R9Dp5x00

からの、「書き起こし」抜粋引用になります。





■ニギハヤヒ 饒速日尊=天照大神 の来襲=天孫降臨 と倭の奴国(ぬこく)建国


≪朝鮮半島から玄界灘をわたって渡来した弥生人、ニギハヤヒ 饒速日尊 = 天照大神 が、現・福岡県の遠賀川河口遠賀湾岸に上陸し、前14年 豊葦原瑞穂国の笠置山(宮地嶽神社)に降臨、天孫降臨。

ニギハヤヒと天物部八十氏。 筑豊の山や島を領有していた天物部八十氏がニギハヤヒに従う。

ニギハヤヒ 饒速日尊は、たじからのみこと手刀男命の手助けで、豊ノ国の天の香具山(現・福岡県田川郡香春町)の岩屋戸 なつは なつよし 夏羽焼の荘、で スサノオ 素戔男尊 (速須佐の男の命) を処刑。石のスレートで圧死。
 
出雲は豊の国にあり、豊の国がスサノオの出雲王国の中心地だった。ニギハヤヒによるスサノオ処刑により、スサノオの子と一族が、島根へ追いやられた。


(ニギハヤヒ饒速日尊の弟、ニニギ 瓊瓊杵尊は、朝鮮半島から玄界灘をわたって渡来し、博多湾岸に上陸、天孫降臨)


ニギハヤヒ 饒速日尊は遠賀湾、筑紫、豊国に「倭の奴国(ぬこく)」を建国

ニギハヤヒの子 あまのかぐやまのみこと天香具山命 に金印

宮田町に ニギハヤヒ 饒速日尊は 埋葬されているはず。≫






■神武天皇が、九州豊国に邪馬臺國(やまと国)を創始するまで。


・鞍手郡誌(射手引神社社伝)に、神武・東征コース が詳しく書かれている。

・香春岳一の岳 畝傍山の東南に橿原の宮 神武天皇の皇居

・香春岳一の岳 畝傍山の東北に眠る おほきんさん 神武天皇の墳墓



●神武の第一次東征。神武は父のフキアエズとともに、火の国(のち肥前)吉野ヶ里付近おさかの大室屋を攻め落とし、後に神武軍は、筑紫の、遠賀湾のニギハヤヒ饒速日尊の奴国を攻めるが、敗戦。

神武軍は現・大濠公園の草香江に撤退し、戦の傷で死去した兄をかまど山(宝満山)に葬り、竈(かまど)神社にて三年、兵力を立て直した。



うさつひこ うさつひめ が妻垣神社で神武を迎える 
うさかかわかみ

妻垣神社
http://www.tumagakijinjya.com/
大分県宇佐市安心院町妻垣203番地


●神武の第ニ次東征。[都麻垣宮旧事記] 神武は太陽を背にするコースを得るために関門海峡から宇佐方面へ迂回し、神武は安心院のスサノオ故事に則って妻垣神社に来て、今度は太陽を背に香春岳めざして第二次東征を出発した。彦山・高良山を拠点にしていたカラス天狗族(ヤタガラス)を味方につけ道案内を得た。

・求菩提山八天像(豊前坊とヤタガラス)  インド・アーリア系 農業鉱業金銅鉄のテクノクラート



●饒速日尊王朝の倭の奴国(ぬ国)を制覇 

・立岩神社  神武が、饒速日命の天孫降臨モニュメントの岩帆を割る

・立岩遺跡(岩屋戸近く)の物証  甕棺の中に、饒速日尊による速須佐の男の命征伐を手助けした手刀男命の子孫 にして処刑された磯城彦の先祖 と思われるの人物の人骨。 紀元前の前漢式の鏡が出土。

●[求菩提山(クボテサン)縁起] 神武は 奴(いぬ)の邪をはらい九州をおさめたまふ



■神武天皇 121年、現・福岡県田川郡香春町の香春岳のふもと橿原の宮に於いて、邪馬臺國(やまと国)朝廷として即位 



・107年 後漢の安帝に生口(食肉用の奴隷)一六O人を献ず。

倭の男王が死去して70〜80年後に、倭王に女子を共立した。

(200年) 卑弥呼即位。倭国大乱ののち女子共立して邪馬台(やまと)国の王として即位した。宗女にして跡を13歳で継いだ壹與(トヨ)。

・238年 卑弥呼が魏に使いを出した。


107年と238年のあいだにある辛酉の年は、121年である。


121年 「辛酉年の春正月の夷辰朔に、天皇、橿原の宮に於いて帝位に即きたまふ。」
邪馬臺(やまと)國を建国。




●男王(神武)から70〜80年ののち、(200年に)、豊国邪馬臺國(やまと国)の王へと共立された卑弥呼と、継ぎとなった卑弥呼の娘、壹與(トヨ)。この時代、倭国大乱は収まりしばらく安穏が訪れた。。




■景行天皇北伐 (おおたらひこ大足彦忍代別天皇の北伐) 卑弥呼を継いだトヨの時代


播磨の国から 豊の国を目指す  播磨風土記
うさつひこうさつひめの子孫=はなたり 土蜘蛛 をせめる
紫の 小倉 京郡 筑紫の椿 踏み石 北九州くたみ 帝踏石
 

天の香具山あたりでヤマトタケルが迎え撃つ 防衛戦
 
「草なぎのツルギを以て、・・衣服岐能山(いふきのやま)の神を取りに」
古事記ではヤマトタケルの歌

「倭はくにのまほろば たたなづく」 日本書紀は景行の作にした

景行と ヤマトタケル天皇を入れ替える 記紀は、景行天皇の子=ヤマトタケル にした


ヤマトタケルは景行天皇の子ではない。邪馬臺國(やまと国)への侵略者の、景行と闘った邪馬臺國(やまと国)天皇の位にあった。

白鳥の稜か鞍手町のふるもん神社あたりにあった(仁徳記)


ヤマトタケルの子=新北尊
ヤマトタケルの孫=おしくまのみこ (日本書紀)




●日本のシュメール王朝、滅亡へ



■神功皇后の西征 ニギハヤヒ饒速日尊の流れである奈良と丹波を中心とした東てい国による、景行の豊国北伐で弱体化した九州ヤマト国への、挙兵だった。 九州の物部族がしたがう
 

神功に討伐される、ヤマトタケルの孫=おしくまのみこ忍熊のみこ 豊国のおうみのうみにもぐろう 入水  豊国の宇治川に浮かぶ

神功は、おしくまのみこの、くさなぎのツルギを探す うじにとらえる 
神功皇后と応神 最新のくさなぎのたち所有者となった


ヤマトタケルの孫=おしくまのみこ忍熊のみこ=熊坂(曲さか)王=仲哀天皇(ヤマトタケルの子か孫) 神功の夫ではない  
神功の夫=仲哀天皇(ヤマトタケルの子)はダミーであり、神功の夫は、「たけ振熊のみこ」=紀たけうちのすくね=「武」内宿禰=藤大臣



神功は、ヤマトタケルの子の仲哀天皇を夫とし、神武からヤマトタケルまでの血統の正統性を作為しながら、ヤマトタケルの孫=おしくまのみこ=仲哀天皇、を死へ追いやることによって、マトタケルまでのヤマト王朝の血統をくつがえす、クーデター=大乱を挙行した。



神功は、まず、筑紫の末羅縣(宮地岳神社と周辺)の勝門比売を討つ

そして、ヤマトタケルの孫=おしくまのみこを入水させ、遺体を捜させ、おしくまのみこが身に着けていた、神器=草薙のツルギを手に入れた。



(■※こうして、ここに神武天皇以来のシュメールやまと王朝は滅んだ。)

(豊国やまと王朝を、近畿のやまとに、「すり替え」、とともに、ここに日本建国天皇史における、最大級の、何の対価犠牲をはらっても、絶対隠しておきたい、ねじ曲げ、ウソ、でっちあげ、がある。)




神功は、紀たけうちのすくね、の紀政権を立て、三潴(現・久留米市)、ミヌマに皇都を置いた。
大善寺玉垂宮と朝妻の曲水の宴 ここにいったん豊国邪馬臺國は滅ぶ。





●倭の五王の「哲」と「継体」のとき、豊国邪馬臺國が復権。



●じんしんの乱 大海のみこ天武の豊国北伐 と天智天皇の敗北は 近畿ではなく、九州豊国やまと国での故事。

天智天皇 自殺か他殺 ちかつ近江と 吉野 = 豊国 遠賀川と 彦山東南の、山国川吉野離宮




■九州豊国邪馬臺國(やまと国)王朝は、天武の壬申の乱以後、筑紫大地震が起こった以後、近畿に民族大移動。


豊国邪馬臺國天皇家は、豊国邪馬臺國にあった地名と、豊国邪馬臺國ですでに実施されていた律令制度と貨幣の鋳造と、寺社建築の技術をもって、一切合財、近畿奈良に大引越しした。

そこから、近畿の天皇家とその実体をもつ故事は始まり、地名、寺社建築が、律令制や貨幣制が、開始ないし再構築ないし移築が活発におこなわれた。


豊ノ国にあった現在は国宝級になっていたはずの寺は、およそ百年かけて、近畿奈良に移築した。

太宰府、観世音寺 ⇒ 奈良の飛鳥、法隆寺



※参照記事

飛鳥という地名と法隆寺建築技術は九州王朝の文明システムだ。
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/190



=================================

ふたたび、地の文は、

追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥

http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html

からの、抜粋引用になります。




●鰐氏は和珥氏 → 和の国

鰐氏は、和珥氏(わにうじ)とも書く。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%8F%A5%E6%B0%8F 

和爾・和珥・鰐などとも記される
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/hig_wani.html 

和仁氏とも書く

その和がヤマト民族・和人・倭人と成る。





鰐一族=黄色人種セム系のユダ王国の失われた2氏族と、日本に戻って来たシュメールが、合流した



●鰐一族=黄色人種セム系のダビデの子孫のユダ王国の【失われた2氏族】(非タルムード・ユダヤ系、つまりヤペテ・モーゼ系でないユダヤ)が、日本に戻って来たシュメールに、合流した。鰐氏・和爾・和珥 和仁氏。その和が 和の国・ヤマト民族・和人・倭人と成る。。

●鰐一族=黄色人種セム系のダビデの子孫=失われた2氏族は、ユダヤ3種の神器を持って、日本に遣って来た。旧約聖書とタルムードは持たず。


●古代真性ユダヤ鰐一族と、日本に戻って来たシュメールが合流した、YAP遺伝子を持つこの一族が、神武天皇からヤマトタケル尊まで、の系譜である。



『メソポタミアから戻ってきたシュメール(スメラ)に鰐一族=黄色人種セム系のダビデの子孫のユダ王国の失われた2氏族(非タルムード・ユダヤ系、つまりヤペテ・モーゼ系でないユダヤ)が、ユダヤ3種の神器を持って日本に遣って来て(しかし旧約聖書とタルムードは真のユダヤ人ダビデ系であるために持って来なかった)、シュメールに合流した。

そしてこのシュメール+和珥(わに)氏の真のユダヤの一族は、百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた。』



(※神武天皇からヤマトタケル尊まで、の系譜である九州豊国邪馬臺國(やまと国)王朝は、神功の豊国征伐によって滅亡した。)




出雲大社の多神教の古神道から、伊勢神宮のユダヤ一神教の天照大神の神道へ



●中東に行かないまま太古の昔から日本列島に留まったシュメールの物部氏が、出雲大社の祭祀を司っていた。

『当時日本列島の広い範囲にアイヌが居住していた。シュメールの拠点は九州と名古屋と三浦半島と古代製鉄所の有った石巻と後、中東に行かないまま太古の昔から日本列島に留まったシュメールの物部氏が祭祀を司っていた出雲大社であった。』



●聖徳太子とユダヤの十士族の一つの秦氏の改変準備


『聖徳太子は百済人の天皇一族と曽我氏との混血であった。聖徳太子は5か国語を喋る事が出来た。天皇一族の百済語、高句麗系の曽我氏を親に持っていたのだから高句麗語、遣隋使を遣わしたのだから中国語、新羅と和を結んだのだから新羅語、そして驚くべき事にセム語を喋る事ができた。

何故セム語を喋れた事が間違いないかというと、聖徳太子は後秦で厚く持て成された失われたユダヤの十士族の一つの秦氏が新羅経由で日本に到着すると、その秦氏の秦河勝(はたのかわかつ)を相談役としたのである。相談役といえば、相手の喋る言語を全面的に良く理解できなければならない。

聖徳太子は中東から殆どセム化して日本列島に戻ってきていたシュメール人からセム語を習ってあったと考えられる。』



●秦氏が、古神道を伊勢神宮系の神道に衣替え


『天皇一族は、日本列島原住民の出雲大社の古神道に代わって伊勢神宮を中心にした新しい神道に神道を衣替えさせたが、その際、新羅経由で日本に遣って来た、【失われたユダヤの十士族】の一つの秦氏を日本全国に派遣して、伊勢神宮系の天照大神の一神教に神道を衣替えした。

その際、伊勢神宮系の神社の裏手に列島原住民の神であるアラハバキ神を祀る事を忘れなかった。

「アラハバキ」とは古代セム語に最も近いアラビヤ語により分析すると、アラッハはアラーの神様の意であり、アバックが奴隷の意味で有り、その語尾の「ク」=kが「キ」=k + iに成っているのはiが所有格を表す為である。その結果、「アラハバキ」とは「奴隷の神」、つまり「奴隷の列島原住民の神」という意味になる。』




●天皇一族にユダヤと日本列島原住民由来の血統が


日本列島原住でない、元々百済系の天皇一族は、ユダヤ人・秦氏をこの時血族の中に取り込んだ。

斯くて、天皇一族には、セム化して日本に戻って来た日本列島原住民由来のシュメールを、血族的に飲み込み、

新羅経由で日本に遣って来たユダヤ人=秦氏を血族的に飲み込んだ結果、ユダヤの血を引く家系となった。



========================

=FIN=





引用元:追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥

http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html



引用元:倭国北伐考(スメラミコトの豊国征服譚) 福永晋三先生T

https://youtu.be/CP0R9Dp5x00



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenchicjunrei
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-温泉めぐり建築めぐりなど
    ・音楽-60〜80年代のポップスロック
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/index1_0.rdf