健康診断の検便!便秘で出そうにない場合の対策

May 13 [Fri], 2016, 5:02
健康診断の日が近いけど・・・
検便しないといけないんだけど・・・

便秘で肝心の便が出ないっ!

指定の日に便が出る気がしないっ!


どうしよう・・・。
焦りますよね。


病院に確認するのもちょっと恥ずかしいし。


そんな場合の対処方法を簡単に説明します。


まず、健康診断や人間ドックなどでの検便の場合に多いのが

『検査日を含めて4日以内に2日分の便を採取してください』

というもの。


検査日を含めて5日の間に2回の便。


便秘症の人には地獄のようなノルマです。



これを乗り切る為の策として、覚えておいて頂きたいのは
2回というのはあくまでも最善の場合。


絶対に!なにがなんでも2回分必要!

というわけではありません。



ほとんどの場合は1回分で大丈夫です。



少し気が楽になったでしょ?



2つ容器があるのに、1回分しか提出できない場合は、
その貴重な1回の便を採取する場所を微妙に変えて2度採取しましょう。


もちろん提出する際にはその旨を言います。

「便秘症で1回しか出なかったので、場所を変えて2度採取しました」と。



これでOK!!



ですが、もちろん全く出そうにない場合もありますよね。

「明日提出なのに・・・今日も明日も出そうにない!」

そんな時には便秘薬や下剤に頼るのもありです。


ただし、逆に下痢になってしまうと、検査が出来ない可能性が出てくるので
薬の量が大切になってきます。


でも最悪、薬を使って出してもいいのね・・とわかると
少し気が楽になりませんか?



とは言え、検便の機会はこれからも何度もやってきます。


こんなことで悩むのはバカらしくないですか?

毎日スッキリ出れば、それは身体にも良いわけですし、
一石二鳥ですよね。


これを機会に徹底的に腸内環境を改善してみませんか?


ここでおすすめするのは、「ノムダス」というサプリ。

便秘に関連したサプリは多数あります。

ですが、このノムダスは即効性がありません


便秘サプリというと、必ずと言って良いほど、
排出成分が配合されています。


「今日飲めば、明日の朝スッキリ♪」のような売り文句。


これらは確実に排出成分が配合されていて、一時的にスッキリはするかもしれませんが
根本的な解決には全くなりません。



なぜなら、排出成分によって無理に排出する場合、
腸内に留めておくべき善玉菌までも排出してしまうからです。


善玉菌が腸内にいなくなると、さらなる便秘を誘います。


大切なのは、腸内で善玉菌を育てること
腸内を善玉菌の育ちやすい環境にすることです。


そういう意味で、「ノムダス」には全く排出成分が含まれていません。


ですのでゆっくりですが、確実に効果が現れてくるのです。

さらには、腸内環境で改善されるのは便秘だけではありません。

特に女性には嬉しい驚きの効果も出てくるのですよ!

下の画像をクリックで詳しく解説されています。

↓ 腸内環境を整えるとどうなる?「ノムダス」の詳細・効果を確認する ↓