本当に選りすぐりのインプラント専門の歯

November 30 [Wed], 2016, 4:46
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けると言うことも考えていきましょう。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。



現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったと言うことも歯科医院ではよくきかれます。
これでは折角のインプラントが台無しです。

所以としては、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。



より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていないでしょうが、定期的なメンテナンスがおこなわれていれば自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありないでしょうが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行なうごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありないでしょう。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大切な問題です。院内感染防止の対策をサイト上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。



人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。



手術が終わって、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類(難しい名前が付いていることもよくあります)することが出来るのです。



人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。



メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朱里
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kelsqir7ladaar/index1_0.rdf