リュックと生田

August 01 [Mon], 2016, 22:46
多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、忘れてはいけないのが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が減ってしまう事が少なくありません。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。これまでの経験や職務について、志望動機など聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、看護師としての能力と同様に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかりテストされていると思ってください。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてとても現実的な理由として年収が高いということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。しかしながら、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、自分自身も精進に励み、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。看護師は煙草を嗜む人が少ない気がしますが、印象通り、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病気の患者と接する職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している人が多いと理解できます。看護師の職は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働組合のようなものがなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、看護婦を雇う側がきちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takumi
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kelmtroeevi1ee/index1_0.rdf