【 更新情報 】

スポンサードリンク

花嫁の和装での主な髪型

結婚式での和装は日本にしかない伝統的な和装や髪型があります。
最近では和装での結婚式を行う方が減ってきているといわれていますが、伝統的な日本の結婚式なので多くの方に和装での結婚式を行ってほしいものです。

和装での髪型といえば文金高島屋やおすべらしなどが主な和装での髪型になります。
文金高島屋は白無垢や色内掛けでの髪型になり、おすべらしは十二単での髪型になります。

文金高島屋は髷が高くつくられており華やかな髪型で明治時代からの結婚式の髪型になります。
おすべらしはウエディングドレスでいうダウンスタイルの髪型になり、このおすべらしの髪型で結婚式をあげた藤原紀香さんが最近では印象が残っているのではないでしょうか?

あと少し変わったところでいうと最近和装での結婚式をされた沢尻エリカさんは色内掛けの和装に文金高島屋ではなくダウンスタイルの髪型に白百合の髪飾りをつけた髪型をしてましたね〜
あの白百合の髪飾りは文金高島屋でかぶる角隠しをイメージして作られたのだと思います。

和装での結婚式の髪型はウエディングドレスのようにアレンジ方法はないですが、沢尻エリカさんのように今後新しいスタイルの和装の髪型ができそうですね〜

結婚式のゲストの服装や髪型のマナーとは?

結婚式にゲストとして呼ばれた時に悩むのが服装やヘアースタイルなどではないでしょうか?

女性は特に洋服や髪型など迷ってしまうと思います。結婚式にはいろんなたくさんのマナーやタブーがありその中でも結婚式にはふさわしくない言葉から色などあり、ゲストとして結婚式に出席する場合にも結婚式での服装のマナーやタブーがあります。結婚式でのファッションのマナーとして色が重要視されます。

白は結婚式の主役の新婦が着るウエディングドレスとしてふさわしくないとされています。その他には洋服と合わせる小物なども動物や爬虫類系のものは殺生という意味でタブーとなっています。

結婚式での服装はシンプルにまとめた中にもおしゃれを感じさせるようなファッションが良いと思います。あとは昼間に行う結婚式では光りものの小物などはタブーとされていますが、逆に夜から行う結婚式に関しては映える光りものはOK!とされています。

結婚式のスタイルにも昼間行うものから夜に行うものまでさまざまで、最近では平服で良いという結婚式もありますが、最低限の結婚式での服装のマナーは必要だと思います。女性の場合は洋服も髪型もいろいろと工夫やアレンジができるので、おめでたい結婚式にゲストとして出席するときにはおしゃれを楽しむことも結婚式での主役の新郎、新婦に対しても良い印象になると思います。

ウエディングドレスはレンタルで借りる?

ウエディングドレスは基本的に結婚式だけに借りるレンタルと自分だけのウエディングドレスとして購入します。最近ではレンタルでウエディングドレスを借りる人が多い傾向にあるみたいです。

ウエディングドレスをレンタルするメリットとしては、結婚式の当日まできちんと保管してくれることや結婚式が終わってから自分で保管する必要がないこと、一番のメリットはウエディングドレスを購入するより値段が安いことだと思います。

レンタルでウエディングドレスを借りるデメリットとしては人が着たものを着ることではないでしょうか?最近ではレンタルでも新しく入荷したウエディングドレスを選べるものもあるみたいです。

結婚式での見せ場として新婦のウエディングドレスはちからを入れたいものですが、結婚式ではその他にもいろいろと予算がかかるので、ウエディングドレスはレンタルで済ませあとのことに予算を廻せるのでレンタルでウエディングドレスを借りる人が多いのもうなずけると思います。

あとはウエディングドレスをレンタルする場合はウエディングドレスに合わせてつける小物もセットになっていることがほとんどなので、自分で小物を探す手間もはぶけますし、レンタルではかなりの数のウエディングドレスがあるのでウエディングドレスを選ぶ点ではレンタルで十分だと思います。

ウエディングドレスを選ぶ基準とは?

ウエディングドレスは結婚式にとっても新婦にとっても一番の見せ場ですよね〜結婚式へのあこがれはウエディングドレスのほうが強いみたいで、和装での結婚式は減ってきているみたいです。

ウエディングドレスをまず選ぶときはカタログでかたちやデザインを見て自分に合うもの、着たいものを探すと思います。ウエディングドレスはレンタルやオーダーなどがありますが、最近では予算の関係や保管の問題などでレンタルでウエディングドレスを借りる方がほとんどみたいです。

ウエディングドレスを着こなすには自分の身長や体系なども考慮するといいと思います。

ウエディングドレスは見た目が勝負だと思うのであまり自分の体系に合わないとウエディングドレスだけが浮いてしまう感じになってしまうと思うので・・・ウエディングドレスを選ぶ基準としてはまず自分の体系や身長などに見合うものを探し、その中から自分が着てみたいものを選ぶほうがスムーズにウエディングドレスを選べると思います。

あとはウエディングドレスが決まったら髪形や小物などなど、いろいろ決めるのに迷うものが待っているので、ウエディングドレス選びは慎重にかつスピーディーに選んだほうがいいと思います。

ウエディングドレスとのバランスを考えた髪型

ウエディングドレスは結婚式では、なくてはならないものになってますが、結婚式でのウエディングドレスは存在感が抜群でウエディングドレスだけでも見とれてしまいますね〜

ウエディングドレスはドレスだけでも華やかに見えますが、それ以上にウエディングドレスを引き立ててくれるのが髪型だと思います。結婚式での髪型は和装ではかつらが主流である程度決まった結婚式の髪型ですが、

ウエディングドレスに関しては特にこれといった髪型はないので、自分でいろいろな小物を使いアレンジができます。ウエディングドレスの髪型は決めるにあたりウエディングドレスとのバランスがとても大切だと思います。

ウエディングドレスの中でもっとも知られている形としてマーメイドラインやプリンセスラインそしてAラインなどがあると思うのですが、こういったウエディングドレスは形から雰囲気がわかるのでそれに合わせたウエディングドレスの髪型作りが重要だと思います。

結婚式の髪型はウエディングドレスより目立つと浮いてしまいますが、同じ雰囲気で髪型を作ることによってバランスがとりやすいのでウエディングドレスを選ぶときと同様に重要だと思います。

ウエディングドレスでの髪型のアレンジ

結婚式の一番の見せ場であるウエディングドレスですが、結婚式の髪型としてはいろいろな髪形のアレンジがあると思います。

ウエディングドレスが決まってから髪型を決めますが人それぞれ髪の毛の長さなどが違うので、髪型のアレンジ方法も人それぞれ違うと思うます。結婚式でのウエディングドレスの髪型はアップにするか?おろすか?のどちらかになりますね〜

髪型をアップにする場合は髪の毛の長い人が有利ですが、髪の毛の短い人でもエクステやウィングなどで髪の毛を長くしてアップのヘアースタイルにすることも可能です。

髪型をおろす場合のダウンスタイルは、髪の毛の長さはとくに関係ありませんが、髪の毛の長い人はあまり髪の毛がバサバサにならないように少しパーマをかけた感じにしたり、まっすぐなストレートにしたりしてまとまり感がある髪型がいいと思います。

最近の結婚式の髪型としての傾向は髪飾りなどで少しアレンジするのがいいみたいです。髪飾りでのアレンジ方法としてティアラやクラウン、生花などなど着るウエディングドレスに合わせてポイントとして髪飾りをつけるのもいいと思います。

注意点としてあまり髪の毛のボリュームがあるとシンプルなウエディングドレスなどは髪型だけが浮いてしまうので、バランスを考えて髪型を作っていくことが大切だと思います。
P R