結婚式に必要なアイテムって何?激似のウェルカムボードに感激!

July 01 [Fri], 2016, 14:09
結婚が決まってから少しずつ準備をしてきたけれど、
今さらながら会場、衣装、料理、アルバム・・・と
どんどん見積もりが上がっていって恐ろしいことになっています。

新婚旅行も折角だからと以前から憧れていた場所に決めました。
ブライダルエステにも通い始めたこともあり、
予算的なことで不安になってきました。

憧れだった結婚式も、
準備をしていくうちに
こんなにも色々とお金がかかるものなの!と
驚いている方も少なくないのではないでしょうか。

予算内で削れるところは削りながらも
素敵な結婚式をあげたいと誰もが思うものですよね。



そこで結婚式(披露宴)で絶対に削れない
必要なアイテムについてご紹介したいと思います。

披露宴とはもともとゲストの方々をお招きして
おもてなしをする場です。

そう考えると削っていけないものがわかってくると思います。
削っていけないものは直接ゲストの方々に関わるもので、
料理、飲み物、引き出物、ゲストの方々の宿泊費、お車代
祝辞、受付などのお礼は削ってはいけません。

逆に削ってもいいものは、
衣装、写真、ビデオ撮影、プロフィールビデオなどの演出、
エステ、前撮りなどです。

会場装花は削りすぎてしまうと
印象が貧相になってしまうので加減が必要です。

新婚旅行は二人の思い出として楽しむものなので
妥協し過ぎないようにした方が良さそうです。

今は、予算を抑えながらも
自分たちだけのオリジナルウエディングにしようと
ブライダルアイテムを手作りする方々が増えていますね。

それらアイテムの中にはおふたりの似顔絵を描いた
ウェルカムボードもあり、
絵の上手い友人や知人に描いてもらう方もいるようで
どんな絵に仕上がってくるのかと楽しみなところです。

でも似顔絵が似てなかったりすると
ゲストの反応がいまいちだったりして折角描いてもらったのに・・・と
寂しい気持ちになってしまいますよね。

ウェルカムボードの自分たちの似顔絵を
誰に頼もうかとお悩みの方は、
ハイクオリティでオーダーメイド性が高いと人気の
【WONDER PAINT WEDDING】のウェルカムボードはいかがでしょうか。

【WONDER PAINT WEDDING】のウェルカムボードは、
10人の作家から自分たちの好みの作家を選ぶことができます。

それぞれの作家により作風は違いますが、
イラストでありながら
おふたりの特徴をよく表現している点については
いずれの作家でも同様です。

世界で一枚だけのウェルカムボードは
おひとりおひとりのこだわりや雰囲気まで表現していて、
お客様の思いをしっかりとくみ取った上で
描いています。

結婚式のウェルカムボードを誰に頼もうかと悩んでいるのであれば、
【WONDER PAINT WEDDING】のウェルカムボードを
試してみませんか。

たった一枚だけのウェルカムボードだから、
いつ見ても結婚式当時の幸せな気持ちを思い出せるようなものがいいと
【WONDER PAINT WEDDING】のウェルカムボードに興味を持たれた方は、
こちらをクリックしてまずは好みの作家さんをチェックしてみてください。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






P R