結婚祝い電報

September 04 [Fri], 2009, 15:43
結婚祝い電報のポイント

ちょっとした心遣いで、結婚のお祝い<リンク:http://www.kekondenpou.net/ >電報を印象深いものにしましょう。

電報を結婚祝いとして送る際、気を付けたい事にはどのような点があるのでしょう。

結婚のお祝いに送るのなら、既に結婚式や披露宴の日程は数ヶ月前には分かっている事がほとんどです。

直前になって慌てないように、電報は受付が始まる結婚式当日から1ヶ月前になったらどのような電報を送るのか考え始めておきましょう。

二人の幸せな船出を祝して、心からのお祝いのメッセージを考えます。


また、結婚祝い電報の宛名に目を向けてみます。

宛先を新郎新婦にしていませんか。

結婚式に送る電報は、新郎あるいは新婦のどちらかの父親宛てにし、新婦に送るときには旧姓にしていく事もお忘れなく。

友人同士で送る際に、つい親しさから新郎新婦の名前にしてしまいたくなりますが、父親当てにする事を忘れずに、
差出人名もフルネームになっているか必ずチェックしておきます。

それから、可能なら会場の雰囲気がどのようになるのか聞いておくと電報の台紙などが選びやすくなります。

可愛らしい演出がされるのならぬいぐるみ付きやバルーンがセットになったタイプを、ノーブルなイメージの会場なら、
シックな組み合わせが美しいプリザーブドフラワーが添えられた電報がピッタリです。

お祝い電報なのですからしっかりと配慮して、祝福する気持ちの伝わるものにしたいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kekkonn33
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kekkonn33/index1_0.rdf