お知らせ 

2005年04月22日(金) 16時42分
結婚私の場合 家計管理と幸せ生活術は
下記のURLに引越しをしました。

http://rin.blog8.fc2.com/

恐れ入りますがブックマークの変更をお願いします。
今後ともよろしくお願いします。

結婚私の場合トップページへ

少しずつ慣らしていく(貯金について その2) 

2005年03月10日(木) 20時48分

貯金のことを考えていたら、ふと同棲時代の頃を思い出しました。
私達は旅行が趣味で、ある時、彼(夫)が
「一緒に貯金をはじめよう」と言い出しました。
貯まったお金を旅行資金の足しにしようと考えたからです。

こうして私達は、最初は1人毎月5,000円から共同貯金をスタートさせました。
1人毎月5,000円と聞くと、旅行資金というより
「ほんと旅行資金の足しだね」と思われるかもしれませんが、
この額で貯金を続けていくと、
1年後には合計12万円、1人6万円になります。
1人6万というお金は大きいです。
「よし、旅行だぁ〜!!」といきなり6万円を準備するのはしんどいですが、
月々5,000円ずつ出すのはそんなに負担にはならなかったです。

さらに、当時の私達には、貯金のルールがありました。
最初は5,000円からスタートだけど、
半年毎に5,000円金額をUPさせる』というルールです。

だから、最初の半年は、5,000円×2人×6ヶ月で6万円
次の月からは10,000円×2人×6ヶ月で12万円
1年目は合計2人で18万円、1人9万円貯金しました。

2年目はさらに多く、2人で42万円も貯金しました
(下に続きます。文字数の関係でごめんなさい

少しずつ慣らしていく(貯金について その2)続き 

2005年03月10日(木) 20時42分
(上の続きです。)

こうして、半年毎に貯金額を5,000円UPさせるだけで、
大幅に貯金額がUPしました。
最初から下の表の3年後の時のように、
30,000円貯金しようとするとかなりキツイですが、
徐々に金額を増やして慣らしていく方法なら無理なくできると思います。

あと、この方法はいつか限界がきます。
生活を犠牲にしてまで貯金するのは本末転倒なので、
限界がくる前に貯金額をUPするのはストップしてくださいね。

結婚してからはこの貯金方法は休止して、
月々5万円貯金する方法に切り替えています。

いきなり貯金をするのは難しいので、できる範囲でやる事が大切だと思います。

3年間の貯金シュミレーション

半年後 1年後 1年半後 2年後 2年半後 3年後

毎月の貯金額(1人分)
5,000円 10,000円 15,000円 20,000円 25,000円 30,000円
2人の小計 60,000円 120,000円 180,000円 240,000円 300,000円 360,000円
2人の合計 1年目  180,000円 2年目 420,000円 3年目 660,000円

レシートをもらう理由 

2005年02月28日(月) 20時47分
家計簿をつけよう!とは内容が離れますが、レシートをもらおう!の続きです。

私がレシートをもらう一番の理由は、家計簿をつけるためですが、
実はもう1つ理由があります。
それは自分の買った商品の種類と個数と金額が合っているか確認する
ためです

「レジでは店員さんがバーコードでピッと通しているし、
間違っているわけないじゃん!!」と思われるかもしれませんが、
レシートを確認してみると、意外と商品の金額や
個数が違っている場合があってびっくり。注意が必要なのです。

例えばお買い得商品を買う時、レジでは金額が平常価格のままだったり
(レジに入っているデータが違う)、店員の打ち間違い(種類や個数が違う)もあります。

先週の話になりますが、セロリが99円でお買い得だったので、
久しぶりにセロリを買うことにしました。
しかし、レジを通した時に、若い店員さんが間違って、
セロリ」のボタンではなく「せり」を押したため、
レシート上では、セロリせりに化(ば)けてしまったのです
しかも、その店ではせりは298円!!

レジでセロリが通った時に、画面にせり298円と出ていたのに
気づいたので、その場であわててセロリを握り締めながら、
「これ、セロリです!!せりになっているんですけど…」と
店員さんに言ったので、修正してもらいましたが、
レシートを確認しないでそのまま帰ったら
199円余分にお店に支払っていても気づかなかったと思います

レジを通せばいくら自分が買ったのか
すぐわかりますが、それが正しいかどうかレシートをもらったら
その場で確認してみてくださいね。
レシートを見るのにそんなに時間はかかりませんしね。
人間誰でもミスはあるし、レジは機械だからと言って過信してはいけません。
レシートをもらい、レシートを見る習慣をつけましょう。
もちろんおつりの確認も忘れずに

貯金は先取りに限る。(貯金について その1) 

2005年02月22日(火) 20時53分
みなさんは毎月いくら貯金していますか?
わが家の場合は、現在月5万円。(ボーナスは除く)
残ったお金を貯金なんて言っていたら、
全然残りそうにないので、給料から先取りしています。

私の職場では、給料は振込みで振込み口座を3つまで指定できるので、
1つは、メインで使っている銀行口座(家賃や公共料金などの引き落としに利用)
を指定し、残りの2つに分散してお金を振り込むようにしています。

メインで使う口座と貯金をする口座を別にすることで、
これは生活費、これは貯蓄という風にはっきり分けています。
生活費と貯蓄は分けないとごっちゃになってしまうからです。

貯金は、給料から天引きする。そして残りのお金で生活する。

これは基本ですよね。昔読んだ節約本にもよく書いてありました。

月5万貯金。努力すればもっと貯金できるのかもしれないけど、
今のライフスタイルをくずしたくないので、
今はこの金額をキープしています。無理のない範囲で
毎月貯金をしていけたらいいですね。


今日はここまでですが、続きはまた後日書いていきますね。


買い物に行かないDAYを作ろう! 

2005年02月17日(木) 19時57分
私は、仕事が終わるとほぼ毎日スーパーに行っています。
食材は一週間分くらいをまとめ買いした方が、
食費と(買い物をする)時間の節約になると思うのですが、
私には向かないので、
食材はその都度買うようにしています。

毎日、その日の献立を考えるので精一杯で、
まとめ買いをして一週間分の献立を考えれない私。
一週間先まで献立がわかっているより、
その日の気分で「今日はこれが食べたいから作ろう」と
思って、その日に食べたいものを作る方が好きです。
食べたいものだから食事の準備もやる気が出ます
それとその都度必要な食材を買った方が、
食材を腐らしたりと無駄にすることが少ないですしね。

それと私は、ずーっとペーパードライバーで、
通勤はバス通勤。買い物は徒歩か自転車。
2人分とはいえ、一週間分の食材を1人で運ぶのは
大変だからというのもあるんですけどね

でも、毎日買い物をするとその分出費は増えていきます。
食費をおさえるためには、
1回1回の買い物の内容(何を買っていくらかかったか?)も
大切ですが、やはり買い物の回数を減らすことが必要だと思います。

私の場合、基本は毎日買い物ですが、
時々買い物に行かなくてもOKな日があります。
買い物をしなくても、
家にある余った食材で料理ができる時などです。
私はそういう時は、買い物をしません。
たとえ、買うものがなくても、スーパーにふらっと立ち寄ると、
絶対何か買ってしまうからです。(例えばお菓子
買い物の必要がない時は、買い物にいかないのが一番です。
買い物に行かなければ、出費もゼロだし、
買い物に行かない分、時間も節約できます。

私は、買い物に行かない日を
勝手に『買い物に行かないDAY』と言っていますが、
買い物に行かないDAYは、ウキウキ気分になります。
今日は、いつもより自由な時間があると思うとうれしいからです。

1日でも多く、『買い物に行かないDAY』を増やしていきたいな。

レシートをもらおう! 

2005年02月13日(日) 13時47分
 買い物をしたらレシートをもらおう!

家計簿をつけようと決めたら、
まずレシートをもらう習慣をつけましょう。

私の場合、毎日家計簿をつけているわけではなく、
週末にまとめてつけることが多いため、
レシートがないと家計簿をつける時に困ります。

いちいち何日にどこで何を買ったかを覚えていないので、
レシートは家計簿をつけるための大切な資料になります。

もらったレシートは、家計簿をつける時まで、
財布からは出しません。財布から出すとなくしてしまいそうなので、
財布はレシートのよい保管場所です。
一週間もすると財布の中のレシートがたまってくるので、
「おっ、そろそろ家計簿つけなきゃ!」と思います。
どこかの引き出しにしまいっぱなしだと、
私は家計簿をつけそうにないので、
レシートは、家計簿をつけるまで
財布の中に入れておくといいですよ

時々レシートをくれないお店もありますが、
私はそのままにしないで、
「レシートもらえますか?」と言うようにしています。

自動販売機などレシートがもらえない時は、
携帯電話やメモ帳に簡単にメモしておきます。

レシートは大切な資料です。ちゃんともらいましょうね


音楽を聴きながらの家事 

2005年01月23日(日) 14時38分
今週の週末は、久々に1人で家でのんびりと過ごしました。
普段は忙しさを理由に家のことにほとんど手をかけていませんが、
家にいるといろんな事が目について気になってしまいます。

洗濯物がたまってるなぁとか、
そろそろスーパー(リサイクル回収)に乾かした牛乳パックを切り開いて、 持って行かねば等、いろいろとしなきゃいけない事に気づきます。

しなきゃいけない事はわかっているけど、
1人でやるのは何だかおっくう。何だか気分が乗らない。
でも、家にいる時くらいちゃんとしなきゃと思って、
重い腰を上げました。

とりあえず、部屋の整理整頓からとりかかったものの、
シーンとした部屋での作業は何だかさみしい。

そこで、CDをかけてみることにしました。
(ちなみに私は椎名林檎が大好きなので、
東京事変の教育や 椎名林檎の唄ひ手冥利~其の壱~など。)

CDをかけて正解でした。大好きな音楽を聴きながらの家事は、
楽しいし、はかどることに気づきました。
学生時代にも音楽を聴きながら勉強していましたが、
テスト中にテストの答えではなく、
その時聴いていた音楽が頭をぐるぐるまわって大変でした。(汗)
でも、家事をしながら音楽を聴くのはいいと思いました。

結論

大好きな音楽を聴きながらの家事は楽しい。


ちなみにわが家の掃除機はうるさいので、
掃除機をかける時は、むいていません。
そういう時は、鼻歌でも歌いながら掃除機をかけたらいいかも♪

小さな目標をたてよう! 

2005年01月17日(月) 19時46分
仕事と家事の両立。
どちらもバランスよく完璧にできれば問題ないですが、
現実はなかなか難しいもの。

私は仕事については、自分なりに頑張っているつもりですが、
家に帰ると、毎日、晩ご飯を作るだけで精一杯。

食事の準備以外の家事については、
仕事をしている事を理由についつい後回しにしがちです。
特に洗濯や掃除は週末にまとめてする事が多いです。(汗)

しかし、週末にまとめてすると決めていても、
週末、ずっと家にいるわけではなく、
外出する事が多いので2日休みがあっても
全然たまった家事ができなかったという時も…。

そんな時、

週末にできなかったから、次の週末にしちゃえばいいや♪

なんてのんびり構えていたら、次の週末は大変な事になってしまいます。
状況はどんどんひどくなるばかりですよね。

だから私は、平日は、晩ご飯の準備の他に最低1つ、
何か小さな家事を+α(プラスα)でするようにしています。

時間がかかるものは週末にして、
簡単にできる家事を平日にするようにします。


私は、毎日家事について小さな目標を立てています。

例えば、朝、資源ゴミの新聞を出すぞ!とか帰ったら
トイレの掃除をするぞ!みたいな感じで。
他にもタオルの洗濯(乾燥まで洗濯機におまかせ)や家計簿をつける等、
小さな家事は探せばたくさんあります。

小さな家事でも1日1つずつやれば5つも家事が片付きます。
さらに余力があって1日2つずつやれば10!!
やればやるほど週末の家事が楽になります。

いくら週末にやるからと言って、週末がつぶれるのは嫌。
こうして毎日小さな目標を立ててやると、
週末が楽になると思います。

ちなみに私の今日の目標は、

畳の部屋に掃除機をかけるです。今からやろうと思います(笑)

毎日少しずつ片付けていきましょう

料理を再現する! 

2005年01月09日(日) 15時25分
私の場合、結婚してるからと言って、
毎日料理を作っているわけでもなく、
時々、外食する事もあるし、お惣菜を買う事もあります。
それに、職場のお弁当がお休みの時は、コンビニ弁当で済ませています。

今週は、木、金曜日と
職場の激安お弁当(一食240円)がお休みだったので、
お昼は、おにぎりかサンドイッチ、
インスタントのスープ(豚汁や卵スープ)の組み合わせで
職場の近くのローソンで買い物をしていました。

私は豚汁が大好きなので、よく豚汁のインスタント味噌汁を買うのですが、
木曜日は、サンドイッチだったので卵スープを買う事にしました。
卵スープには、たしか卵の他にほうれん草、にんじんが入っていました。
なかなか体があったまって、インスタントながらもおいしかったので、
その日の夜、家でも作ってみる事にしました。

ちょうど卵が2個家に残っていたし、
ほうれん草もゆでて小分けに冷凍保存していたものがあったので、
材料はばっちり。あとは、彩りと味や栄養を考えて、
にんじんとベーコンをスーパーで買いました。
家に常備の鶏がらスープの素と黒コショウを使い、
自己流ですが、卵スープを作りました。

汁物は味噌汁が多いわが家。
めずらしく味噌汁以外のスープを作ったせいか、
夫の反応もよく喜んで食べてくれました。

外食やコンビニなどでお惣菜を買うと高くつきます。
だから、ただ何となく食べるのはもったいない。

私は、繊細で時間のかかりそうな料理は挑戦するつもりはないですが、
自分でもできそうな料理なら、
この料理をいつか再現しよう、どうやったら作れるかな〜と
思いながら食べています。

ぜひ外食やお惣菜を買う時は、
どんな材料でどんな調味料を使っているか、
よく観察しながら味わってみてください。
料理を作る参考になると思います。

料理のレパートリーは広げていくには、
いろんな料理に触れ、実際に作ってみる事が大切だと思います

P R
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/kekkon/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kekkon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる