陸上参謀。UWEX「バルディガス」(グリジバー編)

May 27 [Sat], 2017, 21:55
こんばんは〜。
ヘプターの記事作ってたらいつの間にか寝落ちしていて大変なことになった管理人です。
さて本日もレビューです。
今日紹介する玩具はユナイトウォーリアーズシリーズバルディガスよりグリジバーです。
これで3分の2…疲れるぜ…。
それじゃースタート!
ビークルモード。
軍用ジープのような車両です。
アニメではミリタリージープに変形していたのでアレンジが加えられています。
物自体はUWブルーティカスのスウィンドルのリカラーです。
色のおかげかハウンドっぽくも見えますね。
このデザイン自体は悪くないと思うのですが、物自体はCWルークのリデコでありその影響かフロント部分やボンネット部分はちょっと無理があるような気がします。
各部から撮影。
ボンネットには旧玩具のグリジバーにあった星マークがプリントされています。
側面にはコンバットロンのマークがプリントされています。
車体天面に武器Aと武器Bを取り付けることができます。
こっちの方がデザイン的にしっくりきますね。
リカラー元のスウィンドルと比較。
基本的な違いはカラーリングのみです。
塗分けはスウィンドルの方が多いですが、グリジバーのトレードマークである星マークがプリントされているというのは嬉しいですね。
それではロボットモードへの変形です。
変形時は武器二種類を取り外した状態から始めます。
頭部を倒します。
頭部を180度回転させます。
ジョイントを外し、ボンネット部を持ち上げます。
スウィンドルの時もそうでしたが、持ち上げる際にボンネットが外れやすいです。
フロント部を車体底面へ可動させます。
車体前部のジョイントを外し開きます。
車体前部を開きながら伸ばします。
左右の腕部を少し持ち上げ、前方へ可動させます。
腕部を肘から90度回転させます。
ルーフパーツを起こしてボンネット部を下に下げてバックパックを整えれば完了です。
ジョイントを外し脚部を開きます。
ロボットモード。
角張った武骨なフォルムでありマッシブで格闘系キャラであるグリジバーにうってつけのプロポーションです。
アニメ版同様、胸部にはオレンジの塗装が施されているのがいいですね。
物自体はCWルークのリデコ品なのですが、大幅なパーツ変更によりかなり違って見えてくるのが面白いです。

〈グリジバー〉
XR311コンバットバギーに変形する。サウナが好き。
格闘技の達人で、セイバートロン星に伝わる格闘術・クロスタロキューションの使い手。武器は炸裂弾を発射するジーブラスターとレーザー銃のグリーガンを携行し、劇中では格闘技よりもこちらの武器を多用していた。
バストアップ。
アニメ準拠のカラーリングとなっています。
休部のデティールは左右非対称でありなかなか凝った造形をしています。
頭部アップ。
グリジバーの顔を忠実に再現しており非常に完成度が高いです。
目はメタリック塗装が施されているため集光ギミックはありません。
角度を変えて撮影。
腕部。
マッシブなデザインがかっこいいですね。
肩には5mm穴が設けられており、コンバットロンのマークがプリントされています。。
余談だけど旧玩具のグリジバーは腕の付いている位置が変だったなあ
腰。
股関節はボールジョイントで腰が可動します。
脚部。
こちらもガッシリしていてかっこいいのですが変形の都合上空洞ができてしまいスカスカ感が…。
バック。
ボンネットのガワが集中しています。
コンパクトにまとまっており特に違和感はありません。
可動一覧。
首:ボールジョイント可動
上腕:ボールジョイント可動
肘:スイング
腕:軸ロール360度回転可動
腰部:軸ロール
股関節:ボールジョイント可動
腿:軸ロール
膝:スイング
足首:左右スイング
武器A。
物自体はスウィンドルに付属した武器のリカラーです。
手に持たせることができます。
肩に取り付けることもできます。
武器B。
今回新たに追加されました。
物自体はUWデバスターのロングハウルに付属した武器のリカラーです。
手に持たせることができます。
旧玩具に付属した武器であるジーブラスターは大型だったのでそれっぽい武器を追加してくれたのは嬉しいですね。
再びスウィンドルと比較。
ロボットモードでも塗り分けはスウィンドルの方が多いです。
この型はかっこいいし動かしやすいので優秀ですね。
続いて合体モード(腕部)への変形です。
ビークルモードの状態から始めます。
ジョイントを外し、ボンネット部を持ち上げます。
頭部を倒します。
ボンネット部を持ち上げジョイントで固定します。
車体前部のジョイントを外し開きます。
車体前部を左右に開きながら伸ばします。
車体前部を閉じジョイントで固定します。
フロント部を可動させます。
脚部を腰から90度回転させます。
胸部を90度回転させ合体ジョイントを出します。
バルディガスの拳を取り付けて完成です。
合体モード(腕部)
力強く整然としたデザインがかっこいいです。
ロボモードの股関節と膝関節を二重関節のように用いて曲げることができます。
スウィンドルと比較。
続いて合体モード(脚部)への変形です。
ビークルモードの状態から始めます。
ジョイントを外し、ボンネット部を持ち上げます。
頭部を倒します。
ボンネット部を持ち上げジョイントで固定します。
フロント部を可動させます。
頭部を倒します。
胸部を180度回転させ合体ジョイントを出します。
ボンネット部を下げてジョイントに固定します。
バルディガスの足を取り付けて完成です。
合体モード(脚部) 
巨大な膝パットのような装甲で安定感抜群のレッグモード。
足が大きくなったことによりスウィンドルの時にあった違和感がなくなり安定性が増しました。
再びスウィンドルと比較。
やっぱり今回の新手足の効果は抜群ですね。もっと早くから導入してほしかったです…。
アクション!
お疲れ様でした〜。
コンバットロンの陸上参謀グリジバー。
コンバットロンの中ではツッコミやフォローに回ることが多かった印象ですね。

さて商品の方ですが極めてシンプルな構造ながら、遊んでいて非常に楽しいアイテムとなっています。
商品自体はスウィンドルのリカラーですがアニメデザインに近づけられた胸の塗装はグリジバーらしさをしっかりと出しており、ビークルモードのボンネットにプリントされた星マークも地味に嬉しいポイントです。
元々スウィンドル自体、CWルークをリデコするという聞いただけでは無茶な仕様ですが大幅なパーツ変更によってしっかりと差別化がなされているというのが凄いです。
元々のスウィンドルの出来の良さも際立って、本体に関しては造形のバランス、可動性能、多段変形など、全てにおいて一定の基準をクリアしています。
特に頭部の再現度は高く目のメタリック塗装も綺麗でよかったです。
また旧玩具のジーブラスターを意識した追加武装が付属する点もよかったですね。

ただ欠点を上げるとするならビークルモードに無茶があるということですね。
ルーク型からあそこまで差別化を図れたという点では純粋に評価しますが、やはり新造形にしてXR311コンバットバギーに近いデザインにしてほしかったなと。
あとパーツのかみ合わせが若干タイトであり変形時にボンネットパーツが外れやすいというのもどうにかしてほしかったです。
とまあ長々と書きましたが、本体の出来自体は決して悪くなく特にロボットモードはアニメのグリジバーの雰囲気をしっかりと出しておりオススメですよ!
点数としては80点です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:keitai70
読者になる
当ブログではトランスフォーマー関連のことを書いてます。
玩具紹介や、ショートストーリーなどをおもに書いてます。
コメント自由です。画像も使用してOKです(ただし、使用する際は一声お願いします。)
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ランディ・K
» 歩く生存フラグ。1/12 BB-8&R2-D2  (2016年01月16日)
リキ
» 一年間ありがとう!仮面ライダードライブ (2015年09月28日)
Pitch's Drop
» 第20話「起動」 (2015年08月05日)
Pitch's Drop
» 第20話「起動」 (2015年08月05日)
Pitch's Drop
» 第20話「起動」 (2015年08月04日)
Pitch's Drop
» 業務連絡2 (2015年07月31日)
Pitch's Drop
» 夏バテダウン症状。 (2015年07月30日)
Yapme!一覧
読者になる