運動会におすすめの軽量な日よけタープ 

May 23 [Mon], 2016, 17:52
運動会や町内・学区の行事など、野外での各種イベントがある時、日ざしをさえぎるものとしてよくタープを設置しているのを見かけると思います。

日中、強い日ざしの中に長時間いると体力を消耗しますし、日射病にかかったりしますので、何らかの対策が必要になってきます。

そういった時に手軽に設営でき、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん・小さい弟や妹と1家族みんなで日ざしを遮って、ゆっくりと自分のお子さんの運動会を観覧できるので、タープを持ち込んでいる人が多いのではないでしょうか。

その様子を見て、わが家も今年の運動会にはタープを持って行こうと考えているお父さん、お母さんもいらっしゃると思います。

そこでタープを選ぶ時のポイントを紹介したいと思います。


まずは、持ち運びのことを考えてできるだけ軽い方がいいです。

タープにはスチール製とアルミ製があります。

スチール製は10キロ以上あるものがほとんどですが、アルミ製は10キロ以下がほとんどです。

値段はアルミ製の方が若干高くなりますが、おすすめは軽いアルミ製の方です。

タープ以外にもクーラーボックスや身の回りの荷物を持って移動する時のことを考えれば、少しでも軽い方が楽です。



次に組み立てが簡単なもの。

4人いないと、いっぺんにフレームを広げたり、縮めたりできないようなものがありますが、これは面倒です。

お父さんとお母さんと小さい子供も手伝ってもらって、広げなければならないようなものは大変です。

大人2人でサッと広げれるものがいいですよ。



あとあった方がいいものが、サイドシートです。

太陽の向きに合わせて1面だけでもサイドシートをつけることによって、有効的に日陰を作ることができます。

また隣と密接して設置しないといけないような時には、サイドシートがあることで、お隣との仕切りになるので、プライベート空間も作れますよ。



大きさについては主に何人で利用するかによって考えればいいかと思いますが、3m×3mの大きいのを選んでおくと、いろいろなシーンで使いやすいと思います。


運動会や町内・学区の行事におすすめの、軽量な日よけタープはこちら ⇩