歳をとると睡眠力が落ちるそうです

April 28 [Tue], 2015, 1:26
定年退職をしたら思いっきり眠れる。
これは誰もが描く夢です。
しかし半面、幻想でもあります。

歳をとると身体の機能がいろいろと変化をします。
小さな字が見えなくなったり、
高い音が聞こえなくなったり、
記憶力が衰えてきたり、
筋力が弱くなってきたり、
いろいろと思い当たる症状はあると思いますが
意外と気にとめられていないのが

「睡眠力」

歳をとると長く眠る能力が減退するそうです。
高齢者の睡眠時間の目安は6時間と言われています。
つまり、人生の三分の一が睡眠時間ではないのですね。

四分の一が睡眠時間なのです。
それなのに無理をして8時間眠ろうとすると、
どうしても早く目が覚めてしまいます。
年寄りは早起きというのは、ここから来ています。
遅く眠れば早起きにはなりません。

長く眠れないからこそ、良質の眠りが必要です。
長く眠れないのであれば、短い時間でもいいので
集中して一気に眠りたい!
そしてスカッと目覚めた!

良質の眠りの為に、いろいろな提案がなされていますが
一番役に立つのは、やっぱり寝具です。
寝具によって、眠りの質が変わってきます。

タイトルにある「V-Lap軽量敷き布団」というのは
テイジンが開発した敷布団です。

テイジンって、あの「テイジン」です。
繊維メーカーとしては長年の歴史がある、
老舗中の老舗ですよね。
そのテイジンが作った敷き布団です。

材質はポリエステルなのですが、繊維構造を工夫することにより
薄くて軽い新素材V-Lapを作り出しました。

この敷き布団は高反発マットレスなのですが、
新素材のおかげで、約3kgととっても軽量です。
しかも三つ折りにすることもでき、押し入れにもすっきり収納できます。
マットレスは素材が大事なのですね。
まるでスプリングのような感覚で
寝心地の良さを実現しました。

さらに詳しい情報は、下の画像をクリックしてみてください。
  ↓↓↓   ↓↓↓