敬老の日のプレゼントの予算はいくらぐらい?金額の相場は?
2014.08.10 [Sun] 21:55





敬老の日にプレゼントは、
いくらぐらい物を贈るとよいのか、
予算の金額の相場が気になりませんか?


ほかの人は、
いくらぐらいものをプレゼントしているのか?


敬老の日の予算によって、
敬老の日に、何をするのかも変わってきます。


敬老の日に何をプレゼントすればいいのか?
敬老の日に喜んでもらえる贈り物は何なのか?

も悩みですね。


調べてみると、
敬老の日のプレゼントを贈る相手によって、
予算の相場が違います。


子供が、自分の親に敬老の日に贈り物をするときは、
5千円から3万円ぐらい。


自分の祖母、祖父など、おじいちゃん、おばあちゃんに
敬老の日のプレゼントをするときに、
孫が成人であれば、5千円から2万円ぐらい。

というのが多いようです。

敬老の日にプレゼントするものによっても、
予算が違ってきます。

一緒に、ご飯を食べに行くということから、
お菓子やお花というのが、
敬老の日の人気のプレゼントになっています。


もちろん、普段、なかなかあっていない、
おじいちゃん、おばあちゃんには、電話や手紙というのも、
多いようです。

それで、メッセージカードなどで、
日ごろの感謝の思いを伝えられる
花が人気なのですね。


お花の中でも、敬老の日には胡蝶蘭が人気です。


胡蝶蘭の花言葉は、幸福が飛んでくるということからも、
敬老の日に、日ごろの感謝と、元気でいてね、
という意味をこめて、贈る人が多いです。


胡蝶蘭というと、
品格があって特別なものというイメージがあり、
値段が高いと思われるかもしれません。


しかし、胡蝶蘭専門店では、敬老の日の胡蝶蘭が、
1万円から、あります。


胡蝶蘭専門店は、種類も多いですし、
生産者からの直接仕入れで、新鮮で長持ちの胡蝶蘭が、
とてもお得な値段で通販で買うことができます。

お花が好きな人に胡蝶蘭は、お勧めですし、
そうでない人でも、胡蝶蘭をもらうと、
特別な気持ちになると思います。


詳しくは、下のバナーをクリックしてみてみてください。
いろんな胡蝶蘭があります。