【 更新情報 】

スポンサード リンク

慶応大学の薬学部

慶応義塾大学には有名な経済学部や法学部以外にも様々な学部があり、その中の学部で薬学部という学部が存在しています。
学部の名前を聞いてなんとなく薬に関する勉強をするのだろうと想像は付くと思います。
しかし、慶応大学の薬学部は技能はもちろんのこと、薬剤師としての生き方を学ぶ事ができます。

慶応大学の薬学部は4年制、6年制の2つから成り立っています。
薬科学科(4年制)は、医薬品の創製、分析、管理はもちろん、食品や化粧品などの化学系領域の教育と研究を学ぶ事ができます。

薬学科(6年制)では、単に薬学の知識を学ぶのではなく、医療人としての成長をし、完成度の高い薬剤師を育成しています。

慶応大学の経済学部

慶応義塾大学といえば経済学部のイメージを持たれている方が多くいらっしゃると思います。
毎年、沢山の受験生が慶応大学に挑んでいます。

慶応大学の経済学部は定員が1200人偏差値65となっています。
競争率は約4.6倍、2005年度で言えば一般受験者が約6500人、その中で見事合格した人が約1400人と5000人もの受験者が悔しい思いをしています。

6500人受験して合格者がたったの1400人・・・狭き門とはまさにこのことです。
ごくわずかしか通ることのできない、慶応大学・経済学部の狭き門を通った人たちはどのような所に就職しているのか気になるところです。
主な就職先はみずほフィナンシャルグループや東京海上日動火災保険などやはり有名な大企業に就職しています。
大企業に就職し、エリートコースまっしぐらに進み、上場企業のトップとなっていくのではないでしょうか?

慶応大学の法学部

慶応義塾大学には様々な学部が設けられていますが、ほどんどの方は経済学部が法学部を連想されると思います。
しかし、経済学部はなんとなくどんな学部がイメージが付くけど、法学部は何をするの?と思われる方も少なくないと思います。

慶応大学の法学部には、法律学科と政治学科の2学科をまとめて法学部と呼んでいます。
専門学科を勉強するだけではなく、語学力や異文化理解能力、異文化コミュニケーション能力を身に着ける事ができます。

慶応大学の法学部は専門学科と相まって、幅広い分野の養成を身につけた人材を育てています。
高い学力を幅広い能力を身に着けたい方には慶応大学の法学部はうってつけの勉学の場なのではないでしょうか?
P R
カテゴリアーカイブ