あっけない終り。

May 16 [Thu], 2013, 23:34
とてつもなく長くなるかと
疲弊していた昨日の話

現地ダラスの荷物係ではロストバゲッジに伴う補償の
査定内容は一切非公開ってことで、
日本からの窓口の担当の方に言われた
「今回の書類のやりとりに伴って掛かった費用
(EMS送付料1,200円+FAX再送料1,000円)
が支払われなかった場合は知らせて欲しい」
とのやり取りも破綻(^-^;)

いみねーじゃんって言ったら
窓口に明細教えてくれってことで明細を
メールに書き起こして送ったのが昨日までのお話。

今日返信がきてて、
「検討の結果当部署で残額をお支払いする事になりました」
とのこと(!)
(満額の40%)

本来の部署とは違う部署が残額を負担との予想外の展開。
全額返ってきたのはうれしいんだけど、
なんだか
「最後までうっせーなぁ、あと残り払っときゃすむんだろ?」
って思われてる気がして。。。

考えすぎかね?w


ま、ともあれやっと終わった。。。
ふぅ( ´ー`)

戦いの記録(継続中)

May 15 [Wed], 2013, 19:15
アメリカン航空便で年末年始ペルー&ボリビアへ旅行

ボリビアにて
ボリビア→マイアミ→ダラス→成田
「座席の記載された」チケット発券

マイアミにて搭乗時刻近くになっても
アナウンスがないのでゲートに行ったら
オーバーブックが絶賛発生中
しかも「お前らの席ねーからリブックしてこい」
といわれリブックカウンターに行くもおじいちゃまが
ちんたらPC打っててかつ5、6組前にいる
時間もないうえやってられないので
日本語予約窓口にiPhoneで電話
対応してくれた日本人女性は必死に対応してくれたが
通話したまま2時間強空港内を走り回る
当然ながら本来の便は満席で離陸し
持主不在のまま荷物は単独でダラスへ

※米国の航空会社の場合、OBした場合はその場で「ボランティア」、つまり
 次の便でもいいよ〜という人を募るというのもあるそうだがもちろんそれもなし


ノースカロライナ行の便をなんとか手配される
が、空港到着後のホテル手配もなく
搭乗エリアを出たロビーで一晩過ごす
スタバが24H開いてたのが唯一の救い
シャワーも浴びれず、着替えも荷物がないのでできず
食事も実費、日本で手配したダラスのホテルもパー

※最悪自分でホテル手配して、タクシー乗って向かい、
 全部領収書取ってこいと言われたが、夜中の12時回った
 来たこともないノースカロライナの空港でそんなことできるかっ!


マイアミ、ダラスで合計3回
「荷物は既にダラスへ行っているが間違いなく成田に着くか?」
の問にPCのリスト確認のうえ
「間違いなく成田への便に載っている」との回答を受ける

朝便でダラスへ、なんとか元々のダラス→成田便に搭乗
成田へ帰国
狙ったように荷物到着せず
バゲッジクレーンが2回転、3回転した後「最後尾」の札と共に
職員のおっさんが回ってくる(_ _||)

成田の荷物係にクレーム
3回も確認したにも関わらず荷物はダラスで待機中と判明
(ざけんな)
しかもロストバゲッジとオーバーブックのクレームは
部署が違うのでHPのメールフォームから直接送れと言われる
(ざけんな×2)

書類書き書き後レシートを現地(ダラス)へ郵送しろと言われる
東京発いわきのバスにギリギリ間に合う電車に駆け込む
現地と気候がほぼ逆なうえ福島に戻るため東京駅のユニクロで
衣類、防寒着購入(ほとんどの衣類はスーツケースの中)
バスに滑り込み、ギリギリセーフ
相方も横浜で最低限の化粧品、衣類などを購入

バスの中からiPadでフォームからクレーム
本来オーバーブックで手配されるべきホテル、
(「手配されるべき」とは現地でスタッフが認めた)
軽食、シャワーなどがまったくない
リブックの際の電話代
ホテルの100%キャンセルなど

スーツケースが成田に到着したが、車輪が破損してたので
弁償しますとのこと(これは後日すぐ届いた)

1月下旬日本郵便EMSにて書類を送付(1,200円)

オーバーブックは米国航空法で認められているから
補償できねーよ
といわれる
後にわかったが、実際キャンセルの客などを見越し、認められているらしい
納得できないため知り合いの弁護士先生に相談
「そんなあほな!」と言われ、応戦用文章の指南をうける

※要は乗れますよ〜と販売したにも関わらず、オーバーブックで乗れなかったら
 法で決まってるんで〜って詐欺やないかい!と
 米国航空法第何条の何項に記載があるのか明確に示して欲しい旨を記載し
 かつ国土交通省にも現在確認中だと記載した方がいいとのことだった


相手は訴訟大国
チキンなおいらなので逆手に取られちゃコワーイなので
先に国土交通省航空事業課に相談
「おっしゃ!わいにまかしとき!調べちゃる!」
と心強いお言葉をいただく
ヤダ、ニッポンギョウセイカコイイになる

翌週、航空事業課から入電
「米航空法ではそういうことみたいですねぇ」
知っとるわ。。。その先が聞きたかったっちゅーねん。。。(_ _||)
やはりギョウセイヤクニタタナイと萎える

弁護士先生の指南をもうちょっと軟化した言いまわしで
3〜4回フォームでやりとり
某米国主要航空で使える「1年期限」の「アメリカ渡航限定」
バウチャーやるからだまれといわれ突っぱねる
(そんな限定まみれのバウチャー誰が使えんねん)

コードシェア便のJALの国内線で使えるマイレージでどうだ?ときた
しかも片道分
それではいくらなんでもと少し話をぶりかえす
ここらへんで自分のクレーマーぶりに嫌気がさしてきた

ほんとはマイレージすらやらねーけど
今回は「特別にお気持ちを察して」
マイレージ倍にしてやるからだまれといわれる
金額の問題じゃないが、ビタ一文出さねぇんだなと思い
ここで折れる
この時点ですでに2月末。。。
(その後同じマイレージカードが二回届く なんなんだよ一体!!)

4月末、いいかげんロストバゲッジの金額査定が終わってる
(成田の職員から2〜3ヶ月かかると言われた)
だろうと思ったが、音沙汰ないのでフォームから優しく問い合わせ

担当部署には届いてないってよ〜
もっかい送ってちょ テヘッ

とのうのうとぬかす

EMSの伝票控えPDF、日本郵便の追跡キャプチャ画面、
さらにはUSPSの追跡画面のキャプチャを添付し、
(USPSは誰のサインで受け取ったかもわかる)
あんたらが原本送れっちゅーからこっちにゃ残ってねーよ!探せぃ!

とやんわりメールする(GW前)

念のため日本の窓口にダメ元で電話し事情を説明して
ちゃんとしてるのか確認してほしい旨問い合わせ
一応メールでの要求は伝わっており、成田の担当部署にも
連絡はきているが、GWで忙しいから返事おくれるかもと
プチお客様目線無視をかまされるも仕方ないのでメールを待つ

意外と早く返信が来たが、
「ごめんなさい、ありませんファックスでもっかい送って下さい」
ときた(_ _||)

ファックスは自宅にないのでファミマから100円/枚で
10枚、1,000円かけてファックスを送る(5月2日)

このファックス内容をPDF化し、フォームから
送ったので部署に届いたら必ず連絡くれってのと、
EMS1,200円とファックス1,000円も「考慮」してねとメール
数日で返信があり、ちゃんと届いたことと
送付・送信代は金額確定して含まれてなければもう一度
フォームから連絡をくれとのことだった

本日5月15日
総額の約40%オフの大特価で査定額が提示され
振り込んでやっから口座教えろとメールがくる

まてまて、これじゃあ送付・送信料が
含まれてるかどうかもわからんし、ちゃんと納得した上で
支払ってほしいから査定の内訳見せてとメール

担当部署は一切情報を開示しない(なんじゃそりゃ?)ので
こちら(フォームの宛先)でもわからない
ファックスで送った内訳を教えてくれないか?との返事
これじゃあ言い値言われたまんまで言われ損じゃん

どこでなんの品を何日に買ったか、いくらだったかをメールに
書き起こし、さらに再度前回送ったファックスPDFを添付してメール ←今ココ



もう疲れてきた。。。。(_ _||)
手配旅行はパッケージ旅行と違って
安い分リスクはあるんだけど、
それも今となっては旅の楽しみ

思いたいんだけどなんせ半年弱時間がかかってるから
疲れてきちまった(^-^;)

あと航空券にはブッキングクラスってのがあって
一概には言えないけど
正規運賃>格安運賃
の構図になってて、こういう事態が発生すると
当然優先されるのも高いブッキングクラスからの順番になる
そうすると手配旅行で格安に取るとこういうリスクが
高まるのもまた事実

犯罪や事故に巻き込まれたり
命の危険にさらされる可能性を思えば
笑い話で済むのかな?
まだ終わってないけど(_ _||)

あ。
だいぶ意訳してますよw
実際はこんな汚いやり取りじゃありません。
念のためw

とある。

July 01 [Sun], 2012, 1:14
故障を機に「高級なiPod Touch」として
機能していたiPhone4さんですが、
(故に去年の秋から4Sなのです)
これまたとある不手際でがっつり逝ってしまいました。
ちーん。




使って使えない事はないものの、
じゃりじゃりいってるわ、
破片はぽろぽろ落ちるわでやっぱ若干支障有り。

通勤用のiPod代わりと車用に使っていたので
どうしたものかと思っていたのですが、

あくまで噂の次世代iPhoneがこの秋には
登場の見込みなので安くなったDIYキットを
購入し、自分で直すことに。

で。

そのままシンプルに元に戻すのもなんなので
思い切ってホワイトにしてみました。

じゃじゃーん。



フロントパネル(液晶共)+バックパネルを
楽天さんで購入。
もう電話として機能していないので
補償もなにもないと思えたので思い切れましたw

あ、それから百均で買った精密ドライバーを
今回使用しましたが、マグネットになっていない
ドライバーを使う時は、先端を磁石でゴシゴシこすって
ドライバーに磁力を持たせる事を忘れずに。
なにせビスが細かいので、外す時も
締める時もマグネットドライバーじゃないと
話になりません( ´∀`)

さて。
とはいえ、かなりの精密機械。
元通りになっても動かないじゃあなんの意味も無い。
ってなことでifixitさんのページを参照しながら
分解作業に入りました。

バックパネルは取り替えたこともあるので
ってかビス2本なので楽々。

こっからが大変w

先述のサイトを見て頂ければわかりますが、
いや〜細かいww

電子工作好きな方ならなんら雑作ないことでしょうが、
やはり腐ってもPC機器。
触るのは怖い怖いwww

工程はifixitが詳しいので省きますが、



これがバッテリ―を外したところ。




さすがに基盤を外す時は緊張しました(^-^;)
後ろに見えているのは解体作業を行った
先輩方の情報を元に、ガムテープを裏返して
ifixitの工程番号を記入しながらビスを並べる為のものです。

なんとか全て解体し、バッテリ―接続の工程まで
戻って電源テストをした時点であることが発覚。。。

受話部分のメッシュがない!

今回買ったキットはバックパネル、液晶付きフロントパネル、
ホームボタンのセットで、受話の部分の
メッシュは貼られていなかったのです!!w

ここから割れたディスプレイの受話メッシュを
デザインカッターの先で傷つけないように両面テープと共に
はがし、今まで組み立てた工程を逆戻りしてまた
ディスプレイを外し、メッシュを貼付け、
組み立て直し。ふぅ。。。w


まぁ、結局ほぼ2回組立解体をやるはめになったわけですが、
なんとか無事完成。



見事白iPhone4になりましたw
動作確認も問題なく、これでまたしばらく
活躍してくれる次第です。


ちなみに、みなさんおわかりかと思いますが、
まず勝手にバラせば有料、無償含めてAppleの正規の
補償はまず受けられませんし、
パネルそのものはオフィシャルではありません(ないはずですw)。
実際液晶にはちぃーっちゃいドット落ちが一点だけありました。
全然気にならないですがね。


ので。

あくまでご自身で作業される場合は
リスクを考慮した自己責任でお願い致します。

まったく。

June 23 [Sat], 2012, 23:36
今日はOakleyのHATCHETと
一番気に入っているイチローシグネチャーモデルのJULIET
のイヤーソックやノーズパッドが劣化してきたので
三宮ハンズのPorkerfaceへ。

その帰り、よく行っているアパレルショップの
路面店ではないとあるビルに入ったお店を
覗いてみた。

ここの店員さんは良くも悪くも
めちゃめちゃ話しかけてくる。
それでも気に入らなければ買わないという
意思があれば問題ないのだが、
そもそもこの手の店員さんが苦手な方は
ハナから難しいかもしれない。

で、今日も意気揚々と話しかけられた。
ま、それはいいんだけどその時持ってた
ショルダーに店員さんは食いついたw



SCHOTTのレザーショルダー。
お気に入りというよりはこれしかないw
基本出掛けるときは手ぶら派なのだが、
今日はサングラスを入れて行ったのでぶら下げていた次第。

「うわ、SCHOTTスね〜。バイク乗りはるんですか?」

みたいな感じで店員さんは食いついてきたわけだw
その後も色んな話をしつつ、ちょっとバイク乗りの
ことも知ってる風に話す店員さん。
可もなく不可もなくいなしながら店内を見て回っていると、

「あ、マーチンすか?」



と次はブーツに食いついた店員さん。
このマーチンはスチールトー(鉄のつま先)になっていて
いわゆる安全靴。
実はもう10年以上履いているが、このつま先の
ハゲ具合がなかなか良くて、ほんとに気に入って今でも
履いている。そんな年期モノなため、ショップで
食いついてくれる人は多いので嬉しい限りなのだが
今回は違った。

それまでバイクの話を引っ張っていたため、
ブーツに食いついた店員さんも

「バイクに乗ってた跡があってかっこいいすね〜」

みたいな事を言ってくれるのでついつい

「そうそうこの左足の足の甲とかねw」

とか調子こいて返してしまった。

わかる人にはわかると思うのだが、
バイク乗りの人の(バイクに乗る時も)履いてた靴は
左足の甲に少し凹みと汚れが残る。
もちろんこれをガードするグッズもあるのだが、
これはシフトチェンジをするためのシフトレバーを
左足で操作するためだ。

マニアックな話として街中で左足の甲をみて
「お、バイク乗りだな。」
なんてわかったりもするものなのだ。

で調子こいて返した応えに
店員さんが返した言葉は、
「あーわかります、クラッチですよね!」




残念。

ここの店員さんはそんな人ばかりじゃないのだが、
これだからアパレルの軽く話しかけてくる連中は
信用ならんのだよwww


Father's Dayと個人輸入と。

June 13 [Wed], 2012, 0:55
我が家(実家)はわりとイベントごとを
その都度するんですが、今年もやってきました父の日。
これまで父上には色々と差し上げてきたわけですが、
そろそろネタが尽きてきたww

そんな中色々と物色してるとアメ車限定だが
エンジンのダイキャストモデルを発見。
写真で見る限りなかなか精巧で見た目もキレイ。
それでこの商品にしようとまたネットをうろうろ。
結果行き着くのは楽天か価格コムなわけで。

で、価格を調べると送料も含めると7,000円台後半から
モデルによっては10,000円近い。

むむむむむ。。。。
今回はそこまで値を張るモノは贈る気ないしなあ。。。
でもこれ贈ろうと決めたし。。。

で巡り巡ってこのモデルを作ってる本家、
Liberty ClassicsのHPに辿り着いた。
んで価格を見てびっくり!
最初目を疑ったが$40前後。今は円高なので
ざっと3,000円前後!なんじゃこの価格差は(^-^;)
HPを見回してみると"International Orders"
と書いてあるリンクを発見。
と思うもつかの間カナダ、オーストラリア
ヨーロッパ向けにしか行ってないらしい。残念。
とはいえひょっとしたら送ってくれるかもと思い、
インフォに対して「日本へ送ってくれまへんか〜?」
とメールを送るも自分のメールサーバがどうやら
先方側でブロックされているらしく何度送っても
返ってくる。で、力尽きて断念w

だけどこれならひょっとして現地(米国)のサイトを漁るとお手頃に
入手できんじゃないか?と思ってうろうろしてたら、
みなさんご存知のAmazon.comに辿り着いたw

ウェブデザインは国内のモノと同じなので検索は問題なし。
そしたら候補にしてたモデルがアマゾンの在庫と現地のおもちゃ屋さんに
あることが判明。ここで何を思ったかそのまま日本のアマゾンの
アカウントを入れてログインしてみようと試みる。
当然「アドレスかパス間違うてまっせ〜」と言われw
結果ダメもとで新規アカウントを取ってみる。
後に色々調べてわかったのだが、実はAmazon.comは他の
アメリカ本土の通販サイトと違い、日本の住所で登録されている
クレカでのアカウント取得が可能なのだ。
(他の通販サイトは日本を含めた国外発送を
設定していない限りアメリカ住所登録のクレカでないと
登録できない所が多い)

でいざ注文と思ったが、最後のオーダーのところで
「この商品はおまはんの国へは送れまへんねん、すまんのぅ」
みたいなメッセージが出て先へ進めない。
これも後でわかった話でどうやらCD、DVD、書籍の
ほんの一部しか直接注文して日本へ送ってもらうことが
できないらしい。

むむむむむむむむ。

さらにそっから色々うろついていたら
個人輸入やら転送サービスやらがいろいろ出てきた。
要するにアマゾンで購入した商品を一旦アメリカの住所、
私書箱みたいな所へ送って、そこから日本へ
転送してもらうというわけだ。

しかしながら仲介業者を挟む上に海外発送だから
送料も嵩むし、手数料取られたら結果高いじゃん。

ぶぶー。

と思ったんだが調べてみると様々ではあるが
そんなに高く無い。
しかもアマゾンなら米国内送料が無料になる。
(購入金額によっては無料にならないので注意)
それでさらに調べて辿り着いたのは
Spear Net(スピアネット)という転送業者。
(ここの内容を吟味して計算した結果、したたかにも
父用+自分用を購入することにしれっと決定w)

まずここでのアカウントを取得。
するとすぐにメールが送られてきて私書箱の住所を
割り当てられる。
アマゾンで購入したものは一旦ここへ送るわけですな。

細かいことは端折るけど、アマゾンだと注文後に
注文番号と追跡番号が記載されたメールがくるので
それをスピアネットへ転送。
程なくするとスピアネットから
「おまはんの買うたもん届きよったで〜」とメールが届く。

ちなみに今回注文したのは

Ford Mustang


Shelby Cobra
のこの2台のエンジン。

さてマスタングはマーケットプレイスで購入したけど
届くのは早かった。
そっから待つ事3日ほどでコブラのエンジンが到着。
ここで初めてスピアネットに転送しておくれ〜と
いう依頼をかけます。

こっからは購入からの
流れも含めて下記の通りの時系列。


5月30日 Amazon.comで購入

6月1日  スピアネットに到着(マスタング)
6月4日  スピアネットに到着(コブラ)

6月4日  転送依頼

6月5日  スピアネットから発送

6月6日  日通USA貨物受領

6月6日  B/L(船荷証券)発行

6月7日  フライト搭載

6月8日  成田に到着

6月9日  上屋搬入

6月10日 通関許可

6月11日 成田から発送(ここからはゆうパック)

6月12日 最寄局に到着・持ち出し・無事受取

とまあ概ね購入から到着まで2週間弱での受取となりました。
ちなみに国内で色々調べたところ最安値が
送料込みで7,980円なので×2で15,960円。

で今回が
商品1$35.24(2,849円 80.85円/$)
商品2$36.77(2,973円 80.85円/$)
転送手数料+送料 $9+$6+$36=$51
(1品目+2品目+送料 4,087円 80.14円/$)
合計 $123.01 → 9,909円 80.55円/$
ってな結果で6,051円のお得となりました。
とはいえ今は円高なのでこうなるわけですが、
今がチャンスと言えばチャンスかもしれません。

国内販売が無いものや、価格差があまりにも
あるもの(キッチン用品なんかが多いみたいです)は
送料と手数料をうまく計算して組み合わせれば
お得に手に入るかもしれません。
スピアネットは基本複数商品を同梱で送ってくれるので。
ただ、もちろん個人輸入になるので輸入できないものや
関税や消費税が掛かるもの、または掛かる価格のもの
などあるのでよく計算しないと後で時間はかかったは
損こいたわなんてことになるので注意が必要ですが。。。

スピアネットについてはなんだかネット内の評判が
あんまりよろしくないのでどうかな?と思ったけど、
全部日本語で説明してあるし、発送したらすぐに
トラッキングナンバーを教えてくれるので、
常に荷物を追跡できたし、なんの滞りも無く
到着したので満足満足。

ちなみにちなみに。
購入したあとに知ったのだけど
ブラウザをFirefoxかChromeを使っているなら
amazon international shipping(JP)という
スクリプトを作成して下さっている方がいらして、
こいつでブラウザを機能拡張してやると
リンク先をみれば一目瞭然ですが、
Amazon.comにアクセスするだけで
・日本語でも検索可能
・日本語に翻訳可能
・価格を日本円で表示
・転送サービスの送料を1クリックで確認可能
・日本へ発送している複数の転送業者を1クリックで確認可能
とかなり使いやすいことになってます。
興味のある方はだぅぞ。




で届いたブツはというと。。。


こちらがコブラのエンジンで


こっちがマスタング。


先日しれっと父上に
「コブラとマスタングやったらどっち好きなん?」
と聞いたところ
「そらマスタングの方が好っきゃわ」
とのお答えだったのでマスタングは未開封w

週末梱包して渡してくるかな。

遍歴。

May 22 [Tue], 2012, 0:38
なんだかふと思い出してみた。
久々に書くワリに長いよw

大学の1年の終わりか2年になったころだったろうか。
外にいても特定の人物に短いながらメッセージを
伝えることの出来るいわゆる「通信端末」が
仕事で必要な人たちから一般ぴーぽーにも広がってきた。
元々高校を卒業するかしないかのあたりでも
ちょっぴりコワい感じのグループの女子なんかは
当然学校に持ち込むことは許されていないが、
平気な顔してガッコに持ってきてたもんだ。

そう。ポケベル。

確かドコモのベルで自分が持ってたのは
これだったと思うのだけれど。
平成生まれはモチロンのこと、僕らより少しでも年代が下がれば
この当時からのこういった端末の進化スピードは尋常じゃないので
知らない年代も多いんだろうなぁ。

同世代の皆さんはご存知の通りコイツは家の電話や、
公衆電話からそのポケットベルへ簡単な短いメッセージを
送信できるという代物。
元々は電話番号のみを送信し、コールバックさせる為のものなのだが、
そこは東洋のガラパゴスこと日本ではそこへメッセージを打てるように
したわけだ。

例えば「コンニチハ」と打ちたければ、相手のベル番号へ掛けた後
25・00・52・42・61といった具合に五十音表を電話のテンキーへ入力して
送信するんですな。この頃の同級生の女の子なんて
鬼のようなスピードで公衆電話のテンキーを打ってたもんですw
これが1996年頃。

さてほどなくして親父の携帯がお下がりとして降りてくるようになり、
記念すべき自分の携帯暦第一号はかの有名なコイツ。

かくも有名なモトローラさんです。しかも親父が仕事で使ってた
もんだから電池パックを増量版に変更してたので、とてもじゃないけど
ポケットに入るなんて代物じゃなかった。通話料も高かったしね。
この頃はまだキャリア名は「関西セルラーホン」。
これもまだ1996年頃。

そして2代目がこれ。

これもお下がりだったのだけれど、これは電話が掛かってくると
画像の携帯の横にあるちっこい奴がバイブレータとなっていて、
電波をキャッチして電話はかばんの中にあっても着信に気付ける
という代物なのでした。セパレートでバイブがブルブル。略してセパブルw
京セラ製。
そしてまだまだ関西セルラーホン。
これは1997年頃かな。

そして。次。

確かこれも京セラの端末で、
当時の端末としてはちっちゃかったんだねこれ。
確かにポッケにすっぽり入る。
これもたぶん1997年頃。

で、4代目。
なぜか就職を見据えdocomoに鞍替え。
当時は各キャリア毎の管轄エリアを越えるとローミング
(今で言う海外ローミングみたいなもん)
状態となり通話料がグンと上がってしまう。
そんな中docomoだけは日本全国で通話料が変わらなかった。
というわけでdocomoにしたわけだ。
ここらへんから色んな端末が選べるバリエーションが広がりはじめてきた。
で、その他の趣味と一緒でマニアックな方向にも走り始めるw

やっぱりこの頃はノキアやモトローラなんて海外品がかっこよかったんだよね。
しかもこの端末、(全くの役立たずだったけど)音声認識アドレス帳が
あったんだよね。
これは1998年くらい。。

そして次。
この頃だともう大学の3年終わりか4年くらいか。

この端末、今思えばわりとすごかったのかも。
全画面液晶でタッチ操作が可能。しかもEメールアドレスを取得でき、
PCも含めてインターネットメールのやり取りができるという代物だった。
このころから多くの人が携帯電話やPHSを持ち始め、
公衆電話が廃れていった。
自分の卒業制作は「公衆電話ボックスの有効活用」だったのが懐かしいww
これが1999年くらい。


でもって。世間はカラー液晶ディスプレイが当たり前となり、
更にはdocomoから衝撃の新サービス、i-modeが登場。

でも必要ないやってことで今持ってたら希少だろうなぁと思う
エリクソン(ソニーと合併してない)の端末。ER207。
これはかっこよかった。かなりのお気に入りでした。
この頃は実はまだ家庭用のインターネットはダイヤルアップで
電話回線を通じて通信していて、「ぴーがーきゅるるるるr」って
音を鳴らしながら繋がってたw しかも通話料も高いし、
ネットをしてると電話がかかって来ない(通話中だから)、
かけられない(通話中だから)で家族との言い合いによくなったw
これも同じく1999年頃。

そしてついにi-mode端末へ。NM502i。

当時空前のマトリックスブームで、散々映画に登場する端末を
探せど、国内にはなく、それでも一番あの映画の端末に近い
ギミックを持った携帯だった。
これがついに2000年。でもまだ12年前w

んで、何を思ったか今度はソニー端末へ。

SO502iWM(←リンク)
これは機種番号に「WM」を冠しているだけあって、
今は懐かしいメモリースティックが挿入でき、
有線コントローラとヘッドフォンがセットになった
ウォークマン携帯だった。ほんとなんでコレにしたんだろうw
この頃になるとYahoo!が街頭で「ブロードバンドセット」を
無料で配布し始める。現代ネット社会の幕開けだろうなぁ。
数ヶ月無料でネットにつなぎ放題で、その後月額料金が発生するが、
いわゆるネットし放題になったわけだ。ああ懐かしいw
2001年くらいだろうなぁ。

その後、ちょろりと

SO211i(←リンク)
を使ったあと、この頃はもうすでにauに変わっていた古巣へ出戻り。
同じく2001年。

その頃はソニーのジョグダイヤル(くりくり廻してクリックするスイッチ)が
気に入っていたのか、

A3014S(←リンク)
またもソニー。これは液晶側の表面(閉じた時の表)のパネルが取り外せて
好きな柄や写真などを差し込める今や死後の「着せ替えケータイ」の
走りだった。なんかすごい使いやすかった印象がある。
これが2002年。

そんで次。

A5305K(←リンク)
これは今でもあったら使いたいぐらい気に入っていた。
当時はリボルバーアクションとか言われていた
液晶は出っ放しでくるんと180度回転させることで
色んな操作ができる端末だった。
カラーリングもレーシーな感じでほんと大好きな端末だった。
とある理由で絶命したんだけどもね(^-^;)
そうそう、これがたぶん自身初の「カメラ付きケータイ」だったと思う。
この頃には「写メール」って言葉がほぼ浸透してたのかな。
これが語源で「写メ」が「ケータイで写真を撮って送る」って言葉に
取って代わるとは思いもよらなんだ。
こいつは2003年。

このころauには「au design project」なるものがあって、
特設ホームページでコンセプチュアルなモデルを発表しては
実際に商品化されていた。
最近でもスマホとして復活して記憶に新しい「infobar」はその第一弾で、
その第三弾の

talby(←リンク)
を自分はチョイス。docomoから販売されていたNECのNシリーズの
爆発的ヒットで、二つ折りケータイがスタンダードで、しかも色も
どれもパールなんちゃらとかエキゾチックなんちゃらとか
ぜんぜんかっこよろしくないどれも同じ的な端末が並ぶ中、
こいつは非常にシンプルで使い勝手がよかった。軽かったしね。
確か自分はオレンジのボタンのを使ってた。
そして2004年。

次に上でエラソなこと言ってたわりに今度はカメラ性能に魅かれ

W31S(←リンク)
へ。またソニーな上に白をチョイス。
なんだったんだろうw
2005年。

浮気したものの、今度はまたデザインプロジェクトに返り咲き。

neon(←リンク)
これのブラックだった。なかなかいい端末だったし、好きなソリッド系の
デザインでよかったんだけど、いかんせん分厚かった(^-^;)
それだけが難点だった。2006年。


そして次が。

mediaskin(←リンク)
この頃にはすでにワンセグが標準化しつつあったけど、
こいつは単体でワンセグが見れない。
(アンテナを繋がないと見れない)
けど、ワンセグを使ってテレビを見ること事態まったくなかったし、
どちらかというとデザイン勝ちで勝っていたのでぜんぜんおk。
この辺になると1年毎だなw 2007年。

結論としてauでの最後の端末となった

G9(←リンク)
これはauデザインプロジェクトの後継、iidaシリーズのもの。2009年。
この頃のauはかなり迷走していて、スマホ導入を見誤った
とんでもない時期。先のmediaskinとG9の間の2008年にソフバンが
iPhone3Gの販売を発表。スマホは時期尚早とか言っちゃってた頃です。
しばらくG9を使い続けていたものの、これはたぶん無いな。。。
なんて落胆していたところへ2010年iPhone4がデビュー。


そして。

iPhone4。チェブに俺は移るっ!2002年に返り咲きしてから、
チェブの家族もうちの両親もみんなauだったため、縛りがキツく
キャリア替えはないと思ってたんだけど、どーしてもiPhoneにしたいという
我侭から先の宣言。1人MNPでソフバンへ移り、iPhone4狂想曲に乗ったわけですw

結果実は(仮称)iPhone5が出るまで2年縛りの中大人しくしていようと
思っていたら昨年の秋ごろヘッドフォンを挿しているのに
電話の着信が外に鳴るというわけのわからん不具合に遭遇。
ジーニアスバーのにーちゃんに聞いても「こんなの初めてですね。。。」
と首を傾げられる次第(_ _||)

てことで

現在はiPhone4Sになっているわけです。
こうやって見てみるとほんと落ち着き無く替えてますね。僕w
でもiPhoneを使うようになってからはずーっとiPhoneだと思います。
余程のことがない限り、もう替えることはないでしょう。
iPhone自体をグレードアップしていくことはあっても。

しっかしこうやって見てみると
ほんとにケータイの進化は目まぐるしいですね。
いやあ。よく換えてるわww

とはいえ画像探してたらなんか懐かしかったw
今度はMacの遍歴でも書いてみるかなww

人それぞれ。

December 17 [Sat], 2011, 23:00
飲んだ事の無い感動のお酒。

次の日に後悔するひどいお酒。

疲れた時に飲むお酒。

腹立つ時に飲むお酒。

立ち上がる時に飲むお酒。

仲間と楽しく飲むお酒。

心が荒んだ時に飲むお酒。

気持ちがHiな時に飲むお酒。






気持ちがLowな時に飲むお酒。

仲間と飲む今しか飲めないお酒。

上司と飲むただのアルコールなお酒。

何かを忘れたいお酒。

これから一生飲めないかもしれない深い味わいのお酒。

大切なひとと過ごす忘れられないお酒。



皆さんはどんなお酒を
どんな時にどんなふうに味わいますか?
お酒に頼らなきゃ?
そんな想いもあるかもしれない。

でも

飲めるなら。

いろんな「効果」はあるよね。



しっとりと。
いまこの時間を。
ゆったりと。

大切な想いとともに。

それがHiでも

Lowでも。

悔しくても

ムカついても

はしゃぎそうでも。

酔ったイキオイで。

November 12 [Sat], 2011, 22:46
久々に
バンブルビーを
トランスフォームさせてみた。



えと。



どーだったっけ?



パキッ!ペキッ!



ひぃっひぃっひぃっ。。。。
(こんなんやったっけ。。。。)







購入した時に
思ったけど。
絶対子供には無理。

だと思う。

そんな
おもちゃと戯れる
酔いどれな

30過ぎのおやじw

釣り。

October 07 [Fri], 2011, 2:00
フィッシング詐欺など
後を絶たないけれど、これはさすがに
笑ってしまった。

おいらの取引銀行からの注意喚起メールに
一例として転載されていたメール文章。

楽して金は稼げないけどそれはそれなりに
考えようよ。。。

皆様くれぐれもご注意を。


-----------------以下転載メール-----------------

○○銀行より大切なお知らせです
○○銀行ご利用のお客様へ
○○銀行のご利用ありがとうございます。
このお知らせは、○○銀行をご利用のお客様に送信しております。

この度、○○銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、○○
△△暗証カードを再発行する事になりました。

再発行手続きはこのメールと一緒に添付されている申し込みソフトに必要事
項を記入し送信をしていただければ手続き完了となりますので、添付ソフト
を右クリックし対象をファイルに保存を選択後、必要事項を記入し送信お願
いします。


再発行のカードは後日郵送で届きますので到着までは現在の確認番号カード
をお使いください。

この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがあり

ますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。

○○銀行


-----------------以上転載メールここまで-----------------



。。。銀行がこんな言葉使い(文章)で送ってきたら
口座替えるわw

ってか銀行が利用者脅すかっ!ww

ちゃんちゃんw



Cotton-Eye Joe

September 10 [Sat], 2011, 22:32
やっぱり
いま聴いてもいいじゃな〜いw

"Cotton-Eye Joe"
by REDNEX


と思ったら
2002年版ってのがあったw
これもいいじゃんw

"Cotton-eye Joe 2002High Quality"
by REDNEX


クリス・ペプラー氏はREDNEXは許せないらしいww

それはさておき
スタンダードはもっと最高!

"Cotton-Eye Joe"

カントリーは偉大です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kei.@smoke.
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる