2005年度委員会だより
2008.10.30 [Thu] 21:10

2004年度事業報告

卒業式フレンドシップ賞
2004年度卒業式にて、益永吉朗君と田中佐和子さんに、賞状にシステム手帳を添えてお渡ししました。

同窓会総会
2004年6月5日、拝島の母校で、平野理事長様はじめ教職員の方の出席も頂き、70名の参加で行いました。

学年幹事会
2004年12月4日 吉祥寺「木の花」にて、20名参加で行いました。

異業種交流会
2004年4月24日、啓明学園内で、22名の参加を得て行いました。

役員会
2004年5月11日、
6月23日
7月29日
10月1日
11月9日
2005年1月25日
2月15日
3月1日

都内の大澤会長事務所にて6時30分から9時頃まで次の様な議題を審議しました。
@ 総会、学年幹事会、等の準備
A 予算、決算、資金運用、事業計画及びその結果検証
B ホームページの刷新
C パソコン購入
D 同窓会封筒の作成
E 個人情報保護法と名簿の配布
F 終身会費の一括納入
G 卒業記念パーティーへの対応
H フレンドシップ賞の選定



2005年度事業計画

同窓会総会担当幹事会
2005年4月9日、立川市「てんぷら・良銀」

同窓会総会
2005年6月4日 銀座「B.R.B」

学年幹事会
秋ごろ、場所は未定です。

異業種交流会
異業種交流会定着に向けて、検討を進めてまいります。次回異業種交流会の日時、場所は未定です。

同窓会名簿のあり方について
個人情報保護法施行により、同窓会名簿の存廃も含め、今後のあり方を検討してまいります。

学校への具体的貢献について

2006年学年当番幹事会
2008.10.30 [Thu] 20:59

同窓会会員の方の中には、学年幹事会と言われても、何のことだか、初めて聞いたという方も多いと思います。

実は同窓会の方から各学年二人程お願いして、御自分の学年の皆さんに、総会や、異業種交流会への、お誘いや当日のお手伝いをして頂くお仕事をして頂いています。 その中でも特に十年刻みの単位で、総会の企画や電話での出席のお誘い、当日の仕切り等をお願いをしています。


今年は2のつく年の皆さんと3のつく年の皆さん。
12、22、32、42、52回生
13、23、33、43、53回生
と言う具合です。

2月4日土曜日に、38回生、児玉御夫妻経営のカレーハウス「シャンティー」で集まり初回の顔合わせ、懇親会、打ち合わせを行いました。 6月の同窓会総会(呼び名が堅苦しいので変えろと言う意見も多々あります)の企画運営方法や同窓会自体の運営、アイデアまで色々と御意見を頂きました。 実現可能な物は、是非活かして活発な同窓会を目指して頑張りたいと思います。

ただ、皆さん本業を持ちながら活動をしている身。 貴重な御意見と思いつつも、実現かなわぬ物も多々有るとは思います。

そこのところは、きっと、しっかりと記録をして、時期がくるまで温めていると御考え頂き、お許しください。

さて皆さん、今年は2と3の付く年の方にお手伝い頂きますが、4、5、6、7、と順番は巡ります。その時は是非、御協力ください。 順番を待って頂かなくても、我こそはと思われる方は、勿論大歓迎ですので、お申し出ください。 心から、心からお待ち申し上げています。

(記)35回生、三吉健心

2006年委員会だより
2008.10.30 [Thu] 20:50

2006年度事業報告

卒業式フレンドシップ賞
2005年度卒業式にて、森下俊一君と金美恵子さんに、賞状と名前入りのシステム手帳を、お渡ししました。 この賞は、級友の互選と先生方の推薦を受けて、同窓会から贈られるものです。

同窓生の集い
2005年6月4日、銀座BRBで、平野理事長様はじめ教職員のご出席も頂き、75名の参加で行いました。

学年幹事会
2005年4月9日 立川 「てんぷら良銀」10名参加
2005年7月23日 立川 「てんぷら良銀」10名参加
2005年2月4日 駒込 カレーハウス「シャンティー」15名参加
「同窓生の集い」の担当学年幹事と役員で、会合のあり方、等を討議しました。何れも同窓生の方が経営するお店です。

異業種交流会
2005年10月8日 啓明学園で15名の参加で行いました。詳しくは異業種交流会のコーナーをご覧下さい。

役員会
2005年5月13日
6月28日
8月30日
9月22日
11月1日
12月6日
2006年1月27日
3月3日
延51名参加でした。

大澤会長の事務所で6時30分から9時頃まで、同窓生の集いのあり方とその準備フレンドシップ賞の選定、予算、決算、資金運用、事業計画及びその結果検証、 異業種交流会の運営、担当学年幹事会について、ホームページについて、等を討議決定しました。


2007年度事業計画
2007年度役員改選にむけて
多くの皆様の立候補とご推薦をお願いします

同窓生の集い
2006年6月3日 拝島 啓明学園

「同窓生の集い」担当学年幹事会
2007年6月2日(土)・場所未定
3、13、23、33、43、53回生が次回幹事で、4、14、24、34、44、54回生が次々回幹事です。

異業種交流会
異業種交流会定着に向けて、検討を進めてまいります。次回異業種交流会の日時、場所は未定です。

学園誌「いずみ」への投稿

学校への具体的貢献について

会則
2008.10.27 [Mon] 16:03


本会は、啓明学園同窓会と称する。
本会は、会員相互の連絡と親睦を図り、母校の発展に協力することを 目的とする。
前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.会員相互の親睦のための会合開催
2.会員の動静把握と名簿の発行
3.母校の事業支援
4.その他必要と認めた事業
本会の事務局は学校法人啓明学園に置き、学校の協力を得て運営する。
本会の会務に関しては、毎年発行する会報により報告する。

本会は啓明学園初等学校・中学校・高等学校に在籍した者は会員とする、並びに同校職員で構成し会員は下記の2種とする。
1.会員 啓明学園初等学校・中学校・高等学校卒業生(母校に在籍し中途で転校した者も含む)で入会金を納めた者
2.特別会員 啓明学園職員・旧職員>
会員はその動静に変更ある時は、事務局に知らせなくてはならない。

本会は次の役員において運営される。
1.会長
2.副会長
3.常務理事
4.会計理事
5.会計監査
6.啓明学園担当理事、啓明学園担当教員
本会の役員選出は下記の通りとする。
1.本会の会長、副会長、常務理事、会計、会計監査は、役員会に於いて会員の中から選出し総会で承認を受ける。
2.役員の任期は2年とする。但し、再任は妨げない。任期満了といえども後任者の就任までその任務を継承するものとする。

役員の任務は次の通りとする。
1.会長 : 本会を代表し、会務を統括する。
2.副会長 : 会長を補佐し、各グループの会務を統括する。会長に事故ある時はその職務を代行する。
3.常務理事 : 会務を把握し遂行する。
4.会計理事 : 同窓会全体の会計を行う。
5.啓明学園担当理事 : 啓明学園との事務連絡を行う。
6.会計監査 : 本会の会計を監査し、総会において監査結果を報告する。

本会に次の名誉役員を置く。
1.名誉会長 : 啓明学園長
2.名誉顧問 : 啓明学園理事長、及び歴代名誉会長
3.顧問 : 歴代同窓会会長

細則により定められたグループに幹事を置く。
1.幹事は会長が委嘱する。
2.幹事はグループの業務を遂行しクラスのまとめ役とする。
幹事の任期は2年とし、再任は妨げない。

本会に活動の中心となる議決機関として総会を置く。
1.総会は会長が召集し、定期総会を各年度1回開催する。但し、必要ある時は、臨時総会を開催することが出来る。
2.総会は役員、会員をもって構成する。
3.総会は次の事項を審議し決定承認
(1)予算、会計報告の承認、会計監査報告の承認
(2)役員の承認、会則の変更
(3)その他本会の基本に関する重要事項を審議する。
4.総会の議長は、会長又は会長の指名する役員を以てこれに充てる。
5.総会の議事は、出席者全員の過半数を以て之を決定する。
6.会員は、委任状を以って出席にかえることができる。
7.可否同数の時は、会長が之を決定する。
本会の活動全般にわたる審議機関として役員会を置く。
1.役員会は会長が召集する。会長は役員の3分の2以上の役員により召集を請求された場合は、これを召集しなくてはならない。
2.役員会は、会長、副会長、常務理事、会計理事を以て構成する。
3.事業計画の立案、費用の算出を行う。
4.各グループ単位の活動を本会の活動として審議する。

本会の経費は入会金、会費、寄付金、その他の収入を以てこれに充てる。
本会の入会金、及び臨時会費は細則に定める。
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
予算は役員会の審議を経て、総会で決定する。
決算報告は会計が作成し、会計監査の監査を求めるものとする。
1.決算報告は役員会の審議を経て総会において承認を求めるものとする。

会員が本会の名誉を汚した場合は総会出席者の3分の2以上の賛成により
これを除名することが出来る。

本会の会則改正は総会出席者の3分の2以上の賛成によりこれを行う。
本会則の施行のための細則、規定の改正は、役員会で審議し総会の承認を得る事とする。

1.会員を下記の通りグループに分け、各グループ毎に役員を選出し、補佐及び幹事を各グループから選出する事が出来る。
(1)Tグループ : 教職員
(2)Aグループ : 1回生(1945年卒業)〜27回生(1967年卒業)
(3)Bグループ : 28回生(1972年卒業)〜38回生(1982年卒業)
(4)Cグループ : 39回生(1983年卒業)〜55回生(1999年卒業)
(5)Dグループ : 56回生(2000年卒業)〜
2.グループの会員数が増減した場合は、グループを組み直すことが出来る。
3.会報は、最低年1回発行する。
4.会員名簿は5年に一回発行する。
5.同窓会開催の為の担当幹事はグループの持ち回りとする。
6.毎年学校の推薦により、高等学校卒業生の中から男女各一名にフレンドシップ賞を授与する。
7. 入会金は、\10,000.-とし、総会の承認を得て変更することが出来る。会費の納入方法は原則として、下記口座への一括納入とする。

中央三井信託銀行 立川支店 普通預金 口座番号 4129314 啓明学園
8. 会費の使途は全会員共通の目的以外のものには原則として使用しないこととする。
(1)会員への通信費
(2)名簿の整備、発行に伴う費用
(3)フレンドシップ賞の費用に充てる。
(4)同窓会運営上の諸経費 上記以外は、全て総会の承認を得て使用する

有限会社エアデザイン
2008.10.27 [Mon] 15:59

有限会社エアデザイン

代表取締役、大山剛さん。啓明の卒業生、宮崎瞳さんの御主人です。 第二回、異業種交流会参加社の中でも一際若い参加者、大山瞳さん。53回生、ですから昭和53年のお生まれ。




小生を挟んで前後10年から15年くらいの方達は、御記憶だと思いますが、生物を教えてくださっていた大塚先生の御孫さんです。 御主人の剛さんと二人で開業したのが2003年12月。 当時は自宅に二人のPCを持ち寄り、こたつで向かい合わせの四畳半。2004年には机を買って、マンションの一室にめでたく移転。2005年11月に今の写真の場所に移って、スタッ フの方お二人と、合計4人でお仕事をされています。

今の場所に会社を移転されたのが、小生が取材に伺う二ヶ月前。新しいデスクや、PCが放つ独特の香りが残る清々しいオフィスを眺めながら、随分と短期間で、四畳半さし向かいの開業から発 展されたなと素直に思っていました。




お話を伺っていくと、なるほどと納得させられる根拠が。会社のサブコピーが「パワーオブデザイン」素晴らしい広告の力を利用すると、確実に業績はのびる。 お客さま一社一社の必要性とスタイルをくみ取り、コンセプトから練り上げる。 時間をかけ丁寧にお客さまの話を聞き、ディスカッションすることから仕事が始まるといいます。 オーダーやお客さまの御都合に合わせて、4人だからできる機動性と、小回りの良さを最大限に活かし、「お客様の売上げが向上して欲しい」と魂を込めてデザイン、製作。 お客様に対して『親身』になることが大前提とおっしゃる。

取材に答えて下さるお二人の真摯な話し方や、コーヒーを運んでくださった女性スタッフの柔らかな笑顔と物腰に、顧客に フォーカスした『親身』な事業姿勢が表れているように感じました。 メインのクライアントさんは都心部の医療関係や美容関係の会社。リピート率は極めて高く、紹介が紹介を生み安定した事業発展。わずか二年で今の事務所も納得です。

広告や企画の仕事を通して発生する、梱包や配送、制作物の仕上げ等、皆で楽しくチーム組んで働きたい。地域社会への貢献マインドも高い、素敵なエアデザイン。今後の発 展が益々楽しみです。

宮崎さんから生の声が届いています。お人柄とエネルギーを感じられる、文章ですので締めくくりに是非お読みください。

『良い物をより良く見せる為に今までの経験とノウハウを生かして効果的にデザインします。実際、広告のご相談を受けた段階では不安に思っているお客様もデザインラフをお持ちした段階で「うちの商品がこんな風に見えるなんて!まるで魔法のようですね」と目を輝かせて喜んで下さる場合も多いんです。弊社は、お客様のニーズをよく聞いてラフデザインを見て頂いた後に納得して頂いてからご発注という形をとっております。客様が業務拡大されたりと、結果を手応えとして感じた時やデザインを見たときのお客様の嬉しそうな笑顔を見たときは自分の事のように嬉しいですね。情熱、技術、信頼。この3種の神器を携えて、地に足をつけて進んで行くのみです!強いて言えば、購買意欲を掻き立てるような広告をより多く手がけて「広告の力」をもって、日本を不況から救えればいいですね!』

有限会社エア・デザイン
東京都福生市熊川985ー103
電話042ー553ー3359
FAX042ー553ー5076
http://airdesigns.exblog.jp/

役員会議事録
2008.10.27 [Mon] 15:54

役員会議事録(07.3.6)

・「同窓生の集い」担当学年幹事会報告
2月3日駒込「カレーハウスシャンティー」にて、6月2日の「同窓生の集い」 を如何に運営するかについて討議、
詳細は、ホームページをご参照下さい。

・「同窓生の集い」の運営について
6月2日(土) 13時〜15時 於 銀座 BRB 中央区銀座8-9-4 03-3358-8821 銀座中央通・銀座松坂屋側を新橋方向に行き・三菱UFJ銀行角左折し右側料理単価5,000円×60人分=300,000円+(60人超×5,000円) 会費 1回生〜33回生(S33年以前生まれの方)6,000円34回生〜49回生(S34~49年生まれの方)5,000円50回生〜 (S50年以降生まれの方)3,000円 4月に案内文発信・5月の決算役員会で下記諸案件審議 配布文書 (決算書・予算案・現預金残高表)(事業報告及び事業計画)(規約)(組織表) ビンゴゲーム、演奏会等が可能か否か検討を続ける。

・卒業式報告 3月1日に高木伸幸・益永真理両名に「フレンドシップ賞」を授与した。
詳細は、ホームページに掲載します。尚、副賞の「システム手帳」に代わる物があるか否かについて今後検討していく事とした。

・同窓会規約改定案審議
第3.5.10.15.条及び細則1.3.4.7等現状にそぐわない点及び字句の修正等改定案を6月2日に提案する事にした。

・ホームページの更新状況
メニューの変更(サイトナビゲーション)を芳賀さんに一任。今後毎回役員会議事録を、掲載する事とした。

・啓友会・三井高維基金報告
同窓会として今後どのように係わって行くか、検討する必要があるか否か考えてみる。

・次回役員会
2007年4月26日(木)18時30分~21時迄 於オオサワエンジニアリング会議室

2006年 海外同窓生の集い報告
2008.10.27 [Mon] 15:52

2006年12月1日(金)開催

2006年度の南カリフォルニア同窓会が12月1日(金)にロスアンゼルスで開催されました。当日は、日本から帰られたばかりの平井俊一さん(1回生前同窓会長)もお変わりなく元気で参加されました。 また今回初めて参加された44回生の村山さんご家族、55回生の神谷さん、58回生の高島さんを交えて15名の御参加でした。

今年は日本から先生が参加されず、同窓生だけの集まりとなりましたが、皆さんの話がはずみ、閉店になるまで続きました。今回もそうですが、ロス以外に在住の方はなかなかこの会に出向いていただくことは難しいと思いますが、写真をご覧いただいてロス同窓会の雰囲気を感じて取っていただければ幸いです。参加可能な方は是非ご案内しますのでご参加ください。

連絡窓口は、34回生 市川美奈子です 。

2006年 同窓生の集い報告
2008.10.27 [Mon] 15:51

去る6月3日土曜日、啓明学園「北泉寮」にて同窓生の集い(昨年までは同窓会総会と呼んでいましたが、呼び名が固いとのご意見多数で、今年から同窓生の集いとなりました。)が行われました。理事長をはじめとする先生方のご挨拶をいただき、続いて会計報告。今年は、お楽しみ企画、モンゴルの民族楽器「馬頭琴」の演奏会も有りました。日本在住のトッププレイヤーのバドさんが40分にわたりビオラに似た馬頭琴の音色を北泉寮の歴史ある、柔らかな空間に響かせました。α波を豊富に含む馬頭琴の音は聴衆をリラックスさせる効果があり、演奏中に夢の世界に旅立つ方も・・・。バドさんを紹介してくれた27回生、西八王子でアロマショップ経営の伊藤恵子さんもウツラウツラが馬頭琴の正しい楽しみ方の一つとニコニコ。

演奏会後はカフェテリアに場所を変えて懇親会。参加最年少の高島君(今年卒業)の乾杯の音頭で宴の始まり。途中、同窓会員の皆さんの活動報告や事業のアピールなどを挟んで約二時間、アッと言う間のひとときでした。毎回、好評をいただいているマダム石島のパーティー料理は今回も絶好調。満足、満腹!!!。

お楽しみ企画あり、楽しい会話あり、美味しい料理あり、お互いに役立つ情報交換あり、将来的には会員同士の事業にも役立てる同窓会を目指して又来年。お楽しみに。

追伸、三々五々解散致しましたが、小規模な二次会も設定し、35回生小林夫妻経営の福生「甘蔵」(うまぐら)で。こちらも御主人、明弘氏が趣味で集めた骨董品が展示される落ち着いた風情の「無国籍料理」のお店で大好評でした。最後に、女性や子供連れの方用に白玉善哉を出してくれるところは、にくい配慮でした。福生にお出かけの際は、是非ご利用下さい。

10回生 同窓会
2008.10.27 [Mon] 15:28

私たちの啓明在学時はまだ戦後の混乱期で、食料にも事欠く時代でしたが、おかげさまで拝島の自然の中でのびのび育つことが出来ました。途中で転向したもの、後から入学したものなど、いろいろですが、あれから50年、交際が続いているのは、ゆったりした校風と担任の故馬渕泰子先生のお人柄のおかげと思います。

第2回 旧教職員OB会
2008.10.27 [Mon] 12:36

2007年3月24日(土)11時から、カフェテリアを会場にして、第2回旧教職員OB会親睦会を開催しました。

この会のための準備は新年早々からはじめられ、今年の学園ないの桜の開花を想定して計画しました。しかし、残念ながら当日はまだ1分咲き程度でしたが、参加されました先生方は楽しいひと時を過ごすことができました。


前回参加されました方数よりはるかに多く、27名(理事長先生を始め現43名)という多数のご参加があり大変有意義な会となりました。

何十年ぶりでおいでになられた先生は、学園の発展(変化)にびっくりされてお帰りました。4時30分、次回での再開を楽しみにして散会しました。

同じ日の夕方6時より、今日どうしても参加できなかった先生方(昭和40年〜50年代に啓明の先生方)との親睦会を、立川「良銀」30回生岩田君の店)で何年ぶりで持つ事ができました。


この会も昔の啓明学園を振り返り、時間を忘れて語り会うことができました。