税理士は将来の成功イメージを明確に描く

April 20 [Sat], 2013, 23:06
自分が考えて事業を始める時には、内容について良く検討する必要がありますが、特に具体的なイメージを持つことが重要となります。

抽象的なイメージだけでは、事前の準備にしても事業を開始してからの業務にしても、はっきりとした評価をすることが難しいので曖昧な行動が多くなってしまいます。

そのような事を避けるためにも、具体的なイメージを思い描いて、しっかりとしたものを決めることが大切です。
出来れば売上や利益などについては、具体的な数字を掲げて目標とするべきです。

もしも、目標に届かなくても、何故目標に届かなかったのかを考えて、より努力をするようにすれば良いのです。

そのように、具体的な目標がなくては、当人はともかく周囲の人の理解を得ることが難しく、同じ方向性を持ってもらうことは不可能です。

事業の内容については、自分だけではなく他人にも分かり易いようなものを決めなくてはならないのです。

他人の協力を得られやすくなることに加えて、自分の考えも明確にすることが出来ますので、曖昧な表現は避けてより具体的な数字などを入れることが重要です。

その際には、売上高や利益などだけではなく、期限も一緒に目標とすることで、より現実的なものとすることが出来ます。

期限がないと、ダラダラと業務をしてしまうことになりますが、期限があれば緊張感を持って仕事に望むことが出来るようになります。

常に緊張感を持って仕事をするためには、どのような作業に関しても明確な期限を決めて行うようにすることが大切です。

期限に関しては少し無理な感じがする位の期限を設定しないと、緊張感を持つことは出来ません。

どのような目標やイメージにしても、誰にでも分かるような明確なものを設定することが重要です。


千代田区のの税理士のことなら税理士千代田区.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keiei020
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/keiei020/index1_0.rdf