宝塚記念予想結論 

June 24 [Sun], 2007, 3:47
競馬は実力に運とも言いましょうが。

ダービーで最高運だったアサクサキングスは見事に2着。(大スポ)

総合評価で96点がついたのはウオッカ。
次点で94点でファストタテヤマ
3位が86点でメイショウサムソン
4位が72点でスイフトカレント
5位が68点でアドマイヤフジ
同じく5位アドマイヤメイン


やはりここはウオッカは外しそうにない。51キロに実力も。

◎Aウオッカの1頭軸
〇Pメイショウサムソン
▲@スイフトカレント
×Hアドマイヤフジ
×Eアドマイヤムーン
☆Lファストタテヤマ

で勝負

第48回宝塚記念 枠順決定&有利?不利? 

June 22 [Fri], 2007, 3:26
1-1 スウィフトカレント(牡6、横山典弘・森秀行)
1-2 ウオッカ(牝3、四位洋文・角居勝彦)
2-3 マイソールサウンド(牡8、角田晃一・西浦勝一)
2-4 マキハタサイボーグ(セン5、和田竜二・新川恵)
3-5 ポップロック(牡6、武豊・角居勝彦)
3-6 アドマイヤムーン(牡4、岩田康誠・松田博資)
4-7 カワカミプリンセス(牝4、武幸四郎・西浦勝一)
4-8 インティライミ(牡5、佐藤哲三・佐々木晶三)
5-9 アドマイヤフジ(牡5、福永祐一・橋田満)
5-10 アドマイヤメイン(牡4、川田将雅・橋田満)
6-11 ダイワメジャー(牡6、安藤勝己・上原博之)
6-12 トウカイトリック(牡5、幸英明・松元省一)
7-13 ファストタテヤマ(牡8、小牧太・安田伊佐夫)
7-14 シャドウゲイト(牡5、田中勝春・加藤征弘)
7-15 アサクサキングス(牡3、松岡正海・大久保龍志)
8-16 コスモバルク(牡6、五十嵐冬樹・田部和則)
8-17 メイショウサムソン(牡4、石橋守・高橋成忠)
8-18 ローエングリン(牡8、後藤浩輝・伊藤正徳)

メイショウサムソンが17番とは・・・。ウオッカは2番はいいとは言えないかも。内すぎる包まれなければ後入れのいい感じだが。ポップロック、アドマイヤムーンが3枠で1番いいのを引いた。

あとは日曜の天気がよくない。金〜日まで雨なので重〜不良。シャドウゲイトは図抜けて悪い馬場が上手い。波乱があるとなると先行前残り。

宝塚記念はどうっしょ 歴代勝利馬 

June 20 [Wed], 2007, 20:13
宝塚記念といえば
1990年オサイチジョージ→オグリキャップに勝ったんだよなあ
1991年メジロライアン→メジロマックイーンを負かしてメジロ対決勝利。横典が豊に勝った。
1992年メジロパーマー→9番人気で大逃げ勝利
1993年メジロマックイーン→女傑イクノディクタスもがんばり2着。不良馬場を大外に全馬が通った。
1994年ビワハヤヒデ→単1,2倍にこたえて圧勝
1995年ダンツシアトル→超高速馬場でレコード勝ち
1996年マヤノトップガン→前走の天皇賞春 5着の雪辱
1997年マーベラスサンデー→善戦マンを払拭してバブルガムフェローにクビ差勝利
1998年サイレンススズカ→唯一のG1勝利。大逃げ。常識を覆すような快速馬だった
1999年グラスワンダー→スペシャルウィークとの2強対決も圧勝だった
2000年テイエムオペラオー→メイショウドトウとの2強対決を制しG1 3勝目
2001年メイショウドトウ→テイエムオペラオーとの2強対決を制し念願のG1勝利
2002年ダンツフレーム→G1 2着の汚名を返上し唯一のG1勝利。ツルマルボーイの剛脚を抑えた
2003年ヒシミラクル→距離不足かとも思われたが、ツルマルボーイをわずか抑えた。G1 3勝目。単勝ころがしでどこかのおっさんが1億円突破?2億円?

2004年タップダンスシチー→6歳でJCを制したのに続き7歳で勝利。
2005年スイープトウショウ→牝馬にして牡馬をぶったぎる。秋華賞に続きG1 2勝目
2006年ディープインパクト→いわずと知れた歴代最高競走馬。馬場が悪いにもかかわらず圧勝。G1 5勝目

2007年何が来るのか熱戦だろう

競馬の運 

June 20 [Wed], 2007, 20:11
競馬で儲けたいが運がない限り100万馬券は遠いなあ・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keibaun
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる