競馬の馬券の種類
2014.05.07 [Wed] 18:35

競馬の馬券には単勝・複勝・馬単・馬連・枠連・ワイド・三連複・三連単と8つの種類があります。
的中させる難易度は一般的に、
複勝<単勝<ワイド<枠連<馬連<馬単<三連複<三連単
の順番に上がっていきます。

詳しく馬券種類毎に見て行きましょう。

単勝とは
1着になる馬を予想する馬券。
一番シンプルな馬券といえるでしょう。

複勝
3着以内に入る馬を予想する馬券。
出走馬数が少なく8頭を切る場合2着以内までが対応となる場合もあります。

馬単
1,2着を着順通りに予想する馬券。
シンプルながら2着まで予想しなければならないため意外と難しい。

馬連
1,2着を順不同で予想する馬券。
2頭を選ぶため難しそうに見えるが2トップの争いとなるレースは少なくないので難易度はそこそこ低い。

枠連
順不同で1,2着に入る馬の「枠番」を予想する馬券。
枠連以外の馬券は全て馬番を予想するものですが、枠連だけは枠番を予想します。
本命、穴が同枠に入っていたら狙い目。

ワイド
1〜3着に入る馬を2頭順不同で選ぶ馬券。
選んだ2頭が1,2着、1,3着、2,3着の3パターンで的中する可能性があるため、馬連より3倍的中する可能性がある、リスクを極力減らしたいが複勝じゃちょっと物足りないという方に。

三連複
1〜3着に入る馬を3頭順不同で予想する馬券。
3着まで予想するとなると穴馬が絡んでくる可能性が非常に高くなるため万馬券の確率もぐっとあがります。
それなりに難しい馬券なのでなんとなくでは買わないほうがよいでしょう。

三連単
1〜3着に入る馬を3頭、順番通りに予想する馬券。
理論値で言うと難しいはずの3連複よりも更に6倍難しい現在の日本の競馬で最高難易度の馬券です。
ここまでくると立派な競馬ジャンキーの仲間入りといったところでしょうか。18頭だてのレースだと買い方は18×17×16の4896通り。予想でかなり絞れるとしてもフォーメーションで100点以上購入するという方は少なくないでしょう。
難易度に見合った魅力やリターンが有り、万馬券出ないほうが少ないという馬券です。


馬連←→馬単や三連複←→三連単の関係で言えることは、馬券の種類的に馬連は馬単の1/2、三連複は三連単の1/6の組み合わせで構成され、オッズもそれに比例したものとなります。たとえば馬単1-2と馬連1-2, 2-1は同じ的中率を持ち、概ねオッズも馬連は馬単の1/2になるということです。

ところが全く同じということにはならず、単勝人気馬が上位入線するほど順不同の馬券のほうが得になりやすい傾向があります。逆を言えば穴馬の来る可能性を感じたならば馬単・三連単の購入点数を上げたほうが回収率は上る可能性も高くなります。

☆ 当たる競馬予想 ☆

競馬初心者や経験の浅い人にも楽しめる競馬予想サイト登場♪

当たる競馬予想