複勝で高回収を目指す競馬予想ブログです。日刊スポーツの競馬予想などを毎週末見ながら馬券を組み立てています。馬券術は、日刊コンピも利用するなど幅広く・・・

葉牡丹賞結果 / 2012年12月01日(土)
12月1日中山競馬芝2000メートルを舞台に2歳500万特別葉牡丹賞が行なわれた。
例年活躍馬を送り出す出世レース。
道中好位追走の5番人気トーセンヤマトが直線内をついて伸びてゴール前まで逃げ粘ったビービーボイジャーを差し切り快勝した。
鞍上は田中勝治騎手。
2着は12番人気トーセンヤマト、3着は3番人気ピュアソルジャー。
勝ったトーセンヤマトは前走、東京芝1800メートルの2歳500万特別3着から巻き返しての2勝目。
デビュー4戦2勝とした。
父デュランダル、母の父サクラユタカオー。
 
   
第4回レパードステークス / 2012年08月02日(木)
8月5日新潟競馬メインレースとしてダート1800メートルを舞台とした3歳限定GIII第4回レパードステークスが行なわれる。
前走、オープン特別端午ステークス10着のアントニオピサが出走する。
3走前、3月11日阪神ダート1800メートルの3歳未勝利戦で初勝利。
デビュー4戦目での未勝利脱出となった。
続く4月1日阪神ダート1800メートルの3歳500万下も勝って連勝。
しかし前走、4月29日京都ダート1800メートルの3歳オープン特別端午ステークスに出走。
2秒2差10着と敗れた。
今回は約3ヶ月の休養明け。
重賞初挑戦となるがリフレッシュ効果でどこまで復調してくるか。
父タニノギムレット、母の父サンデーサイレンスという芝血統から産まれたダート巧者。
まずは同世代でダート王戴冠なるか。
 
   
天保山ステークス結果 / 2012年06月10日(日)
6月10日阪神競馬メインレースとしてダート1200メートルのオープン特別天保山ステークスが行なわれた。
道中後方を追走していた1番人気ファリダットが直線一気の末脚で伸びて快勝した。
鞍上は佐藤哲三騎手。
2着は4番人気マルカベンチャー、3着は10番人気サクラシャイニー。
勝ったファリダットは前走、京都ダート1400メートルのオープン特別栗東ステークスに続く連勝。
父はエルコンドルパサーやキングカメハメハの父として日本でもお馴染みの米種牡馬キングマンボ、母はGIスプリンターズステークス、GI高松宮記念を制したビリーヴという良血馬。
芝では頭打ち状態だった7歳馬がダートで復活を果たした。
 
   
第12回京成盃グランドマイラーズ結果 / 2009年10月29日(木)
第12回京成盃グランドマイラーズが18日に船橋競馬場で行われました。
優勝したのは1番人気のセレン(石崎隆之騎乗)。
後方から徐々に進出し、直線に入ると一気に鋭い末脚を使い、4番人気クレイアートビュンに2馬身半差をつける圧勝を見せました。
勝ちタイムは1分39秒9(稍重)。
続く4馬身差の3着には2番人気エースオブタッチが入っています。
 
   
メジロティターン死亡 / 2009年10月14日(水)
メジロマックイーンの父で、82年の天皇賞(秋)等を制したメジロティターンが、昨日(13日)の早朝に死亡していた事が分かった。
78年に北海道伊達のメジロ牧場で生まれた同馬は、デビュー後、セントライト記念で重賞初制覇を飾り、27戦7勝の成績を残している。
引退後は種牡馬として、90年の菊花賞や91年と92年の天皇賞(春)、93年の宝塚記念を制したメジロマックイーンを世に送り出し、メジロティターンの父であるメジロアサマと共に、父子3代での天皇賞制覇を達成した。
メジロティターンは17日に、息子のメジロマックイーンが眠る墓地に埋葬される事となっている。
 
   
第13回シリウスS  / 2009年10月01日(木)
第13回シリウスS
<ダ・右2000m、3歳上、ハンデ、G3>

秋のG1が始まりますが、とりあえずは前日のシリウスSで運試し。
今の時点で買ってみたいと思っているのは、ワンダースピード、ナムラハンター、ウォータクティクスの3頭。
特にウォータクティクスは、G3のアンタレスステークスで、今回の主役ワンダースピードに2馬身差をつけて快勝している素質馬。
出走予定だったエルムSをじんましんで回避している事から、人気が薄れるようなら面白いと思う。

 
   
第63回セントライト記念 軸馬候補 / 2009年09月17日(木)
第63回セントライト記念の有力馬を絞ってみました。

ナカヤマフェスタ
ヒカルマイステージ
トライアンフマーチ

軸馬候補はナカヤマフェスタとトライアンフマーチ。
ダービーで最先着の4着に入ったナカヤマフェスタと、皐月賞2着のトライアンフマーチが実力面で一枚上だと思います。
3連勝中の上がり馬アドマイヤメジャーも気になりますが、そろそろ下降してくるのではと予想。

 
   
第44回札幌2歳S / 2009年09月03日(木)
第44回札幌2歳S

現時点での有力馬を絞ってみました。

サンディエゴシチー
ポップコーン
スペースアーク
ベビーネイル
アーバンウィナー

そういえば、ユキチャンが川崎競馬へ移籍してしまうとか。
獲得賞金の関係で、条件に合うレースの出走枠に入れない事が理由だそうです。
中央には、牝馬限定やOP以上のダートレースがありませんからね・・・。
今後は地方での活躍に期待しましょう。


 
   
 
 Powered by yaplog!